退職意思の撤回は無理なの!?ほとんどの人が後悔している?

退職意思の撤回は無理なの!?ほとんどの人が後悔している?

退職意思を伝えてしまったけれど、「撤回したい」という方もいらっしゃると思います。実際のところ、退職を伝えた後の撤回はできるのでしょうか?撤回ができるケースとできないケースをまとめましたので、撤回するか悩んでいるという方は参考にしてみてください。


退職を伝えた後に撤回することはできる?

一度、伝えた退職の意思を後になってから撤回しようと思うと、会社側に対して気まずい思いをすることになるでしょう。

色々と考え、悩んだ結果に出した答えを覆すことになるのですから、会社に信用されないのではないかと思う人もいるかもしれません。結論から言うと、会社に伝えた退職の意思を撤回することは可能です。

退職の撤回ができる場合

ただし、退職の意思を撤回するためには2つの条件があります。

それは「会社から退職を引き止められている場合」と「まだ退職が承諾されていない場合」です。

会社から退職を引き止められている場合

1つ目の「会社から退職を引き止められている場合」ですが、あなたが会社に対して退職の意思を伝えた際に、会社側がすんなりとその意思を受け入れて、退職の手続きを取り始めている場合は、退職の意思を撤回することは難しいでしょう。

しかし、あなたの退職を会社側が引き止めている場合、あなたが会社にとって必要な人材であるということになります。

退職の意思を撤回する機会が訪れるのかどうかは分かりませんが、日頃からあなたが会社にとって代えようのない人材だと認識してもらっておくことが重要です。

まだ退職が承諾されていない場合

そして2つ目の「まだ退職が承諾されていない場合」ですが、これは具体的に言うと、会社の人事の決定権を持つ人があなたの退職を認める前であるということです。

通常会社を退職する時は、「退職願」を会社に提出して、退職しても良いかどうかを会社側に伺ってから退職の許可をもらうので、退職の許可が出る前であれば撤回することは可能だということになります。

退職の撤回が無理な場合

続いて、退職の撤回が無理な場合について解説します。

退職の撤回が無理な場合は2つあり、1つ目は「退職の承諾が降りている場合」で、2つ目は「退職届を提出した場合」です。

退職の承諾が降りている場合

先ほど解説したように、「退職願」を提出した段階ではあなたの退職はまだ決定していないので、撤回することは可能です。

しかし、「退職願」が受理されて人事の決定権を持つ人から、あなたの退職を認めたことを伝えられると、「退職の承諾が降りている」ことになり、退職の意思を撤回することができなくなります。

会社側は、あなたが退職することで発生した欠員を補充するために、部署内で配置転換をしたり、新たに求人募集をかけるなどの手続きを取らなければなりません。

それらの手続きに入った段階であなたの退職の意思を撤回してしまうと、会社側に大きな負担をかけてしまう可能性があるので、十分に注意が必要です。

退職届を提出した場合

そして、もう1つの退職意思の撤回が無理な場合は、「退職届を提出した場合」ですが、これは「一方的な退職通知」と認識されます。

「退職願」のような会社の許可の有無に関わらず、受理された時点で一方的に退職することができると法律上決まっており、「退職します」と口頭で伝えても効力を発揮するのです。

したがって、あなたが退職の意思を会社側に伺っている段階なのか、退職する意思を一方的に伝えたのかによって、退職意思を撤回できるかどうが大きく変わってくるので、注意しておきましょう。

退職の撤回は後悔する?

以前と同じモチベーションを保てない

一度伝えた退職の意思を撤回すると、後悔する人が多いです。

その理由の1つ目は、以前と同じモチベーションを保てなくなるからです。

今までの職場を離れて新たな職場に就職するなど、違う道を歩むことを一度は考えて決断したわけですから、その思いをキレイに捨て去って今まで通り仕事をできるようになるためには、それなりの時間がかかるでしょう。

退職した理由にもよりますが、今まで続けていた仕事が嫌になって退職の意思を伝えた人は、今まで通りの仕事を再び続けなければならないので、なかなかモチベーションは上がってこないかもしれませんね。

このような場合は、退職を撤回したことを後悔しながら仕事を続けなければならない可能性が高いです。

会社からの信頼は落ちている

退職を撤回して後悔する2つ目の理由は、会社からの信頼が落ちているからです。

あなたが一度は会社に退職の意思を伝えたということは、会社に対する裏切り行為だと認識する社員もいるかもしれません。

そのように認識した人は、再び「今まで通りあなたと一緒に仕事を続けていこう」と思わなくなっている可能性もあります。

そうなってしまうと、業務上必要な情報を伝えてもらえなくなったり、責任ある仕事を任せてもらえなくなる可能性もあるので、仕事を進めづらくなってしまうでしょう。

一度落ちた信頼を回復させるには時間がかかるので、コツコツと実績を積み上げて、目に見える形で成果をあげるなど、少しずつ会社に信頼してもらえるような努力が必要です。

出世コースから外れる

退職を撤回して後悔する3つ目の理由は、出世コースから外れるからです。

会社側からすれば、一度会社を退職しようと決断した人は、再び会社を退職するリスクが高い人だと認識します。

そのような人を会社の重要なポジションに配置しようと考えるでしょうか?

会社の重要なポジションに配置する社員は、それなりに実績と信頼が積み重なっている社員です。

そのような人には重要な仕事や責任を与えることが多いので、途中で投げ出して退職されてしまっては会社にとって大きな損失になってしまいます。

「将来は出世して責任のあるポジションにつきたい」という人や、「出世して収入を増やしたい」と考える人にとっては、退職の意思を撤回するという行動によって、出世の道が遠くなってしまう可能性が高いです。

違う仕事をさせられる

退職を撤回して後悔する4つ目の理由は、違う仕事をさせられるからです。

あなたが退職の意思を会社に伝えたということは、今まで関わっていた全ての仕事から身を引いたということになります。

退職意思を撤回したからといって、再び同じ仕事に戻れるとは限りません。

会社側が、あなたを再び退職する可能性が高い社員であると考えている場合、欠員が出ることで支障をきたすような仕事にはあなたを配置しないでしょう。

退職するリスクの高い社員は、欠員が出てもすぐに補完できるような仕事や、ある程度人員が充足している部署に配置する可能性が高いです。

そのため、今までとは違った仕事を任せられることで、1から仕事を覚え直さなければならなくなり、苦労することになるかもしれません。

職場の人と今まで通りの人間関係を保てない

退職を撤回して後悔する5つ目の理由は、職場の人と今まで通りの人間関係を保てないからです。

一度会社を離れる事を決断したので、社員たちはあなたへの信頼を失っている可能性が高いです。

会社で仕事を円滑に進めていくためには、職員同士の信頼関係が不可欠なので、それが崩れてしまっていては今まで通りスムーズに仕事を進めづらくなってしまうでしょう。

また、仕事以外でもプライベートで付き合いのあった社員とも気まずくなってしまい、飲み会に誘われなくなったり、世間話にも入りづらくなるかもしれません。

そのような状況になることを覚悟してでも退職意思を撤回するのかどうかを、よく考えてから決断しましょう。

引き止めの条件が確約されるとは限らない

退職を撤回して後悔する6つ目の理由は、引き止めの条件が確約されるとは限らないからです。

仮にあなたが会社にとって必要不可欠な存在であり、会社がどうしてもあなたに退職してほしくないと思っていたとすると、引き止めが行われます。その際に、あなたは退職を撤回するためにある程度有利になる条件を提示することができる場合があります。

会社側はあなたの退職を撤回させるために、一度は条件を受け入るかもしれません。しかし退職を撤回した後に必ずしもその条件が反映されるとも限らないのでご注意ください。

これらの条件は、あなたを少しでも長く会社に在籍させるための口実になっているかもしれませんし、仮にあなたを引き止めたからといって会社の業績が上がらず、結果的に自分の思い通りの条件にならなという可能性もあります。

退職を引き合いに出して会社と交渉する場合は、慎重にかけ引きをすることをお勧めします。

【必見】今すぐ退職したい人のための上司の引き止め対策5選 | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/167

退職をする際に、引き止められるケースが増えています。「人材不足だから...」と言われても、その責任は会社側にあります。しかし、引き止められること自体面倒ですよね。今回は、引き止めに遭う可能性を極限まで下げることができる方法を伝授します!

退職を撤回しても良い場合

確約された引き止め条件に満足できる場合

あなたが退職意思を撤回しても良い場合は3つあります。

1つ目は確約された引き止め条件に満足できる場合です。

退職を引き合いに出して会社と交渉した結果、退職意思を撤回した場合、先ほど述べたようにあなたの思い通りの条件にならない場合があります。

しかし、このような状況になれば、再度退職意思を示せば良いのです。

また、会社に提示した条件通りにならないことを防ぐために、会社と交渉する際は内容を書面に残すなど、きちんと証拠を残しておきましょう。

そうすれば会社側もあなたとの約束を破りにくくなりますし、約束が守られなければその書面を提示して退職することや、さらなる交渉の材料にすることも可能です。

口約束などで証拠を残していなければ、最悪の場合、損害賠償を請求されることになったりするなど、不利な状況に立たされたりする可能性もあるので、注意しておきましょう。

撤回をしたい理由が明確な場合

退職意思を撤回しても良い場合の2つ目は、撤回をしたい理由が明確な場合です。

これは、先ほど解説したように、退職を引き合いに出した条件に会社が応じた場合も理由の1つになりますが、その他にも退職することにメリットが無くなった場合が挙げられます。

例えば、滅多にないことですが、旦那様の転勤のために会社を辞めることになったとします。しかし、その転勤が中止になり、自分自身もまだこの職場で働きたいと思った際、撤回をするというパターンも存在します。
ですが、やはり一度撤回したにもかかわらずサイド働くことを申し出るのはなかなか勇気の必要な決断ですよね。

万が一、「いざ退職を目前にすると未練が出てきた」や、「お世話になった社員と別れたくない」などの理由で退職を撤回しようと考えているのであれば、そもそもなぜ退職を決意したのかをもう一度思い返してみる必要があります。

中途半端な気持ちで退職してしまうと、あなたの今後のキャリア形成に影響を及ぼしてしまう可能性があるので、注意が必要です。

退職の撤回を歓迎されている場合

退職意思を撤回しても良い場合の3つ目は、退職の撤回を歓迎されている場合です。

このような理由で退職を撤回する人は、積み重ねてきた実績も多く、会社からの信頼も厚い人だと考えられるので、退職を撤回したとしても人間関係で困ったり、出世コースから外れるといった心配は少なくて済むでしょう。

あなたの退職意思の撤回を歓迎してくれている場合は、会社にとってあなたが必要な人材だからと言えるでしょう。どうしても会社を退職しなければならない理由でも無い限り、退職を思いとどまっても良いかもしれませんね。

退職を考えなければならなくなる時期はいつ来るか分かりませんが、退職の撤回を歓迎されるような人材になれるよう、日々の仕事への向き合い方や人間関係を大切にしておきましょう。

退職の撤回を迷っている人ができること

上司に相談してみる

「一度は退職を決意したけれど、やっぱり今の職場で働き続けようかな」と迷う人もいるかもしれません。

そのような気持ちを持った場合は、どのように対処すれば良いのでしょうか?

退職の撤回を迷った場合に1つ目にできることは、上司に相談してみることです。

もちろん親しい友人や家族に相談することも大切ですが、仕事のことは上司に相談してみることがオススメです。

職場の上司であれば、あなたが退職意思を撤回することによって、今後の仕事の進め方や人間関係などにどのような影響を及ぼすのかについて、ある程度の予想ができるかもしれません。

また、あなたの仕事のみでなくプライベートまで配慮してくれる上司であれば、仕事上の配慮で解決できることがないかを検討してくれるきっかけにもなるでしょう。

退職するって誰に言う?いつ、誰に、どこで伝えるのが良い? | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/463

「退職することを誰に言う?」退職する際にこのような疑問を持つ方が多いと思います。退職日までスムーズに進むためには、退職手続きについて知っておいたほうがいいです。その中でも退職の申し出については退職手続きで一番最初に行うことなので、覚えておきましょう。

転職先を探して撤回したい気持ちを忘れる

退職の撤回を迷った場合に2つ目にできることは、転職先を探して撤回したい気持ちを忘れることです。

いざ退職となると未練を感じてしまい、退職意思を撤回したい気持ちが出てくる人もいるかもしれません。

その気持ちに惑わされて退職意思を撤回してしまい、「やっぱり退職していれば良かった」と後で後悔しないためにも、気持ちを切り替えることが大切です。

よく考え抜いて決断した退職であれば、振り返る必要はないのでしょう。

思い切って転職先探しに専念すれば、退職を撤回したい気持ちも吹っ切れるかもしれませんね。

行列のできる転職相談所は、第二新卒に特化した転職エージェントです。無料でキャリアアドバイザーと相談ができるので、気になる方は以下の記事でチェックしてみてください。

【無料転職相談】20代の転職は『行列のできる転職相談所』未経験でも応募可能! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/283

『行列のできる転職相談所』は20代・第二新卒に特化した転職サイトです。今は、無料転職相談を実施しています。『行列のできる転職相談所』は実績のある紹介サービスも行なっていて、個別面接対策を受けた方は、志望企業への内定率が5倍にもなっているそうです。

まとめ

今回の記事で、退職を伝えた後に撤回することは可能ではあるけれども、撤回ができる場合とできない場合があることが分かりました。

また、退職意思を撤回した場合にどのような気持ちになるのかということも、この記事でイメージできたのではないでしょうか?

退職意思を撤回することにはデメリットも多そうですが、退職を撤回することで、あなたの理想的な条件で働ける可能性もあることも分かりました。

ここで解説した内容を参考にして、様々な方面からあなたのキャリアについて検討し、退職というカードを選択することが、本当に良い手段なのかをよく考えてから会社に伝えられるようになると良いですね。

この記事のライター

退職の記事をわかりやすく情報量がたくさん詰まったものをお届けします!

関連するキーワード


退職 退職願い 撤回

関連する投稿


仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事を辞めることが決定したら、次は辞めどきはいつなのか考えるでしょう。基本的には、退職することは労働者の権利であるため、自分次第となります。ただし、円満退社を望むのであれば、会社にとっても良いタイミングであることが求められます。この記事では、理想の辞めどきを紹介しています。


退職するのが申し訳ない…罪悪感で会社を辞めれない時の対処法

退職するのが申し訳ない…罪悪感で会社を辞めれない時の対処法

自分が退職することで誰かに迷惑をかけてしまい申し訳ないと感じてしまうことがあると思います。退職するということは、人員が足りなくなったり、引き継ぎ業務が必要になったりするので誰かに迷惑をかけることは仕方がないことです。心配な方のために円満退社のコツを紹介します。


退職が決まると同僚、上司に無視された?仕事が辛い時の対処法

退職が決まると同僚、上司に無視された?仕事が辛い時の対処法

上司に退職すると伝えた次の日から、上司や職場の同僚たちから無視されるようになった…退職願を提出しようとしても上司に無視されるので提出することができない…と困っている人は少なくないでしょう。この記事では、そのような状況の対処法を紹介していきます。


会社を最短で退職する方法は?急いで辞めるリスクと対処法!

会社を最短で退職する方法は?急いで辞めるリスクと対処法!

今から最短で退職するといつが退職日になるのだろう?また、最短で退職する方法にはどのようなものがあるだろう?と考えたことはありませんか?この記事では、最短で退職する方法や急いで退職してしまうことのリスクを説明しています。


退職日に保険証を返し忘れた!郵送で返却するのは良いの!?

退職日に保険証を返し忘れた!郵送で返却するのは良いの!?

退職するときに保険証を返却するのを忘れていた!、もう一度会社まで返却しに行かなければいけないのか?もしくは、郵送をしても良いのか?できるならば、郵送で済ませたいですよね。この記事では、保険証の郵送が許されれるのか説明していきます。


最新の投稿


仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事で苦痛を感じていませんか?仕事から大きなストレスを感じて退職してしまう人は少なくないです。ひどい場合には、仕事で受けたストレスから社会復帰できなくなってしまう人もいるほどです。この記事では仕事が苦痛だと感じてしまう理由と対処法を紹介していきます。


飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

「働いている飲食店がブラックすぎて辞めたい…」と考えている人は少なくないでしょう。飲食業界はブラックで有名です。この記事では、飲食店の仕事がブラックになりやすい理由とホワイトな飲食店の選び方を紹介していきます。


社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人はお弁当を作るべきなのでしょうか?お弁当を作るメリットって何なのでしょうか?仕事で疲れていてお弁当なんて作れない…そんな人も多いかもしれません。でも思っているよりも簡単なんです!男でも作れる簡単レシピでお弁当デビューしてみませんか!?


公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員はブラックなのか?サービス残業、厳しい上下関係などのように公務員の仕事が辛いという声をよく聞きます。将来的なことを考えて転職を検討している人も少なくないでしょう。この記事では、公務員の仕事がブラックだと言われる理由と公務員の転職について説明していきます。


仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事を辞めることが決定したら、次は辞めどきはいつなのか考えるでしょう。基本的には、退職することは労働者の権利であるため、自分次第となります。ただし、円満退社を望むのであれば、会社にとっても良いタイミングであることが求められます。この記事では、理想の辞めどきを紹介しています。