モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

「上司のあの行動、もしかしてモラハラなんじゃ・・・?」職場で上司や同僚から嫌がらせを受けた経験はないでしょうか。自分ではなかなか判断しづらく、つい我慢してしまう方も多いのかもしれません。 実際に、職場でのどのような行動がモラハラに当たるのか、自分がモラハラにあったときの対策などをまとめました。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

職場のモラハラがひどい…

モラハラとは

モラハラとは「モラルハラスメント」の略語であり、倫理・道徳的な嫌がらせを指します。

最近では、「セクハラ(性的嫌がらせ)」「パワハラ(地位・権限を利用した嫌がらせ)」「マタハラ(妊娠・出産に関わる嫌がらせ)」など、「◯◯ハラ」という言葉が多いですが、中でもモラハラは周囲に気づかれにくいハラスメントの一つでもあります。


また、特に職場内でのモラハラはパワハラと混合されることも多いもの。どちらも立派なハラスメントですが、モラハラとパワハラには以下のような違いがあります。


モラハラ

  • 上司→部下、同僚同士など立場は様々

  • 精神的な嫌がらせが多い

  • 証拠が残しづらく、訴えにくい


パワハラ

  • 上司から部下など、上下の関係で起こる

  • 精神的・肉体的どちらも起こりうる

  • モラハラより防止・立証しやすい


モラハラは職場のあらゆる場面で起こる可能性があります。

また、精神的なものが多く、証拠も残りづらいため、被害者が訴えずに諦めてしまう、黙認してしまうという状況もあるでしょう。

モラハラのエピソード

モラハラをされた時の正しい対応

モラハラは職場だけでなく、様々なシーンで起こることがわかっています。

家庭でのモラハラ

「自分の夫・妻からモラハラを受けている」という人もいます。例えば、自分を正当化して、その考えを相手に押し付けてくるのも一つのモラハラ。「これが常識だ」「こんなことも知らないのか」と自分の意見を当たり前だと言い、相手の意見は聞かない・全否定するなど話し合いも出来ない状況です。

カップル間でのモラハラ

「彼氏・彼女がモラハラする人だった」という場合もあるでしょう。特に、束縛や無視などが具体例として挙げられます。

少しのヤキモチなら良いですが、報告せずに外出しないとキレられるといった過剰な束縛は危険です。

また、自分の都合が悪くなると徹底的に無視するといった大人のイジメのような行動もモラハラといえるでしょう。

職場でのモラハラ

「常に暴言を吐かれる」「自分だけ有休が取れない」「必要な情報を教えてもらえない」

職場でのモラハラも多く、毎日働く会社員にとっては精神的に最も辛いモラハラでしょう。

職場のモラハラには、他にも様々なパターンがありますので、詳しくは次の章をご覧下さい。

モラハラの基準

実際に、どのような行動がモラハラに当たるのかなど、モラハラの基準を知っておきましょう。

職場環境配慮義務

会社には労働者が快適に働けるように職場を管理する義務があり、たとえ個人間の争いであっても会社はそれに配慮しなくてはいけません。


法律にも規定があり、具体的な内容は以下のとおりです。


※引用※

使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。

(労働契約法5条 より)


このように使用者(会社)は、職場環境配慮義務を負っているため、あらゆるハラスメント行為を会社が放置することは法律違反とされています。

職場いじめ・パワハラ防止義務

職場いじめやパワハラは、加害者側は「仕事上の指導」「注意・アドバイス」のつもりという場合もあります。しかし、被害者側が「その行為によって業務を妨害されている」と感じた場、適切な対応が必要です。


※引用※

事業主は、職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であって、業務上必要かつ相当な範囲を超えたものによりその雇用する労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。
(労働施策総合推進法 雇用管理上の措置等 第30条の2 より)


モラハラに当たる行動

仕事関係の嫌がらせを行うこと

自分だけ「過剰な仕事を押し付けられる」または「仕事に関わらせないようにされる」といったモラハラもあります。上司や同僚など、一緒に仕事をする機会が多い人から受けるケースが多いでしょう。


過剰な仕事の例としては、同僚が定時で上がっているのに「◯◯さんだけ残業してもらえる?」と上司が自分だけに仕事を押し付けてくる場合。

もちろん、どの部下に仕事を頼むかは上司の自由ですが、明らかに自分だけ仕事が多すぎる、大切な予定がある日に限って残業を命令されるといったこともあるでしょう。


また、出席すべき会議を伝えてもらえていなかったり、資料がもらえなかったりと仕事から自分を排除するような行動を取られてしまうことも。

特に、自分より仕事ができる人を狙った同僚からのモラハラといったケースが多いようです。「昨日伝えたはずなんですけど、忘れているんですかね?」と知らないフリをして、自分より良い評価をもらえないよう邪魔するのが目的でしょう。



もし、仕事の嫌がらせで悩んでいる方がいたらこちらの記事を参考にしてください。

きっと解決策が出てくるはずです。

上司からの嫌がらせに賢く仕返しする方法を徹底解説! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/436

上司から嫌がらせやパワハラを受けて辛い思いをしている方は多いと思います。仕事に行くことが辛くなったり、入社時からモチベーションが下がってしまったと感じている方も多いでしょう。今回は、ムカつく上司への仕返しの方法を詳しく紹介していきます。

精神的な嫌がらせを行うこと

言葉や態度で精神的に追い詰めるような行動をしてくる人もいます。


「いつになったら人並みに仕事ができるの?」「あなたと一緒に仕事してると、気分が悪いんだよね」「その顔でこっち見ないでくれる?」

様々な言葉で人を傷つけ、人格否定をするのもモラハラに当たります。

このような直接的な言葉の暴力は、一見訴えやすそうに見えますよね。しかし、いざ上司などに注意されると、「傷つけるつもりじゃなくて、ただの冗談です」と逃げられてしまうこともあるでしょう。


また、言葉ではなく表情・態度などであなたを拒否するような行動をするのもモラハラです。

「自分にだけ話しかけて来ない」「挨拶を無視される」など、明らかに別の人に対する態度と自分への態度が違い、自分は嫌われているかもしれないと追い詰められることもあります。

この場合は、モラハラを受けていることを証明するのがなかなか難しいもの。誰かに相談しても、「あなたの気のせいじゃない?あの人、私にはとても優しいけど」と、取り合ってもらえないこともあるでしょう。


職場内で孤立させること

嫌がらせのような攻撃的なモラハラもあれば、誰かを孤立させるような陰湿なモラハラもあります。


皆が知っている情報を自分にだけ共有してもらえなかったり、昼食や飲み会など皆が集まるイベントに誘われないといった被害を受けている人もいました。

もちろん、職場の付き合いについての考え方は人それぞれですが、明らかに誰か一人を孤独にさせるようなイジメにつながる行為は立派なモラハラと言えます。


また、特に集団でいるときに「あなたに近づきたくない」というメッセージを態度で示す行為もあります。

複数で話し合いをしているのに、自分にだけ発言権を与えてもらえない、少し皆と席が離れている、話すときに極端に距離を取られるなど色んな行動があるでしょう。

ペアになって話し合いをするシーンで、参加者が奇数のため自分だけ一人余り、そのまま放置されたという被害もありました。


頻度が少なければたまたまかなと思うことも、毎回続く場合はモラハラを疑っても良いかも知れませんね。

プライベートにまで介入すること

社外であったプライベートなことを職場の人に口外されたというケースもあります。


Aさんはたまたま街で同僚と会ったとき、付き合い始めたばかりの彼と一緒にいました。

その日はお互いに挨拶をしただけで終わりましたが、次の日出勤したときには昨日のことをみんなが知っている状況に。

普段あまり関わりのない上司からも「昨日デートだったんだって?」「まだ付き合って日が浅いらしいじゃないか」と根掘り葉掘り聞かれる始末。


しかも、よく話を聞いていると「こんな服を来ていた」「きっとここでデートしたに違いない」など、嘘や想像も混じっておりプライベートを侵害されたと感じた人もいたそうです。


また、学生時代からの友人と同じ職場になったとき、他の同僚に昔のことを色々と言いふらされた人も。

「あなたって、昔いじめられてたよね?」「たしかすごい貧乏じゃなかった?」など、平気で周りには言ってほしくないことを口にする行為も、モラハラといえるでしょう。

モラハラをされた時の正しい対応

モラハラをされた証拠を集める

モラハラをされたら、まずはその証拠をしっかりと集めましょう。


直接嫌なことを言われたなど言葉の暴力を受けた場合は、録音しておく。間接的に話を聞いた場合には「誰がどこでどんな発言をしていた」など、内容をまとめておきましょう。


また、嫌がらせと思えるような態度や表情は証拠を残すのは難しいですよね。しかし、自分が相手のどんな行動でどんな気持ちになったかなど「モラハラと感じた行動と自身の精神的苦痛」を訴えることはできるはず。

そのためにモラハラを説明できる準備をしておくことが大切です。


もし、同じようにモラハラを受けた人や実際にその現場を見た人がいれば、その人の証言を集めておくのも良いかもしれません。

証拠を元に相談する(労働局、弁護士)

労働力や弁護士に「モラハラを受けました」とだけ伝えても、相手は取り合ってくれませんし、訴訟を起こす準備は困難です。

証拠が集まったら、その証拠を元に相談に向かいましょう。もし、証拠が不十分で相手を訴えられない場合は、弁護士があなたにその旨を伝えてくれるはずです。

さらに足りない証拠を集めるなど、次の行動が必要になってくるかもしれません。


また、なかなかいきなり労働力や弁護士に相談するのは難しいと感じる方は、同じようにモラハラを訴えたことがある人に一度話を聞いてみるのも良いでしょう。

良い弁護士を紹介してもらえたり、どんな流れで手続きが進むのかなどを詳しく知ることができるかもしれません。

賠償を請求する

準備が整ったら、モラハラをしたと思われる相手に賠償請求を行います。職場内でのモラハラの場合、訴訟は民事裁判となります。労働審判と呼ばれる裁判所の労働審判委員会が主催する労使間のトラブルを解決する手続を行い、加害者や会社を訴えることが可能です。


ただし、賠償請求したからといって必ずしも慰謝料がもらえるわけではありません。裁判となれば、費用も時間もかかるもの。

「最終的にどうなれば自分が満足のいく結果となるか」を考え、被害や状況に応じて適切な方法を考えましょう。


もし、加害者が多い場合は集団訴訟という方法も検討しても良いかもしれません。また賠償請求する方が自分の負担が大きいと感じる場合は、退職・転職といった別の方法もあるはずです。

病院で異常がないか診断を受ける

「嫌な思いをした」「ちょっと体に異変を感じている」という場合は、まずは精神的な病気にかかっていないか診断をうけることも大切です。

腹痛や頭痛に悩まされる場合、内科を受診する人も多いですが、何度が病院に通っても改善されない場合は心療内科や精神科を受診しましょう。うつ病の場合は、より早く適切な処置や対策をとることができます。


また、モラハラを受けた際に病院に行くメリットとしては、「診断書」をもらうことで病名など具体的な被害が証明されることで、賠償請求に使うことができるからです。

証明しづらいモラハラの被害は、診断書があなたの良い味方になってくれることでしょう。


鬱かも?と思ったら、以下の記事でチェックして見ましょう。

鬱の症状や対処法などがまとまっていますので、参考にしてください。


退職したい人が鬱になった時どうする?鬱の程度別の対処法! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/37

仕事でストレスを感じていますか?職場では業務量が多くて自分の処理能力に合わなかったり、人間関係が合わなかったり様々なストレスがありますよね。そのようなストレスがを受け続けると鬱病を発症してしまう可能性があります。あなたは大丈夫ですか?

退職をする

「誰かを訴える労力が無駄」「今の会社は慢性的なモラハラで、変えようがない」

今後も今の会社で働くつもりがなく、とにかく自分の身を守りたいという場合は、自分が退職するのも一つの手です。


しかし、自分の働いている会社で今後もモラハラが続くと考えた場合、少し心が痛む方もいるかもしれません。自分の限界を超えてまで無理をすることはありませんが、可能であれば「これまで一緒に働いた同僚や部下などに今後モラハラを受け続ける人がいるとしたら、自分に何ができるか」を少し考えてみてはいかがでしょうか。


訴訟を起こすまではいかなくても、何かアドバイスできることがあるかもしれません。

転職をする

「モラハラが辛い」「今の会社の将来が心配」そう感じるとはいえ、まずは自分の精神的な安定と収入を最優先にしなくてはいけない。という人もいるでしょう。

その場合は、できるだけ早く転職し、心機一転新しい環境で働くという選択肢もあります。


今でさえモラハラに苦しみ辛い環境なのに、新しい環境に馴染めるのかと心配する人もいるかもしれません。しかし、環境を変えてみることで今までのモラハラを忘れて仕事に没頭できる人もいるでしょう。


次の就職先を見つけたら、勇気をもって転職してみてはいかがでしょうか。

退職代行の利用

どうしても退職が自分でできない、伝えることが難しいという方には、退職代行をお勧めします。


【オススメの退職代行】


『退職代行 ニコイチ』

退職代行『ニコイチ』は業界の中で最も古株の会社です。そのため、実績が豊富で安心して退職を任せることができます。もう一つ注目すべきポイントはサービスの価格です。ニコイチの利用料金はEXITの3/5です。質の高いサービスを低価格で提供しているのが『ニコイチ』の強みです。


退職代行「ニコイチ」

 



『退職代行 汐留パートナーズ』

退職代行『汐留パートナーズ』の1番の特徴は、退職代行を弁護士が担当してくれることです。退職における交渉をするためには、弁護士資格が必要になります。そのため、有給消化や未払い給料の請求を希望する方は、『汐留パートナーズ』を利用することをお勧めします。



退職代行『汐留パートナーズ』

 


『退職代行 EXIT』
『EXIT』は退職代行のパイオニアです。様々なメディア掲載実績が業界NO.1で今、最も注目されている退職代行です。また、転職サポートも充実していることから退職後のことまで安心して任せることができます。


退職代行「EXIT」



まとめ

いかがでしたか?

被害者も加害者もなかなか気づきづらいのが職場でのモラハラ。「良かれと思って」「忠告のつもりで」と、加害者自体も悪気がない可能性もあるんですよね。

しかし、あなたがその行動に苦しんでいるのなら、それは立派なモラハラです。

「賠償請求する」「病院へ行く」「退職・転職を検討する」など、適切な対応を考えていきましょう。

モラハラを受けてしまった自分を責める必要はありません。たまたま自分の勤めた会社が悪かったということもあります。是非あなたが前向きに働ける、自分にあった職場を見つけて下さいね。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

退職の記事をわかりやすく情報量がたくさん詰まったものをお届けします!

関連する投稿


退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

少しでも注意をすると、すぐに退職をちらつかせる部下はあなたの周りにいらっしゃいますか?今回はその部下に対しての対処法や、心理などを紹介していきます。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。


退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に、ほとんどの人が有給休暇が残っていると思います。その際に、全て有休消化してしまおうか迷いますよね。特にお世話になった会社や退職ということで迷惑をかけてしまう上司に強気で交渉できない人は少なくありません。この記事では、退職時の有休消化について詳しく説明していきます。


退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思った時にどのような手続きが必要なのか、いつ退職できるのか理解できていますか?退職はいきなりしたいと思ってもできないものです。今後、退職する予定がある方は今のうちに理解しておきましょう。この記事では、退職するために必要なことを詳しく説明しています。


最新の投稿


一人でできる仕事がしたい!向いている人と一人でできる職業!

一人でできる仕事がしたい!向いている人と一人でできる職業!

職場の人間関係や、自分の思い通りに仕事ができないことを煩わしく思う人は、一人でできる仕事をしたいと考えることもあるでしょう。この記事では一人で仕事するのに向いている人の特徴や、一人で仕事をするメリット・デメリット・一人でできる具体的な職業を紹介します!


仕事辞めたら人生楽しすぎ!その理由と辞める際の注意点!

仕事辞めたら人生楽しすぎ!その理由と辞める際の注意点!

「仕事辞めたら人生楽しすぎ!」という言葉を耳にしたことがある人もいるでしょう。「仕事辞めたら人生終わりだ」と悲観的に考える人には信じられないかもしれませんが、少しの注意点さえ守ればそれは事実です。この記事ではその理由と注意点、再就職までの流れを紹介します。


仕事が嫌いで辞めたい人は多い!?仕事が嫌いな理由と対処法!

仕事が嫌いで辞めたい人は多い!?仕事が嫌いな理由と対処法!

「仕事が嫌いなのは私だけ?」「嫌いな仕事で毎日うんざりしている」などと悩んでいる人も多いかもしれません。しかし仕事が好きな人の割合は3割ととても少なく、仕事が嫌いだと悩んでいるのはそう珍しいことではありません。今回は仕事が嫌いな理由、対処法を紹介します。


退職時の言い方が難しい…穏便に退職する方法と言い方の例!

退職時の言い方が難しい…穏便に退職する方法と言い方の例!

「退職したいけど言い方はどうしたら良いのだろう」と悩む人も多いでしょう。多くの人が穏便に退職したいと考えると思いますが、引き止められることも珍しくなく、スムーズに済ませるのはとても難しいですよね。今回は穏便に退職するための話の進め方、言い方の例を紹介します!


仕事をやりたくないは甘えじゃない!原因と対処法!

仕事をやりたくないは甘えじゃない!原因と対処法!

仕事をやりたくないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。やりたくない仕事を続けることにはメリット・デメリットの両方がありますが、やはり我慢しすぎるのは良くありません。記事では仕事をやりたくないと感じる原因と対処法を紹介するので、参考にしてみてください。