仕事から早く帰りたいのに帰れない?定時に帰りたい人必見!

仕事から早く帰りたいのに帰れない?定時に帰りたい人必見!

一早く仕事から帰りたいのに帰れなくて困っている人は多いのではないでしょうか。人間関係や、仕事量など様々な原因があると思いますが、実は残業は良くないことだらけです。この記事では残業をせずに帰れる方法が書いてあるので、定時で早く仕事から帰りたいと思っている方必見です。


仕事から早く帰りたい

仕事から早く帰りたいのに帰れない

仕事が楽しくて楽しくてしょうがない人は時間が経つのも忘れて仕事に没頭するでしょう。しかし、ほとんどの人は仕事が憂鬱だと感じており、一刻も早く会社から帰りたいと思っているのが現状です。


仕事から早く帰りたいと思っていても様々な理由で早く家に帰ることができず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。


仕事から早く帰れない1つ目の理由は、上司より先に帰れないからです。


いくらあなたの仕事が早く終わっていたとしても、仕事の終わっていない上司を差し置いて退社することに気兼ねをしたり、会社によっては上司より先に帰ることを認めていない社風のため仕事場から帰れないという人もいます。


これでは、どれだけ仕事を急いで頑張ったとしても早く帰れるはずがありません。


2つ目の理由は仕事量が多すぎるからです。


どう頑張っても定時に終わるはずがない仕事量を任されていれば、定時に上がれないどころか仕事の効率も悪くなってしまうため、さらに退社時間が遅くなってしまいます。


3つ目の理由は残業をしなければいけないからです。


定時に仕事が終わらない場合は残業をしてでも仕事を完了させなければなりません。もちろん、翌日以降に回せる仕事は後回しにして帰っても良いのですが、期限が差し迫っていたりスケジュールがぎりぎりになっていたりすると、残業をしなければ間に合わないこともあります。


これらの理由で仕事早く終わらせて帰りたいと思っていても帰れないという悩みを持っている人が多くなっているのです。

仕事から早く帰りたいと思う理由

残業をしたくない

仕事から早く帰りたいと思っている人がほとんどだと思いますが、仕事から早く帰りたいと思う理由は人それぞれです。


仕事から早く帰りたい1つ目の理由は、残業をしたくないからです。


会社にいるのが嫌で、一刻も早く会社の同僚や上司と離れたいという人にとっては、残業が過酷な時間になってしまいます。会社によっては残業代に上限を設けていたり、そもそも残業代を支給していないというブラックな会社も存在するので、そのような会社に勤めている人は特に残業によって人生の大切な時間を奪われることを嫌うのです。


また、残業をすることで仕事の効率が悪くなったり、疲労が残って翌日の仕事に影響が出てしまうというデメリットもあるので、極力残業を避けようとします。

家庭の事情がある

仕事から早く帰りたいと思う2つ目の理由は家庭の事情があるからです。


残業をしてしまうと家に帰る時間が遅くなってしまい、家事や育児を手伝ったりする時間が少なくなるといったプライベートの時間に影響が出てしまいます。また、家庭によっては親の介護を必要としているところもあり、なるべく早く家に帰らなければ自分だけでなく家族にも影響を及ぼしてしまうという人もいるのです。


実際に仕事によって家族との時間を過ごす時間が極端に短くなってしまい、夫婦関係がうまくいかず離婚してしまうというケースもあります。仕事と家庭のバランスをうまく両立させるためには、できる限り仕事から早く帰って家で過ごす時間を大切にするのも重要だと考えるため、仕事から早く帰りたいと考えるのです。

知人との約束がある

仕事から早く帰りたいと思う3つ目の理由は、知人との約束があるからです。


人生で費やす時間は仕事だけではないので、知人との関係を深める時間も大切です。社会人になってからはお互いに仕事が忙しくて予定を合わせることが難しいという友人も多いので、せっかく予定を合わせて約束をしたにもかかわらず残業によって仕事から早く帰れなくなってしまうと、知人と過ごす時間が短くなってしまいます。


もちろん仕事も大切ですが知人との約束も大切なので、できる限り仕事から早く帰りたいと思うのです。特に、遠方からわざわざ会いに来てくれる人など、滅多に会うことのできない人との約束であれば、なおさら仕事から早く帰りたいと思うでしょう。

副業をしなければいけない

仕事から早く帰りたいと思う4つ目の理由は、副業をしなければいけないからです。


働き方改革関連法案が施行されるようになり、多くの企業で副業が解禁されるようになりました。終身雇用が当たり前ではなくなってきた時代に入り、本業以外で収入を得られる方法を身につけようと頑張っている会社員は多いです。


副業で収入を上げていくためにはそれなりの時間が必要になってきます。会社で残業をすることで帰る時間が遅くなってしまうと、副業に充てる時間が少なくなってしまうので、副業に本気で取り組んでいる人ほど仕事から早く帰りたいと考えるでしょう。

体調不良

仕事から早く帰りたいと考える5つ目の理由は、体調が悪いからです。


長時間労働や休日出勤が慢性化している社員は、十分に休息を取れていないことが多いため、特に体調を崩しがちです。体調が悪いにもかかわらず毎日会社に出勤しなければならないので、体調を回復させるために少しでも早く仕事を終えて帰りたいと思うでしょう。


しかし、現実的に長時間労働が慢性化している人がすぐに定時に帰れるように切り替えられるとは考えにくく、今までのライフサイクルを改善させるのは相当難しいと考えられます。


体調不良が慢性化してしまうと生活習慣病やうつ病といった精神疾患、最悪の場合は過労死といった命に関わる事態にまで発展する危険性があるので、体調が悪い時に無理をして長時間働き続けるのは危険なことです。

仕事が楽しくない

仕事から早く帰りたいと考える6つ目の理由は、仕事が楽しくないからです。


興味があったりやりがいがあるなど、働いていて楽しいと思える仕事をしているのであれば、どれだけ働いていても生き生きとしていられるでしょう。しかし、仕事が楽しくないと感じている人は、働く時間が長くなればなるほど憂鬱に感じてしまいます。


仕事を早く終わらせて職場から離れられれば、辛い時間から解放されるので気持ちが楽になるので、少しでも早く帰りたいと考えるのです。

仕事から早く帰る方法

体調不良を装う

仕事から早く帰る方法は6つあります。


まず1つ目の方法は体調不良を装うことです。例え、体調が悪くなかったとしても体調不良を装って上司に相談していれば、さらに症状が悪化したり治療に時間を要したりするのを避けるために早めに帰らせてくれるでしょう。


会社側も体調の悪い人が働いていると仕事の生産性が下がると考えるため、少しでも早く体調を回復させて全力で仕事に取り組んでほしいと考えるため、早く帰って治療に専念して欲しいと思うはずです。


しかし、会社によっては人手不足が深刻になっているため体調が悪かったとしても働き続けるよう指示するところもあるようです。体調不良を装って早く帰ろうとする場合は、軽い風邪程度の体調不良では帰れない場合もあるということを理解した上で相談するようにしましょう。

生産性を上げる

仕事から早く帰るための2つ目の方法は、仕事の生産性を上げることです。


仕事の生産性が上がるということは、短時間で多くの仕事を進めたということになります。特に、1日のノルマや仕事量が決まっている会社では、仕事の生産性を上げることで早く帰れるようになる可能性が高いです。


仕事の生産性の高い社員は、効率的に業務を進めることができるとみなされるため、仕事から早く帰ったとしても誰も文句を言わないでしょう。

キャパ以上の仕事の依頼を断る

仕事から早く帰るための3つ目の方法は、キャパ以上の仕事の依頼を断るようにすることです。


誰にでも1日に作業できる仕事量の上限があります。遂行できる仕事量は人によって異なりますが、自分自身がどの程度の仕事量をこなせるかを理解しておくことで、過剰な仕事の依頼を受けずに済むのです。


自分の能力に見合った仕事量を受けておくようにすれば、残業時間を極力少なくすることができるようになり、早く仕事から帰れるようになるでしょう。

事前に早く帰らなければいけないことを伝えておく

仕事から早く帰るための4つ目の方法は、事前に早く帰らなければいけないことを伝えておくことです。


いくら大事な予定があったとしても、定時退社時間の直前にそのことを伝えられると職場の人たちも困ってしまいます。早く帰らなければいけない日が分かった時点で、あらかじめ上司や同僚にそのことを伝えていれば、業務量を調整してくれたり退社時間に帰宅を促してくれたりするかもしれません。


職場で波風を立てずに早く帰るためには、このような配慮が不可欠です。

会社と残業をしない契約をする

仕事から早く帰るための5つ目の方法は、会社と残業をしない契約をすることです。


契約時に残業をしないことを会社と約束していれば、いくら仕事量が多かったり仕事が残っていたとしても会社が残業を命じることはできません。そのため、毎日定時退社時間に仕事場から早く帰れるようになるため、1日の予定が立てやすくなるというメリットがあります。

職場の中で早く帰るキャラになる

仕事から早く帰るための6つ目の方法は、職場の中で早く帰るキャラになることです。


残業している人が突然定時に帰ったりすると、職場の人たちから注目されてしまったり、文句を言われる可能性があります。初めから定時に帰る姿を見せ続けて職場の中で早く帰るキャラになっておくと、仕事場から早く帰るのが当たり前だと思われるようになるため、早く帰りやすくなるのです。

長時間労働のリスク

生産性が下がる

長時間労働をすることには3つのリスクがあります。


まず1つ目のリスクは生産性が下がることです。長時間労働をすると心身ともに疲労が溜まってくることで、勤務開始当初よりも仕事の効率性が下がってきます。


生産性が下がれば会社の売り上げにも影響するので、長く働かせて利益を上げようとする会社は長続きしない可能性があるのです。

プライベートの時間がなくなる

長時間労働をする2つ目のリスクは、プライベートの時間がなくなることです。


長く働くほど会社に拘束される時間が延びることになるので、当然プライベートの時間が短くなってしまいます。プライベートの時間が短くなると、家事や育児に当てる時間が短くなったり、友人と飲み会に参加する時間も短くなるので、自由に使える時間が無くなってしまうのです。

心身に悪影響を及ぼす

長時間労働をする3つ目のリスクは、心身に悪影響を及ぼすことです。


プライベートの時間では仕事でたまった疲れやストレスをリフレッシュさせることが大切です。しかし、長時間労働によって趣味や娯楽に充てる時間のみでなく睡眠時間を削られると、体調を崩しやすくなったり、精神的に悪影響を及ぼしてしまう危険性が高くなるのです。

残業が多い人は転職も…?

残業が当たり前の会社では早く帰ることは簡単ではない

会社によっては残業をすることが当たり前になっているところもあります。


そのような会社では同僚や上司も残業をして当然だと思って仕事をしているので、あなた1人が早く帰ろうと行動を起こしたとしても、変に注目を浴びてしまい反感を買ってしまいかねません。残業が当たり前になっている会社で早く帰ることはそう簡単にできることではないでしょう。

転職で解決することができる

残業が当たり前になっているなどの理由で早く帰れない場合は、転職することで解決できます。


転職先によっては残業を禁止している職場もあれば、残業時間ができるだけ少なくなるような業務内容を定めている会社もあるのです。そのような会社に転職すれば、今まで勤めていた会社よりも早く帰ることができるようになります。転職先を探す時に残業時間が無い会社に絞って職場を探せるので、あなたに合った条件の転職先を簡単に見つけることができるのです。

まとめ

今回の記事では仕事から早く帰りたいと思う理由や、仕事から早く帰るための具体的な方法、仕事から早く帰れず長時間労働をすることのリスクについて解説しました。


あまりにも残業時間が長くて早く帰れない職場に勤めている人は、残業が無かったり残業時間が少なくなっている会社に転職することを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。