働きたくないと思うのは当たり前?なぜ仕事はストレスなのか?

働きたくないと思うのは当たり前?なぜ仕事はストレスなのか?

働きたくないと思うのは私だけ?それとも、当たり前なの?と疑問に思っている方は少なくないでしょう。人間は基本的に、自由を制限されることに対してストレスと感じてしまいます。つまり、労働によりあなたの自由が制限されている場合は、働きたくないと思ってしまうことは当たり前なのです。


仕事のストレスでうんざりしていませんか?

「働きたくない」という考えは、ほとんどの社会人が持っています。

仕事が心の底から好きで働いている人なんて、社会人の中でも、ほんの一握りしかいません。つまり、「働きたくない」と思うのは当たり前のことで、仕事はストレスになることが普通なのです。

では、なぜ人は「働きたくない」と考えてしまうのでしょうか。

本記事では、仕事がストレスになる理由、ストレスを無くす方法について説明していくので参考にしてみてください。

人は働きたくないのが当たり前?

人は働きたくないと思うのが当たり前です。

多くの人が仕事にストレスを感じています。

ここでは、働きたくないと考える人のエピソードや、それでも働いてしまう理由を紹介していきます。

もう働きたくない!

まずは、「働きたくない」と感じている人の声を紹介させて頂きます。

生きた心地がしない


会社勤め5年目の社会人ですが、学生の頃と違って、自由度が低い生活がなによりもストレスになっています。

毎日のように朝早く起きて、夜は残業の日々。

土日は、仕事の疲れで家の中でダラダラしてしまうことがほとんどです。

お金は溜まりますが、好きなことはできません。

これでは、生きている心地がしません。

本当に働きたくないです。

(20代 男性)

やりたくないことをやらされる

仕事をしていて、一番ストレスがたまるのが「やりたくないことをやらされること」です。

学生のころは、仕事に夢を抱いていましたが、いざ就職してみると、仕事内容はつまらないものばかり。

毎日ワクワクして会社に行くはずが、今では会社に行くことが苦痛です。

しかし、このストレスに耐えないと給料をもらうことはできません。

できることなら辞めたいですが、辞められないのが辛いです。

(30代 女性)

このように、働きたくないと考えている方は多くいます。

エピソードを読んで「同じように感じたことがある」と共感した方もいるのではないでしょうか。なぜ人はここまで「働きたくない」と思ってしまうのでしょうか。

それでは、仕事がストレスになる原因を考えてみましょう。

人間にとって労働環境に身を置くことはストレス

そもそも、人間にとって労働環境に身を置くことはストレスになります。

ストレスになる主な理由は2つです。

・自由を奪われる
・同じことを続けるのが苦痛

この2つが原因で、仕事が嫌いになってしまうのです。

「好きなときに好きなことをやっていたい」という考えは、多くの人が持っているといっても過言ではないでしょう。

しかし、仕事を始めると、好きなことが好きなときにできなくなってしまうので、結果的に大きなストレスになってしまうのです。しかし、多くの人は労働環境に身を置くことが苦痛であるにも関わらず、毎日のように働き続けています。

仕事が嫌いでも、働き続ける理由とはなんなのでしょうか。

多くの人は収入を得るために働いている

多くの人が仕事を続ける最大の理由が「収入を得るため」です。

お金を稼がなければ、生活をすることができません。お金を稼ぐ方法の1つが「働くこと」なので、多くの人は働くのが苦痛であるにも関わらず、仕事を続けてしまうのです。

お金の心配をしなくても良い経済状況であれば、今の仕事を辞める人がほとんどでしょう。仕事はストレスになりますが、生活するためのお金を稼ぐために、嫌でも続けなければいけないのです。

【調査結果】仕事は楽しい?いつから楽しいと感じる?

社会人320名を対象に、「仕事は楽しいですか?それは、いつから楽しいと感じるようになりましたか?」というアンケート調査を行ったところ以下のような結果となりました

仕事は楽しくない :82%
入社後すぐ:11%
入社後3年目:5%
入社後10年目:2%


調査結果によると、全体の82%の人は”仕事は楽しくないと”と感じているようです。これほど多くの人が”仕事は楽しくない”ことであると結論づけているということは、働きたくないと感じることは仕方がないことであると考えられます。

働きたくないと思う理由

ここでは、働きたくないと思う理由についてもう少し深堀りしていきます。ぼんやりと「働きたくない」と思っている方は、具体的な理由を把握しておきましょう。

好きなことをしていたい

人間は好きなことならワクワクできますが、嫌いなことだとワクワクすることができません。働きたくないと思う理由の1つとして、「好きなことだけをしていたい」という思いが頭の中にあるのではないでしょうか。

就職するときに、仕事のやりがいや内容で選ぶのではなく、給与や待遇で選んでしまった人は、好きなことをしたいという思いが特に強くなることが多いようです。もし、今の仕事が好きなことでないのならば、新しい仕事を探すのも1つの手段ではないでしょうか。

仕事が上手くいっていない

どんなことでも、上手くいっていないときは、ストレスがたまるものです。数ある行動の中でも、毎日のルーティンである仕事が上手くいっていないときのストレスは、特に大きなものになるでしょう。

仕事が上手くいっていないときは、特にストレスがたまってしまいますが、解決策はあります。その解決策とは、仕事が上手くいっていない原因を潰すことです。

「なぜ仕事が上手くいかないのか」を考え、上手くいかない原因を解決していけば、仕事が楽しくなってくるかもしれません。

職場環境でトラブルがあった

職場環境でトラブルがあると「働きたくない」と考えてしまいますよね。

・仕事で大きなミスをした
・上司や同僚に嫌われてしまった

など、職場環境のトラブルは大きなストレスの原因になります。

トラブルの種類によっては、時間が経てば解決するものもあれば、自分で行動を変えないと解決できないものもあります。ストレスが限界になる前に、早めの対策を施しておきましょう。

プライベートで嫌なことがあった

仕事の内容だけではなく、プライベートで嫌なことがあるときも「働きたくない」と思うようです。

例として、

・家庭でのトラブル
・身内の不幸

などが挙げられます。

プライベートで嫌なことがあると、仕事に集中することができません。このような場合は、プライベートでの問題を解決することが最優先です。場合によっては、有給を取るなどして「仕事をしない」という選択肢を取ることもできます。

仕事にやりがいを感じることができない

仕事にやりがいを感じることができないと、働きたくないと考えてしまうのは当たり前です。会社で働き始めたころは「やりがい」を感じていたのに、働き続けるうちに、やりがいを無くしてしまった方も多いのではないでしょうか。

「働きたくない」という考えを無くすためにも、仕事のやりがいを見つけるようにしましょう。

働きたくないと思った時にできること

「働きたくない」という悩みは、どのように解決すれば良いのでしょうか。ここでは、働きたくないと思ったときにできることを3つ紹介していきます。

仕事のやりがい探しをしてみる

人は「やりがい」を見つけると、それが仕事であってもやる気が出てくる生き物です。仕事のやりがいは、目標設定を明確にすることで、見つけやすくなります。

目標設定を明確にすれば、目標を達成するたびに、仕事が楽しくなるためです。

他にも、周りの人と信頼関係を築いたり、ライバルを作ったりと、人との関係を変えることでやりがいを見つけることもできます。仕事のやりがいを見つけることは、「働きたくない」という悩みを無くすために非常に有効な手段なのです。

仕事のストレスを除去してみる

「仕事がストレス」と一口に言っても、ストレスになっている原因は様々です。仕事のストレスの原因を明確にして、そのストレスを除去する努力をしましょう。

例えば、満員電車に長時間のって会社に向かうことがストレスだとします。

その場合は、

・会社の近くに引っ越す
・電車が空いている時間に出社する

などといった解決策があります。

このように、ストレスの原因を無くす工夫をするだけで、働きたくないという感情は薄れていくはずです。

転職活動をしてみる

「働きたくない」という考えを無くすために、最も効果的な方法は、転職をしてみることです。

仕事のやりがいを見つけたり、仕事のストレスを除去したりすることも効果的ですが、転職をすると勤めている会社が変わるので、新たな気持ちで仕事を始めることができます。

現在、勤めている会社にストレスの原因がある場合は、転職をすることで今までのストレスがウソのように無くなるかもしれません。ただし、転職活動をしたにもかかわらず、再び「働きたくない」という気持ちになってしまっては本末転倒です。

転職活動をするときには、自分に合った仕事や会社を慎重に判断するようにしましょう。やりがいや給与がより高い仕事に就くためには、スキル獲得のために勉強や経験を積むことも大切になります。

長期的に働きたくないと感じている人は注意?

「働きたくない」という気持ちが最近でてきた方であれば、原因を見つけて解決すれば、今まで通り楽しい生活が戻ってくるでしょう。

しかし、最近ではなく数か月や数年など、長期的に働きたくないと感じている人は注意が必要です。なぜ「働きたくない」という気持ちを長く持ち続けると注意が必要なのか、その理由を解説します。

ストレスが積み重なるとうつ病になる

うつ病は誰にでも起こりえる病気といわれていますが、ストレスが積み重なると、うつ病にかかるリスクは高くなってしまいます。日本では、仕事によるストレスでうつ病になる人が多くいるので、誰にでも注意が必要です。

うつ病の症状の特徴として、

・楽しみや喜びを感じない
・趣味や好きなことが楽しめない

などが挙げられます。

重症になってしまうと、強いネガティブ思考がつきまとい、自殺してしまう可能性もある恐ろしい病気です。うつ病は病気なので、気合や根性で治るものではありません。

うつ病にかかってしまうと、時間をかけた治療が必要になります。「ストレスでのうつ病」を他人事と思わずに、仕事のストレスには十分に注意するようにしましょう。

辛いと感じている人は休職を考えるのも良い

「働いていると辛い」と感じる方は、休職を考えるのも1つの手段です。体と心がボロボロになる前に、仕事を休んでみてはどうでしょうか。

ただし、休職するためには、本人の自己申告だけではなく病院の診断書が必要になります。精神面に限界がきている場合は、病院へ診察にいき、現在の業務に耐えられない旨を診断書に記載してもらいましょう。

会社へ休職を申し出るのは勇気が要りますが、ストレスでうつ病になってしまっては、人生を棒に振ってしまう恐れもあります。どうしても仕事が辛いと感じてしまう方は、しっかりと休職して、体も心も回復させてから仕事へ復帰するようにしましょう。

職場に問題がある場合は転職

他の問題と違って、解決が難しいパターンが「職場に問題がある場合」です。職場に問題がある場合は、社内でどれだけ努力しても、仕事を楽しくすることはできません。

自分の問題ではなく、職場自体に問題がある場合は、転職を検討しましょう。自分を変えることはできても、職場を変えることは多大な労力が必要になるためです。

自分に合った会社に転職することができれば、心機一転して、楽しく仕事をこなすことができますよ。最近は、転職も一般的になってきていて、転職サイトやエージェントを利用する人も増えてきています。十数年前に比べると、転職が容易な時代になっているのです。

無理に同じ職場に居続けようとするのではなく、新しい可能性を信じて、転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

多くの日本人は、働くことに嫌気がさしています。

「働きたくない」と思うのは当たり前のことです。

しかし、「働きたくない」と思うだけではなく、どうすれば少しでも仕事が楽しくできるかを考えるようにしましょう。

自分の考えを変えてみたり、職場を変えてみたりと、やり方は様々です。

仕事での強いストレスが長く続いて、うつ病にならないように、早めの対策をしましょう。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


働きたくない 当たり前

最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。