社会人の結婚は難しい?最適なタイミングと素敵な出会い方!

社会人の結婚は難しい?最適なタイミングと素敵な出会い方!

社会人になって結婚できないかも…と悩んでいる方は少なくないです。その中でも、出会いがなくて恋愛にすら発展しないと悩む声をよく聞きます。この記事では、結婚することのメリット・デメリット、結婚に最適なタイミングや素敵な出会い方などを紹介しています。

転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

社会人の結婚に関する悩みとは?

今、日本では晩婚化が問題となっていますよね。結婚したいけど相手が見つからない、交際中だけど結婚話が出てきそうな気配がない…など結婚できなくて悩んでいる人はたくさんいますよね。なぜ、社会人は結婚できないのか、どうしたらいいのか、説明していくので参考にしてみてください。

【調査結果】社会人の結婚適齢期は?

社会人を対象に、「社会人の結婚適齢期は?」というアンケートを実施したところ以下のような結果となりました。


20代前半:13%

20代後半:51%

30代以降:18%

結婚を意識していない:18%


調査の結果、20代後半が結婚適齢期と回答した人が全体の半分以上いることが分かりました。このように20代後半が結婚適齢期と回答する人が50%を超える一方、平均結婚年齢は年々と上昇しています。では、なぜ社会人が結婚適齢期の間に結婚できないのか、その原因を解説していきます。

社会人が結婚できない4つの理由

なぜ、結婚できないと悩む人が増えているのでしょうか。それには以下、4つの理由が考えられます。

晩婚化が進んでいる

厚生労働省の調査によると、平均婚姻年齢は以下の通りだそうです。



年度/性別

男性

女性

平成7年

29.6歳

27.3歳

平成17年

31.2歳

29.3歳

平成27年

33.0歳

31.0歳

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/konin16/dl/gaikyo.pdf (厚生労働省)


上記のように、平成7年には男女ともに平均婚姻年齢が20代だったのが平成17年には男性が30歳を超え、平成27年には女性も30歳を超えました。このようにかなり晩婚化が進んでいます。

社会人になると出会いがない

学生時代はクラスや部活、サークル、ゼミなどの様々なコミュニティに属することができているので、出会いの機会はたくさんあったかもしれません。しかし、社会人になると忙しくなり途端に出会いが減ります。


それは、仕事で精一杯だから、職場に同世代の人が少ないから、交友関係が狭くなったから、など、学生時代と比べて生活の自由度が低くなったことが大きな原因のようです。積極的に行動しなければ出会いを増やすのは難しいようです。

そもそも結婚願望がない

一昔前は”結婚はみんなするもの”という認識が強かったのですが、現在は結婚するかどうかをある程度自分で決めることのできる時代になりました。一人の方が楽、お金を自由に使いたい、などの理由で結婚願望を持たない人もいます。それだけではなく、両親の不仲や離婚などを子供時代に経験した人は、結婚に魅力を感じなくなり、結婚願望がなくなってしまうこともあるそうです。


結婚願望のない人が増えるとそれだけ、結婚したいと思っている人も候補となる人が少なくなってしまいますよね。

結婚したいけどハードルがある

最近は、共働きの時代と言われて「主夫」という言葉も生まれ、男性は一家の大黒柱なので責任を持たなければいけないという考え方はなくなりつつあると言われています。しかし、実際のところ、男性は結婚するとなると、家族を養っていくという責任を持たなければいけないという考え方を持っている人の方がまだまだ多いです。


そのため”自分は生活するだけでやっとなのに結婚する余裕なんてない”と満足のいく収入を得られていないことを理由に結婚を踏み留まってしまう人も多いようです。


一方、女性の場合は、結婚すると家事をしなければならなくなったり、子供ができたら子育てをしなくなったりと、結婚前と同じように仕事を続けるのが難しくなるケースが多いです。今の時代は女性でもバリバリ働いている人が多く、”仕事を続けたい”という理由で結婚を踏みとどまることもあるようです。

社会人が結婚相手と出会うきっかけとは?

社会人になると出会いが少ないですよね。結婚した人たちはどこで出会ったのでしょうか。

職場

人は仕事に人生の三分の一の時間を費やすとよく言いますよね。つまり、社会人になると職場で過ごす時間はすごく長くなります。一緒に働いている異性に惹かれるのも不思議ではありませんよね。しかし、職場恋愛には様々なリスクがあります。仕事は仕事、恋愛は恋愛、ときっちり線を引かなければなりません。


下記記事で社内恋愛について紹介しています。社内恋愛をするときに注意することなど詳しく説明しているので参考にしてみてください。

https://taisyokuagent.com/articles/220


趣味などプライベートの繋がり

趣味などプライベートの繋がりを出会いの場とすると、共通の話題で盛り上がることができ、価値観も合うので結婚につながりやすいですよね。プライベートを邪魔されたくないという理由で結婚を踏み留まる人もこれなら抵抗が少なくなるのではないでしょうか。他の方法と比べて出会うのは難しいかもしれませんが、一度出会えば結婚につながる可能性も高くなりますね。

同窓会

久しぶりに会ったら同窓生が素敵になっていた…!なんてこともあるかもしれません。学生時代に憧れていた人とお付き合いが始まったり、、元カレと寄りを戻したり、親しくなかった人と同総会を機に仲良くなって付き合い始めたり…周りにもそういう人がいるのではないでしょうか。同窓会にも出会いのチャンスはたくさんあります。

街コン・合コン

街コン、合コンは、最初にメッセージのやり取りをしてから会うのではなく、まず直接会って話したい、という方にピッタリです。では街コンと合コンの違いは何でしょう。


街コン・・・企業や地域が出会いを求めている人に向けて企画するイベント。参加するには条件があります。参加人数が多いため、一度にたくさんの人と出会えます。


合コン・・・友人や知人の知り合いなど、何らかのつながりがある人の集まりで、個人がセッティングする場。つながりがあるため打ち解けやすいです。参加人数は少ないため、お互いのことをよく知ることができます。


街コンと合コンには上記のような違いがあります。企画されているものに応募するだけなので街コンの方が気軽です。気になった方は、自分に合う方に参加してみてはいかがでしょうか。

出会い系サイト・アプリ

出会い系サイトやアプリは、手軽に始められることもあり、利用者がどんどんと増えています。婚活したいけどちょっとめんどくさいな…という人はとりあえず出会い系サイトやアプリを使ってみてはいかがでしょうか。出会い系といってもそれぞれ「○○な人のおすすめ」というような特色があります。自分に合った特色のものを使えば、理想の相手に会える確率も高くなるでしょう。

サイト、アプリによっては詐欺や遊び目的で使っている人が多いものもありますので、注意して使ってください。有料のものもあり、お金はかかってしまいますが、そちらの方が無料のものよりも確実に相手を見つけることができるのではないでしょうか。


最近では、”出会い系サイト”を出会いの場として利用している社会人が一番多いようです。


職場:25%

趣味などプライベートの繋がり:30%

合コン・街コン:12%

出会い系サイト:33%


下記記事で、社会人の出会いの場について詳しく紹介しているのであわせて読んでみてください。

https://taisyokuagent.com/articles/394


社会人が結婚を意識するタイミングとは?

結婚はお互いの気持ちだけではなく、タイミングも大切ですよね。では社会人が結婚を意識し始めるのはいつ頃なのでしょうか?

結婚を意識し始める交際期間

交際を始めてすぐに結婚するカップルや、5年以上付き合ってから結婚するカップルなど、カップルによって大きく違います。付き合い始めてから1,2年で結婚するカップルが多いようですが、お互いのことをきちんと知ってからがいいという慎重なカップルは3年以上付き合ってから結婚するようです。これは年齢によっても大きく違い、年齢が上になるにつれて結婚までの交際期間も短くなる傾向があるようです。

結婚を意識するときの仕事の状況

結婚の際には男性側の仕事の状況も大きなカギとなっています。主に結婚を意識するタイミングには3パターンあります。


1つ目は仕事に慣れてきたときです。仕事に慣れてくると精神的にも安定し、他のことを考える余裕も生まれるため、結婚も考えやすくなります。


2つ目は昇進したときです。昇進することは男性にとって自信につながる出来事です。自信を持てるような出来事があると、自信をもって彼女と接することができるようになり、仕事だけでなくプライベートでも大きな決断をしようという気持ちになるのです。また将来的に収入、年収の安定性が確保されることも結婚を意識するきっかけとなるようです。


3つ目は仕事の転機です。相手がいる場合、転勤や転職など、大きな出来事があるときにも男性は結婚を意識するようになります。特に遠い場所への転勤で遠距離恋愛となり不安を感じさせてしまったり、転職で心配させてしまったりするくらいならこのタイミングで別れるか結婚するかを決断することも多いようです。

結婚を意識する年齢

30歳に近づくとそろそろ結婚しなきゃ…と思う人が増えるようです。母子ともに安全に出産したいのであればやはり20代のうちのほうがよいですので、特に女性は30歳に近づくと結婚を意識するようになります。


また、その時期になると、家族や親戚からプレッシャーをかけられるようになってきますよね。それによって焦りを感じ、結婚を意識し始める人もいるようです。他にも友人が結婚して幸せそうだと結婚したくなる、ということも多いようです。


しかし、年齢だけで考えて焦りすぎてしまうのも良くありません。早くに結婚して幸せな人もいれば、遅くに結婚して幸せになる人もいます。後悔のない結婚をすることが何よりです。

結婚するときの貯金額

結婚式に350万円、新婚旅行に70万円、新生活に100万円の合計約520万円が結婚するときに費用として必要になることが多いようです。結婚式はご祝儀で200万円ほどまかなえるとしても、320万円は平均で必要となります。そのため、最低でも二人合わせて350万円は貯金があった方が良さそうです。


もちろん、家族に結婚費用を援助してもらったり、費用を抑える努力をすれば貯金額はもう少し少なくても済みます。また、結婚式をしない、新婚旅行に行かない、どちらかの家にそのまま暮らす、という選択をすれば貯金はなくても済みます。


しかし、結婚は1度きりのものです。親が結納や挙式を望んだり、結婚時にお金があればよかったのにと後になって後悔したりすることもあります。後悔しないように少しでも貯金をしておけたらよいのではないでしょうか。


こちらの記事に社会人の貯金額について詳しくのっているので、あわせて見てみてください!

https://taisyokuagent.com/articles/429



ちなみに、単身の20代の平均貯金額は97万円。20代で結婚したいと考えるのであれば節約を心掛ける必要がありますね。貯金がなくて結婚に踏み切れず、タイミングを逃してしまった…そんなことにならないように早めに貯金を始めてみてはいかがでしょうか。

社会人が結婚するメリット・デメリット

結婚したいと思っている人も多いかと思いますが、結婚にはメリット、デメリットがあります。そのどちらも理解したうえで結婚を考えたいですね。

社会人が結婚するメリット

家族ができる

人生において誰かと共に生活することはとても大切です。結婚することで新しい家族ができ、そこから自分たちらしい家庭を築いていくことは何とも言えない心地よさがあります。また、子供を授かればその喜びはこの上ないものでしょう。

安心感がある

夫婦はお互いに支えあって生きていくものですね。自分の味方となってくれる人がそばにいてくれて、自分の居場所があることで、大きな安心感が生まれます。「行ってらっしゃい」や「おかえり」という言葉の温かさを感じたり、仕事で疲れた時に支えてもらえたりと、家庭が精神的に安心できる場所となります。

感情を共有できる人がいる

結婚すると日々の生活の中で起こる様々な楽しいこと、辛いことを二人で共有できます。共有する分だけ辛さは軽減されますし、楽しみは大きくなります。そうやって感情を共有することで二人の絆はどんどん深まっていきます。

社会人が結婚するデメリット

自由時間が減る

家族と過ごす時間が増えるため、自由な時間は少なくなってしまいます。趣味などに没頭したい、という人もそれが難しくなってしまうかもしれません。また、一人の時間が好き、という人はその時間も減ってしまうこともあります。

親戚付き合いが大変

親戚付き合いにはどうしても気を使わなければなりません。距離感を保った関係でいられれば良いのですが、そうもいかない場合もあります。切れる縁ではないのでより一層難しいですよね。

お金を自由に使えなくなる

家族のためにお金を使ったり、子供の将来を考えて貯金に回したりと、独身の頃のように自由にお金を使うことはできません。飲みに行ったり趣味にお金をかけたりすることが難しくなります。

まとめ

いかがでしたか。出会いがなくて悩んでいる人も、結婚したいと思っている人がいる人も、この記事を少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。結婚は人生の大きな節目の一つ。後悔のない結婚が出来たらいいですね。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

関連するキーワード


社会人 結婚

最新の投稿


ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

ストレスのない仕事ランキング6選と仕事選びのコツ教えます!

毎日の仕事がストレスになり、仕事に行きたくない人と思っている人もいるでしょう。誰しもある程度ストレスを抱えて仕事をしていますが、それが行き過ぎると精神的に辛くなってしまいます。この記事では男女別のストレスのない仕事ランキングと、仕事選びのコツを紹介します!


【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

【必見】「志望動機なんてねーよ」でも志望動機は作れる!

「志望動機なんてねーよ」と思っている方は多いと思います。何社も受けているので「いちいち志望動機なんて考えられるか!」となってしまっても無理もありません。しかし、工夫して表現すれば「給料が良いから」のような志望動機も志望動機として活用出来ます。そのやり方をお伝えします。


コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたい人は多い?その理由と転職先!

コールセンターを辞めたいと思っている人は多いのではないでしょうか。電話対応をするだけの楽な仕事のように思えますが、実はコールセンターは離職率が高い仕事としてよくあげられます。記事ではコールセンターの業務内容や辞めたくなる理由、おすすめの転職先を紹介します。


自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

自由な仕事って何?一緒に「自由な仕事」見つけましょう!

「上司にあれこれ言われて嫌だ」「もっと自由に仕事がしたい!」と感じているそこのあなた!世の中に自由な仕事は沢山あります!人によって求める自由は違うので、自分にあった自由な仕事を見つけることが大切になってきます。


まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

まあが口癖はうざいと思われる?まあを使う心理と直す方法!

「まあ、そうだよね~」、「まあ~、それも悪くないかな」などと話始めに「まあ」をつけることが口癖になっている人もいますよね。「まあ」を連発すると相手にうざいと思われてしまうこともあるので注意が必要です。記事では「まあ」を使う心理と、口癖を直す方法を紹介します。