面接に落ちた!?人事の合格サインと面接中の不合格フラグ!

面接に落ちた!?人事の合格サインと面接中の不合格フラグ!

面接に落ちたかも?面接の結果の連絡がなかなか来ないと、集中できなくて、メールボックスを何度も開いてしまう人は少なくないのではないでしょうか?そんな方のために、結果通知の連絡が来る前に合否が判断できるフラグがいくつかあるので紹介していきます!




第一志望の会社の面接が終わった!面接官の人もずっと笑顔だったし合格かな…?だけど、緊張していて最初の質問に少し詰まっちゃったから印象悪かったかな…?


面接が終わると緊張から解放されたと同時に、合否が気になって不安な気持ちにもなりますよね。他の会社の選考が控えている人は、面接の準備や書類作成に集中しなければいけないのに合否が気になってしまってなかなか集中できないですよね。


一般的には、合否の連絡は面接の1週間から2週間後を目安にメールか電話で来ます。しかし、遅い場合には1ヶ月間合否の連絡がこない場合もあると思います。長い間、合否のことばかり気にし続けるのは時間の無駄ですよね。


もし、面接中のフラグや面接後のサイン面接の合否がわかれば気が楽になりますよね。この記事では、合否の連絡が来る前に結果を判断するための方法を紹介していきます。

面接後に感じる手応えは正しいの?

面接後には何かしらの手応えを感じると思います。例えば、以下のような手応えを感じることがあるのではないでしょうか?


【自信がある時の手応え】

「全ての質問に詰まることなく答えた」

「面接中の雰囲気がすごくよかった」

「面接官に深掘りをたくさんされた」


【自信がない時の手応え】

「緊張して言いたいことを十分に言えなった」

「面接中の雰囲気がピリピリしていた」

「面接時間があっという間に終わってしまった」


しかし、自信があったのに落ちてしまった面接や自信がなかったのに合格した面接があると思います。それは、面接の内容を判断するのはあなたではなく面接官だからです。面接官の合格基準は会社によって違うので自分ができる精一杯の面接をしたとしても不合格になることはあります。事実、別の会社で合格した内容をそのまま伝えたとしても、不合格になってしまうことはよくあることです。なので、面接後の主観的な手応えをあてにしすぎないようにしましょう。


それでは、合否の連絡が来るまでは全く手応えを感じることはできないのでしょうか?100%合否を判断することはできませんが、合否を予測するための参考材料を面接中に見つけることはできます。

面接中の合格フラグや人事のサイン

先ほども申し上げた通り、面接後の自分が感じた手応えでは合否を判断することはできませんが、面接中に面接官のことを注意深く観察すれば合否を予測するための材料を見つけることができます。

マイナビの調査によると、面接官の以下のような反応から合格フラグやサインだと判断することができるそうです。

1位 最短入社可能日を聞かれる
2位 面接官から職務内容や勤務地など実際の勤務を見据えた説明や質問がある
3位 面接官が入社するメリットや自社の魅力をたくさん話してくれる
4位 面接官に「向いている」「社風に合っている」というようなことを言われる
5位 面接時間が長い
6位 面接官がメモをたくさんとっている
7位 志望動機を詳しく聞かれるなど、面接官からの質問が多い
8位 次の選考フローの説明やアドバイスがある
9位 面接官がプライベートな話をしてくる
10位 他社の選考状況を聞かれた

面接で入社可能日を聞かれた

入社可能日を聞くということは面接官側も採用することを積極的に検討していると捉えることがわかります。他の候補者と比較している可能性もあるので絶対とはいえませんが、かなり高確率で合格を手にすることができると予測することができます。また、似たような合格のフラグとして、入社後のことについて詳しく説明されるということがわかります。例えば、福利厚生について詳しく説明したり、会社で使う制服のサイズの話をしたりすることがあります。採用することが決定してから説明すれば良いことを、わざわざ面接中に話すということは面接官の頭の中では合格の判断ができていることが考えられます。

勤務を見据えた説明や質問をされた

「入社後は3ヶ月間の研修期間の後に配属先に本配属となります。職務内容としては、具体的に◯◯のようなことを任せることになります。」のように勤務を見据えた説明や質問を面接官側からしてきた場合には、合格のフラグとして捉えることができます。特に、面接の最後にそのような話をされた場合は、面接官の中でも合格の判断ができていることが予想できます。もし、そのような説明をされた場合は一生懸命働く意思を伝えて合格を決定づけましょう。

会社の良さを推してくる

会社は採用を検討している候補者に他の会社に入社されてしまうと困るので、自社が他の会社より良いことをアピールしてきます。他の会社の選考状況と合わせて、会社の良さを強くアピールされた場合には合格フラグかもしれないです。しかし、会社の良さをアピールされることが合格フラグとならない場合もあります。BtoCのメーカーなどのように「候補者=お客さん」と考えている会社がアピールしてくるパターンです。これは、採用活動で商品のイメージアップも同時に行おうという意図があるため合格フラグとは言えません。

面接時間が長い

採用担当者は、1日に複数回の面接をこなし他の業務も同時に行わなければいけないので暇ではありません。なので、一回の面接時間をできるだけ短い時間で終わらせたいのが本音なはずです。そのため、面接中に不採用の判断ができた場合は早く切り上げるために事務的な質問で終わらせるでしょう。逆に、質問の回答に対して深掘りをしっかりされたり、質問項目が多かった場合には面接官があなたに好印象を抱いている証拠になります。なので、採用担当者の大切な時間を割いてまで、長時間の面接が行われた場合は合格フラグと考えることができます。面接時間の長さの基準に関しては、日程調整メールに記載されている面接時間と比べてみれば良いでしょう。例えば、面接時間が30分から1時間と知らされていた面接で、1時間以上かかった場合は合格フラグだと捉えることができます。

面接官がプライベートな話をしてくる

面接の後半に選考とは関係のないプライベートな話をされた時は、すでに面接官が合否の判断が終わっている場合です。ただ、合格の判断をしてあなたとの距離を縮めるためにプライベートの話をする場合と不合格の判断をして余った時間を過ごすために選考とは関係のない話をする場合があります。プライベートな話の有無だけでは、どちらの可能性もあるため合否の判断をすることはできません。

他社の選考状況を聞いてくる

他社の選考状況は合格フラグと言うことができません。その理由として、多くの企業では候補者全員に他社の選考状況を確認しているからです。実際に選考面接を受けていると面接終盤になると毎回のごとく他社の選考状況を確認されるでしょう。会社としては自社の志望順位や志望度の高さを確認するために聞いています。ただし、選考状況を確認された後に自社の魅力を強くアピールされた場合は合格フラグかもしれない…?程度に捉えることができると思います。

面接がいい雰囲気だから合格とは限らない

面接の雰囲気で合格と勘違いする落とし穴

面接官の方が終始笑顔だったから合格かも!面接中に趣味の話題で盛り上がったから合格は固そう!などのように面接の雰囲気だけで合格だと判断するのは良くないです。面接官は候補者にリラックスしてもらうためにアイスブレイクとして趣味の話題で盛り上げたり、笑顔で対応したりしています。これを自分だけが気に入られていると勘違いしてしまう人が多いですが、実際のところは合否とは関係がないことが事実です。反対に、圧迫面接と呼ばれる面接では面接官は厳しく対応することを演じているので、終始雰囲気は良くないです。それでも、合格基準に達している候補者は面接の雰囲気と関係なく合格になります。つまり、面接の雰囲気だけで合否を判断することはできないので、鵜呑みにしすぎないようにしましょう。

面接中の雰囲気を作るのは大切?

面接の雰囲気は合否と関係ないと伝えましたが、面接中の雰囲気が良いに越したことはありません。面接の雰囲気が良いメリットは以下のようなものがあります。

自分がリラックスできる

雰囲気が良い方が気持ちが楽なのでリラックスして面接の受け答えをすることができます。「緊張して考えてきたことが飛んでしまった」、「頭の中が真っ白で質問内容を理解できない」のような面接中のトラブルも回避できると思うので、面接中に良い雰囲気作りができるように意識しましょう。例えば、面接の本題に入る前のアイスブレイクで意識的に気分を上げてみるなどができると思います。

第一印象が良くなる

面接官も人間なのであなたの印象が選考結果に与える影響は少なからずあると思います。例えば、良く笑う人やマナーがしっかりしている人とは一緒に働いていて気持ちが良いですよね。逆に、終始つまらない顔をしていたり、態度が悪かったりすると面接中の雰囲気が悪くなってしまいます。そのようなことで、面接官の印象を下げてしまうのはもったいないので気をつけるようにしましょう。

面接に落ちる時の不合格フラグ

合格フラグについて紹介してきましたが、反対の不合格フラグもあります。面接で質問に上手く答えることができなくてボロボロだったけれど、まだ可能性が残っているかな…?と終わった面接のことを気にしすぎてしまうことがあると思います。本来ならば、面接でできなかったことを反省して次の選考の準備に切り替えるべきです。諦めるべき面接を捨てて無駄な時間を過ごさないために、面接中の不合格フラグが役に立つのではないでしょうか?

1位 面接官の反応がそっけない
2位 面接時間が短い
3位 質問したことに対する面接官の回答が丁寧ではない
4位 アピールした内容を面接官に否定、論破される
5位 面接官がメモを取っていない
6位 面接官から「最後にアピールすることはありませんか?」と聞かれる
7位 面接後の見送りが丁寧ではない
8位 趣味の話など、仕事に関係ない雑談が多い

面接官の反応がそっけない

質問の回答に対して全く深掘りがされなかったり、面接が淡々と進んでいくと興味を持たれていなかったかもしれない…と心配になりますよね。面接官の反応から不合格フラグを見つけるためには、面接官の反応の変化に気づくことがポイントです。例えば、面接前半は笑顔で回答に対して深掘りをしてくれていたけれど、後半になると興味がなくなったように事務的な質問回答になっていた場合などがあります。最初から最後まで一貫して事務的な面接で終わる場合もあるので”変化”があるかどうかで判断しましょう。

アピール内容の矛盾を論破される

人間誰でも矛盾することがあります。何度も面接を受けていれば、回答内容が矛盾してしまうこともあるでしょう。例えば、「強みは根気強く取り組むことができることです。」と答えた人が新しいことに挑戦したいという理由で前職を数ヶ月で退職していたら、「根気強く取り組むことができるのに数ヶ月で退職してしまうのですか?もう少し続ければ新しい気づきや学びがあるかもしれませんよ」と面接官に矛盾を指摘されてしまうでしょう。このような厳しい指摘を受けてしまうと、面接後に自信を持つことができずに不合格フラグかな…と落ち込んでしまう人もいます。しかし、その回答に対する評価をするのは面接官なので、あなたの自信は関係ありません。面接官は矛盾の程度や内容で合否の判断をすることになるでしょう。例えば、矛盾を指摘されて志望理由が嘘であることがバレた場合などは不合格フラグとなってもおかしくないでしょう。

雑談が多い

面接の内容が雑談ばかりだと、「本当に面接をする気があるのかな?」、「最初から採用する気がなかったのかな?」と心配になりますよね。これは受けている面接が何回目であるかで不合格フラグになるのかどうかが変わってくると思います。例えば、一次面接であれば人間性を判断するために雑談の割合が多くなることはよくあります。逆に、最終面談で雑談ばかりされた場合は早い段階で面接官が不採用の判断をしたことがわかるので、不合格フラグと捉えることができます。

面接官のエレベーターまでの見送りが冷たい

面接中は笑顔で丁寧な対応をされていたにも関わらず、面接が終わると態度が急変する面接官もいます。例えば、面接後にエレベーターまで見送られる時、早く帰って欲しいと言いたいかのように退出を急かされたりすることがあると思います。合格の判断をしているならばありえないような行為なので心配になってしまいますよね。実際にこのようなことはあるようで、例のようにあからさまな対応ではなくても、不合格判断をした途端に態度が変わり笑っていなかったりすることがあるそうです。しかし、あなたの気にしすぎの可能性もあるので不合格フラグかも…?と考えすぎる必要はないと思います。

なかなか合否が来ないのは不合格フラグ?

面接の合否結果がなかなか来ないと不合格フラグなのかなと思ったり、人事の人が連絡を忘れているのかなと心配になりますよね。一般的には、面接日から2週間以内には合否結果の連絡が来ることになっていますが、連絡が来ていないから少し希望を残してしまいますよね。何度もメールボックスを確認したり、電話に着信が入っていないか履歴が気になってしまいますよね。そのようなことに時間を取られてしまうのは無駄なので、諦めた方が良い基準を知りたいですよね。

面接結果の連絡が遅すぎて落ちたかも…

一般的には面接日から1~2週間以内に合否結果の連絡が来ることが多いです。しかし、SNSで調べると他の候補者には連絡が来ていたり、合否結果の連絡が遅れていたりすると心配になりますよね。基本的には合否の連絡が遅れる理由には以下のようなものがあるので、参考にしてみてください。

応募者が多く選考に時間がかかっている

人気企業に応募している場合は、応募者多数のため選考に時間がかかっている場合があります。特に、規模が小さいけれど人気なIT企業のような会社では選考するための人材が不足していることが多く、一般的な基準よりも合否結果の連絡が遅くなってしまうこともがあります。人気企業の場合は時間がかかってしまうことが当たり前だと思い、気にしすぎないようにしましょう。

合格にするか迷っている

あなたを採用基準と照らし合わせてみて合格にするか迷っている場合に合否結果の連絡が遅れてしまいます。そのような場合、他の候補者を選考してから比較する必要があるので、どうしても遅れてしまいます。どちらにせよ、結果的に不採用となる可能性も残っているので切り替えて他の選考の準備をするべきでしょう。

不合格者への連絡を後回しにしている

当たり前ですが会社は合格者から優先的に合否結果の連絡を送ります。その理由は2つあります。1つ目は不採用者に連絡している時間がない場合です。2つ目は合格者に辞退されることを見越して不採用者に連絡していない場合があります。なので、1ヶ月後に合格の連絡が来ることも稀にあります。しかし、可能性はかなり低く、待っている時間が無駄なので次の選考の準備をしましょう。

合否結果を郵送で通知しているため

合否結果の連絡を書類の郵送で行なっている会社もあります。その場合、メールや電話よりも時間がかかってしまうので、一般的な基準よりも遅れてしまうことがあります。

合否結果がどうしても気になる人

合否結果の連絡が遅れている理由として会社側が忘れているということもあります。合格の人を忘れているということはあまりないとは思いますが、2週間が経っても諦めきれない人は一度企業に電話をして確認してみるといいでしょう。

以下、問い合わせのテンプレです。

注意点として電話を掛ける時間帯は会社の営業時間にしましょう。

○月△日□曜日に面接をしていただきました(名前)と申します。その節は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。行き違いになっていましたら大変申し訳ございません。面接の結果はいつ頃にお知らせいただけますでしょうか?

面接が上手くいかないなら転職エージェントに相談

何度面接を受けても上手くいかない理由は様々です。書類に不備がある場合、自己分析や面接練習が不十分である場合、応募企業がミスマッチである場合など多くの原因があるので一人で対策していくのは難しいでしょう。


面接が苦手でなかなか合格できないという方は、一度転職エージェントに相談してみてはいかがですか?


オススメ:行列のできる転職相談所


・20代に特化した転職エージェント

・書類作成、面接対策など一貫したサポート

・プロのエージェントに無料相談


気になった方は一度、無料相談に行ってみてください!

無料転職相談する!

転職、就職面接のQ&A

面接後の励ましはどういう意味

面接後に「面接など大変だと思いますが頑張ってください」と励ましの言葉をかけられることがあると思います。状況によっては、「ご縁がなかったので引き続き頑張ってください」という意味に捉えることもできますが、それだけではなんとも言えないので気にしなくても良いでしょう。

選考で利用するメールアドレスは何でも良い?

選考で利用するメールアドレスは「パソコンと携帯の両方で確認できる」、「個人用のオフィシャルとして利用できるもの」の2つのポイントを押さえていれば大丈夫です。間違ってもプライベートを感じさせるようなアドレスで連絡しないように注意してください。
(ex 名前+誕生日@gmail.com)

非通知の電話に出ることができなかった時はどうすれば良い?

企業が非通知で選考結果を連絡するのには様々な理由があります。例えば、セキュリティーの理由、折り返しの連絡を防ぐため、電話を外部委託しているなどがあります。非通知の電話に折り返すことができないので次の連絡では出ることができるようにしましょう。

面接に落ちた時のショックやつらさはどうすれば良い?

面接で落ちてしまったことはどうすることもできないです。そのショックやつらさは、納得できる就職先や転職先が決まることでしか取り返すことができないと思うので、落ちた理由を反省して次に活かすように切り替えましょう。

面接がボロボロだったけど受かることはある?

「面接官の質問に全然答えることができなくてボロボロだったけれど合格した!」という話を聞くことがありますよね。そんな話本当か?と疑いたくもなりますが可能性はあります。面接がどれだけできなかったとしても、会社の求める人材であれば会社は採用するでしょう。面接が苦手な人はどのように自分の強みをアピールするか考えましょう。

最終面接も落ちるのか?

最終面接は意思確認だけ行われるのでほとんど落ちることはないと聞いたことがある人は少なくないと思います。実際のところは最終面接であっても選考がされているので対策する必要があります。最終面接だからと油断せずに気を引き締めて選考に望みましょう。

最終面接の合格フラグ、サインは?

最終面接は、一次面接や二次面接とは違い特別な合格サインや合格フラグがあります。以下のようなことを聞かれたら合格のサインだと思って良いと思います。

・入社可能日を聞かれる
・握手を求められる
・内定通知書をもらう
・次の予定のスケジュール調整が行われる

終わりに

いかがでしたか?
できるのであれば、面接ごとに切り替えて次にやらなければいけないことに集中できることが望ましいです。しかし、どうしても合否結果が気になる人は電話で確認しましょう。気をつけて欲しいのは、面接後2週間以内はまだ企業側で検討している可能性があるので待ちましょう。

最後に、面接がうまくいかずに悩んでいる方は、プロの力を借りてみるのもいいと思います。転職エージェントを利用してみてください!

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


転職 面接 最終面接

関連する投稿


転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

今回で3回目の転職…まだ、20代なのにこんなに転職を繰り返しても良いのだろうか?面接でしっかりと説明すれば、運が悪く転職をしていることをわかってくれるのだろうか?複数回転職をすると継続して働くことができない人という印象を与えてしまうので不安になりますよね。


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職してすぐ後は誰もが慣れるまで辛い思いをすることがあるでしょう。ですが、ちょっとした工夫であなたの辛く感じていた生活ががらっと変化することがあるんです。今回は、そんな皆さんのために転職後の辛い期間を乗り越えるための方法やポイントを詳しくお伝えしていきます。


賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

厚生労働省が発表している平均残業時間は10時間です。しかし、ある調査によれば平均の残業時間は47時間という結果が出ています。なぜこれほどまでに差があるのか、また職種別にみて一番残業時間が多いのはなんなのか、を紹介します。また、残業代の計算方法と未払い残業代の請求方法も紹介するので知っておいてください。


最新の投稿


仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事で苦痛を感じていませんか?仕事から大きなストレスを感じて退職してしまう人は少なくないです。ひどい場合には、仕事で受けたストレスから社会復帰できなくなってしまう人もいるほどです。この記事では仕事が苦痛だと感じてしまう理由と対処法を紹介していきます。


飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

「働いている飲食店がブラックすぎて辞めたい…」と考えている人は少なくないでしょう。飲食業界はブラックで有名です。この記事では、飲食店の仕事がブラックになりやすい理由とホワイトな飲食店の選び方を紹介していきます。


社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人はお弁当を作るべきなのでしょうか?お弁当を作るメリットって何なのでしょうか?仕事で疲れていてお弁当なんて作れない…そんな人も多いかもしれません。でも思っているよりも簡単なんです!男でも作れる簡単レシピでお弁当デビューしてみませんか!?


公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員はブラックなのか?サービス残業、厳しい上下関係などのように公務員の仕事が辛いという声をよく聞きます。将来的なことを考えて転職を検討している人も少なくないでしょう。この記事では、公務員の仕事がブラックだと言われる理由と公務員の転職について説明していきます。


仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事を辞めることが決定したら、次は辞めどきはいつなのか考えるでしょう。基本的には、退職することは労働者の権利であるため、自分次第となります。ただし、円満退社を望むのであれば、会社にとっても良いタイミングであることが求められます。この記事では、理想の辞めどきを紹介しています。