仕事で放置されるのはなぜ?原因と正しい対処法教えます!

仕事で放置されるのはなぜ?原因と正しい対処法教えます!

仕事で放置される…と悩んでいる人も少なくないでしょう。せっかくやる気を持って入社したのに放置されるのは辛いのと同時に不安ですよね。実は放置される原因は大きく分けて2つあります。放置される原因を知ったうえで、正しい対処法を探っていきましょう。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

せっかく入社した会社で上司や先輩があまり仕事を教えてくれずに、放置されている新入社員は珍しくはありません。仕事で新人を放置する理由はいくつか考えられます。

 

今回は、仕事で放置される理由や原因、対処法についてご紹介していきます。会社で放置されていて悩んでいる方は、最後まで読んで対処法を実践してみてくださいね。

仕事で放置されて悩んでいる

せっかくやる気がある方も、入社してから職場で仕事を教えてもらえない状況に陥る方は多くいます。そこで、はじめに仕事を放置されたエピソードを2つご紹介します。

仕事を放置されたエピソード

営業職Aさん

 

入社して営業に配属されたAさん。自分は、明るく元気な性格が取り柄だから営業に配属されたのだと思い、仕事を楽しみにしていました。しかし、いざ仕事が始まると自分の担当になった営業の先輩が、営業先に連れて行ってくれるがあまり内容を教えてもらえず見ているだけになってしまっているようです。

 

事務職Bさん

 

事務職を希望して入社したBさん。Bさんの会社は事務職の先輩が多く在籍していて、時間を持て余しているように見える方もたくさんいたそうです。「自分は何をしたら良いか」を尋ねると、一応は仕事を渡されるがすぐに終わってしまうような単純作業しかやらせてもらえません。毎日、時間や眠気との戦いになっていまっています。


仕事で放置されてしまう理由

それでは、仕事で放置されてしまう理由について考察してみましょう。理由が分かれば対処の仕方が見えてくるはずです。

上司が忙しく仕事を教える時間がない

まず、単純に考えられる理由として、自分の直属の上司が忙しいため仕事を教えている時間がない場合があります。上司に「自分は何をしたら良いのか」などの質問をした時に、「会議の時間だからまた後で」と仕事を教えてもらえない経験をしている方は多いでしょう。

 

しかし、新入社員に仕事を教える暇もないほどに忙しいという状況は、会社がその上司に仕事を押し付けすぎか、その上司が要領悪く仕事ができないかの2パターンが考えられます。


もし、上司に仕事を押し付けすぎの会社ならば、あなたが数年後に昇進して上司の立場になったら同じ状況が待ち受けている可能性が高いです。そうなった場合、仕事に疲れきってプライベートもろくにリラックスできない未来が待っているかもしれないため、早めに転職した方が良いでしょう。

 

また、その上司が要領悪く仕事ができないパターンの場合は、その上司を立てつつ他に仕事を教えてもらえそうな先輩に教わりましょう。


上司からのいじめ

上司が仕事を教えてくれない理由に、「上司からのいじめ」が考えられます。先にご説明したように、上司が忙しいだけなら、仕事を放置している状況に上司は申し訳なさを感じているはずです。そのため、仕事の合間や休憩中などに話しかけてきてくれるでしょう。

 

しかし、新入社員をいじめるのが趣味のような意地の悪い上司だった場合、あなたをいじめようとして仕事を放置している可能性も考えられます。その場合は、上司からの悪意を感じている方もいるかもしれません。例えば、質問したことに対して無視したり、間違った情報を教えられたりなどです。

 

「それはドラマの中の話では?」と思う方もいるかもしれませんが、実際に会社内でのいじめは非常に多くあります。上司や同僚からのいじめが原因で退職や転職する方も珍しくはありません。

新入社員の教育を面倒だと思っている

上司に限らず、新入社員を教育する「教育担当」などを任命されて「面倒臭い」と思っている方も実は多いようです。その理由は、「教えるのが下手だから」「自分もしっかりは教わっていないから、どのように教えたら良いのか分からない」などが多いでしょう。

 

しかし、面倒だと思われても仕事を放置されてしまうと、何をしたら良いのか分からないと困り果ててしまいますよね。面倒だと思っているであろう上司や先輩に当たってしまったら、まず上司や先輩の行動を良く観察し真似をしてみるのも一つの手段です。仕事の中で「口頭で教えてもらわなくてもできること」はたくさんあります。

 

例えば、毎朝オフィスの掃除をしている会社ならば、教わらなくても真似しながら掃除はできますよね。このように、仕事の中でも真似して覚えていけば自然に教えてくれるようになるかもしれません。

仕事は自分で覚えていくという社風

仕事を放置されている原因として「仕事は自分で覚えていく」という社風が挙げられます。「先輩から何も教えてもらっていないから、自分も後輩に何も教えない」「自分もみて覚えたから新人もそうするべきだ」などという社風を守っている会社もあるのです。このような社風がある会社で質問をしすぎてしまうと、怒られたりイライラされたりと人間関係に支障をきたすことも考えられるでしょう。

 

そういった社風の会社を選んでしまった方は、自分で調べて分かりそうなことは質問せずに調べましょう。調べても分からなかったことや、重要な内容などは質問しなければ仕事のミスに繋がりますので注意してくださいね。

会社に仕事を教えるノウハウがない

会社が新入社員に仕事を教えるノウハウがない場合もあります。つまり、新入社員の教育制度が整っておらず、何から教えていいのか分かっていないということです。誰が教えるのか、何を教えるのかなどが分からないため、仕事を放置するという状況になっていることが考えられます。

 

会社に仕事を教えるノウハウがないだけなら、いじめや面倒に思っているなどではないため、自ら「何をしたら良いのか」「自分にできることは何か」など積極的に質問しても良いですね。

仕事で部下を放置する職場の特徴

仕事で放置される理由がわかったところで、どのような職場が部下を放置するのかについて特徴を見ていきましょう。

主体性を重視する

「主体性」とは、何もやることがない時でも自分で考えて行動することです。そのため、主体性を重視する会社とは、指示をされなくても自らの考えで、判断・行動する人材を育てようとしていると言えるでしょう。

 

もし、新入社員の主体性を引き出そうとしているために仕事で放置されているのだとしたら、自分で考えて行動することが求められているはずです。そのような会社に入社した場合には、積極的に行動しましょう。先輩や上司の行動を良く観察し、自分に真似できるところからスタートすることをおすすめします。

教育制度が整っていない

仕事で部下を放置する職場の特徴として、会社の教育制度が整っていないことも考えられます。これは、先にもご説明した仕事を放置される理由でも述べていますが、会社の教育制度が整っていなければ「誰がどうやって」新人に教えるのかが決まっていないということです。

 

一般的な会社では、数日〜数週間、長いところでは3ヶ月間の新人研修があります。新人研修では、新入社員として必要最低限の仕事内容を教わったり、チームワークを高めたりと様々なことが行われますね。しかし、小さな会社などではこのような教育制度が整っていないケースも珍しくありません。教育研修があるか否かは、入社する前の就活の段階である程度調べられるため不安な方は調べておきましょう。

チームで仕事をするという意識がない

多くの仕事は、各部署の中や他部署との連携で会社を運営していきます。それは大きな目で見て「チームプレー」だと言えますよね。しかし、仕事を部下に教えずに放置する会社の特徴として、「仕事は個人プレー」だと考えている方が多いということです。個人プレーだから、新入社員が仕事を覚えていなくても自分には関係ないと考えている可能性があります。

 

例えば事務作業をとって見ても、「自分が今まで一人で行ってきた仕事だから、わざわざ新入社員に教えなくても良いのでは?」などと考えているかもしれません。チームプレーができない会社では、新入社員として入社した方も後々は個人プレーで仕事を進めていくことを覚悟しなければならないでしょう。

仕事で放置されてしまう人の特徴

ここでは、上司から仕事で放置されてしまう方の特徴を見ていきます。以下3点のうち一つでも当てはまると、仕事で放置されている原因は自分にあるかもしれません。当てはまってしまった方は、まずは自分が変わってみましょう。

仕事を覚えようとするスタンスがない人

まず、仕事を覚えようという姿勢がない方に、職場の先輩や上司も仕事を教えたいとは思えないでしょう。仕事に対してやる気がない方というのは、仕事のやる気のなさを上手く隠しているつもりでも、仕事を教えている側には伝わってしまうものです。そして、仕事に対してやる気がない方に仕事を教えるというのは、教える側にとっても非常に大きなストレスになります。

 

このように、新入社員側の仕事を覚えようするスタンスがない方に問題があるケースがあります。もしもこのまま、仕事に対してやる気もなく仕事を教えてもらえない日々が続けば、自分にとっても辛い毎日になるでしょう。やることもなく、ただ無駄な時間を過ごしているようになり、1回きりの人生をつまらない会社で過ごしていくのです。

 

多くの方は働かなければ生きて行けません。どうせ働かなければならないのであれば、楽しくやりがいを持って働きたいですよね。自分が理由で仕事を放置されている方は、まずは自分から変わってみましょう。

素直に人の話を聞こうとしない人

「仕事には熱心に取り組んでいるつもりだけど、なぜか仕事で放置されることが多い」という方は、周りの人の話を素直に聞いていないという可能性も考えられます。上司や先輩の話を遮ったり、言い返したりしていませんか?

 

もちろん、上司や先輩が間違ったことを行っている場合には、新入社員が自分の意見を述べることも大切です。しかし、上司や先輩と新入社員では仕事上の経験値が異なります。上司や先輩は経験から述べていることもあるでしょう。仕事のやり方などは、あまりにも過激でパワハラになるようなことではない限り、上司や先輩の話を素直に聞き入れることをおすすめします。自分の意見が全て正しいと思い込み、上司や先輩の話を素直に聞けずにいると「あの人は何を言っても素直に聞き入れてくれないから、何も教えたくない」と思われてしまうでしょう。

中途採用で即戦力だと思われている人

あなたが中途採用として入社したばかりの場合は、「即戦力になる方だから、仕事を教えなくても分かるだろう」と思われてしまっているかもしれません。

 

一般的に中途採用は、一定以上の実務経験や知識が求められる場合があります。「未経験者募集」というような求人に応募して中途採用として入社した場合には、会社内であなたが未経験者であることは伝わっているでしょう。しかし、同じ業種から転職してきた方には、「手取り足取り教えなくてもある程度は分かるだろう」と考えられてしまっていることが多いです。

 

そういう時には、分からないところを自ら質問しましょう。基礎中の基礎を質問してしまうと「前の会社ではやってなかったの?」と驚かれてしまうので、ある程度自分で考えてから質問してくださいね。

仕事を放置された時の対処法

最後に、仕事を放置された時にどのようにすれば良いのか、対処法を4つご紹介しましょう。会社内で仕事を放置されている方は、以下の対処法を試してみてください。

まずは自分で努力する姿勢を見せる

まずは、自分から仕事を覚えようとする努力の姿勢を見せましょう。努力している新入社員を見れば、上司や先輩が仕事を教えてくれるはずです。

 

努力というのはどんなことでも問題ありません。例えば、上司や先輩の行動や仕事を良く観察しメモを取ります。溜まったメモは、自宅に帰ってもう一度自分で分かりやすくまとめ直して、「自分専用のマニュアル」を作りましょう。大げさなものではなくても、100円ショップなどで売っているノートでも何でも良いです。1日の流れや取引先の情報など、仕事上で覚えることは山ほどありますから、まずは自分で仕事に対する努力をしてみましょう。

自分から積極的に質問する

上司や先輩・周りの人に、自分から積極的に質問をしてみましょう。もしも何をしたら良いのか分からない場合には「今、自分にできることはありますか?」などと聞いてみるのも良いですね。

 

ここで注意していただきたいのが、質問する内容です。明らかに「聞かなくても分かるだろう」というような内容の質問ばかりをしてしまうと、「この新人は自分で考えることをしない人だ」と思われてしまう可能性があります。積極的に質問をすることは良いことですが、まずは一度自分で考えてから質問しましょう。

 

もしかしたら、以前一度教わっていることかもしれません。一度教わっていることを質問してしまうと、「仕事を覚える気がない」と判断されてしまう恐れもあります。

同僚や上司に相談する

自分には非がなく、積極的に質問をしても無視されたり流されたりしてしまう場合には、いじめられていることが考えられます。悪意を感じたら必ず信頼できる同僚や上司に相談しましょう。

 

もし、いじめてきているのが直属の上司の場合には、他部署の上司や、上司の上司に相談するのおすすめです。会社内でいじめられている場合には、我慢せずに相談しましょう。

転職を考える

職場で仕事を教えてもらえずに放置されている状況に耐えられない方や、先にご説明したような対処法を実践したけど状況が変わらないという方は「転職」も一つの手段です。

 

現代では、転職を終始サポートしてくれる「転職エージェント」という無料サービスがあります。自分にあった求人紹介や、面接や書類対策も行ってくれる転職の強い味方です。

 

また、入社したばかりで自分の口から退職を申し出るのが難しいという方は「退職代行サービス」を活用しましょう。退職代行は、自分の代わりに退職代行の担当者が直接会社に連絡を取り、退職手続きを全て代行してくれるサービスです。自分の口からは一切退職の意思を伝えることはありませんので、気軽に退職できます。退職代行は多少の費用はかかりますが、仕事で放置されている状況に耐えられない方は検討してみるのも良いですね。

任される人と放置される人の違い

仕事を任される人は基本的に「仕事を頼みやすい人」または「仕事で成果を出してくれる人」だと言われています。

仕事を任せるという立場になるとしたら、頼みやすい雰囲気と自分以上の成果を出してくれる人に頼むと思います。


まとめ

今回は、仕事で放置される理由や原因、対処法などについて詳しくご説明してきました。会社側に理由がある場合と、自分に理由がある場合が考えられます。もしも、自分が原因で放置されている方は、自分が変われば上司や先輩の態度も変わるかもしれません。会社側に原因がある場合には、自分がその環境に慣れるか、転職してしまうかの2択だと言えます。入社したばかりで退職の意思を伝えづらいという方は、ぜひ退職代行の利用を検討してください。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


仕事 放置

最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。