接客に向いていないかも…?続けるべき?転職先はどこが良い?

接客に向いていないかも…?続けるべき?転職先はどこが良い?

「接客向いていないかも…」とこのまま接客業として働き続けても良いのか不安に思っている人、今すぐにでも接客業を辞めたいと考えている人は少なくないです。この記事では、接客業を向いていないと思う理由、向いていないと思う人の特徴、接客経験者のオススメの転職先などを紹介します。


接客業はお客様のリアクションが直接返ってくる仕事なので、お客様に喜んでもらえたときにやりがいを感じることができると思います。

しかし、お客様からクレームをもらったり、他の業種に比べて休暇取得の自由度が低かったりと、デメリットも多くあるのが現実です。

接客の仕事を続けていくうちに、「もしかして自分は接客が向いていないのかも」と、悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

本記事では、そんな接客業の悩みを解決するために、接客業が向いていない人の対処法、接客業経験者に向いている就職先などを紹介していきます。

接客業が辛いと感じている方は、ぜひ読んでみてください。

接客の仕事が向いていなくて辛い…

「接客業の仕事が向いていなくて辛い」と感じる人は、意外にも多くいるようです。ここでは、接客業が向いていないと感じてしまう人の声をいくつか紹介させて頂きます。

お客様の気持ちを察することができない

ホテルの接客スタッフとして働いていますが、お客様の気持ちを察することができずに、クレームを入れられることがよくあります。

他のスタッフの方は、お客様から意見をもらう前に気遣いのある接客をすることができていて、よく感謝されているようです。

お客様の気持ちを察して、最適な接客ができていない自分は、接客業が向いていないのではないかと悩んでしまいます。

(20代 女性)

休暇が取れないことがストレスになる

ホテルマンとして働いています。

接客自体は好きなのですが、長期休暇が取れなかったり、土日に仕事が入ったりと、休暇が取れないことがストレスになっています。

家族との時間も欲しいし、旅行や趣味に割く時間も欲しいので、私は接客業には向いていないのかもしれません。

(30代 男性)

このように、接客業が向いていないと悩んでいる人は多くいます。

あなたも、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。

「接客業に向いていないかも」と感じる方は、本記事を読んで、接客業の悩みを解決していきましょう。

接客業に向いていない人の特徴

実際に接客業に向いていない人とは、どのような人なのでしょうか。ここでは、接客業に向いていない人によくある特徴を、6つ紹介していきます。

ここで挙げる特徴に多く該当する人は、接客業の仕事が本当に向いているのか、一度考え直してみましょう。

コミュニケーションが苦手

接客の仕事は、お客様とのコミュニケーションが必須です。

人の話を聞くのが苦手
視線を合わせるのが苦手
空気を読むのが苦手

このような特徴がある人は、接客業には向いていません。コミュニケーションスキルはトレーニングで身につけることもできます。しかし、他の人に比べて他人とのコミュニケーションにストレスを感じやすい人は、接客業以外の仕事を探す方が、天職を見つけやすいかもしれません。

無理をしてコミュニケーションスキルを身につけるよりも、自分に合った仕事を探すことも大切です。

融通が利かない

接客業は、お客様のご要望を叶えてあげるのが仕事です。そのため、お客様のためならどんな要望でも柔軟に対応してあげられる器の大きさが必要になります。

また、休暇が取りづらく、場合によっては残業をする可能性が高いのも特徴です。そのため、頑固で融通が利かない方には、接客業は向いていないといえます。

融通が利かないと自覚のある方は、接客業以外の違う仕事を探してみましょう。

緊張しやすい

人は緊張してしまうと、素早く対応できなくなったり上手く話せなくなったりします。そのため、緊張しやすい人は、素早い対応と柔軟な対応が求められる接客業に向いていません。

心当たりのある方もいるのではないでしょうか。しかし、仕事での緊張は、経験を積んでいけば慣れることも可能です。まだ仕事に慣れていない方は、仕事に慣れるまで続けてみるのも良いでしょう。

どうしても緊張しやすい性格が治せない人は、緊張しない仕事を探すのも1つの手段です。

ストレス耐性が低い

多くの人がご存知のとおり、接客業はストレスがたまりやすい仕事です。

・クレームが直接届く
・お客様に合わせなければいけない
・常に笑顔が求められる
・休暇が取りにくい

など、接客業はストレスを感じやすいデメリットが多くあります。そのため、ストレス耐性が低い方が接客の仕事をすると、他の人よりも疲弊してしまうでしょう。

ストレス耐性が低い方は、接客業以外の、ストレスがかかりにくい仕事を探してみてはいかがでしょうか。

気配りが苦手

気配りは、仕事をするうえで欠かせないスキルですが、接客業には特に求められます。気配りスキルは、仕事の経験とトレーニングで身につけることができますが、もともと苦手な方は、気配りができるまで長い時間がかかるはずです。

接客業を続けたいのであれば、気配りスキルの習得は必須です。習得が難しいと感じる方は、接客の仕事を選ぶのは止めておいた方がいいでしょう。

人に興味を持つことができない

「人に興味を持てない人」に接客業は務まりません。接客時のコミュニケーションや気配りは、人への興味がないと上手くできないからです。

人に興味を持つことができるかどうかは、性格の問題もあるので、もともと人に興味がない方は、接客業を選ぶのは避けるべきです。わざわざ接客の仕事を選ばずとも、世の中には多くの仕事があります。

無理をして向いていない仕事を続けなくても、違う就職先を目指すことも一つの手です。

接客業が向いていない人はどうすべき?

仕事には向き不向きがあります。接客業が向いていないと感じたときは、どうすればよいのでしょうか。

この章では、接客業が向いていない人が持つべき考え方を伝えていきます。

向いていない仕事を無理に続ける必要はない

なによりも大切なことは「向いていない仕事を無理に続ける必要はない」という考えを持つことです。

向いていない仕事を続けることには、

・ストレスが溜まりやすい
・スキル向上が遅くなる

というデメリットがあります。

向いていない仕事を続けるのは、自分にとっても働いている会社にとってもメリットがないのです。

「自分の仕事が向いてない」と感じたときは、無理に続けようとするのではなく、自分に向いている仕事を探すのも1つの手段です。

接客業の経験は他でも活かせる

接客業を長く続けていた方は、転職するときも同じ接客の仕事を選びがちですが、接客業で得たスキルを活かして、他の職種を選ぶこともできます。

接客業を通して得られるスキルは、ほとんどの仕事で必要になるスキルだからです。接客の仕事では普通のことでも、他の業種では重宝されるスキルもあります。

接客業経験者の強みを具体的に知っておきましょう。

接客業経験者の強み

接客業経験者の強みは主に3つあります。

・コミュニケーション能力
・体力
・傾聴力

これら3つのスキルは、接客業で身につきやすく、他の業種でも活かしやすいといった特徴があります。

この3つのスキルに加えて、新しいスキルや資格を取得しておけば、転職はより容易になるでしょう。転職をするときは、自分にこの3つのスキルが備わっていることを自覚しておきましょう。

接客業経験者の転職先

接客業経験者は、これまでの仕事の経験を活かし、他の業種に就職することも可能です。

ここでは、接客業経験者におすすめの転職先を3つ紹介します。

事務職

接客業経験者におすすめの転職先の1つが「事務職」です。接客の仕事と違って、お客様の対応に追われることが、ほとんどありません。

接客の仕事に比べると休暇も取りやすいので、ストレスを感じることは少なくなるでしょう。求人数が多い職種で、接客業で得た経験を活かすこともできるので「接客業に向いていない」と感じる人には、メリットが多い転職先といえます。

営業職

営業職も接客業経験者には、おすすめの転職先です。営業職で必要とされるスキルには「コミュニケーション力」と「体力」の2つがあります。

これら2つのスキルは、接客の仕事で自然と身についていくものです。そのため、転職後もスムーズに仕事をこなしていくことができるでしょう。自分のスキルを活かした仕事がしたい方は、営業職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

福祉職

福祉職も営業職と同じように、「コミュニケーション力」と「体力」が求められます。

どちらのスキルも身につけていれば、採用されるのは容易なはずです。接客業と同じように、人を直接助けることができ、感謝もされやすい職種です。

・人と関わるのが好き
・体力には自信がある

という方は、福祉職が向いているかもしれません。現在は福祉職の求人が多く、採用されやすいというメリットもあります。

気になる方は、トライしてみましょう。

自分に向いている仕事が見つからない人へ

就職先を探すとき、人によっては「自分に向いている仕事が見つからない」と悩んでしまう場合もあります。

自分に合った仕事が見つからない場合は、どのように解決すればよいのでしょうか。

ここで、おすすめする方法は

・自己分析
・転職エージェントの利用

の2つです。

それぞれの項目について詳しく解説していきます。

自己分析が大切

なによりも大切なことは「自己分析」です。

自分の「やりたいこと」や「得意なこと」などが分からなければ、天職を見つけることはできません。

まずは、時間をかけて自己分析をおこないましょう。

・自分の好きなこと
・自分の得意なこと
・働きたい職場環境
・社員との繋がり

など、自己分析をすることで自分の求めているものにハッキリと気づくことができます。

「自分のことは分かっている」と考えがちですが、意外と自分のことは分からないものです。

自己分析をして、自分に合った仕事を明確にしておきましょう。

転職エージェントを利用しよう

自分に向いている仕事が見つからない場合は、「転職エージェントの利用」もおすすめです。

転職エージェントを利用すれば

・仕事を紹介してくれる
・豊富な求人から選べる

といったメリットが得られます。

ほとんどのエージェントは無料で登録することができ、自分では探せないような求人を見つけてきてくれるので、非常に便利です。

転職エージェントを利用することで、自分に合った仕事を見つけた人は多くいます。登録さえしておけば、貴重な求人を逃すことがないので、登録だけでも早めに済ませておきましょう。

接客業からの転職を考えているのであれば、転職エージェントはぜひ利用しておきたいサービスです。

まとめ

「接客が向いていない」と考えている方へ向けて、役立つ情報を紹介してきました。

接客業は、やりがいも大きいですが、ストレスも溜まりやすい仕事です。

もし接客の仕事に疲れているのであれば、他の職種への転職を考えてみましょう。

本記事で紹介したように、接客業で得たスキルを活かせる仕事は多くあります。

自分の行動次第で、働き方を変えることは可能です。

自分に合った新しい仕事を見つけて、より楽しい社会人生活を送ってみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


接客 向いていない

最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。