帰宅後の時間の使い方こそ成功の秘訣?効果的な夜の過ごし方

帰宅後の時間の使い方こそ成功の秘訣?効果的な夜の過ごし方

帰宅後に疲れを取ろうとリラックスしたまま、だらだらと時間を過ごしてしまう人は少なくないと思います。多くの成功者たちが仕事終わりの時間を有効活用していることから、帰宅後の時間の重要性がわかります。この記事では、人生を豊かにする素敵な夜の過ごし方を紹介します。


一日の仕事を終えて帰宅すると、ほっと一息つくことができます。多くの人にとって居心地の良い自宅で、ゆったりと過ごせる時間になっているでしょう。そんな帰宅後の時間、みなさんはどのように過ごしていますか?


帰宅後、就寝するまでの時間は限られていますが、上手に活用することでプライベートが充実します。プライベートの充実は仕事にも良い効果をもたらすため、ぜひ帰宅後の過ごし方を意識してみましょう。

【調査結果】会社から帰宅後の時間はどのように過ごしていますか?

社会人136名を対象に、「会社から帰宅後の時間はどのように過ごしていますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。


家族や友人と過ごす:16%

趣味の時間にする:31%

副業をする:3%

睡眠を取る:50%


調査の結果、睡眠を取る回答した人が最も多く50%でした。この結果から、社会人の半数は、帰宅後に睡眠を取り、次の日の仕事に備えていることが分かります。


では、いわゆる成功者と言われている人は、帰宅後に何をしているのでしょうか?

活躍する人は帰宅後の時間を大切にする

世界中で活躍している人も、帰宅後の時間を大切にしています。

帰宅後の過ごし方は重要

仕事を終えて自宅に帰ってきてからの時間は、たっぷりあります。就寝するまでの長い時間を使って、いろいろなことに取り組めるでしょう。


例えば、夜の7時に帰宅して、就寝する時間が12時だとすると5時間ある計算になります。夕食や入浴の時間を除いても、4時間前後確保できるでしょう。4時間の間に、できることはたくさんあります。ぼんやりとテレビを眺めているだけでは、もったいないです。


一方、夜の時間はたっぷりあるように思えて、あっという間に過ぎていきます。寝るまでの時間を計算して、どのように過ごすのかじっくり考えてみましょう。うっかり夜更かしして翌日に疲れを残してしまわないよう、睡眠の質にもこだわることも重要です。以下のようなポイントを押さえて、ぐっすりと眠ることが大切です。

 

~睡眠の質を高めるポイント~


・眠る直前まで、パソコンやスマホの画面を見るのは避ける

・温かい飲み物を飲んでリラックスする

・入浴できちんと湯船に浸かり、身体を温める

・寝室の環境を整える(明かりや暖房・冷房器具を上手に活用するなど)

 

帰宅後の過ごし方は、人それぞれです。自分のライフスタイルに合わせて、夜の時間を上手に活用してみましょう。睡眠時間を削るようなことのないよう、夜の時間の過ごし方を考えると良いです。

世界で活躍する経営者たちも夜の時間を大切にする

帰宅後の時間をどう過ごすかによって、プライベートの充実度や仕事の効率も変わってきます。実際に、世界で活躍する経営者たちも、夜の時間を大切にしています。経営者たちは夜の時間をどのように過ごしているのか、さっそく見てみましょう。

 

・柳井正

ユニクロの社長である柳井正氏は、夜の付き合いをすることなく、仕事後はまっすぐ帰宅します。付き合いに参加するのは、月に1、2回程度と言われるほど、仕事後は直帰しているのです。帰宅後は読書に没頭し、ビジネス戦略を練るというのです。もともと読書好きという柳井氏は、本からビジネスのヒントや知識を得ています。

 

・ビル・ゲイツ

ビル・ゲイツ氏も、夜の時間を有意義に過ごしています。1年間に50冊の本を読んでいると言われており、ユニクロ社長と同じく読書からビジネスにつなげていこうという考え方です。静かな夜は、読書にぴったりの時間です。世界的経営者であるビル・ゲイツは、夜の自分時間をしっかり確保しているのです。

 

・ジェフ・ベゾス

Amazonの創業者であるジェフ・ベゾス氏は、家族との時間だけでなく皿洗いも積極的に行ないます。毎日8時間は睡眠時間を確保し、朝は目覚まし時計をかけずに目を覚ますという習慣が身についているのも素晴らしいです。帰宅後の時間を大切に過ごしているからこそ、皿洗いやたっぷりの睡眠時間を確保できるのでしょう。

 

・マーク・ザッカーバーグ

フェイスブックのCEOとして知られるマーク・ザッカーバーグ氏は、若き経営者です。毎晩子どもに子守唄を歌い寝かせつけるという、良いパパぶりも立派です。朝はゆっくりと起き、睡眠をたっぷり取っているのもわかります。夜遅くまで仕事をすることはなく、早々に帰宅して家族との時間を大切に過ごしているのです。

 

・サンダー・ピチャイ

GoogleのCEO サンダー・ピチャイ氏も、夜の時間を大切に過ごしています。家族との時間を優先し、リラックスした気持ちで夜を過ごしているのでしょう。時間に余裕を持って生活していることも、伝わってきます。オンとオフの切り替えがきちんとできており、私生活が充実していることがわかるでしょう。

帰宅後の有効な使い方

世界中の成功者たちも大切にしている夜の時間、実際に充実した時間を過ごすためにはどんなポイントを押さえておけば良いのでしょうか?ここでは、帰宅後の時間を有効に過ごすコツをご紹介します。

読書をする

経営者たちも多く実践している読書は、知識が豊富になるだけでなく、ストレスが解消されリラックス効果も期待できます。イギリスで行なわれた研究では、音楽鑑賞や散歩などと比べて、読書に優れたストレス軽減効果があることも明らかになりました。


帰宅後にたった6分間読書をするだけでストレスや疲れを軽減できるため、読んでみたいと思う本を選んで読書をしてみましょう。


読書が習慣になると、書店に行く楽しみや新しい発見もできます。自分の視野が広がり、仕事やプライベートにおいても充実した日々を送れるでしょう。

運動をする

ウォーキングやストレッチなどの運動も、夜の時間を有効活用できます。軽く身体を動かすことでストレスが発散でき、ダイエット効果も期待できるのでおすすめです。副交感神経神経が優位になっている夜に運動することで、シェイプアップにつながります。


身体を動かしたあとは心地よい疲れを感じるため、質の良い睡眠へ導くことも可能です。夜外に出るのは嫌という人は、自宅でできる軽い筋トレやストレッチがおすすめです。1日5分、10分の軽い運動を心がけるだけで、健康的な身体にも近づけます。運動不足の現代人も多いため、手軽に始められるものから実践してみましょう。

家族との時間を過ごす

仕事から帰宅して待っている家族がいるなら、家族との時間を過ごすのもおすすめです。子どもと一緒にお風呂に入る、本を読むなど、子どもが寝付くまでの時間を過ごすことができるでしょう。


子どもが寝てしまったあとは、夫婦の時間です。ゆっくりとお茶を飲みながら会話を楽しむと、心身ともにリラックスできるでしょう。その日あったことを話したり、お互いの趣味の話をしたり、一緒に布団に入るまでのんびりとした時間を過ごすのがおすすめです。


情報を共有できるため、家族の仲を深めるきっかけにもなります。夫婦が仲良くお互いのことを理解できていると、子どもにも良い影響があるでしょう。仕事のことは玄関の外に置いて、自宅に入ったら家族との時間を過ごしてみてください。

睡眠時間を充実させる

ビジネスにおける成功者たちは、しっかりと睡眠を取っています。8時間眠るようにしているという人もいるほど、睡眠時間を確保している人は多いです。現代人は、睡眠時間が6時間以下と不足しがちな人も多い中、成功者はたっぷり眠っているのです。


帰宅後、やるべきことを手際よく済ませて、早めに布団に入ってみましょう。身体を横にすることで疲れが取れていき、リラックスできます。翌日に疲れを残さないためにも、睡眠時間の充実は大切です。


質の良い睡眠に導くため、寝室の照明や温度を意識したり、安眠につながるストレッチをやってみるのも良いでしょう。

副業に取り組む

帰宅後のやるべきことがすべて済んだら、副業に取り組むのも良いでしょう。将来のことを考えると、少しでも貯金はしておきたいです。スマホで手軽にできる副業も増え、楽しみながらお小遣いを増やすことができます。アンケートに答える、ブログを書く、趣味のハンドメイドを楽しむなど、副業にも様々なジャンルがあります。自分にとって続けられそうと思うものを選ぶと、楽しく続けられるでしょう。


副業に挑戦することで自身のスキルアップにもつながるため、仕事の場でも活かせる場が増えます。

帰宅後に無気力になる理由

一日を終えて帰宅すると、何にもやる気がなくなり無気力状態に陥ってしまうことがあります。では、なぜ無気力になってしまうのでしょうか?

疲れが溜まっているから

帰宅してから何もしたくないと感じるとき、日々の疲れが溜まっている証拠でしょう。仕事上や人間関係などで疲れやストレスを感じていると、帰宅後にすべきことが何もできなくなってしまうことがあります。それほど、疲れは夜の時間に支障を与えるのです。

家に帰ると色々な誘惑があるから

自宅に帰ってから無気力になってしまう場合、家の中にある誘惑に負けている可能性もあります。読書や選択、調べ物などの用事があったけれど、テレビをつけたらつい見始めてしまう、スマホを触っていたらやめられなくなるといったように、誘惑によって夜の過ごし方が左右されてしまいます。

やらなければいけないことが漠然としているから

帰ってからやらなければいけないことがあるけれど、その内容があまりにも漠然としていると何から手をつけたら良いかわからなくなるものです。掃除をしないと!と思いつつ、どこを掃除するか決めていなければ始められません。本を読もうと思っていても、どの本を読むか決めていないと読み始めることができないでしょう。


すべきことが漠然としているとき、やる気がなくなってしまうものです。

やることの順番を間違っているから

帰宅してからすべきことがたくさんあるなかで順番を間違えてしまうと、思うように進まず、結局何も進まなかったということも起きるでしょう。食事を先に済ませてしまったため、眠たくなってやることができなかったというケースもあります。

家に帰って部屋の掃除をしなければならないのなら、食事の前に簡単に済ませておくと良いです。何から順番に始めるのか、帰り道で考えておくと安心です。

帰宅後も気力を保つ方法

仕事を終えて帰ってきたら、疲れてしまって何もやる気が起きない、だらだらと過ごしてしまうという人もいるでしょう。そんな人は、以下のコツを押さえて、帰宅後の時間を有意義に過ごしてみてください。

めんどくさいことを先に済ませる

帰宅後、やるべきことがある日も多いでしょう。洗濯物の取り入れ、郵便物の整理、部屋の掃除・・・など、ひとりひとりの生活状況に合わせてやるべきことの内容は異なります。

つい面倒に感じてしまうことを、思い切って先に済ませてみましょう。


帰ったらこれを終わらせる!という思いで、帰宅するのも良いです。帰宅後、疲れて座り込む前に、すべきことを済ませるのがポイントです。一度座ってしまったらダラダラしてしまう可能性もあるため、座らずに次の行動に移しましょう。


無事に帰宅したら、やるべきことを順に進めていきましょう。早く済めば、自由時間を確保できます。

寝るまでの良い流れを習慣にする

寝るまでの良い流れを習慣にするのも、夜の時間を有効に活用できるポイントです。12時に寝るなら、逆算して過ごし方を考えてみましょう。お風呂は何時に済ませる、夕飯は早めに食べておくなど、良い流れを習慣にすると身体のリズムも整います。


例えば、19時に夕飯を食べて、20時にはお風呂に入る、21時までに家事などを済ませて、21時以降は自由時間などと決めておくと、布団に入るまでに数時間確保できます。毎日の習慣にしておくと、質の良い睡眠も取れるでしょう。

スマホやテレビの時間を決める

夜は、ドラマやバラエティ番組など、見逃せないテレビ番組が放送される日もあります。また、スマホのゲームにはまっているという人もいるでしょう。スマホやテレビの時間は、あらかじめ決めておくと安心です。


時間を決めていないと、ついだらだらと画面を見てしまいます。その結果睡眠不足を招く恐れもあるため、スマホとテレビの時間は自分で決めておきましょう。


時間を決めておくと、残った自由時間を読書などに充てることができます。

仕事のストレスを持ち帰らない

帰宅後の時間を上手に活用するためには、仕事のストレスを持ち帰らないことも重要です。仕事のことを考えながら家で過ごしていても、リラックスできません。仕事のミスについて考えてしまったり、職場の人間関係に悩んだり・・・せっかく帰宅しても会社のことが頭から離れないようでは、休むことができません。


仕事のストレスは、家に入るまでにすっきりさせておきましょう。くよくよと考えないようにする、美味しいスイーツを買って気分を晴らすなど、自分にとって仕事のことを忘れられる方法を見つけて実践してみてください。


仕事のことを考えずに自宅で過ごせると、心からリラックスできるでしょう。

湯船に浸かりリラックスする

帰宅後の夜の時間をリラックスして過ごすためには、湯船に浸かることも大切です。温かいお湯に全身を浸けると、その日の疲れを癒すことができます。


好きな香りの入浴剤を入れたり、お気に入りのシャンプーやボディソープで癒されるのもおすすめです。冬場だけでなく、夏場も湯船に浸かる習慣を心がけると、疲れを溜め込まずに済みます。お風呂を帰宅後の楽しみの一つにするというのも、おすすめです。

ゆっくり休む日を決める

仕事から帰ってきたら、やるべきことをてきぱき済ませて、好きな時間を過ごす方法がおすすめです。その一方で、ゆっくり休む日も作ってみましょう。仕事が忙しく帰りが少し遅くなる日は、やるべきことを少なめにして休む時間を確保すると良いです。


寝室でアロマを焚いて早めに休む、お風呂にゆっくり浸かるなど、身体を休める時間を多めに取ってみましょう。ゆっくり休む日を週に一度ほど設けていると、他の日はやるべきことにしっかり取り組めます。

まとめ

帰宅後の時間は、就寝するまで限られているものの意外と確保できます。仕事のことは考えず、やるべきことを済ませて、自由時間を確保してみましょう。


世界中で活躍する経営者も、夜の時間を大切に過ごしています。就寝時間から遡り、すべきことを先に済ませてみましょう。その後、自分の趣味を楽しむ時間にすると良いです。子どもとの時間を過ごす、寝かせるといった習慣も、毎日続けていることで生活のリズムを整えてくれます。


ひとりひとりのライフスタイルに合わせて、帰宅後の過ごし方を考えてみましょう。自宅での時間が楽しみになると、日中の仕事もはかどること間違いありません。

この記事のライター

関連するキーワード


帰宅後

最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。