仕事の不満はどうすれば解決できる?効果的な解決方法を紹介

仕事の不満はどうすれば解決できる?効果的な解決方法を紹介

生活の中の大半を占める「仕事」に対する不満は多くの方が持っているでしょう。しかしながら、すぐに仕事の不満を解決できる人とできない人にはどんな差があるのでしょうか?今回の記事では仕事に対する不満を解決するコツなどを詳しく紹介します。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる



「給料が低い」、「仕事がつまらない」、「人間関係が辛い」


働く人の多くは、今の会社や仕事に対して何かしら不満を持っていることでしょう。しかし、不満を感じたまま我慢し続けたり、周囲に不満をもらしていても、なかなか不満は解消されないですよね。


そこで、この記事では他の人はどんな不満を抱えているのか、仕事の不満に対する解消法をお伝えしています。

仕事に不満があって悩んでいる

仕事への不満が爆発しそう

最初は我慢していた人間関係や社風も、数年経ってくると「あれ?うちの会社だけおかしいのでは?」と感じることはありませんか?


別の会社で働く友人は、いつも定時退社で残業や休日出勤はほとんどなし。その上、休暇も取りやすく給料にも満足しているそう。上司と部下の関係も良く、上司が自分の提案を受け入れてくれたんだ!と喜んでいる姿をよく見ます・・・。


一方、自分の会社では残業は当たり前で、休暇を頼んでも「この忙しい時期に休むのかよ」と、休みたいとは言えない雰囲気に。最初は楽しかった仕事も、今は上司の仕事を押し付けられているだけで、やりがいも感じられない。


しかも給料が友人よりも低いなんておかしい!と、思わず関係のない友人に不満が爆発してしまいそうになった、なんてこともあるのかもしれません。

仕事に不満を持つのは良くないこと?

「働けるだけありがたいと思え」「不満ではなく、前向きになれ」と聞くことはあるものの、実際には上手くはいきません。


仕事に不満を持つのは当たり前のことですし、誰にだってそれぞれに仕事に対する不満を持っているでしょう。


しかし、特に日本では同調の精神や、不満を表に出さない風潮があります。「みんな我慢しているんだから我慢しないと」「どんなに辛くても笑顔で働かなくては」と、不満を抱えやすい傾向にあるのかもしれません。


また、不満を持つというのはある意味、仕事について自分なりに考えているともいえます。特に不満もなく仕事や会社を100%受け入れられる人は、よっぽど自分に合った仕事を自然と見つけられたか、何も考えずに受け身で働いているだけとも捉えられます。

仕事に不満はつきもの

仕事をしていれば、どんなに小さな会社に勤めていても周囲には様々な人間関係が生まれるでしょう。上司や部下、取引先などで関わる人はひとりひとり違った個性を持っているはずです。仕事がデキる人もいればできない人もいますし、話が合う人もいれば合わない人もいる。


しかし、自分が一緒に働きたい人とだけ仕事ができることはないため、仕事の不満のほとんどが人間関係の不満だとも言われています。やりたくない仕事をしなくてはいけないのも、給料が低いのも自分では変えられないという人もいるでしょう。仕事をするためには、あらゆる人と関わる必要があり、そこには常に不満が生まれる可能性があるのです。


仕事をしているとどのような不満を持つ?

年功序列の社風に耐えられない

「上司の指示・命令には逆らえない」「部下は意見を言うことさえできない」


極端な年功序列の社風に嫌気がさす人もいます。時代も少しずつ変わり、若者の意見やスキルを取り入れようとする会社が増えている一方で、やはり古い体制のままの会社も残っていますよね。


優秀な部下は「絶対自分のやり方の方が効率的でうまくいくのに・・・」と思いながらも上司に言えないストレスが溜まり、不満が募っていくでしょう。

給料が低すぎる

たとえ多忙でもちょっと嫌な仕事であっても、「給料さえ良ければ我慢して働ける」という人もいるでしょう。


しかし、仕事も楽しくないのに給料も低いと嘆く社員も多いです。残業代がつかない、ボーナスが出ないなどお金に関する不満は、日々の仕事のモチベーションを下げていきます。その上、さっさと帰る上司はボーナスもあるし給料も高いとなると、不満はさらに大きくなっていきますよね。

自分だけつまらない仕事をさせられている

仕事内容に関する不満もあります。周りの社員は自分の好きな仕事ややりがいのある仕事に挑戦しているのに、いつまでたっても自分はつまらない仕事だけ…。コピーなどの会議準備や事務作業など、誰でもできるような仕事しかなく仕事をしていても楽しくないと不満を持つ人もいます。


特に、新入社員やなかなか部下が入って来ない小さな会社で働く人にその傾向が強く「いつになったら自分のやりたいことができるんだろう」と思いながら、つまらない仕事をし続けている人もいるでしょう。

無謀な量の仕事をさせられる

また、仕事にやりがいを感じていても、明らかに毎回多すぎる仕事を頼まれるのも不満につながります。上司からの依頼を断れなかったり、誰かが困っているとつい手を貸してしまう方に多い不満かもしれません。


また、仕事ができるため、上司から「この人に頼めばすぐやってもらえる」と思われている人もいます。出社して自分の机を見たときには、すでに依頼された仕事の資料が山積み。ちょっと考えただけでも絶対に今日中には終わらないと感じたとき、「もうやる気が出ない」と思う人もいると思います。

上司の指示の出し方が気に食わない

上司との仕事のやり取りに不満を持つ人もいます。いつも「俺だったらこの仕事、3時間で終わるから」と指示の度に自分のデキるアピールをしてくる上司。その時間を過ぎると「もういいよ。やっぱり自分でやった方が早かった。」と呆れ顔をされ、途中までやった仕事は取り上げられてしまう。


他にも「何回言えばわかるんだ」「忙しいからこれ見てやって」など、指示が投げやりで、わかるように指示を出そうという気がない上司に腹を立てる部下もいます。

取引先から無理な要求をされる

人間関係の不満は社内だけではありません。取引先からの無理な要求に困り、不満があっても「この契約をなしにされてはいけない」と相手に言えない人もいます。無理な要求に多いのは急なスケジュール変更。


1週間後が締切だった仕事を、突然3日後にと催促される。残業しても間に合わず、家に仕事を持ち帰るようになり不満が溜まっていくといったケースも多いでしょう。要求を断れず、繰り返し無理を言ってくる取引先には注意したいですよね。

倫理的によくない仕事をさせられる

「お客様に嘘をつく」「別会社の悪口をネットで書け」など、人間としてやってはいけない行動を会社に強要されるといった困ったケースもあります。上司の命令とはいえ、明らかに倫理的によくない行為や法律に違反してしまうことはきっぱり断りましょう。


「みんなやってるから心配するな」と上司に言われ、なかなか断れずにその仕事を継続している場合、「どうして自分がやらなきゃいけないんだ」「断れない自分はだめな人間だ」と不満が増し、最悪の場合にはうつ病などの心の病に発展する可能性もあります。

【調査結果】会社の待遇に不満はありますか?

社会人を対象に、「会社の待遇に不満はありますか?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。


給料が低い:56%

休みが少ない:18%

評価制度に不満がある:12%

不満はない:14%


調査の結果、不満がないと回答したのは、全体の14%のみでした。それでは、会社の待遇への不満はどのように解消すれば良いのでしょうか?


仕事への不満を抱えてはいけない

不満を抱えるだけでは何も解決しない

人それぞれ会社や自分の仕事に対して様々な不満を抱えています。しかし、不満は抱えているだけでは何も解決しません。


不満を言うのは恥ずかしいことでも、おかしいことでもありません。まずは、その不満を解決することが大切です。不満を抱えたままにしておくデメリットとしては、以下の2つが挙げられるでしょう。



一つは、誰にも気づかれないこと。自分では「辛い」「嫌だ」「苦しい」と強く感じていても、実際のところ周囲は気づいていないことが多いです。それを知らずに勝手に自分の中に不満をため続け、最終的には「わかってくれない周りの人が悪い」と責任転嫁し、さらに不満を増やしてしまいます。


もう一つは、病気になってしまう可能性です。先程挙げたうつ病もその一つでしょう。「自分が我慢していればいつか不満も薄くなる」と思い込み、誰にも言わずにいることで知らないうちに心の病が大きくなってしまうことがあります。まずは不満の解決のために、できることを考えてみましょう。

解決するために行動する

会社に問題がある場合は上司や人事に相談する

不満が会社にある場合は、まずは信頼できる人に相談することから始めると良いです。同僚や取引先に何らかの不満がある場合は、上司に話を聞いてもらいましょう。


自分の身近で働く人に相談しづらければ、人事担当者などに相談するのも一つです。また、会社によっては第三者に相談できるサービスを利用できることもあります。自分が今、どんな人に話を聞いてもらいたいかを考えてみてはいかがでしょうか。

自分に問題がある場合は改善しようと努力する

抱えている不満が自分の問題である場合は、今できる改善策を考えてみましょう。例えば、つまらない仕事しか任されないのは、あなたの実力や経験不足である場合です。


仕事以外の時間で必要なスキルを身につける、先輩の仕事に同行して勉強させてもらうなどできることがあるのではないでしょうか。また、単にあなたの気持ちを上司が知らないだけということもあります。その場合は、自分がどんな仕事がしたいのかをきちんと上司に話してみるのも良いかもしれません。


仕事への不満が爆発しそうな時は?

退職する

自分にできることはしたけれど、不満は解消されない。不満が爆発してしまいそうな気がする場合は、退職を検討するのも一つの方法です。


ただし、本当に退職するのであれば「不満があるので退職します」では正当な理由にはなりません。どのような不満があり、今の会社で働き続けるのが困難なのかを他の人がわかるように説明できる準備をしておきましょう。


また、あなたの退職の意志を聞いた上司や人事担当者が「そこまで悩んでいるとは思わなかった。私達に何かできることはない?」と、真剣に話を聞いてくれることもあります。

退職を視野に入れながらも、一度周囲に話をしてみるのも良いかもしれません。


転職活動をする

あなたの不満が今の会社の問題である場合は、転職活動を行ってみるのも良いでしょう。もし、今の会社を辞めるのであれば不満があるだけでなく、次の就職先が決まっていた方が退職の意志を受け入れてもらいやすくなる可能性もあります。


今の会社で不満を持ったからこそ、次の転職活動では会社のどんなところを見て判断するのかも変わってくるはずです。働いている人の人間性や社風など、次は自分が不満を持たずに働けるにはどんな会社を選べばよいか慎重に会社選びをしてみて下さい。


ただし、転職の場合の退職時期には注意しましょう。原則、退職の意思を示してから2週間が経過しなくては今の会社を辞めることはできません。不満があるあまり、焦ってトラブルにならないよう心がけたいですね。

仕事の不満をぼやくのは逆効果

間接的に仕事の不満を伝えても何も解決しない

仕事の不満を解決するためには、まずは不満を抱え込まず色んな行動をしたいものですが、仕事の不満や愚痴を周囲にもらすのは逆効果です。


本当は上司に直接言いたいのに、自分では言えないため匿名で文句を言ってしまう。自分とは気付かれないように会社に不満だけを伝えて、解決方法は提示しないなど。不満を言っているだけで、誰かに解決してもらおうと考えていれば、ただ会社に迷惑をかける人になってしまいます。


特に、ただでさえ忙しいときに不満だけを言い続ける人の話は誰も聞きたくないですよね。不満があるのであれば、直接伝えることと解決策まで一度自分で考えてみることをおすすめします。

職場の同僚から嫌がられる

仕事の不満は誰にでもあることとはいえ、いつでも不満を言ってばかりの人は同僚からも嫌われてしまいます。不満を持つ人の多くは、ある程度は我慢しながら仕事を続けています。


たまに同僚同士でお互いに不満や愚痴を吐き出すことは、ストレス発散になるかもしれませんが、それが毎回となればどちらかが疲れてしまうもの。また、不満がない人から見れば「不満だけいって仕事をしないのは困る」と思われてしまうこともあります。


不満を抱えてしまうのと、場所を考えて言わないでおくのは全く別物です。「不満を抱えたくない!」と周囲に不満を撒き散らすような行動は避けましょう。

不満があることばかり気になるようになってしまう

不満を口にしてスッキリしても、その効果は一時的なものです。頻繁に不満を口にしてしまうと、他のことまで不満に思えてしまい、かえって不満が増えてしまう悪循環に陥るケースもあります。


上司に不満を持ち続けるあまり、最初は指示の仕方だけに不満があったのに、上司の言動全てが不満に変わってしまう。ありがたいアドバイスやあなたを気にした優しい声かけまで、「余計なお世話だ」「機嫌を取ってまた仕事を押し付けてくるのでは?」と、悪い方向にばかり考えてしまうかもしれません。


あなたが快適に働くためにも、まずは不満をなくすことが最優先。「気にしないでおく」というのも一つの解決策かもしれませんよ。

まとめ

今回の記事では、様々な仕事の不満をご紹介しました。


年齢もこれまでの経歴も性格も様々な人が集まる「会社」という組織。その中でそれぞれが仕事をしているのですから、あらゆる場面で不満を感じることも多いかと思います。


しかし、不満は抱えたままでも文句を言い続けるだけでも解決しません。解決のために誰かに相談し、それでも難しい場合は転職を考えてみるのも良いかもしれませんね。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

日本一の資格マニアを目指して日々資格勉強に励んでいます!少しでも記事を読んで下さったら嬉しいです。

関連するキーワード


仕事 不満

関連する投稿


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


仕事で板挟みになったときは?やり過ごす解決策や逃げ出す方法!

仕事で板挟みになったときは?やり過ごす解決策や逃げ出す方法!

仕事上の人間関係トラブルでは、当事者たちだけではなく板挟みとなってしまっている周りの人たちまで傷つくことがあります。例えば、管理職と現場でトラブルが起きた場合にそれを繋いでいた人たちが板挟みにあい、被害を被るということはよくあります。この記事では、そのような場合の解決策を紹介していきます。


仕事をなめている人の特徴5つと対処法4選!部下の教育方法は?

仕事をなめている人の特徴5つと対処法4選!部下の教育方法は?

「あの新人、仕事をなめてる」「あの人いつもやる気ないよね」など、あなたの周りにも仕事をなめている人がいるかもしれません。仕事をなめている人が周囲にいると、空気を悪くし、やる気のなさが伝染してしまうため良い環境とは言えません。今回は、仕事をなめてやる気のない人の特徴や、その状態で働き続けるとどうなるのかを当人目線と会社目線でご紹介します。最後には対策もご説明しますので、ぜひ試してみてくださいね。


仕事を取られると不安に感じるのはなぜ?原因とその解決策!

仕事を取られると不安に感じるのはなぜ?原因とその解決策!

後輩や同期に仕事を取られる…と悩んでいる人は少なくないです。本来ならば、仕事を引き取ってもらえるのは、自分の担当しなければいけない仕事の量が減るので嬉しいことでしょう。しかし、多くの人は仕事を奪われてしまうことで不安に感じるようです。この記事では、仕事を取られて不安に感じる理由とその対処法を紹介していきます。


仕事についていけない…辛い日々に耐えれなくなった時の対処法!

仕事についていけない…辛い日々に耐えれなくなった時の対処法!

仕事についていけないと悩んでしまっている人は少なくないでしょう。自分だけが仕事についていけていないと、自身のプライドが傷つけられたり、他の人や会社に迷惑をかけてしまっていると不安になってしまいます。この記事では、仕事についていけない人の対処法を紹介していきます。


最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。