上司とのコミュニケーションが難しい?上手な取り方とは?

上司とのコミュニケーションが難しい?上手な取り方とは?

上司とのコミュニケーションが難しいと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。上司とコミュニケーションが上手く取れない原因は大きく分けて2つあります。原因を理解し、どうしたら上手くコミュニケーションを取れるようになるのかを考えていきましょう!

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

【調査結果】上司とコミュニケーションをとる頻度は?

社会人を対象に、「上司とコミュニケーションを取る頻度はどのくらいですか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。


毎日取る: 45%

3日に1回は取る:6%

週に1度は取る:7%

ほとんど取らない:42%


調査の結果、ほとんど取らないと答えた人は全体の42%も占めていることがわかりました。それでは、なぜ上司と部下の間でコミュニケーションの課題が生まれるのでしょうか?

上司とのコミュニケーションが不足している

上司と充分にコミュニケーションを取ることができていますか?上司とのコミュニケーションが不足していると悩んでいる人も多いのではないでしょうか?それでは、なぜそう感じてしまうのでしょうか。

コミュニケーションを取るのが下手だから

最も大きな理由は、コミュニケーションを取るのが下手だと感じる人が増えているからです。現代では、IT化が進み、メールやSNSで会話が済むようになってしまいました。その弊害としてコミュニケーション不足が問題となっています。もともと日本人は恥ずかしがりで、コミュニケーションを取るのが苦手だと感じる人が多い傾向にありましたが、それに拍車がかかってきています。

コミュニケーションの大切さを知らないから

コミュニケーションを取ることは健全な経営をするためにとても大切です。しかしコミュニケーションの大切さを知らない人が多いのが現状です。たとえ、苦手でもコミュニケーションの大切さを知っていれば、なんとか克服しようと努力しますが、そういう人が少ないため、コミュニケーション不足に陥ってしまいます。

上司とのコミュニケーションが大切なのはなぜ?

先ほども上司とのコミュニケーションは大切だと述べましたが、なぜコミュニケーションが大切なのでしょうか。

目標や方向性を共有するため

目標や方向性がバラバラだと社内で一つにまとまることはできず、せっかくのチャンスを逃してしまったり、社内の危機をうまく回避できなくなってしまったりするかもしれません。だからこそ目標や方向性を共有することは大切です。


そして、目標や方向性を共有するためには、上司と部下がきちんとコミュニケーションを取ることが大切です。コミュニケーションが不足すると、部下がその目標や方向性を理解できず、不信感を抱くことに繋がりかねないからです。

信頼関係を築くため

上司は部下を仕事のできる人に育てる役割が、部下には成長し上司に貢献する役割があります。その際に大切なのは、お互いの深い信頼関係です。信頼関係を築くためにはお互いを正しく理解することが必要です。


上司と部下とでは年齢の差が大きいことが多く、話がかみ合わないのは当然です。コミュニケーションを密にとっていれば違いを認めつつお互いを信頼できるようになりますが、コミュニケーションが不足するとお互いに一方通行のまま不信感を抱くようになり、正しく理解することすらできなくなってしまいます。だからこそコミュニケーションが大切なのです。

業務の進捗状況を把握するため

上司は部下の業務の進捗具合を管理する責任があります。業務の進捗を確認するためのコミュニケーションを怠ってしまうと、業務が上手くいっていないことを把握できないだけでなく、重大なミスに気づけないというリスクがあります。

業務の効率を上げるため

コミュニケーションをきちんと取らないと、「上司と部下が同じ仕事を進めてしまい、その分時間が無駄になった」、「連絡ミスで必要のない仕事をしていた」というように仕事に無駄が出てしまう可能性があります。


コミュニケーションを密に取ることでお互いが何をすればいいのかということを把握しやすくなり、連絡ミスも減ります。だからこそ、コミュニケーションは大切です。

社内の空気をよくするため

職場は一日の大半の時間を過ごす場所です。だからこそ、気持ちの良い空気感で過ごしたいですよね。コミュニケーションが上手く取れるようになると、お互いを正しく理解できるようになり、変な気遣いをする必要もなくなります。そうすることで、社内の空気もよいものへと変わっていきます。

ビジネスチャンスを広げるため

コミュニケーションをきちんと取れるようになるとお互いが意見を言いやすい関係になり、会話も弾むようになります。ビジネスチャンスというものは何気ない発言の中に隠れていることも多いです。上司と部下がコミュニケーションを取るようになればなるほど、その会話の中からビジネスチャンスが生まれる可能性も高まるのです。

上司とのコミュニケーションが難しい理由

上司とのコミュニケーションが難しいと感じるのには、大きく分けて2種類の理由があります。

上司側の問題

まずは上司側の問題から紹介します。

そもそもコミュニケーションを取ろうとしていない

そもそも上司が部下とコミュニケーションを取ろうとしていないことが原因の場合もあります。めんどくさいから、恥ずかしがりや口下手でうまくコミュニケーションを取れないから、コミュニケーションを取ることを大切だと思っていないから、など様々な理由があるとは思いますが、当然そのような上司とコミュニケーションを取るのは難しくなります。


部下の話を聞かない

他の人の話を聞こうとはせず、ただ自分の意見を押し付けてくるだけの人っていますよね。あなたの上司もそれに当てはまるかもしれません。本人はコミュニケーションを取っているつもりかもしれませんが、これではお互いに理解することはできず、正しいコミュニケーションを取るのは難しくなります。


部下を軽視している

上司になると、自分は偉いのだ、と部下を軽視しだす人がいます。そうなると部下との会話がなおざりになってしまい、部下としても上司と話したいという気持ちになれません。当然コミュニケーションを取ることは難しくなります。


ビジョンがない

上司だからといって必ずしも意欲をもって仕事をしているとは限りません。目の前の仕事をただこなすだけで、何のビジョンを持っていない可能性もあります。その場合は部下に仕事を教えることもできず、必然的にコミュニケーションを取る機会が減ってしまうため、コミュニケーションを取ることが難しくなります。


部下側の問題

続いて部下側の問題を紹介します。


そもそもコミュニケーションを取ろうとしていない

上司の場合と同じように部下側がコミュニケーションを取ろうとしていないかもしれません。めんどくさいから、コミュニケーションを取るのが苦手だから、上司から話しかけてもらうのを待っているから、コミュニケーションを取ることを大切だと思っていないからなど理由は様々ですが、自分がコミュニケーションを取ろうとしていないのであればコミュニケーションが難しくなるのも当然です。


敬意を払っていない

上司のことが嫌いだから敬意を払う必要はない、という理由でコミュニケーションをきちんと取らない人もいるかもしれません。例え、嫌いであっても上司に敬意を払うことは当然であり、とても大切なことですが、それに気づかずにいるのかもしれません。そうすると正しいコミュニケーションを取ることは難しくなりますね。


素直でない

特にプライドの高い人に多いことですが、上司の言葉を素直に受け取ることができないことが原因かもしれません。上司の言うことすべてに反発していたら、上司もどのようにコミュニケーションを取ればよいのかわからなくなり、コミュニケーションを取るのは難しくなります。

上司とのコミュニケーションの取り方のコツ

原因がわかったところで上司とのコミュニケーションのコツを見ていきましょう。

自分の行動を振り返ってみる

今の自分自身の行動を振り返ってみてください。先ほどコミュニケーションが上手くいかない部下側の問題を述べましたが、それに当てはまっていないでしょうか。


もし、当てはまっているのであれば、まずは自分の行動を直すことを最優先にしなければなりません。もしかすると、上司は自分とコミュニケーションを取ろうと努力してくれているのに、自分がそれを遮ってしまっているのかもしれません。

たくさん話しかける

コミュニケーションの取り方がわからない…と悩んでいる暇があるのであればまずは話しかけてみましょう。仕事の話ではなくてもよいですし、一言、二言でもかまいません。最初は内容よりも頻度が大切です。気づいたらコミュニケーションが上手く取れるようになっているかもしれません。

挨拶を大切にする

挨拶は基本的なことだから毎日しているという人も多いでしょう。しかし、慣れてくると無意識に挨拶してしまうようになります。無意識に挨拶することは決して悪いことではないのですが、少し工夫するだけで大きな効果が生まれます。挨拶のときに相手の名前を呼んだり、目を見て笑顔で挨拶したりするだけでコミュニケーションが格段にとれるようになります。一度、騙されたと思ってやってみてください。

アドバイスを素直に受け取る

アドバイスをもらったのにそれを受け入れようとせず自分の考えに固執していると、コミュニケーションを上手く取れなくなります。例え、疑問に思ったとしても、素直にそれに従ってみてはどうでしょうか。上司からのアドバイスは、上司が実際に同じような経験をしたことがあるからこそのものなのです。


そのアドバイスが的確であれば自分の考えに固執することはなくなり謙虚になれるでしょうし、アドバイスに従ってくれたということで上司からの印象もよくなるでしょう。そうすると、自然とコミュニケーションも上手く取れるようになります。

飲み会を活用する

「飲みニケーション」という言葉もあるように、飲み会の場は、よりお互いのことを知る良い機会となります。飲み会ではお酒の力もあり、普段のよりも自分の話をしやすくなります。だからこそ、上司の苦労したこと、成功談や失敗談など、貴重な話を聞くチャンスとなります。お互いのことを知ることはコミュニケーションが上手くいくきっかけともなります。

細かく素早い報連相を心がける

社会人として働く上で「報(報告)・連(連絡)・相(相談)」を徹底することは基本中の基本です。 しかし、ただ報連相をしておけばよいというわけではありません。詳しく、素早く、正確に報連相をすることが大切です。上司も忙しい仕事を抱えているため、必要な時に必要なことを伝えられると、その分上司からの評価も上がり、コミュニケーションもスムーズに取れるようになります。

上司のいいところを見つける

上司のことを苦手だ、と思っていることが言葉の端々や表情、行動で伝わってしまっていて、それが原因でギクシャクしてしてしまい、コミュニケーションを上手く取れないのかもしれません。


合わないと感じる人にだって必ずいいところはあります。なので、無理やりにでもいいので上司のいいところを探してみてください。いいところを見つけると、上司への見方も変わってくるかもしれません。

どうしてもコミュニケーションが取れないとき

何を試してもコミュニケーションを取れるようにならない…そんな時は以下のことも考えてみてください。

相談してみる

自分の悩みを聞いてくれる信頼してくれる人に悩みを打ち明けるのも一つの手です。悩みは解決しなくても、話を聞いてもらうだけでも辛さは軽減しますし、もしかしたら何かいいアドバイスをもらえるかもしれません。

異動届を出す

社内で部署異動や転勤ができるのであれば、異動届を出してみるのはどうでしょうか。今の上司とはどんなに頑張っても合わないけれど、他の上司であれば大丈夫だという可能性も高いです。

退職する

どうしようもない時は退職するのも一つの手です。中にはコミュニケーションが上手くいかずに悩み、鬱になってしまう人もいますが、それでは手遅れです。今後の生活のことを考えて退職することを踏みとどまる人もいるかもしれませんが、そうであれば先に転職先を見つけたうえで退職すればよいのです。今の時代、転職することは珍しいことではないですし、今までよりもいい条件で働けるようになるかもしれません。まずは相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は上司とのコミュニケーションがうまくいかない原因とその解決法を紹介してみました。上司とのコミュニケーションは仕事をするうえでとても大切です。コミュニケーション不足だと感じているのであれば、この記事を読んで出来そうだと思ったことから実践して頂けたら嬉しいです。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


上司 コミュニケーション

最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。