仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事で苦痛を感じていませんか?仕事から大きなストレスを感じて退職してしまう人は少なくないです。ひどい場合には、仕事で受けたストレスから社会復帰できなくなってしまう人もいるほどです。この記事では仕事が苦痛だと感じてしまう理由と対処法を紹介していきます。


仕事が苦痛で耐えられない…

日本の労働者は、海外と比べて労働時間が長いことや、職場の人間関係が悪いこと、有給休暇の消化率が悪いことで有名です。 


実際に、仕事が苦痛でしょうがないという人は多く、


「毎日毎日同じことの繰り返しで飽きてきた」

「いくら仕事で成績を上げても収入に反映されない」


などの理由で仕事を辛いと思っている人もいれば、


「職場の人と毎日顔を合わせるのが辛い」


といった、人間関係が原因で仕事が苦痛だと感じている人もいます。

ブラックな会社で勤務していた知人は、サービス残業や休日出勤が当たり前で、さらに残業手当も出ないという劣悪な環境だったので、結果的に体調を崩して会社を去っています。

仕事にストレスはつきもの

仕事でストレスを感じることは、言ってしまえば当たり前のことでもあります。 


好きなことを仕事にできている人はどのくらいいるのでしょうか?仕事を楽しいと感じることができているとしても、同じことを続けることに飽きてしまったり、その日の気分で仕事をしたくないと感じることはあるでしょう。そのため、仕事にストレスはつきものであると言えます。


しかし、適度なストレスは仕事に緊張感を生むため、生産性を上げるという点でメリットがあります。また、仕事上の競争相手というライバルがいることで、ストレスを感じることはありますが、仕事に対する意気込みが大きくなると思います。納期などのタイムプレッシャーがあれば仕事に対する勢いが上がると思います。


つまり、ストレスによりメリットも多くあるため、一概にストレスが悪いものとは言えません。

苦痛と感じることは異常

問題なのは、過剰なストレスにより仕事をすることで苦痛を感じてしまうことです。例えば、人間関係で発生するストレスを前向きの力に変えることができずに、自分の中に溜め込んでしまい、うつ病などの症状を起こしてしまうことです。特に、人間関係によるストレス過剰になってしまう人は多いので注意しなければいけません。


いくらストレスに抵抗力を持っているという人であっても、ストレスを抱え込む量や期間が大きく長くなるほど、その人にとっては悪い影響となります。 そのため、仕事を進めていく上で、ストレスを溜め込んでしまって苦痛だと感じている場合は、自分にとって悪い影響を及ぼしていると自覚することが重要です。

仕事が苦痛だと感じる理由

仕事が苦痛だと感じる理由は5つあります。

人間関係が上手くいかない

まず1つ目の理由は、人間関係がうまくいかないからです。先ほども説明したように、ストレスが発生する原因の多くは、人間関係にあります。


そのため、仕事を進めていくために人間関係が絡んでくる以上は、ストレスは切っても切り離せないのです。また、仕事で関わる人間関係は、プライベートでの人間関係とは異なり、その背景に会社や個人の利益、昇進したいという思い、他者を出し抜こういう考え方などが潜んでいます。


なので、仕事上の誤った人間関係を続けていくと、徐々に人間関係が苦痛に感じてくるのです。ビジネス上での人間関係では、どうしても仕事だけの人間関係や、お金だけの人間関係を築いてしまいがちです。このような感覚で人間関係を続ければ、少なからず罪悪感を感じてしまうようになり、どうしても仕事が苦痛になってしまうのです。

 

そのような状態が続けば、仕事に対して前向きなモチベーションを保てなくなるので、人脈が縮小したり、仕事のパフォーマンスが落ちてしまいます。仕事の世界では、とにかく人脈を広げようと、名刺交換や接待などを頑張らなければならない場面もありますが、あまりにも仕事上の人間関係を重視し過ぎてしまうと、結果的に仕事が苦痛になってしまうのです。

重労働すぎて耐えられない

仕事が苦痛だと感じる2つ目の理由は、重労働すぎて耐えられないからです。

仕事の内容が軽作業であれば、そこまで体力を使うことはありませんが、部署によっては厳しい肉体労働を強いられる過酷な環境で働かなければなりません。


午前中働いただけで、全ての体力を消耗してしまうような職場もあり、そのような環境で仕事を続けていては、いずれ体がボロボロになってしまいます。また、それほど厳しい肉体労働ではない職場であったとしても、膨大な業務量を任せられて、早朝から深夜まで働き、さらには休日も返上して働かなければ仕事が回らない、という職場もあります。

 

実際に、多くの職場で人手不足が深刻になっており、職場によっては一人当たりにかかる業務の負担が過剰になっています。そのような状態が続いて仕事に耐えられない、という人は今後さらに増えてくるでしょう。

仕事内容が単純作業すぎる

仕事が苦痛だと感じる3つ目の理由は、仕事内容が単純作業すぎるからです。特に工場や事務といった仕事は、毎日毎日、決まった手順で決まった作業を繰り返してます。


確かに仕事内容は体に負担がかからないため、楽に感じる人もいるかもしれませんが、その仕事が30年や40年続いたとすると、人生の多くの時間をそのような仕事に費やすことになってしまいます。


新人の頃は何もかも新鮮で、何も違和感を感じることなく続けられた仕事ですが、あるタイミングで、後で振り返った時に、自分の人生の時間を捧げてきた仕事が本当にこれで良かったのだろうかと考えるようになります。


このような発想になった人は、虚無感に襲われ、毎日の仕事が苦痛になり、仕事が辛くなってくるのです。

職場と家の往復の毎日

仕事が苦痛だと感じる4つ目の理由は、職場と家を往復するだけの毎日が辛くなるからです。週5日働く人はまだ良い方で、多い人では週6日働く人もいます。 繁忙期などで特に忙しい時期は、一週間休みなしで働くこともあるでしょう。


さらに残業なども重なって、早朝に出勤して深夜に帰宅するという生活を繰り返していると、毎日職場と家を往復しているだけの生活になっていることに気づきます。

そのような日常の繰り返しに嫌気が差して、気分転換に本屋に寄ったり飲み会に参加する人もいますが、翌日にはまた仕事が控えているので、結局は同じ生活を繰り返しているだけになってしまいます。


職場と家の往復という毎日の生活が、この先何十年も繰り返すと思うと、仕事が苦痛に感じてくるのです。

上司の対応が理不尽すぎる

職場が苦痛だと感じる5つ目の理由は、上司の対応が理不尽すぎるからです。職場の中には、新人や部下に冷たく当たったり、納得いかないことを言ってくる上司もいます。


仕事について分からないことがあって質問しても、


「質問してくること自体が問題なんだ」


と言って仕事の進め方を教えてくれなかったにも関わらず、いざ仕事で失敗すると、責任を部下に押し付けるといった上司が良い例です。


中には、部下の性格や価値観といった、本人の形成してきた人格を否定するような上司もいたり、大勢の前で厳しく叱責するなど、パワーハラスメントに該当するような対応をしてくる上司もいます。これでは上司の対応を受けている本人のみでなく、周囲の同僚や部下たちのモチベーションも下がってしまい、職場の職員全体が仕事を苦痛だと感じてしまいます。

仕事を苦痛だと感じている人の限界は?

仕事苦痛だと感じている人も、これ以上仕事を続けることが難しくなるようなレベルである、限界が存在します。


これから紹介する4つの場合に該当すれば、仕事で感じている苦痛が限界になっている可能性が高いので、注意が必要です。

仕事の苦痛を毎日のように感じるようになった

まず1つ目は、仕事の苦痛を毎日のように感じるようになった人です。仕事を苦痛に感じる時期が、数日間であれば大丈夫かもしれませんが、月単位で苦痛に感じるような場合は、限界が近づいているかもしれません。


このように長期間続いている仕事の苦痛は、簡単に取り除けるものではないので、何らかの対処が必要になってきます。

日々の疲れが取れなくなってきた

仕事が苦痛の限界になっている可能性がある2つ目の場合は、日々の疲れが取れなくなってきた時です。通常であれば、一晩休んだり休日をはさむことで疲れを解消できますが、仕事の苦痛が限界に近づいている人の場合、少々休息しただけでは疲れがとれません。


疲れが取れていない状態で次の勤務を始めることになるため、このサイクルを繰り返せば、いつか限界が来るのは目に見えています。最近疲れが取れなくて困っている、という人は要注意です。

頻繁に体調不良になる

仕事が苦痛の限界になっている可能性がある3つ目の場合は、頻繁に体調不良になる時です。体調不良になるときは、体の免疫機能に異常が起きていたり、慢性的に疲労が溜まっていることが考えられます。


特に長時間労働や休日出勤など、生活リズムが崩れて十分に休息や栄養が摂れていない人は、体調を崩しやすく、頻繁に仕事を休むようになってしまいます。仕事を休んで回復したとしても、同じ生活リズムをまた繰り返すようになるので、再び体調不良になってしまうということを繰り返すでしょう。

 

仕事の疲れが取れないだけでなく、頭痛やめまい、肩こりや下痢、便秘といった身体症状が出ているような場合は、心身ともに限界を迎えている可能性が高いので、注意が必要です。

病院で異常と診断された

仕事が苦痛の限界になっている可能性がある4つ目の場合は、病院で異常と診断された時です。病院で異常と診断されたのであれば、すでに心と体は限界を迎えていると受け止めて良いでしょう。 


医師に診断されたのであれば、これ以上同じように仕事を継続することは困難であり、異常な状態から回復できるように、治療に専念しなければなりません。このような状態になれば、働き方や生活習慣を本格的に考え直す必要があるでしょう。

苦痛な仕事を辞められない理由

苦痛な仕事を辞められないのには、2つの理由があります。

収入がなくなる

まず1つ目の理由は、収入がなくなるからです。仕事を辞めて、すぐに次の就職先が見つかるとも限りません。次の就職先が見つかるまで貯金に余裕があれば良いのですが、貯金が尽きてしまえば生活費に困ることになります。


生活費がギリギリの状態が続けば、精神的にも不安が募り、転職活動に悪影響を及ぼすリスクとなります。


生活ができなくなるかもしれないという不安は、退職する上で大きな阻害要因となるので、仕事を辞められないのです。

働いていないと不安になる

苦痛な仕事を辞められない2つ目の理由は、働いていないと不安になるからです。

これは「ワーカーホリック」とも呼ばれていて、働いている人の中には、本来は給料を手に入れて生活の糧にするための仕事のはずなのに、私生活の多くを犠牲にして仕事に打ち込む人もいます。


そのような人は、仕事をしている自分が当たり前だという感覚を持っているため、業務時間外や休日であったとしても、自ら出社して仕事をしたり、職場以外でも仕事を進めようとするのです。


しかし、そのような状態が楽しいと思って働いているわけではなく、むしろ苦痛に感じている場合が多いので、いずれは限界を迎えてしまい、体調を崩したり職場を離れなければならなくなってしまいます。

苦痛から解放される方法

仕事の苦痛から解放されるための方法は2つあります。

退職する

1つ目は、退職することです。先ほど述べたような理由で、なかなか職場を辞められないという人も多いですが、苦痛の限界を迎えて身体症状が出ていたり、医師に異常を指摘されたような人は、すぐにでも職場を退職した方が良いでしょう。


仕事が体調不良の原因になっているにも関わらず、そのままの状態で仕事を続けていると、最悪の場合、命に関わる状態に陥ってしまうかもしれません。 職場から離れることで、今まで受けていた苦痛から解放されて、症状が改善したり、人生がより良くなることが期待できます。

転職する

仕事の苦痛から解放されるための2つ目の方法は、転職することです。退職したとしても、十分な貯蓄があったり、収入が得られる状況でなけでば、長期間生活を続けていくのは困難でしょう。


そのため、転職して働く場所を変えることで、今まで受けていた苦痛を解放するのです。もちろん、転職したとしても、転職先で新たな人間関係を作り、仕事を進めなければならないので、ストレスは生じるでしょう。


しかし、今まで働いていた職場よりも条件や待遇の良い職場や、人間関係が良好な職場へ転職することで、今まで受けていた苦痛から解放される可能性が高いです。

仕事で受けている苦痛に限界を感じているのであれば、環境を変えることで、あなたの人生をより良くするきっかけが掴めるかもしれません。

まとめ

今回の記事では、仕事が苦痛だと感じる理由や、仕事を苦痛だと感じている人の限界、仕事を苦痛だと感じていても辞められない理由について説明してきました。


いくら仕事が苦痛だとしても、職場を辞めることは簡単に決断できることではありません。しかし、どのような状態が苦痛の限界であるかということを把握しておけば、職場を離れるタイミングが理解できるはずです。


苦痛を我慢しすぎて体調を崩してしまっては、あなたの人生が満足できるものにならないでしょう。ここで解説した内容を参考にして、仕事やストレスとうまく付き合っていけるようになり、苦痛を最小限に抑えられると良いですね。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


仕事 苦痛

関連する投稿


仕事を投げ出したいと感じるのはいけない!?限界がきたらどうする?

仕事を投げ出したいと感じるのはいけない!?限界がきたらどうする?

何度も仕事を投げ出したいと思うけれど、「ここで投げ出すのは甘えなのかな?」、「投げ出した後が不安…」と考えてなかなか意思決定できない人がいます。それでは、仕事を投げ出すことはいけないことなのでしょうか?それとも、限界がきたら投げ出すべきなのでしょうか?


仕事とプライベートは分けるべき?オンオフをつけるメリット!

仕事とプライベートは分けるべき?オンオフをつけるメリット!

仕事が休みでせっかくのプライベートなのに、仕事が頭にちらついて心から休めない。そのまま休日が終わってしまい出勤しても身が入らない。これでは公私ともに悪影響ですよね。この記事ではそんな現状の打開策が書いてあるので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。


仕事、会社の電話が嫌いな人へ!電話恐怖症の克服の仕方!

仕事、会社の電話が嫌いな人へ!電話恐怖症の克服の仕方!

どんな会社、どんな仕事であっても電話からは避けられないですよね。電話で対応したりなどが苦手で電話恐怖症にまで陥った人もいませんか?今回はそんな皆さんのために電話におけるコツや電話恐怖症の克服の仕方を紹介していきたいと思います。


仕事の不満はどうすれば解決できる?効果的な解決方法を紹介

仕事の不満はどうすれば解決できる?効果的な解決方法を紹介

生活の中の大半を占める「仕事」に対する不満は多くの方が持っているでしょう。しかしながら、すぐに仕事の不満を解決できる人とできない人にはどんな差があるのでしょうか?今回の記事では仕事に対する不満を解決するコツなどを詳しく紹介します。


仕事を続けるのが限界かも…?頑張りすぎてしまう人は危険?

仕事を続けるのが限界かも…?頑張りすぎてしまう人は危険?

自分では気が付かないうちに「これ以上、この会社で仕事は続けられないかもしれない」と、体力や気持ちに限界が来ていませんか? ちょっと会社に行くのが嫌だなと思うだけで、自分は大丈夫。そう思っている間に、もしかするとうつ病などの病気に発展している場合もあるかもしれません。 この記事では、頑張りすぎてしまうあなたに仕事を続ける限界の基準や対処法をお伝えしていきます。


最新の投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師が辛くて辞めたい?退職する方法と転職先の選び方!

看護師を辞めたいのに、人手不足で辞められない人多いと思います。しかし辞めたいと思っているのに我慢して働き続けることは、果たしてあなたにとって正解なのでしょうか。この記事では、看護師を辞めたい人がスムーズに退職して転職できる方法が書いてあるので、是非読んでみてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職日の引き延ばしを打診された?その理由と拒否の仕方!

退職の意向を伝えたのに退職日の引き延ばしの打診をされた…と悩んでいる人は少なくないです。本来、会社側には一定期間を超えて退職日を引き延ばす権利はありません。それでは、どうしたら拒否できるのかを退職日の引き延ばしを打診する理由とともに紹介します。


無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

無職でも保険証を発行出来る!そのために必要な手順とは?

退職後に保険証を発行出来るか不安な人は多いはずです。保険証がなければ医療費の負担も非常に大きくなります。しかし、必要な手順を知っておけば退職後の無職の状態でも保険証の発行が可能です。正しい知識を身につけ、無職の状態でも必ず保険証は所持しておきましょう。