仕事量が多すぎてパンク寸前?多忙なあなたの現状打開策!

仕事量が多すぎてパンク寸前?多忙なあなたの現状打開策!

やってもやっても仕事が終わらない!溜まっていくばかりでパンクしそう!そんな毎日を過ごしている皆さんは少なくないと思います。しかし、仕事を抱えすぎることで生じるリスクは多いです。忙しい毎日をどうにかしたい!という方、ぜひ最後まで読んでみてください。


「今日も休憩取れなかった…」「毎日毎日、忙しすぎて目が回りそう」などと、仕事の多忙さで悩んでいる方もいるでしょう。自分の要領の悪さが原因で仕事がパンクしそうな方や、周りから押し付けられて忙しくなっている方など様々です。


今回は仕事量が多すぎてパンクしそうな方のために、忙しい理由や原因、対処法を詳しくご紹介していきます。忙しすぎてどうしたら良いのか分からないという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

仕事を抱えすぎてパンクする

「毎日毎日、仕事が山のようにあって忙しい」という状況になっている方は少なくありません。仕事を抱えすぎてパンクしてしまうとどうなるのでしょうか?

仕事を抱えすぎることは良くない

仕事を抱えすぎてしまうのは、自分にとっても他人にとっても良くない状況です。自分が仕事を抱えすぎてパンクすると、以下のようなことが考えられます。


・仕事の効率が落ちる


仕事が忙しすぎてしまうと、優先すべき仕事の順番が見えなくなったり、前もってやっておいた方が良い仕事まで手が回らず後回しになったりと「仕事の効率が落ちる」ことがあります。仕事の効率が落ちていると自分で気づける方は良いですが、知らぬ間に効率が落ちていたということも珍しくはありません。いくつかの仕事の納期が間に合わないことがあるなど、いつも通り仕事をしているつもりでも、確実に仕事に支障をきたします。


・身体的、精神的に限界を迎えるリスク


仕事を抱えすぎてしまうと、心身共に大きなストレスを感じますよね。休憩の暇もないほどに資料作成や会議に追われ、食事もまともに摂れないという話も良く耳にします。それほどまでに仕事が忙しいと、退社して帰宅してからも頭の中を仕事が占領し、寝る直前まで「明日はこれとこれをしなければ」などと考えてしまうこともあるでしょう。ひどい方は、毎日夢の中まで仕事をしているようです。


このように、身体的、精神的に休息やリラックスできる時間がない方は、身体を壊してしまうリスクもあることを念頭に置いておきましょう。


・自分の仕事が終わらずに周りに迷惑がかかる


仕事を抱えすぎてしまった結果、自分の仕事が終わらずに次の段階に進めず周りの人に迷惑をかけてしまうことも考えられます。自分で仕事の流れが止まってしまうと、周りの人がフォローをするようになるでしょう。1回や2回ならまだしも、毎回自分で仕事の流れを止めてしまうと「あの人は仕事が遅い」「仕事を持ちすぎなのでは?」と冷ややかな目で見られ迷惑がかかってしまいますね。

仕事を抱え過ぎてパンクしてしまう人の特徴

それでは、仕事を抱えすぎてしまう方の特徴を5つご紹介します。

仕事を断ることができない

仕事を抱えすぎてしまう方の特徴として、まず考えられるのは「仕事を断ることができない」ことが挙げられます。上司や先輩、同僚から「忙しいところ悪いけど、これもお願いできないか?」などと頼まれると断れない性格の方は、比較的仕事を抱えすぎてしまう傾向があるようです。断れない性格の方は、どんなに自分が仕事を抱えていても、今抱えている仕事に遅れが生じていても断れません。


ただし、中には仕事を断ることができない性格を利用して、仕事を押し付けてくるようなタチの悪い人もいます。そういう人は、自分が楽をしようと仕事を押し付けてくるのではっきりと断ることが大切です。

優先順位をつけて仕事をしていない

仕事を抱えすぎてしまいパンクしてしまう方の中には、仕事に優先順位をつけていない方が多いです。物事には優先順位というものが存在します。「先にやるべき仕事」「数日後でも間に合う仕事」など、仕事には様々な状況がありますよね。その順番を自分で決めていない方は、手当たり次第に仕事を始めて「明日までの仕事に気づかなかったから今日急ぎでやらなければならない」などの状況に陥ります。


優先順位をつけていなければ、今、どの仕事が一番大切かを見失ってしまうでしょう。

仕事を完璧にこなさなければ気が済まない

仕事でパンクしてしまう方は、仕事を完璧にこなさなければ気が済まないという方もいるかもしれません。ただでさえ抱えている仕事量が多いのに、細かなミスや見やすい資料作りなどにこだわり、1つの仕事にかかる時間が長いことが仕事を抱えすぎてしまいパンクする原因でもあります。


確かに完璧を求めることも大切ですが、仕事はスピードも大切です。もちろん資料が間違っていたらその後の作業に支障が出るかもしれません。しかし、自分の仕事が遅れているのに完璧を求めすぎていると周りに迷惑がかかります。


一気に全部の仕事に取り掛かり中途半端になる

一気に全部の仕事に取り掛かり、全てが中途半端になる方も仕事でパンクする可能性があると言えます。これは、仕事に優先順位をつけられない方と同じことですが、自分が抱えている仕事を一気に全て取り掛かると、進捗状況も分かりづらくどの仕事も中途半端になってしまいます。


自分の仕事は、一つずつ確実に終わらせていくことがおすすめです。いくつも手をつけてしまうと、その仕事は終わらせた気になってしまい、そのまま仕事を忘れてしまう可能性も考えられます。ある程度仕事に慣れていけば、同時進行することもあるかもしれません。しかし、仕事に慣れるまでは一つずつ終わらせていけると良いですね。

効率的に仕事をするための工夫をしていない

仕事を抱えすぎてしまう方の中には、仕事を効率的に終わらせるための工夫をしていない方も見受けられます。自分で毎日毎日忙しいことは分かっているはずです。自分と同じく周りの同僚や上司なども忙しいのであれば、それは会社全体が忙しいためあなたとのせいではありません。


しかし周りの同僚や上司は休憩を取っている時間もあり、他愛ない会話で笑っている時間もあるのであれば、あなただけが忙しいということになります。その場合には、仕事を効率よく終わらせるための工夫をしなければなりません。仕事が忙しいままにしていると、後々は周りに迷惑をかけてしまったり、自分が身体的・精神的に辛い状態になったりしてしまうでしょう。

パンクせずに仕事をするためにできること

仕事を多く抱えてしまっている方が、パンクせずに仕事をするための対処法を4つご紹介します。毎日仕事が忙しいという方は、以下のことを実践してみてくださいね。

自分の仕事を管理する

まず、自分で自分の仕事を管理することが大切です。具体的には、自分の持っている仕事量と、自分がこなせる仕事量を把握しましょう。自分がこなせる仕事量を把握しないことには、どれほどの仕事を持っていればいいのかが分かりません。


また、自分がこなせる仕事量を超える仕事を依頼された場合には、勇気を持って断ることも大切です。先にもご説明した通り、お願いされたことを断れない性格の方もいるでしょう。しかし、自分の仕事の許容量を超えているのに受けてしまうのは、無責任だと判断されかねません。自分でできる範囲の仕事量を断ることも、仕事を管理する上で重要なことだと言えます。

計画的に仕事を行うようにする

仕事を多く抱えていてどのように進めたら良いのか分からなくなっている方は、一度自分自身でリスケを行いましょう。リスケとは、リスケジュールの略で「計画を組み直す」という意味です。上司からの指示で、5日後までに仕事を終わらせなければならない場合、それまでの予定を組み直しましょう。


自分でリスケをすると、現在持っている仕事の数や内容が頭に入りやすく、計画を立てやすいというメリットがあります。自分で与えられた仕事を計画的に行えるように、しっかりと仕事を把握し計画を立てることをおすすめします。

優先順位をつけて仕事をする

仕事を抱えすぎてパンクしてしまう人の特徴で、「仕事に優先順位をつけていない」ことが多いとご説明しました。もしも自分が優先順位をつけられていないのだとしたら、まずは仕事に優先順位をつけましょう。


優先順位の付け方は様々な方法がありますが、簡単に考えられる方法をご紹介します。それは、「素早く結果が出せる簡単な仕事から手を付ける」ことです。長期的で先にならないと結果が出ない(もしくは終わらない)仕事は、とりあえず後に回して先にすぐに結果の出せる仕事から始めましょう。


ただし、長期的な仕事を後回しにして終わらなかったというのは、やはり優先順位がつけられていないことになります。ある程度、すぐに終わる仕事を片付けたら長期的な仕事にも取りかからなくてはなりません。自分の中で簡単な仕事がいくつか終わり、抱えている仕事量が減ったら長期的な仕事にも順次移行していきましょう。

仕事を効率的に行えるように試行錯誤する

仕事の効率が悪く悩んでしまっている方は、効率良く仕事を進められるような方法を試してみましょう。以下に仕事を効率化させる方法をいくつかご紹介します。


・To Do LISTを作成する

・付箋にその日やる仕事を書き出し、終わったら捨てていく

・この仕事は何時までに終わらせるなどの時間を決める

・適度に休憩を取る


これらの方法を試してみましょう。To Do LISTは、メモ帳に自分で書き込むのでも良いし、100円ショップなどでもリストになっているノートが販売されています。


また、To Do LISTと同じような意味で「付箋」を使って仕事管理も行えます。その日やらなければならない仕事を付箋1枚ずつに書き出して、机やパソコンに貼り付けていきます。そして、その仕事が終わったら付箋を剥がして捨てていきましょう。退社する頃には付箋も全部なくなっているはずです。このように、仕事が目に見えて減っていくとゲーム感覚で仕事をこなしていくことができますよ。


さらに、「この仕事は15時までに終わらせる」などと自分の中でタイムリミットをつけても良いですね。時間が決まっていることで集中力を高めることができます。しかし、根詰めるのも効率を落としてしまう原因になりますので、適度に休憩を取ると良いでしょう。

仕事の要領が悪い人は…

「自分は仕事の要領が悪いから何をしてもダメだ」などと落ち込んでいる方もいるかもしれません。要領が悪いと分かっているのなら、対策が立てられますので安心してくださいね。

中途半端に手を出しすぎて要領が悪い…

仕事を抱えすぎていたため、いくつもの仕事に手を出してしまいどれも中途半端担ってしまっている方は、確実にひとつ一つ仕事を片付けるように意識付けを行いましょう。


どれも中途半端になってしまう方は、先述の通り、付箋を使って仕事を管理するのがおすすめです。付箋を使って仕事を片付けていけば、終わった仕事と終わっていない仕事が一目瞭然なので、中途半端になることを防ぐことができます。非常に簡単な対策方法ですので、ぜひ試してみてくださいね。

一つずつできることを増やしていく

自分は要領が悪いため、仕事もあまり覚えられないと悲観してしまう方も多いでしょう。そのような方は、一つずつ自分にできる仕事を増やしていきましょう。まずは簡単なことからでも構いません。掃除やデスク周りの整頓、簡単な資料作成や伝票入力などの単純作業は、数回自分でやってみることで自然と覚えられるでしょう。このように、自分ができることがから仕事を覚えていくと良いですね。

仕事を断れない人は上司に相談する

頼まれごとを断るのが苦手で、同僚や先輩から仕事を押し付けられてしまう方は、思い切って上司に相談しましょう。自分が断れないだけで、どんどん自分の仕事が溜まっていき、ついには周りの人や会社に迷惑をかけてしまうことも考えられます。


思い切って上司に「自分の持っている仕事の量が多いこと」や「頻繁に同僚や先輩から仕事を依頼されて困っていること」を相談すると良いでしょう。上司は、部下や部下の仕事の管理も仕事なので何か対策を立ててくれるはずです。直属の上司が仕事を押し付けてくる場合には、上司の上司に相談するもの一つの手段でしょう。

得意なことを仕事にする

現在の仕事で自分の要領の悪さを感じている方は、転職して自分の得意なことを仕事にすることも検討してみましょう。もしかしたら、自分では気づいていなくても苦手な分野で仕事を頑張っているのかもしれません。苦手なことを毎日行なっているのは非常にストレスを抱えることです。


転職して、自分の好きなことや得意とする分野で仕事をすれば、ストレスも軽減されて要領よく働けるでしょう。転職に不安を感じている場合は「転職エージェント」を活用すると良いですね。自分の魅力を引き出してくれて、無料で転職相談を行なってくれます。自分に合っている職種がなんなのか分からない方は、ぜひ利用してみましょう。

パンクしてからでは遅い

最後に、仕事を抱えすぎてパンクしてしまった時の自分の変化をご紹介します。以下のようにならないために、仕事のやり方に工夫が必要です。

パンクした頃にはうつ病に…

仕事がパンクする頃には、うつ病になってしまっているかもしれません。うつ病には様々な症状があります。誰とも話したくない・何に対してもやる気が出ない・食欲もなく毎日眠れない・日頃から不安を感じているなどです。


うつ病は、一度病気になってしまうと完治するまでに時間がかかります。仕事はおろかプライベートまで犠牲になってしまうので、仕事をパンクさせずに上手く仕事管理をしていきましょう。

何か異常を感じたら病院へ

仕事がありすぎて、休憩もろくに取れずに毎日残業をしていると、うつ病にかかるリスクもありますがそれだけではありません。身体的にも辛いはずです。ひどい場合には過労死の可能性も考えられるでしょう。実際に、仕事が忙しく過剰残業が原因でなくなっている方もいます。労災扱いとなり遺族にお金はおりましたが、自分が死んでしまっては何の意味もありません。身体が悲鳴をあげ始めたら、必ず病院に受診してください。

仕事以外のリフレッシュを怠らない

そして、プライベートでリフレッシュすることを怠らないでください。仕事のために生きているのではありません。プライベートを楽しむために仕事をしているのです。仕事が忙しいからといってプライベートのリフレッシュを減らしてしまっては、心が回復する時間がなくなってしまいます。


友人と食事に行く、買い物に行く、家族や恋人と話をするなど何でも良いです。自分にとって心休まる時間を必ず意識して作りましょう。

まとめ

この記事では、仕事量が多くパンクしてしまう原因や理由、またはその対処法について詳しくご説明してきました。仕事を抱えすぎてしまうのは、多くの場合自分の仕事管理ができていないためです。今回ご紹介したような方法で、仕事管理を上手く行なっていきましょう。また、同僚や先輩から無理やり仕事を押し付けられている方は、自分を守るために上司に相談しましょう。

この記事のライター

最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。