社会人の運動不足は危ない?運動不足になる理由と解消方法!

社会人の運動不足は危ない?運動不足になる理由と解消方法!

社会人になって運動不足だな…学生の頃に比べてだらしのない体になったな…と感じたことはありませんか?社会人になって全く運動をする機会がなくなってしまう人は少なくないです。運動をしないことで生じるデメリットは多いです。この記事では、運動が苦手な人でも取り掛かるための方法を紹介します。


【調査結果】運動する頻度はどのくらいですか?

社会人を対象に、「運動する頻度はどのくらいですか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。


運動はしない:52%

週に1回程度: 22%

週に2~4回:13%

週に5~7回:13%


調査の結果、社会人になって52%の人が全く運動をしないと回答しました。過半数の人が全く運動をしない、運動をしたとしても週に一回程度という人が22%であることから、社会人は運動不足に陥りがちであることがわかりました。


それでは、なぜ社会人になると運動不足になってしまうのかを説明していきます。

社会人になると運動不足になる理由

社会人になると運動不足になる理由は4つあります。

忙しくて時間がなくなる

まず1つ目の理由は忙しくて時間がなくなるからです。


社会人になると、朝早くから出社して定時まで会社に拘束されてしまいます。定時に会社から退社することができれば良いのですが、人手不足が深刻になっている会社が増えてきている中で残業や休日出勤が増えていることから、夜遅くに帰宅する人も多いです。


そうなってしまうと運動に費やす時間が十分に確保できなくなってくるため、このような生活リズムを繰り返していれば結果的に運動不足になってしまうのです。

 

休日も仕事の疲労が解消できなかったり、自宅でも仕事をしなければならない場合もあるため、ますます運動不足が深刻化してしまいます。

デスクワークだから

社会人になると運動不足になる2つ目の理由は、デスクワークだからです。


仕事をしながらも体力を使うような肉体労働や、仕事先に体を使って移動する機会が多い人であれば、仕事中に体を動かす機会を持つことができます。しかし、デスクワークの場合は仕事をしている間に体を動かす時間がほとんどありません。


長時間椅子に座って作業をしているため、結果的に運動不足になってしまうのです。デスクワークを長期間続けていると肩こりや腰痛などに悩まされるようになります。


体に痛みや重だるさがあると運動をしようと思えなくなってしまい、さらに運動不足が助長されてしまうのです。

運動する仲間がいない

社会人になると運動不足になる3つ目の理由は、運動する仲間がいないからです。


運動を継続していくためにはモチベーションの維持が重要です。モチベーションを維持するためには、一緒に運動する仲間がいることが大切になります。一人で運動する場合とは違って会話を楽しみながら運動することができますし、2人以上だからこそできる運動をもたくさんあります。


興味を持っている運動が1人ではできないスポーツの場合、運動する仲間がいなければ取り組むことができなくなるのです。社会人で定期的に運動している人はあまり多くないので、運動仲間を見つけることは簡単ではありません。

そもそも運動が嫌い

社会人になると運動不足になる4つ目の理由は、そもそも運動が嫌いからです。


健康状態を維持するために運動を継続することが必要であることは理解していたとしても、運動が嫌いであれば体を動かすことを苦痛に感じてしまいます。苦痛な運動を毎日続けるのは辛いことですから、運動を習慣化することなく運動不足になってしまうのです。


そのような人は運動を継続しないことは健康状態が悪化させる可能性があると理解していたとしても、嫌いな運動を続けてまで健康を維持しようと思えなくなっています。 体を動かすことが嫌いなインドア派の人にとっては運動習慣を身につけて健康を維持するの簡単なことではありません。

運動不足が原因で起こること

運動不足が慢性化してしまうと、5つのデメリットが生じてしまいます。

生活習慣病のリスクが高まる

まず1つ目のデメリットは生活習慣病のリスクが高まることです。


運動不足になると心肺機能が低下して心疾患に罹患するリスクが高くなったり、高血圧や脳卒中、糖尿病になるリスクが高くなるとされています。


これらはもともと加齢に伴って増える病気とされていましたが、運動不足をはじめとする不規則な生活習慣を送ることによって生活習慣病にかかるリスクが高くなることが分かっているのです。

肥満になる

運動不足が原因で起こる2つ目のデメリットは肥満になることです。


運動不足になると体を動かしてカロリーを消費する機会が少なくなるため、消費するカロリーよりも摂取するカロリーの方が多くなってしまいます。そのようなカロリーバランスが習慣的に続いてしまうと、結果的に肥満状態になってしまいます。


肥満になると高血圧性心疾患、脳卒中や睡眠時無呼吸症候群といった肥満に関連した病気にかかるリスクが高くなるのです。

体力が減り疲れやすくなる

運動不足が原因で起こる3つ目のデメリットは体力が減り疲れやすくなることです。


運動不足になると筋肉のみでなく心臓や肺の機能が低下してしまいます。このような身体の状態になると、ちょっとした運動や荷物の上げ下ろしや階段の昇り降りなどでもすぐに疲れるようになってしまいます。


もともと体力は加齢に伴って低下するものなのですが、運動不足が加わることで体力の減りがさらに加速してしまうため、さらに疲れやすくなるのです。

老化が早くなる

運動不足が原因で起こる4つ目のデメリットは老化が早くなることです。


運動不足によって骨量が減少して骨折しやすくなったり、筋肉量が減少して疲れたり転びやすくなること、関節可動域の減少して肩や腰が痛くなるなどのデメリットが生じやすくなります。


さらに、身体全体の血流や代謝も低下するので、肌のツヤやハリもなくなってきます。


本来は年齢を重ねるにつれて起こってくる老化が、運動不足によってさらに加速されるようになるのです。「年齢の割には老けて見える」というのは、運動不足も原因の1つになっていることが考えられます。

ストレスが溜まりやすくなる

運動不足が原因で起こる5つ目のデメリットはストレスが溜まりやすくなることです。


運動には心肺機能や筋力を強化するだけでなく、気分転換や程よい疲れを体に与えることでストレス発散にもなります。運動不足の状態が続けばストレスが解消されにくくなり、精神衛生上良くない影響をもたらしてしまいます。


社会的に患者数の増えている精神疾患や睡眠障害は、運動不足も原因の1つだと考えられているのです。

運動不足を解消するためには

このような運動不足によるデメリットを解消するためには、3つの方法が考えられます。

日常生活に運動を取り入れる

まず1つ目の方法は日常生活に運動を取り入れるようにすることです。


仕事が忙しくて運動を取り入れる機会がないという人でも、会社のオフィスでの移動をエレベーターやエスカレーターではなく階段を利用するなど、積極的に体を動かす機会を取り入れることが、運動不足の解消につながります。


デスクワークが多くて移動時間がほとんどないという人は、座って仕事をするだけではなく立って仕事をしてみるというのも良いでしょう。座っている状態と比較して立っている状態の方が、足の筋力や体幹の筋肉を多く使うので、より多く筋肉を使うようになります。


また、通勤時間も運動不足の解消に役立てることができます。普段電車やバス、車で通勤している人は徒歩で移動できる通勤経路を作ったり、自転車で通勤するように通勤手段を変更すれば、運動する機会を増やすことにつながるのです。

会社のサークルに参加する

運動不足を解消するための2つ目の方法は、会社のサークルに参加することです。


会社によってはバスケットボールやバレーボールクラブ、マラソンクラブなどのサークル活動を行っているところもあります。会社のサークルに参加すれば、一緒に運動をする仲間も知り合いであることが多いので、気兼ねなくグループの中に入れるでしょう。


また、体を動かしながらメンバー同士の関係性を良くすることにもなるため、仕事を円滑に進めることにもつながります。運動不足を解消して健康状態を維持しながら仕事も円滑に進むようにできるので、会社のサークルに参加するメリットは大きいでしょう。

ジムに通う

運動不足を解消するための3つ目の方法は、ジムに通うことです。


会社にサークルがない場合や、運動をしている様子を知り合いに見られたくないという場合は、ジムに通うのがオススメです。ジムには利用者が快適に運動を継続できるように、さまざまなプランや設備が整えられています。


あなたに合ったプログラムを作ってもらったり、専任のトレーナーに運動を指導してもらえば、運動が苦手な人でも安心して体を動かすことができます。


また、自力で行う運動では鍛えられない部分に負荷を与えられるマシンや器具も用意されているので、気になる部位を集中的に動かすこともできるのです。会費を払ってジムに入会していればジムに通い続ける動機にもなるので、運動を習慣させやすくなるでしょう。

社会人からでも始めやすい運動

社会人になってからでも始めやすい運動は6つあります。

ウォーキング、ジョギング

まず1つ目の運動はウォーキングとジョギングです。


これらの運動を始める際に準備する物品がほとんどなく、今持っているものだけでもすぐに始められる運動です。また、場所や時間を選ぶことなく取り組める運動なので、ちょっとした隙間時間を利用して手軽に体を動かすことができます。

ヨガ

2つ目の運動はヨガです。


ヨガは自宅で簡単に取り組める運動で、体にかかる負担も少ないので継続しやすいのが特徴です。


また、屋内で行える運動なので、天候に左右されることなく取り組むことができます。運動不足の解消のみでなく体をリラックスさせる効果もあるので、質の良い睡眠をとることにつながったり、血流を改善させることで疲労回復を促進することも期待できるのです。

キックボクシング

2つ目の運動はキックボクシングです。


一見始めるにはハードルの高そうなスポーツですが、初心者でも簡単に取り組めるようなメニューもあるので、継続しやすい運動なのです。こちらの運動も天候に左右されることなく取り組めますし、自宅で継続することもできます。


また、屋内で取り組む運動の割には消費カロリーも高いので、効率的に運動効果を得たい場合はおすすめです。

水泳

3つ目の運動は水泳です。


水泳は全身の筋肉をまんべんなく動かす有酸素運動なので、消費カロリーも高く全身に運動効果を得られる理想的なスポーツです。


また、水泳は水の抵抗を利用して体を動かすため関節にかかる負担も少なく、膝や脚関節を痛めにくくなっています。運動には怪我がつきものですが、水泳は怪我をしにくい安全なスポーツなのです。

自転車

4つ目の運動は自転車です。


自転車は移動スピードが速いため、ほどよい負荷で遠くまで移動できるのが特徴です。そのため景色の代わり映えがない運動とは違って町並みや自然を満喫しながら体を動かすことができますし、目的地をある程度遠方に設定することもできるので、運動しながらレジャーも楽しめます。


自転車での移動を通勤に活かすこともできるので、自転車の運動負荷に慣れてきたら通勤手段を自転車に変えてみても良いでしょう。

ゴルフ

5つ目の運動はゴルフです。


ゴルフはコミュニケーションを楽しみながら体を動かすことができるのが特徴です。接待や会社の行事でもよく使われているスポーツであり、世代を問わず幅広い社会人に人気があります。


運動習慣を身につけながらもビジネスを円滑に進めることにもつながるので、社会人が始めるには適した運動だと言えます。

運動は継続が重要

まずは無理のない頻度で始める

今まで運動習慣のなかった社会人が運動を始めるのは簡単なことではありません。

そのため、運動不足を解消するためにはまずは無理のない頻度で運動を始めることが大切です。


無理をして辛い思いをすると運動を継続できなくなってしまいます。楽しみながら続けられる頻度で始めてみましょう。

目標を立てて取り組む

運動習慣を身につけるためには目標を立てて取り組むことも大切です。


ただ漫然と運動しているだけでは、何のために体を動かしているのか分からなくなり、体を動かすことが苦痛になってしまいます。


目標を立てていると運動効果を客観的に評価できるようになるので、目標に到達すると達成感を得られるようになり、運動がさらに楽しくなるのです。

楽しいと思える運動をする

運動を継続して運動不足を解消するためには、楽しいと思える運動に取り組むことが大切です。


楽しくない運動に取り組んでもしんどい思いをするだけで、体を動かすのが苦痛になってしまいます。体を動かしていて楽しいと思える運動を見つけて取り組めれば、もっと運動をしたいと思えるようになり、運動を継続しやすくなるのです。

まとめ

今回の記事では社会人になると運動不足になる理由や、運動不足になると体に起こるデメリット、運動不足を解消するための具体的な方法や社会人になってからも取り組みやすい運動を紹介しました。


健康的な体を維持するためには運動を習慣化することが大切なので、体を動かしていて心から楽しめる運動を見つけられると良いですね。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


社会人 運動不足

関連する投稿


社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人がペットを飼うには、費用や家の立地、自分の時間等様々なことを考慮に入れなければならず、苦労することも多いです。従って、ペットを飼うにはそれなりの覚悟を持って決断するべきです。自分に本当にその覚悟があるのか、一度立ち止まってよく考えてみましょう。


社会人は読書をしない?限られた時間でも読書時間を捻出する方法

社会人は読書をしない?限られた時間でも読書時間を捻出する方法

読書をしなきゃなと思いながらも、なかなかできていないという社会人の方は沢山いらっしゃいます。そこで今回はどのようにして時間を捻出するのか、読書をすると起こるメリットなどを紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。


飲み会の支払いは誰がする?割り勘の飲み会には不満が集まる?

飲み会の支払いは誰がする?割り勘の飲み会には不満が集まる?

飲み会の支払いは誰がするのだろうか?割り勘でいいの?奢った方が良いの?飲み会の支払いは、会社の風習や体育会系ノリの有無などで変わってくるでしょう。この記事では、割り勘の場合に幹事がスマートに支払いを済ませる方法、ご馳走してもらう時の礼儀について説明します。


社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人はお弁当を作るべきなのでしょうか?お弁当を作るメリットって何なのでしょうか?仕事で疲れていてお弁当なんて作れない…そんな人も多いかもしれません。でも思っているよりも簡単なんです!男でも作れる簡単レシピでお弁当デビューしてみませんか!?


32%の部下が「結果を出している上司を尊敬できる」と回答

32%の部下が「結果を出している上司を尊敬できる」と回答

あなたの上司はどのような人ですか?何か尊敬できるような特徴はありますでしょうか?部下としては、「仕事ができる」などのように尊敬できる上司の下で働きたいですよね。今回の記事では、尊敬できる上司とはどのようなものなのかをまとめているので参考にしてみてください。


最新の投稿


有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

「ゼークトの組織論」では、働くものを利口、愚鈍、勤勉、怠慢の4つのタイプに分けています。その中で、利口×怠慢の組み合わせに該当する人を有能な怠け者はであるとしています。さらに、ゼークトは有能な怠け者こそ組織のトップに立つべき人間である語っています。この記事では、その理由と活用方法を説明しています。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事で体に拒否反応が出て困っていませんか。拒否反応は脳による自己防衛反応だと言われています。つまり、拒否反応が出ているのは限界状態であると言えます。そのまま放っておくことは危険です。この記事で、拒否反応が出る原因、出やすい人、対処法を紹介しますので参考にしてみてください。


肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

手っ取り早く仕事を探そうと思った時に、短期間で高収入を得ることができる肉体労働が第一に考えられるでしょう。しかし、肉体労働が求められる仕事は想像以上にきつい仕事です。最初は耐えることができても、ずっと続けるのは難しいです。この記事では、肉体労働のメリット・デメリットを紹介します。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。