仕事が理解できないのはなぜ?原因とあなたに合った対処法!

仕事が理解できないのはなぜ?原因とあなたに合った対処法!

仕事の内容が理解できないでミスをしてしまい、上司に怒られてしまう。上司が怖くて聞こうにも聞けずに、また間違いを繰り返す。こんな悪循環にはまってしまう人、多いと思います。当記事では、その原因を知り、あなたに合った対処法を見つけることができます。


上司からの仕事の依頼が理解できず、何度も怒られてしまう。そんな経験はありませんか?自分なりに頑張って理解しようとしても、最初は専門知識もなく、仕事の内容がよくわからないこともありますよね。しかし、そんな状況で無理を続けてしまうと、ストレスや鬱などの病気にかかってしまう恐れもあります。


この記事では、仕事が理解できない理由やその対処法について学んでいきましょう。

仕事が理解できないと辛い

新人時代、上司から「これやっておいて欲しい」と仕事を依頼されたあなた。仕事のやり方もわからないし、どこを調べて良いかもわからない。誰かに聞きたいけど、みんな忙しそうで声もかけづらい。そんな経験はありませんでしたか?


上司に一からやり方を聞くわけにもいかず、自分でどうにかしなくてはと思う一方で、どうしようもないこともありますよね。

同期に置いていかれる

仕事が理解できないままでいると様々なデメリットがあります。仕事を頼まれる度にドキドキして、自分なりにやってみるも評価はイマイチ。そのまま仕事を続けることで同期に置いていかれてしまうかもしれません。仕事のデキる同期もスタート地点は同じはずなのに…と思っていても、他の人は仕事を理解できるように色んな努力をしているはずです。


あなたが「またわからない仕事を頼まれて困ったな」と思っているうちに、同じスタートラインにいた同期にあっという間に追い越されてしまうかもしれません。仕事ができないことは辛いですが、向き合わないままでいるとさらに辛い状況になってしまいます。

上司に怒られる

仕事がわからずに何となくで自分流で処理してしまうと、出来上がった仕事を見て上司に怒られてしまうこともあるでしょう。初めの頃は、誰でも新人です。上司に怒られて学ぶこともありますが、何度言われても成長しない部下には上司も困ってしまいます。「この前も言っただろう」「何を学んできたんだ」「どうして同じミスをするんだ」こんな風に上司に怒られてしまう人は、上司のイライラが溜まっている証拠です。


「出来ない仕事を頼む上司が悪い」「誰だってそんなに早く仕事を覚えられる訳がない」と仕事を理解できていないことを言い訳にせず、学ぶ努力をしていきましょう。怒られることを怖がっているうちに、あなたに回ってくる仕事が減り、評価が下がってしまうこともありますよ。

仕事が理解できない理由

「どうして仕事が理解できないんだろう」と思っている人には、いくつか理由があります。自分に当てはまる項目がないか、是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

わからないまま放置してしまう

仕事ができない理由も人それぞれです。自分が「わからない」と感じているにも関わらず、それを放置して仕事を続けるのも仕事の理解が遅れる原因の一つでしょう。


「わからないから後回しにしよう」、「とりあえず、こんな感じで良いよね」と、あまり考えずに仕事を進めてしまうと、成長できずに、いつも同じところで理解できなくなってしまいます。


忙しいからこそ、わからないことは早めに調べて知識を増やしておきましょう。そうすれば、仕事がスムーズにできるようになり、時間にゆとりを持つことも可能です。

頭の中が整理できていない

「頼まれている仕事が多い」「専門的な知識が不足している」など様々な理由で、自分の頭の中で仕事が整理できない状況もありますよね。


また、頭の中でだけ考えてしまい情報がまとまらないケースもあります。紙に書き出してみる、最終目的を明確にするなど工夫をし、「あれ?今何やってたんだっけ?」と仕事中に混乱しないように仕事を進められるようにしましょう。

仕事に適性がない

そもそも仕事の適性がない場合もあります。例えば、接客業であればお客様が困っていたり、何か店員に伝えたいときがありますよね。マニュアルには「お客様の些細な行動から、何を求めているのか判断して迅速に動く」と書いてあっても、適性のない社員はそれがわかりません。人の気持ちを察知したり、行動の違いに気づける人とそうでない人がいます。


自分が頑張っても人より適性がない場合、上司に「何でわからないんだ」と言われても改善のしようがないケースもあるでしょう。

実力と仕事の難易度が釣り合っていない

あまりにも難しい仕事を頼まれており、処理しきれないこともあります。人材不足などで新人時代から、先輩と同じような案件を任されてプレッシャーを抱えて働いている人もいるでしょう。


実際に任された仕事に挑戦してみて、自分の実力とかけ離れた仕事だと感じた場合、それを直接上司に伝えるのも一つの方法です。無理に頑張って結局できなかったとなれば、取引先や同僚に迷惑がかかる場合もあるでしょう。簡単に諦めるのはよくありませんが、あまりにも難しい仕事は相談するのがベストです。

教育が十分ではない

理解できないのはあなたの問題だけではなく、会社の教育体制が不十分という場合もあります。「仕事はやりながら覚えるものだ」と、何の説明もないまま資料だけ渡される。「先輩と同じようにやってくれ」と曖昧な指示を出されるなど、教えてもらえる環境にないことでいつまでも仕事が覚えられないこともあるでしょう。


もしかすると、あなたが理解できていないことを上司が気づいていない可能性があります。「この仕事のここが理解できていません」と、明確に質問することで、少しでも理解を深められるようにしましょう。

仕事のやる気が十分ではない

やる気がなく、理解する気にもなれないこともありますよね。反対に、仕事の理解ができないことでやる気がなくなってしまったケースもあるでしょう。人は「面倒だ」と思った瞬間、仕事のスピードが落ちるといった研究結果もあります。


まずは、「どうすれば仕事のモチベーションを上げられるか」「どんな仕事なら、よりやる気が出そうか」など、やる気を上げる工夫から始める必要があるかもしれません。

素直に人の話を聞くことができない

せっかく上司や同僚が説明してくれていても「そのやり方はおかしい」「古いやり方より、自分のやり方が良い」など、きちんと受け入れられない人もいるでしょう。


もちろん、自己流で効率的な仕事ができるなら良いですが、ただのプライドであれば周囲の迷惑になるだけです。あなたが何も聞いていないと思っていても、実は上司はきちんと説明してくれていたとったケースもあります。普段からきちんと人の話を聞こうという心がけも大切でしょう。

仕事が理解できない時の対処法

理解できるまで聞く

仕事に関する自分の疑問点や曖昧な部分を「何となくわかった気がする」で終わらせず、きちんと理解できるまで確認しましょう。いくらベテランの人や仕事がデキる人であっても、仕事を理解したと思い自分でやってみると、案外後から疑問が出てくることもあります。


「このあと、自分一人で仕事を進めても、わからないところが出てくる可能性はないか?」と、先を見据えて理解を深めておきましょう。また、上司も忙しいため頻繁にあなたと話す時間を取ってくれるとは限りません。何度も聞きに行くよりも一度でしっかり理解できる方が、上司にとってもありがたいでしょう。仕事が完了するイメージを持って、話を聞くことも大切です。

仕事に関する専門知識の勉強を怠らない

門用語や会社特有の言い回しで仕事を伝えられ、「それってどういう意味?」とわからないまま話を聞いていませんか?


わからない用語が多いと、いくらきちんと話を聞いていても理解は遅くなります。その場で「その言葉の意味は?」と上司の話を妨げることはできなくても、後から同僚や先輩に確認することはできますよね。


話を聞きながら、わからないことはメモしておきましょう。また、デキる先輩がどのように勉強していたか聞いてみるのも良いかもしれません。自分だけで考えてやみくもに勉強するよりも、効率的な方法が見つかるでしょう。

適性のある仕事をするようにする

部署異動など、社内で別の仕事ができる環境であれば思い切って適性のある仕事に変更してもらうのも一つです。また、チームで仕事をしている場合には、より適性のある仕事を担当するようにしましょう。


もちろん、自分にとって難しい仕事に挑戦することも大切ですが、そもそも仕事が理解できない程の実力であれば、まずは出来ることから始めてみること。得意な分野で評価を上げることで、今後また新しい挑戦できる仕事を任されることもあります。


社会人生活は、あなたが考えているよりもずっと長いものです。適正のある仕事をこなして、先に仕事に自信を持つと良いでしょう。

理解力を鍛える

<h3>理解力を鍛える

社会人と学生では、学び方が大きく違います。学生のうちは、授業を聞いてわからないことは後から教科書を見直して、テストで確認するといった流れでした。しかし、社会人になれば上司の話や先輩の仕事の仕方を目で見ることで仕事を覚えていきます。わからないことは全てマニュアル化されているというわけではないでしょう。


社会人になって理解力が衰えたと感じている人は、社会人としての理解力を鍛える方法を探しましょう。文章を読んで理解するのが苦手なら本を読んでみる。話を理解するの下手なら聞き方のコツを学んでみるなど、自分の苦手を克服するような対策が必要ですね。

理解力を鍛える方法

読書をして理解力を鍛える

本を読むことは、理解力を鍛えるのに効果的です。色んなジャンルの本を選び、文章を読み進めることで、話の展開が頭の中に残るので、話を聞いて理解するのにも役立ちます。


また、語彙力もアップするため上司が言っている難しい用語も理解しやすくなるでしょう。普段、テレビや漫画を見ている時間を、読書に変えて活字に触れる時間を増やしてみてください。仕事の理解度が上がり、ぐっと仕事がしやすくなることでしょう。


古典などの古い文章に触れてみるのも良いですね。理解力が上がることに加えて、年配の上司とも話が弾むかもしれません。

アウトプットする練習をする

本はよく読むのに仕事が理解できない」「わかっているけど現場ではできない」

知識があるのに仕事が理解できていない人は、アウトプット量が足りないのかもしれません。本や経験で積み重ねた知識を繰り返し仕事で練習してみましょう。


自分の考えている通りにやってみても、なかなか理解できないのが現実です。そこから「自分に何が足りないのか」「どうすればもっと理解できるのか」と自分で考えていくことが大切です。普段努力しているのに成果に結びついていないという方は、是非実践を重ねてみましょう。

物事を視覚化して考えるようにする

すぐに頭の中が混乱してしまうときは、今ある情報やアイディアを視覚化して考えることが大切です。頭の中だけで考えると、その情報は自分で考えたことなのか上司からの依頼なのかと混合し、理解が遅くなる原因となります。


今では紙に書き出すときに、情報を整理しながら視覚化できるツールやメソッドなども多く存在します。自分に合った方法を探し、いくつか試しながら理解しやすい方法を見つけていきましょう。

仕事を理解できないまま無理をするのは危険

理解できないことからストレスが溜まる

「仕事がわからなくても仕方ないや」と諦めているようで、実は理解できないことへのストレスが溜まっていることもあります。上司からの仕事の依頼も「またよくわからないことを言ってる」とイライラしながら話を聞き、結果十分な成果を出せないことで「どうせまた出来なかったんだ」と自分を責めてしまいます。


仕事の出来る同僚を見て羨ましいと思いながらも、悔しい気持ちが溜まっていくこともあるでしょう。

ストレスが溜まり続けると鬱になる

そうして蓄積されたストレスは、精神的な病に発展する恐れもあります。ストレスによって鬱が発症し、さらに仕事ができる状況ではなくなってしまうかもしれません。


最悪の場合、会社に行くことすらできず、休職・退職を余儀なくされる可能性もあります。どうしても自分には難しい仕事は、早めに見切りをつけるか周囲へ相談しましょう。

適性がない場合は転職を考えるべき

今勤めている会社には自分に適性がないと感じたら、転職を検討することも大切です。無理をして働いて病気になる、いつまでたっても仕事が上達しないとなれば生きていても楽しくありません。自分にあった仕事や職場を探すための努力をした方が、よりよい人生に近づく可能性もあります。


ただし、短期間で何度も転職するのはおすすめできません。自分の適性を客観的に判断し、次は適性のある会社を選ぶことができるようにしましょう。

まとめ

仕事の理解ができないことで、上司に怒られたり同僚に置いていかれるのは悲しいですよね。自分の理解度が低い原因を知り、あなたにあった対処法にトライしてみましょう。


ただし、仕事の理解度はあなたの努力だけで上がるものではありません。困ったときには無理をせず、周りに相談する・転職を考えるなど色んな方法を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。