上司の嫌がらせにどう対応する?一番嫌がるのはあの仕返し?

上司の嫌がらせにどう対応する?一番嫌がるのはあの仕返し?

上司の嫌がらせが辛い…パワハラ、いじめ、セクハラなどで困っていませんか?そのような上司に下手に対応してしまうと、逆に嫌がらせがエスカレートしてしまう可能性もあります。この記事では、嫌がらせ上司への正しい対処法を説明していきます。




上司から嫌がらせをされて、毎日会社に行くのが辛いと感じている人は少なくないです。


上司から嫌がらせを受けている人は、あなただけではありません。多くの人が困っている上司からの嫌がらせにはどのように対応すれば良いのでしょうか?


今回は、上司の嫌がらせパターン、仕返しをすることで起こるトラブルを紹介して、嫌がらせに対処する方法を詳しく説明していきます。参考にしてみてください。

上司の嫌がらせに腹がたつ

あからさまな上司からの嫌がらせに、会社のトイレに駆け込み、悔しくて泣いてしまった経験はありませんか?


そんな上司からの嫌がらせには、どのようなものがあるのかを紹介していきます。

嫌なことがあると部下に当たる

機嫌が悪くなると、部下に当たり散らすのは、パワハラタイプの上司です。目下の相手には、常に威圧的な態度を取り、何かあると部下のせいにしたり、八つ当たりをします。


特に、抵抗できない人、優しい人には何でも言いたい放題で、言い返して来ないことを良いことに、理不尽なまでに当たり散らすので最悪です。少しでも付け入る隙を見せようものなら、上司からの嫌がらせは止まりません。


しかし、自分よりも上の立場である人には、低姿勢で人当たりよく接しているので会社の上層部から咎められることを上手く免れています。

相談をしても無視をされる

働くうえで重要なのが「報連相(報告・連絡・相談)」ですが、上司が嫌がらせでわざと報告や相談を無視されるケースがあります。


業務でとても重要なことでどうすればいいのかわからないから相談しているのに、上司が無視してしまっては、部下はどうしようもありません。


さらに、報告をしても聞いてないと言われてしまえばそれまでです。職務怠慢だと言われてしまう恐れもあります。報告や連絡は必ず文書かメールで提出し、メールは部署全員の宛先を入れるなどの工夫が必要です。


しかし、相談に関しては上司からのアドバイスや指示がないと、動こうにも動きようがありません。

イエスマンを囲って陰湿ないじめをする

「イエスマン」とは何でも肯定的に捉え、目上の人には無条件に「はい」と返事をして、行動に移す人のことを指します。上司は自分に肯定的な「イエスマン」を取り巻きとして引き入れ、裏で画策しているため、表面上では何が行われているのかわかりません。


嫌がらせ対象者を孤立させていこうと、徐々に追い詰めていくように仕向けているので、気付いたときには味方が誰もいなかったという恐ろしい状態になっています。


最も注意したい陰湿なタイプの上司で、ちょっとしたきっかけで嫌われた場合、このような嫌がらせをされるケースが多いです。


しかも、なぜ嫌われたのか思い当たることはありません。このタイプの上司が最も恐ろしいです。普通は上司から嫌がらせされた場合、親しい同僚や後輩が慰めてくれるかもしれませんが、孤立状態となってしまっては、味方がいなくなってしまいます。

セクハラ行為がひどい

上司が異性の場合は、セクハラ行為による嫌がらせを受ける可能性があります。


自分はセクハラだと感じていても、セクハラとして訴えるほどのものなのか判断することができなくて、ハッキリと言葉に出して拒絶できていない人が多いです。


そうなると、ますますエスカレートしていき、耐えられないセクハラを受けてトラウマになってしまう人もいます。相手が上司であるだけに、下手に拒絶をして、立場が危うくなったらどうしようかと、不安になるため、我慢してしまうケースもあります。


上司が仕事上での単なるコミュニケーションだと言い張ってしまえば、強く出られません。しかし、セクハラを受ける身としては、ひどく不愉快でしかないです。

絶対にしてはいけない仕返し

上司の嫌がらせでとても悔しい思いをしているため、何とか仕返ししたいと考えるのは当然のことです。


しかし、仕返しをすれば自分に不利益をもたらします。してはいけない仕返しを紹介していきます。

暴力で対応する

最もしてはいけない仕返し方法です。暴力は犯罪であり、警察に通報されれば、逮捕されてしまいます。相手に怪我をさせた場合は、怪我の状態にもよりますが、罪が重くなることがあるので、とてもリスクが高いです。


さらに、暴力を振るわれた上司が訴えを起こした場合、初犯なら執行猶予くらいで済みますが、間違いなくクビを宣告されます。


そして、業界では噂が広まり、再就職が難しくなるため、たった一度の暴力による不利益は予想以上に大きいです。


なので、どんな嫌がらせでもグッとこらえて、暴力だけはしないようにしてください。何の解決にもならないどころか、自分の未来が潰されてしまいます。

上司を無視する

嫌がらせをするような上司とは、口も利きたくないと思うのは当然の心理です。


しかし、上司を無視してしまうと、重要な連絡も知らせてくれなくなりますし、何より仕事がうまく進められません。


ほとんどの会社では、全員が密に連携を取りながら仕事を進めていることが多く、1人だけで完結する仕事はありません。特に、上司はプロジェクトをまとめる総責任者であり、全体を把握しているため、その指示を仰がないことには、仕事がうまく回っていかないです。


そうなると、自分がどんなに頑張ろうと思っても、仕事の評価がどんどん下がっていくばかりで、自分だけが損をすることになってしまいます。

仕事を放棄する

上司からの嫌がらせが原因で仕事を放棄してしまう人は少なくないでしょう。しかし、上司ばかりか、同僚や後輩からも反感を買ってしまい、味方がいなくなってしまいます。


仕事を放棄すれば、そのせいで迷惑が掛かる人たちがいますし、その人たちの仕事に支障をきたすこともあるかもしれません。


上司が嫌がらせをされたから、仕事を放棄するのは、非常に子供じみた行為であり、上司への嫌がらせを解決する方法にはなりません。会社としては仕事をしない者に給与を払うわけにもいかず、クビになる危険性も高いです。


嫌がらせをするような上司のせいで、自分がクビになってしまうのは、どう考えても理不尽とは思いませんか?上司と仕事はまったく別なのだと、きちんと区別を付け、仕事だけはきっちりとこなしていきましょう。

職場内で愚痴を言う

上司から嫌がらせを受けた場合、ストレス発散のために、どうしても愚痴を言いたくなってしまうものです。


しかし、周囲としては仕事をがんばっているときに、隣で愚痴を言い続けたり、舌打ちやため息が聞こえてきたらどうでしょうか?とても不愉快に感じますね。お昼休み時間であったとしても、お昼は各自リフレッシュする大切な時間のため、嫌な気分をさせてしまうことには変わりありません。


職場はあなただけのものではなく、大勢の人が仕事をする場所です。その職場で愚痴を言うことで、気分を害す人がいるということを理解しましょう。上司から嫌がらせされているのに、誰も同情してくれないのかと切ない気分になるとは思いますが、誰しも自分のことで精一杯です。


愚痴は自宅や外だけにして、職場内では言わないようにしてください。

上司が部下に嫌がらせをする心理

なぜ上司は嫌がらせをするのか、疑問に思ったことはありませんか?下記では、上司が嫌がらせをする心理について紹介していきます。

弱い立場の人に八つ当たりしたい

上司は常日頃、自分よりも目上の人から、「仕事ができない」、「売上が低い」など、散々なことを言われ、ストレスが溜まっていることが考えられます。


そのストレスを発散させるため、自分よりも立場の弱い部下に、八つ当たりしたいだけなのです。


しかも、自分が気に入らない、苦手な相手となれば、標準はその人になります。


自分だけがどうして嫌がらせされるのかと疑問に思うときは、かなりの高い確率で、上司から個人的に嫌われていると思っていいでしょう。自分が目上の人から受けているストレスをそのまま立場の弱い部下にぶつけているだけという、実は非常にシンプルなことだったりします。

言いなりにならない人が気に食わない

多少の違いはありますが、これはどんな上司にでも当てはまります。自分に反抗したり、違う意見を唱えてくる人には、誰でも反感を覚えます。


いつもニコニコ穏やかで、とても紳士的な上司であったとしても、基本的には自分に従順な部下に好感を持つのは必然です。「こいつは上司にも歯向かえる骨のある奴だ!」と考える上司は、本当に極稀であり、まずいないと思っていいでしょう。


例え、自分が正しくて、上司が間違っていたとしても、面と向かってみんなの前で、間違いを指摘すると、上司から嫌われます。


上司が穏やかな人だからと安心して反対意見を言っていると、いつの日か上記にあるような陰湿ないじめをする上司に豹変することがありますので、要注意です。

被害妄想による勘違い

人の顔色を伺ったり、何でも悲観的に考える人は、少しのことでも自分が被害にあったような気分に陥ります。そうすると少し強めに言われたことでも、嫌がらせのように感じてしまうものです。


上司としてはあなただけではなく、他の人にも同じように接しているし、忙しいときは語尾も粗くなるときがあります。


しかし、被害妄想が強くなってしまうと、自分だけ嫌がらせをされている、上司からとても嫌われていると思い込んでしまい、とても危険な状態です。


そうなると、上司や同僚など、誰にも相談できず、どんどん自分の殻に閉じこもってしまい、結果的に病気を引き起こしたりします。

上司からの嫌がらせへの正しい対処法

上司から嫌がらせを受けていると感じたときは、いったん落ち着いて、本当に嫌がらせを受けているのかどうかよく考えてみましょう。


そして、明らかに嫌がらせを受けていると確信したときは対処していく必要があります。

仕返しはいじめが激化する原因

クビになってしまうような仕返しは言語道断ですが、そうではなくても、陰口で嫌な上司を追い詰めようとしたり、無視するなどの仕返しをすると、余計に嫌がらせがひどくなってしまいます。


上司は自分に歯向かう部下は許せないので、気に入らない相手から仕返しをされたら、ますます許せなくて、余計にいじめたくなるものです。仕返しは自分に不利益をもたらしますし、上司からの嫌がらせが止まるわけではありません。


仕返しをするのではなく、今よりもさらに仕事をがんばってやろうと、奮起するのが最も効果的です。仕事は上司のためにしているのではなく、あくまでも自分のためにやっているのだと思い込みましょう。


給与は上司が払っているわけではありません。会社が払っているので、その会社に報いるため、「これからも給与をもらい続けたいから働いているんだ」と考えてください。

時間は解決してくれない

上司の嫌がらせは時間が経てば、そのうち止むだろうと考えるのは間違いです。


なぜなら上司は目上の人からのストレスがなくなることはありませんし、そのストレスを発散させる部下とは毎日顔を合わせます。上司がいなくなるか、自分がいなくなる、もしくは上司に気に入られるように努力する、という3つの選択肢しかありません。


上司は課長や部長クラスなら、定期的に異動がありますから、それを期待してもいいですが、数年と長い年月のため、それまで我慢できるかです。


仕事が好きなら辞めたくはないでしょうし、あとは上司に気に入られるように努力するしかありません。


まずは「イエスマン」になることが最も重要です。


上司の意見や考えには100%同調することが重要なので、胸の中では絶対に違うと思っていても、表面上ではにこやかに上司の考えに同調してください。イエスマンになることは許せないという方もいるでしょう。


そのような方は、自分が一番大切にしたいものを考えてください。「今やっている仕事」、「意見ははっきり言える人であること」、大切にしたいものに応じて、自分の仕事へのスタンスを考えてみてください。

人事に相談する

上司からの嫌がらせで、精神的にダメージが大きく、それが原因で仕事が捗らない、もしくは仕事に支障をきたしている場合は、人事に相談してください。


あくまでも上司の嫌がらせで仕事ができないことを前面に押し出します。会社としては、仕事に支障があることも問題視しますので、改善されることが考えられます。


ただ単に上司が嫌がらせをしてきて困っている、上司がとても嫌いで顔を見るのも嫌など、個人的な感情論は出さないようにしましょう。


仕事ができない原因は何か、どう仕事に支障をきたしているのか、など事細かに記載したメモなどを人事に渡し、現状を冷静に伝えます。仕事をするうえで、こういうことで困っていると、実際にあったケースを基に相談することが重要です。


上司に嫌がらせされた場合は、日時やされた行為、それによってどう仕事に支障をきたしたのかを日頃からメモにして残しておきましょう。

社外の機関に相談する

セクハラや上司の暴力など、犯罪ではないかと思われる嫌がらせを受けている場合は、社外の期間に相談しましょう。


公共の団体が行っている相談窓口がいくつかあります。


例としては「21世紀職業財団」の「ハラスメント社外相談窓口サービス」や、「日本ハラスメント協会」のホットラインなどです。ハラスメントに対応できる専門家がいますので、心強い相談相手となってくれます。


あまりにも上司の嫌がらせが度を越していて、法的措置を取りたい場合は、多少の金銭は掛かりますが、大手の弁護士事務所に相談した方が良いです。しっかりと上司に対して、社会的なダメージを負わせることができます。

転職する

何をしてもどうにもならないときは、最後の手段は「転職」しかありません。


仕事が気に入っていて本当は辞めたくないかもしれませんが、実は同じ業界なら、どこの会社でも同じような仕事はできます。諦めずに探してみてください。辞めるときは、できれば次の転職先が見つかってからがベストですが、1秒でもその場にいたくないほど追い詰められているときがあります。


そんなときは、「退職代行サービス」の利用がおすすめです。


有休休暇が残っていれば、翌日から出勤しなくて大丈夫ですし、退職日までお給料をもらいながら、自宅でゆっくり転職活動もできます。


会社と揉めそうだと思われるときは、弁護士事務所がやっている退職代行サービスを選べば、未払いの賃金や退職日の引き延ばしなどのトラブルを解決してくれるので安心です。

まとめ

上司の嫌がらせにはパターンがありました。


・部下に八つ当たりする

・相談しても無視される

・影で陰湿ないじめをする

・セクハラ行為がひどい


代表的な上司の嫌がらせパターンです。どれも人として最低だとは思いますが、当たり前の情景のように行われています。


しかし、どんなに腹立たしくても仕返しはいけません。すべて自分に跳ね返ってきて、未来のある将来をつぶしてしまいます。


表面上は良い上司であっても裏表があるため、上司から嫌がらせされる可能性があることを常に心に停めておいてください。


できるだけ上司の考えに同調することが大切ですが、ある程度は人として尊敬できなければ難しいです。


あまりにもひどい上司の場合は、人事に相談するか、転職を考えましょう。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


上司 嫌がらせ

関連する投稿


パワハラ上司には仕返しをしても良い?リスクと正しい対処法

パワハラ上司には仕返しをしても良い?リスクと正しい対処法

「パワハラ上司のせいで仕事に行きたくない!」このように感じている人は少なくないでしょう。パワハラ上司への苛立ちから仕返しをしたくなりますが、会社からの評価や同僚からの目線を考えると行動できないですよね。この記事では、正しい対処法を紹介していきます。


退職する上司へのサプライズ!おすすめの方法とコツを紹介!

退職する上司へのサプライズ!おすすめの方法とコツを紹介!

退職する上司に感謝の気持ちを伝えるためにもなんとかサプライズとして何かしてあげたいと考える方は非常に多いと思います。しかしながら、退職する上司へのサプライズなど経験したことなど滅多にいないですよね。今回は退職する上司へのサプライズの方法を紹介していきます。


上司からの嫌がらせに賢く仕返しする方法を徹底解説!

上司からの嫌がらせに賢く仕返しする方法を徹底解説!

上司から嫌がらせやパワハラを受けて辛い思いをしている方は多いと思います。仕事に行くことが辛くなったり、入社時からモチベーションが下がってしまったと感じている方も多いでしょう。今回は、ムカつく上司への仕返しの方法を詳しく紹介していきます。


上司と合わない時は異動できる?転職は?実体験に学ぶ解決策

上司と合わない時は異動できる?転職は?実体験に学ぶ解決策

上司となかなか合わず、成績も不振気味…そんな時果たして異動届を出したら受理されるのでしょうか。今回は悩める上司との人間関係にクローズアップします。最後まで御覧ください。


上司がうざい…気が合わないけど付き合い続けた方がいいの?

上司がうざい…気が合わないけど付き合い続けた方がいいの?

上司と気が合わなくて仕事が憂鬱になることがありますよね。なぜ、あんなにもうざいのだろうか?どうして、こんなに気が合わないのだろうか?これからも良い関係を続けた方が良いのだろうか?この記事では、うざい上司との付き合い方を説明していきます。


最新の投稿


仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事で苦痛を感じていませんか?仕事から大きなストレスを感じて退職してしまう人は少なくないです。ひどい場合には、仕事で受けたストレスから社会復帰できなくなってしまう人もいるほどです。この記事では仕事が苦痛だと感じてしまう理由と対処法を紹介していきます。


飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

「働いている飲食店がブラックすぎて辞めたい…」と考えている人は少なくないでしょう。飲食業界はブラックで有名です。この記事では、飲食店の仕事がブラックになりやすい理由とホワイトな飲食店の選び方を紹介していきます。


社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人はお弁当を作るべきなのでしょうか?お弁当を作るメリットって何なのでしょうか?仕事で疲れていてお弁当なんて作れない…そんな人も多いかもしれません。でも思っているよりも簡単なんです!男でも作れる簡単レシピでお弁当デビューしてみませんか!?


公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員はブラックなのか?サービス残業、厳しい上下関係などのように公務員の仕事が辛いという声をよく聞きます。将来的なことを考えて転職を検討している人も少なくないでしょう。この記事では、公務員の仕事がブラックだと言われる理由と公務員の転職について説明していきます。


仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事を辞めることが決定したら、次は辞めどきはいつなのか考えるでしょう。基本的には、退職することは労働者の権利であるため、自分次第となります。ただし、円満退社を望むのであれば、会社にとっても良いタイミングであることが求められます。この記事では、理想の辞めどきを紹介しています。