社会不適合者に向いている仕事と向いていない仕事の違いは?

社会不適合者に向いている仕事と向いていない仕事の違いは?

世の中には、一般的に社会不適合者と呼ばれる社会にうまく溶け込めずにいる人たちがいます。それらの人たちは、普通の人のように社会に働くことが苦手です。それでは、そのような人たちが活躍できる場所はあるのでしょうか?この記事では、社会不適合者に向いている仕事、向いていないシドとを紹介します。




社会には、周りの人と上手くコミュニケーションが取れなかったり、周りの人と少し違った考え方を持っていることから社会に上手く溶け込めずに悩んでいる人がいます。それらの人は一般的に社会不適合者と呼ばれています。


社会不適合者は社会で上手く生活していくことが困難であるため、仕事をするときも多くの悩みを抱えています。しかし、社会不適合者の人たちは孤立する傾向が多いため、なかなか悩みを話せる人もいません。では、社会不適合者の人たちは、ずっと悩みを抱えながら仕事を続けなければならないのでしょうか?社会不適合者の人が楽しくやりがいをもってできる仕事はないのでしょうか?


そこで今回の記事では、社会不適合者の人たちについてと社会不適合者に向いている仕事などを詳しく紹介していきます。

社会不適合者とは

最近、社会不適合者という言葉をよく耳にするようになりましたが、社会不適合者とはどのような意味なのでしょうか?また、どのような人が社会不適合者に当てはまるのでしょうか?ここでは、社会不適合者の定義と、社会不適合者に共通する特徴を紹介します。

(1)社会不適合者の定義

社会不適合者の定義は、曖昧で明確な基準などはありません。一般的に考えられる社会不適合者の定義は、社会の要求に上手く応えられない人、社会で他人と上手く協力して生活できない人であると考えられています。


社会とは、学校、地域、会社など、私たちが幼いときから身近に存在しています。そして、私たちは小さなころから当たり前のように、その社会の中で上手く生きることを学びます。しかし、その中でどうしても周りの人と上手く共同して生活することができない人が社会不適合者と呼ばれるのです。


社会不適合者は、一般的にネガティブなイメージを持たれることがありますが、不適合の度合いは人によって全く異なります。また、それぞれ固有の特徴があり、上手くその特徴を活かして生活している人もいます。社会不適合者の定義に当てはまる人でも社会に十分に馴染んでいる人もたくさんいるのです。

(2)社会不適合者の特徴

社会不適合者の定義は曖昧ですが、一般的に社会不適合者の特徴と考えられるものはいくつかあります。主な社会不適合者のの特徴を5つ紹介します。


・時間やルールにルーズ

社会不適合者の特徴として挙げられるのが、時間や約束にルーズであるということです。


社会にはたくさんのルールが存在します。学校であれば、時間を守って行動することは当然であり、制服やクラスなども決まっています。学校を卒業しても会社に所属すれば、会社の勤務時間を守ったり、スーツを着用したり、会社の方針の守って仕事をすることが当たり前です。


また、地域でも掃除当番があったり、ゴミ出しの日が決まっていたりと、私たちが他人と一緒に生活する上ではたくさんのルールを守る必要があります。


時間やルールを守るのが当然と考える人が多い社会で、社会不適合者は時間やルールを守らなければいけないということが理解できません。そのため、社会不適合者には時間やルールを守らない人が多いのです。


・虚言癖がある

社会不適合者には、虚言癖という特徴があります。


生まれてから一度も嘘をついたことがないという人はあまりいないと思います。幼いころには、ちょっとした嘘を言ってみることがあったり、大人になっても生活していく中で嘘を付かないといけない状況がでてくることもあります。


しかし、虚言癖を持つ人の場合は、大人であっても、話すと毎回嘘をついていたり、約束を全然守らないなど、人間関係に支障が出るほど嘘をついてしまいます。そのような人は、嘘を付くことで社会的信用を信用を失い、社会に適合できないため、社会不適合者になる可能性が高いのです。


・人間不信

社会不適合者は、虚言癖の特徴もあるためか、人間不信に陥りやすい傾向があります。周りのことは信用せず、自分のことだけ信用しているのです。


会社に所属して仕事をするときは、職場の人と協力して仕事をすることが必要になります。しかし、そこで人間不信になっていると他人を信用して一緒に仕事をすることができないため、職場の人と距離をおいて孤立してしまいます。


また、虚言癖があると、職場の周りの人もその人を信用して仕事を任せられないため、チームで仕事をすることなどは到底できなくなってしまいます。


仕事以外でも、人間不信に陥るとコミュニティに所属し、協力して何かを成し遂げるということができなくなるので、社会に上手く適合することができないのです。


・考え方が偏っている

社会不適合者の中には、自分の考えを正しいと思っているために、極端に考え方が偏ってしまう人も多いです。これは、社会不適合者の人は人間不信に陥りやすい傾向が強いことともつながります。人間不信に陥ると自分しか信用できるものはないと考え、自分の考えだけを正しいと思ってしまうのです。

また、考え方が偏っていて、思い込みが激しくなってしまうことがあるため、劣等感を感じやすいという側面もあります。


考えが極端に偏っていたいたり、思い込みが激しく劣等感を感じやすいという傾向がある場合は、仕事をしたり、社会の中で他人と協力するにあたって上手くいかない場面は多々あるります。したがって、社会に上手く馴染んで生活することができなくなってしまうのです。


・自信過剰

社会不適合者は、自信過剰で他人を見下してしまう傾向があります。自分は能力が高く、自分が孤立してしまうのは、周りとの能力の差があるからだと思ってしまうのです。


自己評価が高くなりすぎて、客観的に自分を評価することができていないため、周りと協力して何かをするということも苦手です。


このように自信過剰であることも他人と協力するのが困難な社会不適合者の特徴です。

社会に馴染めないときの対処法

自分は社会に馴染めない社会不適合者だと感じて悩んでいる人は、少なからずいると思います。では、社会不適合者は一生社会の中で上手く生活できないことを悩んで生きていかなければならないのでしょうか?


社会不適合者であっても、中には上手く社会に馴染んでいる人や自分自身の生き方を見つけている人がいます。社会に馴染めないという悩みにはいくつかの対処法があるのです。ここでは主な対処法を4つ紹介します。

周りに相談する

自分が社会不適合者だと感じていたり、他人と協力したいのにできないという悩みを持っている場合は、自分の周りにいる人に相談してみましょう。


社会不適合者の特徴で紹介したように、社会不適合者の人は自分を客観的に評価することができていないため、他人と上手くやっていけないという場合があります。したがって、他人から客観的なアドバイスをもらうことで自分の直すべきところが見つかって、周りと上手く関係を築く方法を見つけられるようになります。


周りに相談するときには、家族や仲の良い友人に相談してみるのももちろん良いですが、社会不適合者という同じ悩みを持つ人に相談するのも良いと思います。同じ悩みを持つコミュニティに参加すれば、悩んでいるのは自分だけじゃないと勇気をもらえることや同じ悩みを克服した人に出会えることもあると思います。


自分だけで抱え込むのではなく、周りを頼ってみましょう。

海外渡航をしてみる

海外渡航をしてみたら自分の生活に対する価値観がガラリと変わったという人は少なくありません。それは、社会不適合者の人にも当てはまることだと思います。


海外では日本より多様な人が受け入れられる社会ができていたり、社会不適合者でも馴染めるコミュニティが存在します。また、海外では日本のように時間に厳格な価値観はなく、時間やルールにルーズな社会不適合者でも生活しやすい社会なのです。


日本の社会に馴染めないだけで、自分はダメな人間だと決めつける必要はありません。海外で暮らし、もっと広い視野を手に入れることで、自分の悩みが小さなものに感じられるでしょう。

ポジティブになる

社会不適合者は、社会に上手くなじめずに他人と上手く関われないことからネガティブに捉えられることが多いです。しかし、社会不適合者であることもその人個人の一つの特徴であるのです。


そして、社会不適合者にも良い所はあります。社会不適合者であることは、他人と同調しない、他人と違う考えを持った人ということです。他人と同調して臆病になり、何も行動できない人より、他人の評価を気にせず思い切って行動できる人の方がその能力を発揮できる仕事もあります。


社会不適合者であることをネガティブに捉えて悩んでいるのではなく、ポジティブに捉えてその特徴を活かすこと考えてみてはどうでしょうか?

転職する

社会不適合者の人の場合、自分はこの仕事に向いていないと感じることが多いのではないでしょうか?そんな時は転職を考えてみましょう。


社会不適合者だから自分に合った仕事なんてない、嫌なことを我慢して仕事を続けたほうが良いと考えてしまうこともあると思いますが、探す前から諦めてしまっては、何も変えることはできません。


転職して仕事や職場の人間関係が変わると自分の生活も大きく変わって、過ごしやすい環境になる可能性があるので、現在の仕事に悩んでいる場合には転職を考えてみましょう。

社会不適合者に向いている仕事

社会不適合者の人は仕事が合わないことで悩むことが多いと思いますが、社会不適合者に向いている仕事とはどんな仕事なのでしょうか?


ここでは、社会不適合者に向いている仕事と向いているバイトを紹介します。

(1)社会不適合者に向いている仕事

・システムエンジニア


システムエンジニアとは、顧客が必要としているシステムを開発して提供する仕事です。システムエンジニアは顧客の生活がより便利になるようにたくさんのアイデアを出して今までにないシステムを開発することが必要とされます。


したがって、他の人と違った考え方や感性を持つ社会不適合者の人であれば、より斬新なシステムを作ることができるため、成果を上げることができるのです。


システムエンジニアは顧客の希望を聞いて、その希望通りのシステムを作る必要があるため、コミュニケーション能力が必要になる仕事であり、社会不適合者には向いていないのではないかと考える人もいると思います。


しかし、システムエンジニアにはコミュニケーション能力も必要ですが、アイデアを出すことも重要な仕事です。顧客の希望が聞くことを覚えれば、仕事の成果に差が出るのはアイデアを出す過程なので、良いアイデアを出すことができる社会不適合者の人に向いている仕事なのです。


また、顧客の希望を聞く業務とシステムエンジニアの業務を部署によって分けている企業もあるので、システム開発にだけ携わることができる企業もあります。


開発に興味がある人はぜひシステムエンジニアについて調べてみましょう。


・製造業

製造業は工場で食品や機械の製造をする仕事です。工場の製造ラインで作業が決められているので、自分の作業を集中してこなすことが必要です。一人で作業することが多いので、他の社員との会話が少なくて済むのも特徴的です。


社会的不適合者の人は周りの人とコミュニケーションを取るのが苦手で一人で作業することを好む傾向があるので、製造業は社会不適合者の人にうってつけの仕事です。また、社会不適合者の人は一つのことに集中すると長時間それを続けられるという特徴をもっていることが多いので、長時間自分の作業に集中する製造業の仕事はやりやすいでしょう。


・芸術、音楽に関わる仕事

芸術、音楽に関わる仕事は創作活動が主な仕事でその多くは一人で創作することがほとんどです。そして人と違った個性や感性をもって作品を作っていくことが求められます。社会不適合者の人には周りの人と違った考えやセンスを持っていることが多いので、芸術や音楽に関わる仕事に向いている人は多いでしょう。


また、他人とコミュニケーションを取らずに作品の創作活動に集中することも可能なので、特定のコミュニティで周りの人とコミュニケーションを取りながら協力して仕事をすることが苦手な社会不適合者の人もやりやすい仕事です。


・ライター

ライターは与えられたテーマや読者が興味を持ちそうなテーマに関する記事を紙媒体やネットで書く仕事です。芸術や音楽関係の仕事と同様に読者の目を引き、読んでもらえる記事を書くためにセンスが必要な仕事なので周りの人と少し違った考えを持つ社会不適合者であれば他にはない良い記事を書くことができるでしょう。


また、締め切りまでに仕事を終えることができれば、場所や時間に縛られることなく仕事をすることができるので、時間やルールにルーズになってしまう社会不適合者の人に適した仕事だと言えるでしょう。

しかし、フリーのライターやブロガーでなければ、打ち合わせなどで他の人とコミュニケーションを取りながら記事を書くこともあるので、最低限のコミュニケーション能力が必要になります。


コミュニケーション能力にはあまり自身はないが、文章を書くことが好き、文章でなら自分の考えを発信することができるという人はぜひライターについて調べてみましょう。近年、社会で情報が大きな影響を持つようになり、メディアの仕事が活発化しているのでこの波にのってみてもいいでしょう。

(2)社会不適合者に向いているバイト

・漫画喫茶、ネットカフェの店員

漫画喫茶やネットカフェの店員は、店内の清掃やレジ打ち作業がメインとなる仕事です。接客はマニュアル化されたもので、あまりお客さんとコミュニケーションを取る機会がないので、コミュニケーションを取るをのが苦手な社会不適合者の人も安心できる仕事です。


また、24時間営業しているところが多く、働く時間帯も制限されていないので、お昼に働くことができないという人にもおすすめです。


・ガソリンスタンド

ガソリンスタンドも漫画喫茶やネットカフェの店員と同じように作業やマニュアルが決められているので、ルーティン作業のような仕事です。また、深夜のガソリンスタンドにはほとんどお客さんが来ないので、深夜帯のバイトであればお客さんの接客でコミュニケーションを取らないといけないという場面は少ないでしょう。


お客さんと話す機会が少ないほうが良いという場合や深夜に働きたいという場合にはガソリンスタンドのバイトはおすすめです。


・データ入力

データ入力は、エクセルの表を作ったり、テキストのコピー&ペーストを繰り返すといった単純作業がほとんどです。集中力が高い人が多い社会不適合者の人に適した仕事です。また、周りの人とコミュニケーションをとる機会もほとんどないので、コミュニケーションが苦手な社会不適合者でもやりやすい仕事でしょう。


エクセル操作やキーボード操作が得意という人はデータ入力のバイトが苦にならないと思うのでぜひ調べてみましょう。


・警備員

警備員の仕事は決められた時間に施設を巡回して、巡回をしているとき以外は待機室で待っているだけです。お客さんがいるわけではないので、接客作業もなく周りの人とコミュニケーションを取る必要もありません。非常時以外は難しい作業もなく、巡回するだけなので難しい作業や人とコミュニケーションを取るのも苦手という場合は警備員の仕事がおすすめです。


・ポスティング

ポスティングとは、チラシを各家庭のポストに入れる作業を繰り返す仕事です。一旦ポスティングのやり方を覚えてしまえば、簡単に効率的に作業を進められるようになるでしょう。ポストにチラシを入れるだけなので、その家の人とコミュニケーションを取ることもありません。したがって、集中して同じ作業を繰り返すことが得意で、コミュニケーションが苦手な人が多い社会不適合者の人にはうってつけの仕事になります。

社会不適合者に向いていない仕事

これまで、社会不適合者の人に向いている仕事やバイトを紹介してきましたが、反対に社会不適業者に向いていない仕事とはどんな仕事なのでしょうか?向いていない仕事を続けるのは、苦しく大変な事です。なるべく向いていない仕事は避けたいですよね。


ここでは、社会不適合者の人が向いていない主な三つの職業を紹介します。


・起業

会社に所属して周りの人と協力しながら仕事をするのが苦手な場合、起業してしまえばいいのではないか?と思う人がいると思います。


しかし、起業するには人脈を作ることがとても重要であり、顧客も自分のコミュニケーション能力を駆使して得なければいけません。起業はコミュニケーションが苦手で会社に所属したくないという人よりも、むしろコミュニケーションを取るのが得意という人でなければならないのです。


したがって、コミュニケーションを苦手とする社会不適合者の人には起業は向いていないのです。


・サービス業

サービス業は接客をメインとした仕事であり、どれだけ上手くお客さんとコミュニケーションをとれるかが仕事の成果に直結します。


お客さんの前でも緊張せず、お客さんの要望に対して的確な商品を紹介したり、お客さんに商品を魅力的に思わせるような話のテクニックが必要となります。コミュニケーションに苦手意識を抱いている社会不適合者の人は、接客の多いサービス業ではストレスを感じてしまったり、なかなか成果が出せないこともあるでしょう。


したがって、社会不適合者の人にはサービス業をおすすめすることはできません。


・教育機関

教育機関に勤める際には、生徒に教えることが必須の仕事になります。また、生徒が考えていること、生徒がわからないことを想像して、生徒がきちんと理解できるようにわかりやすく教えることが重要です。


したがって、生徒とより多く話すことが大切です。さらに教えているとき以外にも生徒と上手くコミュニケーションをとることができる人が一般的に教育者として尊敬される人になることが多いでしょう。教育は仕事の中でも最もコミュニケーションをとることが重要な仕事なので、コミュニケーションをとることが苦手な場合はおすすめできません。

上手く転職するコツ

社会不適合者の人の中には、就職しても上手く仕事ができなかったり、会社に馴染めないことで長く仕事を続けられずに、転職を繰り返してしまう人がいます。そこで、社会不適合者でも自分に合った仕事に上手く転職するためのコツを紹介します。


転職活動を上手く進めるには、まず、転職活動の全体的な流れを把握しましょう。転職活動の全体的な流れは以下の通りです。


・自己分析

・企業研究

・履歴書、職務経歴書作成

・応募

・面接

・退職手続き

・入社準備


まず、始めに自己分析と企業研究を行います。自己分析のときは、自分はどんな仕事をしたいのか、自分はどんな特性を持っているのか、自分が会社に望む条件は何なのかを考えましょう。自分のマッチングする会社を見つけるには、自分の好みを知ることが重要なのです。


次に企業分析をします。企業分析をするときは、自己分析で見つけた仕事や会社に求める理想条件を考慮して、どの会社が自分の希望に合っているのかを徹底的に調べます。このとき、最初からそれぞれの企業について調べるのではなく、最初にやりたい仕事の業種を絞りましょう。


業種が決まったら、その業種の中で自分の理想の条件で働ける企業を見つけましょう。企業を探す場合には、その企業の経営理念やそこで実際に働いている社員が自分と合っているか調べてみるとより自分にマッチした企業を見つけることができます。


この二つの分析をしっかりとしないと、不採用になったり、採用されても入社後に社風が合わずに退職してしまうこともあるので、この工程にしっかり時間をかけましょう。


分析が終わったら、履歴書・職務経歴書を書いて応募しましょう。応募すると企業の日程に沿って、選考が進みます。選考では、自己PRや志望動機を企業に伝える必要があります。


これらを答えるときには、応募した企業に自分が貢献できることをアピールしましょう。

また、転職活動の選考の際には、なぜ前の職場を退職したかということも重要になります。転職を繰り返していると、採用担当者に「仕事を続けられない人」という悪い印象を与えてしまうので、なぜ退職して、転職を考え、新たな会社を選んだのかを採用担当者が納得するように伝えられるようにしなくてはならないのです。


企業研究から面接までは、複数の希望する会社に対して行うので準備に多くの時間がかかります。履歴書作成や面接対策はそれぞれの会社で内容が違うのでその会社に合った対策をその都度行わないといけません。転職活動は一社だけ受けて必ず成功することは難しいので、準備期間を多く設けておきましょう。

転職エージェントを利用しよう

転職活動は意外にやることが多く、多くの時間がかかるので自分ひとりで転職活動をするのはとても大変です。また、転職活動は自分がどんな仕事に適合しているか、自分と仕事がどれだけ適合しているかを考える作業なので、自分が社会不適合者であると認識している人は、自身で転職活動をすると苦悩することが多いと思います。


そこで、自分ひとりで転職活動を上手く進めることができないという人のために効率的な転職方法を紹介します。


効率的に転職するには、転職エージェントを利用するという方法があります。転職には第三者の客観的な意見も重要になるので、この転職エージェントを利用した転職方法は自分ひとりで転職活動ができないという人に最適です。


転職エージェントがしてくれることは主に以下の4つです。


・自分に合った企業を探してくれる

・履歴書作成や面接対策を手伝ってくれる

・給料交渉や面接の日程調整をしてくれる

・志望動機がわからないなど転職に関する様々な相談にのってくれる


これらのことから転職エージェントを利用すれば、自己分析・企業研究、履歴書作成・面接対策など転職活動の工程のほとんどを手助けしてくれることがわかります。転職エージェントを利用するだけで自分でやるべきことが大幅に減り、転職活動にかかる時間も少なくなるのです。


また、自身が社会不適合者で自分に合う仕事がないと考えている場合にも、転職エージェントが適した企業を探してくれるので安心です。


転職活動で悩んでいる場合には、ぜひ転職エージェントを利用してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?


社会不適合者の人は仕事をするときに社会に上手く溶け込めないために悩むことが多いかもしれません。しかし、社会不適合者というだけで自分のやりたい仕事を楽しむことを諦めてしまってはいけません。社会不適合という言葉はネガティブに捉えられてしまうことが多いですが、それも一つの特徴であり、社会不適合者にもそれぞれの特徴や性格があるので、自分のパーソナリティを大切にして、自分の能力を発揮できる仕事に取り組んでみましょう。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。