社会人に向いていない?会社員として働くのが辛い人の対処法

社会人に向いていない?会社員として働くのが辛い人の対処法

社会人に向いていないかもしれないと思い悩んでいませんか?社会人になったら誰しもが一度は感じることなので、「自分だけ…」と気にしすぎる必要はありません。この記事では、社会人に向いていない人の特徴とその対処法について説明します。


「自分は社会人に向いていないんじゃないか」と悩んでいませんか?

最初のうちは頑張ることができた社会人生活も、日が経つごとに辛いことや怒られることが増えていき、社会人としてやっていく自信を無くしているのではないでしょうか。

社会人に向いていないと感じた方は、悩みを解決する方法を知っておきましょう。

本記事では、会社員として働くのが辛い人のために、社会人に向いていないと感じたときの対処法を紹介していきます。

社会人に向いていなくて辛い…

自分が社会人に向いていないと気付いてしまうと、順調に社会人生活を営んでいる他の人と比べてしまい、自分に劣等感を抱いてしまうかもしれません。

しかし、「社会人に向いていなくて辛い」と感じる人は少なくないので「自分だけ…」と心配しすぎる必要はないです。ここでは、社会人に向いていないと感じている人の具体的なエピソードや、そう感じてしまう理由を紹介します。

社会人に向いていないかも…

社会人に向いていないと感じる人には、どのようなエピソードがあるのでしょうか。

ここでは、2つのエピソードを紹介します。

遅刻癖が治らない

社会人になって半年が経つのですが、最近は遅刻が多くなってきました。

学生のころから、講義を遅刻することが多かったのですが、社会人になると言い訳は使えません。

しかし、どうしても朝起きるのが苦手で、なかなか遅刻癖を治せないのです。

遅刻するたびに怒られて、自分は社会人に向いていないのではないかと不安になります。

(20代 女性)

上司に媚をうりたくない

私の会社で出世するためには、仕事で実績を残すよりも、上司へ媚を売ることの方が効果的です。

どれだけ仕事で成果を出しても、上司と仲が良い同僚の方が、評価が高かったりするのです。

私は出世のために上司へ媚を売ることはできません。

そのため、会社からの評価を得ることはできません。評価されない方法を選んでいるとはいえ、仕事ができない同期に置いていかれるのは悔しいです。

上の立場の人に媚を売れない私は、きっと社会人には向いていないのでしょう。

(30代 男性)

このように、社会人に向いていないと感じるエピソードはいくつかあります。

読んでみて共感した方もいるのではないでしょうか。

組織への帰属意識がない

「帰属意識」とは、所属する組織の一員である意識や感覚のことをいいます。会社への帰属意識が高いと、会社へ貢献するために努力を怠らないようになりますが、帰属意識が低いと、組織への興味がなくなってしまい、努力を放棄するようになってしまうのです。

組織への帰属意識が低くなる原因は様々ですが、「社会人に向いていないかも」と考える人は、この「組織への帰属意識」が低いことがほとんどです。組織への帰属意識を高めることができれば、社会人として楽しく活躍することもできるかもしれません。

しかし、帰属意識の低下は自分のせいだけではありません。場合によっては、勤めている会社が原因になっていることもあるので、無理に帰属意識を高めようとすると疲弊してしまう可能性もあります。ひとまず、「自分は帰属意識が低いのが原因であるかもしれない」と意識することが大切です。

社会人に向いていない=社会不適合者?

社会人に向いていないと感じると「自分は社会不適合者なのではないか」と考えてしまいがちです。

しかし、「社会人に向いていないから社会不適合者である」とは断言できません。社会人には向いていなくても、社会生活を楽しんでいく方法はいくらでもあります。

また、あなた自身が社会人に向いていないのではなく、働いている職場の環境や業種が合っていないだけの可能性もあるのです。社会人に向いていないと感じたとしても、自分自身に劣等感を抱くのは避けましょう。落ち込むのではなく、自分の状況を客観視して、新しい選択肢を探す方が賢明です。

社会人に向いていない人の特徴

「社会人に向いていない」と感じる人は多くいますが、実際に社会人に向いていない人にはどのような特徴があるのでしょうか。

社会人に向いていない人の特徴を把握しておきましょう。

人と関わるのが苦手

社会人に向いていない人の多くは、「人と関わるのが苦手」という意識をもっています。

・人とできるだけ会いたくない
・人の機嫌を伺いたくない

など、人と関わることがストレスになる人が多いのです。会社では気を遣いながら人と関わる機会が多いので、ストレスがたまってしまいますよね。

そのように人と関わるのが苦手と感じる方には、

・コミュニケーションスキルを身につける
・できるだけ人と関わらない仕事に就く

という方法で苦手意識を解決することもできます。

人と関わるのが苦手な方は、努力次第で社会人として活躍できる可能性があります。努力をして人への苦手意識を解決することができないか、考えてみてはいかがでしょうか。

家の外に出たくない

家の外に出たくないと考えている方も、社会人には向いていないといえます。十数年前に比べると、リモートワークで働ける仕事も多くなってきていますが、ほとんどの企業では、家の外にでて会社に出社する必要があります。

確かに、家の外に出ると、外の気温や人混みで不快になってしまいますよね。しかし、家の外に出なければ、会社へ行って仕事をすることができません。

どうしても家の外に出たくないと考えている方は、

・職場の近くに引っ越す
・リモートワークで働く

という方法で、悩みを解決することもできます。

家から出て会社に行くのが面倒くさいと感じてしまう人は、住んでいる場所や、働き方を見直してみましょう。

団体行動が苦手

会社はチームで仕事を進めていきます。大きな仕事であればあるほど、団体行動をして仕事をこなしていく必要があるのです。団体行動が苦手な方は、社会人として非常に苦労するでしょう。

しかし、団体行動が好きな人もいれば、一人で仕事をする方が楽だと感じる人がいるのも事実です。もし、「団体行動よりも一人での行動の方が楽だ」と考えるのであれば、別の働き方を模索する必要があります。一人でも仕事をこなせる職種を探してみましょう。

何にも束縛されたくない

社会人になると、束縛に耐えなければいけません。

・勤務時間
・勤務場所
・仕事の量
・仕事の内容

など、自分で決められない事柄が多くあります。

仕事の時間や内容などを自分で自由に決めたい方は、一般的な社会人には向いていません。もし、社会人として生活していきたいのであれば、多少の束縛は耐える必要があるのです。どうしても耐えられない場合は、フリーランスや起業家など、会社員とは別の道を選びましょう。

気に食わないことが耐えられない

学生の頃に比べると、気に食わないことや理不尽なことが多く起こるのが社会人です。

・接待
・クレーム対応
・会社の理不尽なルールに従う

など、自分では納得できないことも多くあるでしょう。

こういった「気に食わないこと」が耐えられない人は、働き続けると多くのストレスがたまってしまいます。しかし、全ての会社でストレスがたまるわけではありません。なぜなら、会社によって「気に食わないこと」の数は変わるためです。

自分に向いている会社であれば、気に食わないことの数は少なくなり、ストレスをほとんど感じずに働くことができるでしょう。

ストレス耐性が極端に低い

会社で働いていると、ストレスを感じることが多くあります。そのため、ストレス耐性が極端に低い方は、「自分は社会人に向いていない」と感じてしまうことがあります。

ストレス耐性は、トレーニングで強くすることもできますが、無理にストレスに耐えてしまうと鬱になる可能性もあるので、判断が難しいところです。

会社のシステムや周りの仕事仲間によって、ストレスの感じ方は大きく変わるので、転職も1つの選択肢になります。会社員として働くこと自体がストレスの方は、会社員以外の生き方を探すのもいいでしょう。

次の章では、会社員以外の生き方をいくつか提案していきます。

社会人に向いていない人の生き方

社会人に向いていない人は、どのような生き方を選択すればよいのでしょうか。会社員として働かなくても、他の道で生きていく方法は意外とあります。

ここでは、代表的な5つの生き方を紹介していきます。

①社会人に向いていない自分を改める

他の生き方を探す前に、「社会人に向いていない自分を改める」という方法も検討してみましょう。

・縛られたくない
・人と関わりたくない
・ストレスに耐えられない

といった悩みは、社会人生活を諦めてしまいそうになりますが、これらの悩みはトレーニングで解決することも可能です。まずは、自分の性格や苦手なことを変えることはできないか考えてみてはいかがでしょうか。

自分の苦手を克服することができれば、今までの悩みがウソのように軽くなり、社会人として楽しく働くことができるかもしれません。

② 自由度の高い会社に務める

数十年前と違い、現在は様々な形態の会社が登場しています。

・リモートワークができる
・人と関わらない仕事ができる
・自由にシフトが組める

など、自由度の高い仕事は増えてきており、今までの「社会人」に求められる力がなくても、十分に仕事ができる環境に移ることが可能です。

会社によっては、高いスキルが求められることもありますが、一般的な会社員のスタイルが苦手な方は、高いスキルを得てでも挑戦してみる価値はあります。自由度の高い会社を調べることから始めましょう。

③フリーランス

会社に所属せずに、フリーランスとして働くという手段もおすすめです。

・プログラマー
・Webライター
・デザイナー

など、インターネットの進化に伴い、現在はパソコン1台あれば、どこでも仕事できる職種が増えてきました。

フリーランスには、

・仕事の自由度が高い
・働く場所が決められる
・人と関わることも少ない

などのメリットがあり、社会人に向いていない人でも働きやすいのが特徴です。

サラリーマンよりも、リスクが高かったり自己管理能力が必要になったりしますが、社会人が向いていないと考える人には、おすすめできる選択肢の1つです。自分の持っているスキルを使ってフリーランスとして活動できないか、考えてみましょう。

④ パートナーに養ってもらう

結婚して専業主婦・専業主夫になるという手段もあります。

共働きが多くなってきている世の中ではありますが、「2人とも働かなければならない」と決められているわけではありません。パートナーが十分に給料をもらっているのであれば、パートナーに養ってもらえないか考えてみてはいかがでしょうか。

専業主婦・専業主夫になれば、家庭のことを中心に頑張ることができ、子どもの面倒も見やすくなります。専業主婦・専業主夫にも大変なことはありますが、社会人として働くストレスからは解放されるはずです。

⑤起業する

起業をして社長になれば、仕事の自由度が高くなります。

・勤務時間
・勤務場所
・仕事内容

など、自分で決められる事柄が増え、会社員としてのストレスは感じなくなるでしょう。しかし、起業にはリスクもついてきます。また、経営センスや豊富な知識も必要になってくるので、簡単に選べる手段ではありません。

安定はしていても自由度が低い会社員か、自由に働けてもリスクが高い起業か、慎重に検討する必要があるのです。

まとめ

社会人に向いていない人の特徴や、社会人以外での働き方などについて解説してきました。

「社会人に向いていないかも」と感じてしまうと、他の社会人とも比べてしまい、劣等感を抱いてしまうかもしれません。

しかし、一般的な社会人として働く以外にも、選べる選択肢は豊富にあります。

社会人に向いていないからといって落ち込むのではなく、会社員以外でストレスなく働ける方法を積極的に探してみましょう。

自分に合った手段を探すことで、天職と出会うかもしれませんよ。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


社会人 向いてない

最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。