退社時間!?退社時間が遅くなるメリットとデメリット!

退社時間!?退社時間が遅くなるメリットとデメリット!

日々の退社時間をしっかりと管理できていますか?時間管理をすることが苦手で退社時間が遅くなりすぎてしまい、仕事の生産性が落ちてしまっている人は少なくないです。退社時間は、属している企業や生活リズムによって大きく異なってくると思うので、自分自身で管理できるようになりましょう。


退社時間とは

退社時間

退社時間とは会社から出る時間のことを言います。


業務が終わっていようといまいと、会社で行う仕事が終了してから会社から外に出る時間が退社時間なのです。そのため退社してからも自宅やカフェなどで仕事の続きをする場合であっても、会社から外に出ている状態なので、すでに退社していることになるのです。

定時退社時間

退社時間とよく混同される言葉として定時退社時間があります。


定時退社時間は従業員が仕事を終えて帰る時間を表しているのではなく、就業規則や雇用契約書に記載されている業務の終了時間を指します。


つまり、会社が定めている時間は休憩時間を除いて業務時間にあたるため、その時間の範囲内で退社することは認められていないのです。よく耳にする定時退社というのは、定時退社時間と退社時間が同じ時間になることを言います。

出社時間

退社時間に対して出社時間とは、会社に出勤した時間を言います。


この時間も雇用契約書や就業規則に記載されている労働時間の開始時間に出社したかどうかは関係なく、従業員が会社に出社した時間を指します。


そのため寝坊などで何時間遅刻したとしても会社に出勤した時間が出社時間となるため、その日の実際の労働時間が短くなったり減給の対象になったりすることもあるのです。

所定労働時間

所定労働時間とは、雇用契約や就業規則に定められている従業員の労働時間のことを指します。


所定労働時間は労働基準法で定められている法定労働時間である1日8時間、週40時間を限度として、会社が自由に設定できます。


そのため所定労働時間は契約内容や会社の定めた就業規則の内容によって違いがあり、会社や契約者によって所定労働時間の長さが変わってくる場合があるのです。従業員は雇用契約や就業規則で定められている労働時間の範囲内は、休憩時間を除いて会社の業務をしななければなりません。

所定外労働時間

所定外労働時間と時間外労働を混同されがちです。


時間外労働は所定労働時間を超えて勤務をしたけれども法定労働時間に収まっている場合の勤務時間を指します。


それに対して所定外労働時間は、法定労働時間を超えて勤務した時間を指します。

法定労働時間に収まっている場合は残業手当の対象にはなりませんが、法定時間を超えて勤務する所定外労働時間に対しては、時間外手当を支払わなければならないと法律で定められています。


【調査結果】退社時間は何時ですか?


社会人141名を対象に、「退社時間は何時ですか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。


17時前              :4%

17~19時の間 :32%

19~21時の間 :26%

21時以降          :38%


調査の結果、38%の人が21時以降に退社するということが分かりました。


それでは、退社時間が遅いことによるメリット、デメリットは何なのでしょうか?


定時退社時間が遅いメリット・デメリット

メリット

定時退社時間は会社によって自由に定められるので、会社の業務の特徴や流れにおいて都合のよい時間を所定労働時間に設定すれば、それに対応した定時退社時間になります。


また、会社の都合のみでなく従業員との契約によって所定労働時間を決めることで、定時退社時間を調整することも可能です。


定時退社時間が遅くなるとデメリットを感じてしまう人も多いかもしれません。しかし、定時退社時間が遅くなることには2つのメリットがあるのです。


まず1つの目のメリットは通勤ラッシュに合わないことです。通勤ラッシュは朝と夕方の2回ありますが、定時退社時間が遅いということは退社時間のみでなく出社時間も遅くなります。


そのため朝と夕方の通勤ラッシュを避けて移動ができるので、通勤にかかるストレスが大幅に減少するのです。


定時退社時間が遅い2つ目のメリットは朝起きる時間が遅くなることです。


人手不足が深刻な問題となっている会社は多く、朝早くから仕事をしたとしても残業で帰宅が遅くなる人も多いです。残業のみでなく飲み会などでさらに帰宅が遅くなる人は、睡眠時間が短くなってしまい朝になっても疲れが取れないこともあります。


定時退社時間が遅いと定時出社時間も遅くなるので、睡眠時間をしっかりと確保できます。就寝時間が遅い人や朝が苦手な人ほど、定時退社時間が遅いメリットの方が大きいのです。

デメリット

その一方で定時退社時間が遅いことによるデメリットもあります。


まず1つ目のデメリットは帰宅時間が遅くなることです。


帰宅時間が遅くなると就寝時間が遅くなるばかりでなく、子供や妻といった家族に迷惑をかけてしまいます。特に子供の年齢が小さい家庭や核家族の場合は、少しでも早く帰宅して家の仕事を手伝った方が家事をスムーズに進められることが多いです。


定時退社時間が遅いほど帰宅してからのプライベートの時間が確保しづらくなります。


定時退社時間が遅いことの2つ目のデメリットは、夜型の生活になってしまうことです。


定時退社時間が遅く帰宅時間が遅くなってしまうと、就寝時間も遅くなってしまい生活リズムが乱れてしまいます。夜型の生活になると昼夜のバランスが崩れて、日中眠たくなったり質の良い睡眠を取れなくなって慢性的に疲労が溜まった状態になる可能性があります。


仕事中に眠たくなってしまうと業務の効率が悪くなり、うまく結果が出せなくなってしまうかもしれません。定時退社時間が遅い場合は、生活リズムができるだけ崩れないように時間管理をしっかりしておくことが大切です。

退社時間を意識できない人が多い

退社時間≠定時退社時間

冒頭でも解説しましたが、退社時間と定時退社時間は言葉が似ていても、全く違う時間を指しています。


定時退社時間を知っていたとしてもダラダラと仕事を進めていたり、仕事が終わっても同僚と会話をしてなかなか退社しない人も多いです。そのような人は定時退社時間を過ぎてもなかなか会社をでられず、結果的に退社時間が遅くなってしまいます。

退社時間が遅くなるのが続くと脳が麻痺する

退社時間が遅い日々が毎日繰り返されると、定時退社時間の意識は徐々に薄れてきて退社時間が遅くなることが当たり前のように感じてしまいます。


そのような人は遅くまで会社に残っていることに違和感を感じなくなってしまうので、退社時間がどれだけ遅くなっても違和感を感じることがなくなるのです。


時間の意識を捨てて仕事をすることで仕事の効率も悪くなってしまいますし、長時間働き続けることで結果的に心身に悪影響を及ぼしてしまう場合もあります。 退社時間が遅くなる日が続いている人は、時間の管理方法を見直してみた方が良いでしょう。

日本の労働生産性は先進国の中で最下位

日本人は労働時間が異常なほど長いにもかかわらず、労働生産性は先進国の中で最下位となっています。


他の先進国は短い時間で高い成果を上げることで労働生産性を高めていますが、日本の労働文化は長時間働けば働くほど仕事熱心で頑張っていると評価される傾向があります。


そのため、どれだけ労働生産性の低い業務であっても所定労働時間が短くなることはなく、他の従業員と足並みをそろえるために労働生産性を無視した労働時間を設定しているのです。


業務を効率化するための様々なシステムやネットワークが構築されている時代の中で、昔ながらの働き方を未だに維持している日本の将来は明るくないでしょう。

長時間労働をするリスク

長時間労働をすることには3つのリスクがあります。

長時間労働による身体的・精神的疲労が溜まる

まず1つ目のリスクは長時間労働による身体的・精神的疲労が溜まることです。


働いていることが楽しくて楽しくて仕方ない人は、長く働いていても気にならないかもしれませんが、多くの従業員は職場に長時間拘束され、心身ともに負担の大きい業務を任せられています。


そのような状況で労働時間が長くなってしまえば、疲労が慢性化してしまって体調を崩す危険性が高くなるのです。過労は命に関わる重大な病気を引き起こすリスクを高めますし、精神的な負担が慢性化してしまうと、うつ病などの精神疾患に罹患する危険性が高くなります。


できる限り長時間労働を少なくすることで、長く健康的に働き続けられるので、労働時間が長くて心身ともに疲労が溜まっている人は、働き方を見直してみたほうが良いでしょう。

周りの人間も長時間労働に巻き込まれる

長時間労働をする2つ目のリスクは、周りの人間も長時間労働に巻き込まれてしまうことです。


海外の労働者は自分の任せられた仕事が終わって定時になったら退社するという文化もあります。助け合いや協調性が重視される日本文化で働く労働者は、自分の仕事が終わっていたとしても、残業をしている従業員がいると仕事を手伝ったり、残業をしている従業員の仕事が終わるのを待ってから一緒に退社するといった考え方の人もいます。


特に、先輩や上司が長時間労働をしている場合は、いくら仕事が終わっていたとしても気兼ねして退社できないといった人は多いでしょう。長時間労働が当たり前になっている従業員と一緒に働いていると、仕事のペースもその人に似てくるようになってしまい自分自身も長時間労働が習慣化してしまう危険性もあるので注意が必要です。

労働生産性が下がり続ける

長時間労働をすることの3つ目のリスクは、労働生産性が下がり続けることです。


ただでさえ労働生産性の低い日本の労働者が長時間労働をすると、本来は短時間で終わるはずの業務でさえも通常の何倍もの時間をかけて進めていくことになってしまいます。


長時間労働が慢性化して疲労が溜まっている人や、長時間労働が原因で生活リズムが乱れている人、夜間に十分な睡眠が取れず疲労が回復していない人などは、仕事に対する集中力や発想力が乏しくなるので、さらに労働生産性は下がってしまうのです。


この状況1人の従業員であればまだしも、複数の社員や部署単位で労働生産性が下がってしまうと会社自体の生産性も下がってしまい、経営が健全化できなくなってしまいます。

長時間労働を防ぐためにできること

従業員の心身の健康を維持しながら労働生産性を高めていくためには、長時間労働をできるだけ防がなければなりません。


長時間労働を防ぐためにできることは3つあります。

退社時間を決めて仕事をする

まず1つ目の方法は、退社時間を決めて仕事をすることです。


退社時間を決めずにダラダラと仕事をしてしまうと、いつになっても会社から帰れなくなってしまいます。大まかにでも退社時間を決めて仕事を進めていくことで、仕事の進め方や業務量を調整できやすくなるのです。


もちろん、決める退社時間が定時退社時間であることに越したことはありませんが、あまりにも厳しい実現不可能な時間設定をすると、かえって仕事上のミスを引き起こしたり気持ちが焦っていつも通りの仕事ができなくなる可能性もあるので注意が必要です。

常に計画的に仕事をする

長時間労働を防ぐためにできる2つ目の方法は、常に計画的に仕事をすることです。


一つ一つの仕事にかかる時間を分解して理解し時間的な仕事の目処をつけながら業務を進めていくことで、時間外労働を減らすことが期待できます。


新しい業務を引き受ける時もただ漫然と引き受けるのではなく、自分自身が抱えている仕事や引き受ける仕事を遂行するためにかかる時間を予想し、一人では抱えきれない仕事だと判断すれば複数人で引き受けたり仕事量を調整してもらうなどによって、業務負担を分散できるでしょう。


それが結果的に組織の仕事を円滑に進めることにつながる場合もあるので、計画的に仕事を進めていくことは時間外労働を減らすだけでなく、会社にとってもメリットがある方法です。

適正な業務量を常に管理する

長時間労働を防ぐためにできる3つ目の方法は、適正な業務量を常に管理することです。


従業員によって抱えられる仕事のキャパシティは違います。他の従業員ができるからといって自分が同じ量の仕事を同じ時間で処理できるわけではありません。


自分自身が抱えている仕事量や進捗状況を客観的に把握し、自分の能力に見合った業務を抱えられているかを判断できるかが大切です。


キャパシティを超えた仕事を抱えてしまうと、それだけ業務に費やす時間が長くなってしまい、時間外労働を助長させてしまいます。自分のみでなく部署や他のメンバーが抱えている業務量も考慮しながら、うまく業務量を管理していきましょう。

まとめ

今回の記事では定時退社時間が遅いことのメリットやデメリット、長時間労働が慢性化することによるリスクや長時間労働を防ぐためにできる方法を紹介しました。

いくら仕事のためとはいえ、長時間労働をすることで体を壊してしまっては意味がありません。


また、会社の労働生産性を上げるためにも、長時間労働を減らすことは大切な方法です。 


ここで紹介した内容を参考にしてできるだけ長時間労働を減らし、長く健康的に働き続けられるようになってくださいね。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退社時間

最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。