教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員と一口で言っても様々です。全ての教科を自分で教えなければならない「小学校」、自分で免許を持っている科目だけを教えて部活の顧問をする「中学校」、さらに中学校の仕事内容にプラスして進路指導をする「高校」。それぞれに大変な仕事がありますね。 今回は、教員の仕事をスムーズに退職するための方法についてご紹介します。教員を退職しようか悩んでいる方は参考にしてください。


教員を退職しようか迷っている

 

「教員」という仕事に憧れを持って始めた方も多いかもしれません。しかし、教員を退職しようかと悩んでいる方も少なくないのです。

 

 

教員を退職しようか迷う…

教員とは公務員ですので、世の中でいう「安定している職業」です。この「安定」とは、給与やボーナスが高い・リストラの可能性が低い・年功序列で昇級するなどを示唆しています。ただし、どんなに安定していても教員という職業は様々な意味で激務です。

 

憧れて教員になっても、働き始めたら体力的にも精神的にも辛く「辞めたい」と考えてしまう方は多いと考えられます。もしも、教員が自分にとって合わない仕事だと考えているのなら転職しましょう。

 

ここで注意したいのが、「教員が辛くて辞める」と本当の理由をなるべく言わないことです。教員の中には、退職することは一切考えておらず、誇りを持って働いている方もいます。そのような方に悪印象を与えずに穏便に退職するための対策です。教員の退職を迷っている方は、自分がなぜ退職したいと考えているのかをまずははっきりとさせましょう。

 

教員の退職事情

ここで教員の退職事情をお話しします。先にも述べたように、教員とは安定した公務員です。「公務員になった」と話すと多くの方から「安定しているからいいよね」などと言われることが多いでしょう。

 

しかし、実際の教員の離職理は決して低くはありません。

 

年齢

離職率

25歳未満

5%

25〜30歳未満

26.5%

30〜35歳未満

19.5%

35〜40歳未満

14.5%

 

こうしてみると、25〜30歳未満の若手教員の離職率が圧倒的に多いですよね。22歳で大学を卒業して教員になる方が多いですが、入職してから約3年で退職している方が多いということです。つまり、ようやく教師としての仕事に慣れてきて中堅クラスの教師になる前に辞めています。

教員の退職理由

次に、なぜ教員を退職したいと考えてしまうのか、退職理由について詳しくご説明していきます。

試験前後の残業時間が多い

 

試験前後の残業時間が多いことが挙げられます。教員の仕事は基本的に「休憩」がありません。一般企業で働いている場合、お昼休憩が1時間、会社によっては10時や15時に15分程度の小休憩を挟んでいるところもあるようです。

 

しかし教員は、授業と授業の間の休み時間には次の授業の準備、お昼を食べながらテストの採点、部活の顧問を持っている方は放課後は部活の指導。ホッと一息つける時間は、生徒が下校してからの夕方の時間です。しかし、この夕方から、今度は昼間できなかった事務作業や試験問題・回答作成などをしなければなりません。そのため、中間試験や期末試験などの試験前後の残業時間が非常に多くなってしまいます。

部活の顧問になると休日が潰れる

中学や高校の教員は、部活の顧問をすることが多いでしょう。部活の顧問になってしまうと、毎日の放課後を部活の指導に当てるため他の仕事が止まってしまうことになります。さらには、土日などの休日も部活を行なっているため休日も仕事です。

 

部活の顧問は、部活の指導をするだけではなく、他校との練習試合を組んだり公式試合に申し込んだりと他の仕事もあります。部活に多くの時間を取られてしまうため、事務作業などを自宅に持ち帰って、自宅でも仕事をしている方も多いのではないでしょうか。

モンスターペアレントの対応で心が折れる

教師の仕事をしていると、必ずと言って良いほど出会う「モンスターペアレント」。モンスターペアレントとは、学校に無理難題を押し付けてくる保護者のことです。

 

もちろん、大切な子供を預けている学校なわけですから、学校に対して改善して欲しい点などがあれば伝えても構いません。しかし、学校側も生徒全員の平等を大切にしながら教育方針を定めるなどしています。「自分の子供だけは特別にして欲しい」などの度が過ぎた要求を学校は飲めませんよね。このようなモンスターペアレントの対応に、精神的に疲れてしまう教員は多いです。

 

さらに、モンスターペアレントが1人なら良いですが、複数人いる場合には一人で対応することは不可能ですので、他の教員や管理職(教頭や副教頭など)に相談しましょう。

会社員として働きたい

教員が退職したいと考える理由の中に「会社員として働きたい」があります。これは先述の通り、教員の働き方と会社員の働き方の違いから、会社員として働きたいと考える方がいるのではないでしょうか。

 

会社員といっても様々で、営業職や事務職、製造職などで働き方は全く異なります。しかし、教員ほど休憩ものなく1日中働き通しで定時で帰れない職種はほとんどありません。教員の中には、一般企業に勤めて「定時で帰る」ということに憧れを持っている方も多いでしょう。一般企業は、基本的に定時で退社した後はプライベートな時間です。

 

一方、教員は一般的に定時と言われるような時間帯から、事務作業がスタートします。学校によっては残業時間をなるべく減らすような働きをしているところもあるようですが、まだまだ少数派です。こうした背景があり、教員が会社員に憧れて退職を考えてしまいます。

教員間での人間関係の悪化

教員同士の人間関係に悩み、教員を退職したいと考える方も少なくありません。複数の教員が1人の教員を無視したり、暴行を加えたりした事件も記憶に新しいところです。本来、生徒に学業だけではなく、人生の生き方や社会のマナーなどを教えていかなければならない教員がこのような事件を起こし、生徒はショックを受けていますよね。

 

しかし、教員同士の人間関係の悪化は決して珍しくはありません。生徒と保護者から挟まれながら日々多量の仕事に追われている教師は、非常にストレスが多い仕事です。だからといって他人を傷つけていい理由にはなりませんが、人間関係がギクシャクすることは良くあることと言えます。

 

また、教員の仕事は上下関係の厳しい世界です。生徒の先輩後輩と似たような関係性が生まれ、時には必要以上に高圧的な態度をとる先輩教員もいます。そういった人間関係が嫌になり退職を考える方も増えているのです。

 

 

教員が退職するのを躊躇ってしまう理由

教員という仕事は確かにやりがいのある仕事です。しかし、先にご紹介した通り、働いてみると大変な仕事が多く教員を続けることを悩んでいる方は多いでしょう。ここでは、教員を退職することに躊躇してしまう理由をご紹介します。

転職できるか不安

教員をしていると、他の人の転職状況を把握することが難しいです。「教員しか経験がないと転職できるのかな?」と不安に感じている人も多いでしょう。

 

しかし、教員からでも他の仕事に転職は十分に可能です。転職に不安を感じるのは、教員をしている方に限らず、他の職業から転職を考えている方にも当てはまります。また、近年転職は珍しいことではなくなっているためご安心ください。


転職エージェントが沢山ありすぎてわからないという方は行列のできる転職相談所をお勧めします!

20代・第二新卒の転職希望者に特化した転職支援を行うサービスです。


専任キャリアコンサルタントが面談にてご希望条件等をお伺いしたうえで、あなたに合う企業をご紹介します。

企業紹介・応募の手続き・日程調整・面接対策まで、あなたの転職活動が行えるよう全面的にサポートします。




行列のできる転職相談所

公務員としての安定を失いたくない

冒頭でも述べた通り、公務員である教員は安定していると考えている方がまだまだ多く人気が高い職業です。

 

公務員が安定していると言われる主な理由は、以下の通りです。

 

・年功序列で昇級する

・リストラの可能性が低い

・給料やボーナスが高い

・退職金の額が高い

 

これらの理由から、公務員は安定していて良い職業だと言われています。しかし、一口に公務員といっても様々です。教員のような激務の公務員もあれば、市役所などの定時出社・退社が可能な公務員もあります。

 

「公務員としての安定を失いたくない」と考えてしまっている方は、教員から別の公務員を目指してみるのも一つの手段ですね。

 

さらに、教員を辞めてキャリアアップをしたいと考えている方は「国家公務員」を目指すのも良いでしょう。教員は「地方公務員」と呼ばれています。地方公務員は地域に関わる全てのことが対象の仕事で、教育・交通・治安・消防・文化事業などがあり多岐に渡ります。国家公務員は、財務省や環境省などの国に勤務する公務員です。地方公務員から国家公務員に転職する方も珍しくはありません。

 

他の教員に迷惑をかけてしまうかもしれない

教員を退職したら、他の教員に迷惑がかかってしまうかもしれないと考え、退職を躊躇している方もいるでしょう。退職のタイミングによっては、他の教員に自分の仕事を任せるかたちとなり迷惑がかかることもあります。

 

しかし、退職のタイミングを見計らって円満退職できれば、迷惑がかかることはありません。勇気を出して退職しましょう。

 

教員がスムーズ退職する方法

 

それでは、どのような方法でスムーズに円満退職ができるのかについてご説明します。

 

新学期の前に退職する

教員を退職するには、「年度末」(新学期の前)を退職日とすることで自然に退職できるでしょう。教育の場で年度末と言えば「3月末」です。生徒も学年が繰り上がり、担任の先生などが変わる時期ですよね。そのタイミングで退職することがスムーズな退職方法だと言えます。

 

年度末に退職したいと考えている方は、なるべく年をまたぐ前(12月より前)に退職の意思を伝えておくことがおすすめです。なぜならば、学校の人事異動は年をまたぐ前あたりに決められることが多く、退職日の2ヶ月前などに退職の意思を伝えても「もう人事が決まってしまっているから、もう少し待ってくれないか」と引きとめられてしまうからです。

 

多くの一般企業では、退職日の1〜2ヶ月前までに退職の意思を伝えますが、教員はそれでは遅いのです。しかし、労働基準法では「退職の意思を伝えてから2週間で退職できる」と決められているため、引きとめられたとしても自分で辞める意思をしっかりと持っていれば希望通りの日に退職は可能だと言えます。その場合は円満退職にはなりませんのでご注意ください。

 

年度途中の場合は余裕を持って退職日を伝える

年度末まで待てず、年度の途中でもすぐに退職したいと考えている場合には、できるだけ早めに退職の意思を伝えましょう。学校側も、退職してしまった教員の代わりを見つけなければなりません。他の教員がカバーしつつの求人活動になるため、なるべく迷惑がかからないように余裕持って退職したい日を伝えておくことをお勧めします。

退職代行を利用する

近年流行している「退職代行サービス」。教員も例外なく退職代行サービスを利用することができます。

 

退職代行サービスとは、退職希望者の代わりに勤務先とのやりとり全てを代わりに行ってくれるサービスです。もしも急に「明日から仕事に行けない、行きたくない」と考えている方は、退職代行サービスを利用すると翌日には退職代行から勤務先に連絡を取ってくれます。そして、すぐに退職が可能です。会社に返却しなくてはいけない物を、郵送で返却して良いのかなどの段取りも退職代行が行ってくれます。

 

教員を辞めたいけど退職意思をなかなか伝えられずに悩んでいる方は、退職代行サービスを使えばスムーズに即日退職が可能です。しかし、円満退職にはならない場合が多くあります。退職後も勤務先の方と付き合いがある場合には、細心の注意を払って退職代行サービスを利用しましょう。

 

【オススメの退職代行業者】

①ニコイチ
退職代行なら退職代行ニコイチがおすすめです!

退職代行ニコイチは14年以上の実績のある退職代行業者です。
料金も他の業者に比べて一番安い28,000円です。全てのプラン込みで、追加料金は一切ありません。

◆ニコイチの特徴
・業界最安値クラスの料金
・転職サポート
・4000人以上、退職成功率100%の実績

料金
28,000円

【退職代行 ニコイチ】実績が豊富なので安心して利用できる | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/318

退職代行を利用しようか検討するときに、退職代行サービスを提供する会社がたくさんあるので、どこを選ぼうか迷いますよね。費用、実績、転職サービスの有無など多くの検討材料があると思います。この記事では、実績のある退職代行ニコイチについて紹介します。

②顧問弁護士による指導を受けた担当者が対応「EXIT(イグジット)」
EXITは業界の中でもメディア掲載実績がナンバーワンだということが有名です。NHKやTBSなどのテレビ業界にも掲載されています。このことから見ると、利用者も多いので、安心感はありますよね。

料金に関しましては、正社員・契約社員は5万円、アルバイト・パートは3万円で、追加料金はかかりません。

またEXITの強みは、2回目以降は1万円ディスカウントされるというネクストサポートが付いています。顧問弁護士から指導を受けいるので、法律に触れることがないので、不安を払拭できますよね。

おすすめポイント
・退職完了まで無制限で相談可能
・2回目以降のネクストサポート
・顧問弁護士の指導を受けている

【退職代行 EXIT】業界のパイオニアと呼ばれる強みは? | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/303

最近話題の退職代行サービス。様々な業者が退職代行サービスを提供している中で、退職代行EXITはどのような特徴があるのでしょうか?退職代行のパイオニアと呼ばれている理由は何なのか?退職代行選びに困ったらEXITを利用すれば良いのか?詳しく説明していきます。

③汐留パートナーズ法律相談事務所

弁護士による退職代行サービスです。

非弁行為の心配は一切ありません。残業代や未払い賃金の請求も対応可能となっています。

相談料 無 料
着手金 54,000円(税込)
オプション費 ※未払給料・残業代・退職金 等の請求に関して着手金無料
成功報酬 経済的利益の20%
実 費 郵送料など

【退職代行 汐留パートナーズ】弁護士が担当するので安心! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/316

退職代行の利用で不安なのが、利用者が非弁行為となってしまうことですよね。ただ、それは一般の退職代行業者の話なので、弁護士が担当している退職代行業者に依頼すれば解決することがでいます。この記事では、弁護士が担当する退職代行の汐留パートナーズ法律事務所について詳しく説明します。

教員でも転職できるのか?

最後に、教員でも転職が可能なのか否かをご説明していきます。教員からの転職を視野にいれている方は参考にしてください。

求人はたくさんある

教員から転職をする際に、多くの求人がありますのでご安心ください。ただし、教員は比較的一般企業よりも給料の待遇が良いことが多いです。そのような中、求人をたくさん見ても給料が低く転職を辞めてしまう方も珍しくはありません。

 

自分がなぜ教員を辞めたいのかという理由をはっきりさせておかなければ、多くの求人を見ても魅力的に感じず、求人数が少ないと判断してしまう方もいます。教員を積極的に採用しているような求人を見つけましょう。

 

【教員を積極的に採用している求人】

・予備校、学校塾など

・教材関連企業

・各種スクール、教室運営事業

 

教育関係の求人は状況が変わりやすいため、求人を見つけたら早めに行動しましょう。

 

転職エージェントに適職を紹介してもらえる

転職エージェントを活用して、自分に適している職業を紹介してもらいましょう。転職エージェントとは、求人の紹介はもちろんのこと、企業の人事に直接自分を売り込んでもらったり、書類や面接の対策などを行ってくれます。

 

教師の転職が難しいと言われている理由として、「ビジネスマナーが身についていない」「成果を果たすための積極的な行動ができない」などの理由が挙げられます。転職エージェントで面談をして、自分に適している職業は何なのかについてじっくりと相談してみるのも良いでしょう。

教員免許があれば教員に復職できる

もしも、一般企業に転職が成功したとしても、働いてみたら「やっぱり教員の方が良かった」などと感じてしまう方も多いでしょう。教員の仕事は、教員になりたくて勉強して教員免許を取得する方が多い職種です。しかし、教員免許さえ持っていれば、一般企業を退職してまた教員に転職することも可能ですよね。

 

他の仕事をしてみて、自分には教員が合ってたんだということが分かっただけでも転職した甲斐があります。

まとめ

本記事では、教員を退職するか否かを悩んでいる方へ、スムーズに退職する方法をご紹介してきました。教員は、まだ社会ルールなどを知らない生徒たちに、学業だけではなく社会のルールや一般常識なども併せて教えていく大切な仕事です。憧れややりがいもある中、現実では体力的にも精神的にも辛い仕事だと言えます。

 

教員を辞めたいと考えている方は、どうして辞めたいのかという理由を自分の中ではっきりとさせてから退職するか否かを決めていきましょう。

この記事のライター

退職の記事をわかりやすく情報量がたくさん詰まったものをお届けします!

関連するキーワード


教師 退職 辞めたい

関連する投稿


介護士を辞めたいと思う理由は?激務?介護士の転職先を紹介!

介護士を辞めたいと思う理由は?激務?介護士の転職先を紹介!

介護士を辞めたいと思い悩んでいる人は少なくないでしょう。介護士は激務でストレスがたまりやすい職業の割に給料が安いことで有名です。このような現状から離職率が高い介護業界ですが、介護業界以外の転職先としてはどこが良いのでしょうか?この記事では、介護職の転職について紹介していきます。


営業を辞めたい…営業職に向いていない人の特徴と転職先!

営業を辞めたい…営業職に向いていない人の特徴と転職先!

総合職として入社した会社で営業職に配属されたけれど、営業職に適性がなくストレスが溜まる毎日という人は少なくないでしょう。特に、営業職は事務職などと比べて数字を求められます。ノルマに追われる毎日に耐えられないという人は、この記事を読んでキャリアを考え直す参考にしてみてください。


ボーナス前に退職意思を伝えると減額?満額もらうポイント!

ボーナス前に退職意思を伝えると減額?満額もらうポイント!

会社を辞めることが決まった時に、退職するタイミングとしてボーナスが支給されてからと考える人は少なくないでしょう。しかし、ボーナスを支給されてすぐに退職するのは気がひけるし、ボーナス日前に退職意思を伝えて減額されてしまうのも困りますよね。この記事では、ボーナスのルールについて詳しく説明します。


保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険営業の仕事と聞くと厳しい労働環境など、良いイメージを持たない人も少なくないと思います。実際に、「保険営業を辞めたい…」と考えている人は多く、離職率はかなり高い数字となっています。この記事では、保険営業職を辞めた後の働き方について紹介していきます。


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


最新の投稿


嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいても気にする必要はありません。会社には様々な性格の人が入社してくるため、そもそも全員と仲良くするのは難しいことです。大切なのは、その同期に対して自分がどのように付き合っていくかです。こちらの記事では様々な対処法を紹介します。


職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場では様々な人が働いていると思います。色々な人がいれば、人間関係のトラブルや業務上の対立が起きてしまうことはあるでしょう。しかし、職場で喧嘩をしてしまうことには多くのデメリットがあります。この記事では、職場で喧嘩が起きてしまった時の対処法について紹介していきます。


社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人がペットを飼うには、費用や家の立地、自分の時間等様々なことを考慮に入れなければならず、苦労することも多いです。従って、ペットを飼うにはそれなりの覚悟を持って決断するべきです。自分に本当にその覚悟があるのか、一度立ち止まってよく考えてみましょう。


裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱や濫用ってよく聞くけど、実際それがなんなのかを知らない人は多いと思います。また、自分の裁量権は大きい方が果たして良いのでしょうか。この記事ではそんな、知ってそうで知らないことが多い「裁量権」について解説しているのでぜひ読んでいってくださいね。


ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーは社会人にとっての最低限身につけなければいけないことです。学生時代のように、自由な服装をして自由な言動をする事はできません。それでは責任のある一人の社会人として、会社の顔として正しく振る舞うにはどうしたらよいのでしょうか。