退職を切り出せない時どうする?勇気を持って切り出す方法!

退職を切り出せない時どうする?勇気を持って切り出す方法!

なかなか上司に退職することを伝える勇気が出なくて、「退職意思を切り出せない…」と困っている人は少なくないと思います。この記事では、退職を切り出せなくて困ってしまう理由とどの対処法を紹介するので参考にしてみてください。


「退職したい…だけど、上司が怖くて話しかける勇気が出ない…」このように、会社を辞めたいのに、なかなか行動に移せなくて困っていませんか?

多くの人が、同じような悩みを抱えているのはなぜなのでしょうか?その理由と対処法をしっかりと説明していきます。

労働者は退職できるのか?

会社員として働いていると誰しも一度は「退職したい」、「仕事が向いていないかもしれない」と思うことはあるのではないでしょうか?以前までは、終身雇用という日本特有の雇用慣行があったため、新卒で入社した会社で定年まで働き続ける人が大多数でした。


しかし、近年は終身雇用制度が崩れつつあり、転職して様々なキャリアを積むことが当たり前の時代になりました。中には、入社した会社を数ヶ月で退職してしまう人も少なくありません。


ただ、退職するということは会社、上司、職場の同僚に迷惑をかけることにもなると思います。労働者は本当に「退職」という意思決定をしても良いのでしょうか?

労働者には退職する権利がある

先ほども申し上げた通り、退職するということは多くの人に迷惑をかけてしまうので、どうしてもネガティブなイメージがつきやすいです。真面目な人であれば退職そのものに強い罪悪感を感じるかもしれません。しかし、労働者は法律によって退職する権利が認められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(民法627条1項)

つまり、あなたが今の職場を本気で辞めようと思ったら、就業規則があっても会社や上司に止める権利はありません。このまま働き続けていては、身体的、精神的に耐えられなくなってしまうなどの理由がある人は、早めに労働契約の解約の申入れをしましょう。


有給休暇を利用すれば、退職までの2週間を出勤せずに過ごすこともできます。まずは、自分の身を守りましょう。

退職を切り出す勇気が出ない

退職する権利があったとしても、なかなかそう簡単にはいかないこともあるでしょう。退職をす流ということは、職を失うことになるので収入は途絶えてしまいます。


さらに、一度退職してしまうと再就職できるか不安に思う人もいると思います。再就職できたとしても、以前より収入が減ってしまう可能性は多いにしてあります。今後の人生を考えると、本当に退職してしまったも良いのかわからなくなりますよね。


自分では退職する覚悟を決めたつもりでも、いざ退職を上司に切り出すとなると、なかなか言い出せない人も少なくないです。しかし、勇気を出せずに、ズルズルと不満を持ちながら働き続けることは、あなた自身だけでなく会社側、職場の同僚たちにとっても良い選択であるとは言えません。きちんと自分の気持ちを整理してから退職の意思を伝えましょう。

一般的な退職の切り出し方

退職の意思を固める

まずは、自分自身の退職の決意をしっかりと固めて下さい。迷いがある中で退職の意思を伝えると、上司に引き止められてしまうかもしれませんし、退職理由がうまく伝わらない可能性があります。


退職理由、退職後のプランをしっかり考えてから退職を伝えるようにしましょう。


結婚や妊娠、病気などやむをえない事情があって退職をするケースでも、よく考えずにすぐに行動してしまうと後で後悔してしまうかもしれません。感情的になって辞めたくなっている場合は一旦冷静に考えましょう。


「辞めずに続けていく方法はないか?」ということも含め、多面的に模索することが大切です。

退職意思を直属の上司に伝える

退職の意思が固まったら、まずは直属の上司に相談をするのがマナーです。あなたが上司を通さずに、いきなり会社に退職願を出してしまうと上司は困惑してしまいます。また、部下の退職について管理できていないということで上司の管理能力が咎められてしまうこともあります。


それらのことを配慮すると、まずは上司に伝えるのがあなたにとっても、会社にとっても良いと言えるでしょう。


前述したように、2週間前に退職意思を伝えることで退職することができますが、あくまでこれは最短で会社を退職できる日数です。職業やあなたの地位によっては、もっと余裕を持って退職意思を伝えておかなければいけません。


一般的には1ヶ月〜3ヶ月前に伝えるのが無難です。就業規則に定められていると思うので、確認してみましょう。


なお、今すぐに会社を辞めたいからといって、無断欠勤をしてしまうのは良くないです。会社側は無断欠勤を続いている社員に対して、懲戒処分という処置をとることができます。最悪の場合には、懲戒解雇という処置を取られてしまいます。


懲戒解雇されてしまうと、履歴書に傷がつき、転職などを考える場合に不利に働きます。


今すぐ辞めたいならば「退職代行」


【退職代行を利用するメリット】

・確実に退職できる

・即日に退職できる ・自分で退職手続きを行わなくても良い


【オススメ退職代行】

『退職代行 ニコイチ』

退職代行『ニコイチ』は業界の中で最も古株の会社です。そのため、実績が豊富で安心して退職を任せることができます。もう一つ注目すべきポイントはサービスの価格です。ニコイチの利用料金はEXITの3/5です。質の高いサービスを低価格で提供しているのが『ニコイチ』の強みです。


退職代行「ニコイチ」

 



『退職代行 汐留パートナーズ』

退職代行『汐留パートナーズ』の1番の特徴は、退職代行を弁護士が担当してくれることです。退職における交渉をするためには、弁護士資格が必要になります。そのため、有給消化や未払い給料の請求を希望する方は、『汐留パートナーズ』を利用することをお勧めします。



退職代行『汐留パートナーズ』

 


『退職代行 EXIT』
『EXIT』は退職代行のパイオニアです。様々なメディア掲載実績が業界NO.1で今、最も注目されている退職代行です。また、転職サポートも充実していることから退職後のことまで安心して任せることができます。


退職代行「EXIT」



退職願を提出して退職日を決定する

退職の意思を上司に伝えることができたならば、次に上司に退職願を提出しましょう。上司から人事に退職願の受諾の手続きを行って、承諾されれば退職することが確定します。


退職願の提出は必要ないこともありますが、口頭での退職の約束は後々トラブルになることもあるので書面で提出するのが好ましいです。


また、退職することが確定されれば、退職日も決めなくてはいけません。正式な退職日については事前に上司と相談した上でお互いに合意した日程を書くようにして下さい。勤続年数に応じて、失業給付金や退職金などがもらえることもあるので、その確認もした上で退職日を決めます。


その後は、退職の際に返却しなければならないもの(保険証や社員証など)と会社から受け取る必要のある書類(離職票や健康保険資格喪失証明書など)の確認をしましょう。

退職を切り出せない理由

上司に退職を切り出すのが怖い

退職そのものに対する不安よりも、まず上司に話さなくてはならないのが退職に踏み切れない理由である人もいるでしょう。やっとの思いで上司に退職を切り出せても「今辞められたら困る」「もう少し頑張ってみてはどうか」などと引き止められてしまうこともあります。場合によっては、「ふざけるな」と怒鳴られることあります。


上司や責任者にあたる立場の人は、純粋にあなたのことが心配で説得してくることもあるかもしれません。しかし、人手不足になると上司も業務が回らなくなる不安から余裕がなくなります。余裕がなくなると感情的に退職を引き止めてしまいます。


本当に心の底から辞めたいという強い気持ちがあるのであれば、相談というより退職をする前提で話を切り出すと良いです。退職理由に加え、「◯月くらいまでには辞めるつもりでいる」ということを先に伝えてしまう流れにもっていくと話がスムーズに進むでしょう。

職場の同僚に悪い気がする

自分が辞めることで、同僚や職場の人たちに迷惑がかかってしまうのではないかと考えるかもしれません。特に辞めている人や休職中の人がいると、「自分が辞めるのは難しいのではないか?」と考えてしまうでしょう。


しかし、従業員が1人抜けたくらいで会社にとって大打撃になるような会社は、会社自体に問題があると言えるでしょう。それよりも自分自身の人生を優先しましょう。


ただ、現状で引き受けているプロジェクトがあったり、契約途中の仕事がある、部下を育てる立場にいるといった場合には、取引先や職場の人などに迷惑がかかってしまいます。会社は辞めても同僚とのプライベートでの付き合いは残るかもしれませんし、他の人にシワ寄せがいかないよう、ある程度仕事上の責任は果たしてから辞めるべきでしょう。

退職の決意が固まっていない

いざ、退職するぞ!と決心しても、やっぱり辞めておこうか、と悩むようであれば、まだ退職するべきではないのかもしれません。長く勤めていたり、それまでに努力を重ねてきたのであれば、なおさら大きな決断に感じますし、その分ストレスも感じてしまいます。


どうしても決意が固まらない時には、友人や信頼できる人などに相談してみて第三者の意見を聞くのも良いでしょう。また、精神的に異常がでていたり、過労による一時的な衰弱などがあった場合には、適正な判断ができないこともあります。


退職せずに、まずは休養をとるという手段をとってみるの大切です。なかなか休みづらい環境でも、病院の診断書を提示すれば、まともな会社であれば長期的な休みがもらえるでしょう。

退職を切り出せない人の特徴

優柔不断な人

本当は辞めたいと思っているけれど、なかなか辞められない優柔不断な人は退職まで持ち込めません。決断力がないと、人生において損をすることも多いです。実際に優秀な人ほど、不満を持ち始めたらすぐに退職し次のキャリアにむけて行動していくものです。


辞めると決めたなら強い意志で退職するべきですし、続けていくのであれば、現状を打開できるようさらに仕事に対して懸命に取り組むことです。ダラダラと不満をもちながら働くのは良くありません。


また、会社を辞めていった人の実体験を聞いてみるのもいいでしょう。「辞めても意外とどうにかなるんだ」と思えたり、後悔している点があれば聞くことができます。ずっと蚊帳の中にいると見えてこないような会社の良さも、辞めた人だからこそ分かるものです。

自分の意思がない人

現状に不満はあるものの、「転職したい職業がない」「やりたいことが分からない」という人はすぐに今の仕事を辞めると後悔することが多いです。特に、正社員である場合には、転職は慎重に考えたほうが良いでしょう。


例え、月収が少なくても、正社員だからこそ得られる恩恵を忘れてはいけません。それでも、どうしても辞めたいのであれば、退職金や失業給付金がどれくらいもらえるのか確認しておくようにしましょう。個人都合で退職する場合でも、会社をやめる2年前から1年間以上雇用保険に加入していれば給付金をもらえます。


また、年金や健康保険を会社の給料から天引きされていた人は退職すると自分で払わなければいけなくなるので、その分の費用が必要というのも頭に入れておいたほうがよいでしょう。

自分に自信がない人

辞めたい気持ちはあってもその先に強い不安があると、退職を切り出せないといったことも多いです。それは自分への自信のなさの現れでもあります。「退職してからも仕事を見つけることができるか」、「転職に失敗して後悔しないか」といった悩みが不安と自信のなさに繋がっているのかもしれません。


そういう人は今すぐに退職という形をとらなくても、副業を始めてある程度生計を立てられる状態にしておいたり貯金を増やしておくと、ひとまず自信がつくでしょう。会社に属していることでうけられる恩恵も多くありますので、辞めるという判断が本当に正しいのか改めて考え直してみてもいいかもしれません。転職先を事前に下調べしておくのもおすすめです。

退職を切り出せない時の対処法

①退職を切り出しやすい時期を選ぶ

上司に伝えづらいときや、早急に辞める理由が特段ないときは、仕事の閑散期を狙って退職を切り出すようにしましょう。忙しい時期にそういった話を持ちかけると話を流されたり、とりあえず保留というような形に持ち込まれてうやむやになって終わってしまいがちです。


周囲の人も忙しい時に辞めたいといわれたらストレスに感じるでしょうし、辞めたいと言ってしまった以上、あなたが職場にいづらい雰囲気になってしまうかもしれません。


閑散期に退職することができるように、あらかじめ計画を練って事前準備をしておくようにしましょう。

②上司に問題があるならば、人事に伝える

上司からパワハラや嫌がらせをうけている、あまりにもブラックな労働をさせられているなど人間関係に問題があって退職を伝えづらい時に限っては、上司を通さず人事に相談をもちかけても良いです。


その際にはきちんと退職の希望を説明し、手続きだけできるようにしてもらい、返却しなければならないものなどは直接会社に郵送してしまえば大丈夫です。


また、職場の人間関係に悩み退職を考えているという場合には、人事に訴えることで、別の部署や店舗に配属を変えてもらうことができるかもしれません。実際に、うつ病を患ってしまうほど仕事で悩んでいた人が、配属先を移動したことで環境が改善され退職せずにすんだということは比較的よくあることです。


退職しなくても解消できるのであればその方が良いこともあります。

③メール、ライン、電話で切り出す

基本的に退職する際は話し合いや面談が必須になりますが、心身ともに限界で、面談などがハードルに感じるのであれば、直接伝えず電話越しなどでも良いでしょう。

メールやラインで伝えるのであれば、いつ退職するのかを明確にし、フランクな文面にならないよう注意が必要です。退職にあたっての手続きがきちんとできるよう取り合ってもらえそうにないときは人事と直接やり取りを行います。


メールやラインで退職の意向を伝えても、書面で提出することが義務付けられていることもあるので、その際には退職願を用意しましょう。


しかしう、基本的には、こういった辞め方は法的には問題ありませんが印象は良くないため、自分の身に危険があるほど追い込まれている場合に限り行うようにしたほうが懸命です。

④退職代行を利用する

どうしても直接退職を伝えられない、もしくは何度言ってもとりもってもらえない、職場で暴力的な言動や威圧があるときなどは「退職代行サービス」を利用するのがおすすめです。


退職代行とは、本来あなたがしなければいけない会社への退職の説明や手続きを、仲介してすべて行ってくれるサービスです。


このような、業者に頼む事で、場合によっては即日で退職できることもありますので最終手段として考えてみるとよいかもしれません。また、業者によっては退職できないと全額返金保証もあります。費用は平均で3万円前後で、退職にかけるストレスを考えるとリーズナブルなサービスだと言えるでしょう。


また、弁護士事務所による退職代行サービスも存在するので、有休消化や給料未払いなどの会社とのトラブルを解決したい場合も対応してもらうことができます。


【オススメ退職代行】


『退職代行 ニコイチ』

退職代行『ニコイチ』は業界の中で最も古株の会社です。そのため、実績が豊富で安心して退職を任せることができます。もう一つ注目すべきポイントはサービスの価格です。ニコイチの利用料金はEXITの3/5です。質の高いサービスを低価格で提供しているのが『ニコイチ』の強みです。


退職代行「ニコイチ」

 



『退職代行 汐留パートナーズ』

退職代行『汐留パートナーズ』の1番の特徴は、退職代行を弁護士が担当してくれることです。退職における交渉をするためには、弁護士資格が必要になります。そのため、有給消化や未払い給料の請求を希望する方は、『汐留パートナーズ』を利用することをお勧めします。



退職代行『汐留パートナーズ』

 


『退職代行 EXIT』
『EXIT』は退職代行のパイオニアです。様々なメディア掲載実績が業界NO.1で今、最も注目されている退職代行です。また、転職サポートも充実していることから退職後のことまで安心して任せることができます。


退職代行「EXIT」



退職を切り出す時のポイント

事前にアポを取る

退職は決まってしまえば意外と気が楽ですが、やはり切り出すのが1番の難関です。ネガティブな話はタイミングが重要なので、上司に伝える際には、事前にアポをとるようにしましょう。


アポをとるのにはメールでお願いをするのが良いです。メールであれば、直接アポを取ることで「要件は何か?」と先に聞かれて退職の話だと事前に知られてしまうリスクを回避できます。「相談があるのでいつなら空いているか」ということだけを簡潔に伝えられるようにしましょう。

退職日まで余裕を持つ

退職は、心身に異常があったりやむを得ないときを除いて、退職日まである程度時期を設けたほうが良いです。その間に、他の人への仕事の引き継ぎや、自分の仕事を終わらせて、取引先への挨拶なども済ましておきましょう。


職場の人たちも急にいなくなられてしまうと戦力が落ちることや引き継ぎに困ってしまいます。なので、最低限の配慮は必要です。また、退職がきまってしまえば、新しい仕事を受け持つこともなくなりますし、気兼ねなく転職のための活動もできるでしょう。

転職先を決めておく

退職を決める前、もしくは決めてから辞めるまでのあいだに、可能であれば次の転職先を決めておきましょう。仕事を辞めてからの空白期間が長くなればなるほど、転職も、不利になりやすいです。


いざ思い切って辞めてみたは良いものの、次の仕事が思いのほか見つからないということもあります。特に、30代40代での転職は自分自身に確かなキャリアや実績がないと難しいものになります。


転職に不安がある人は「転職エージェント」を利用してみてはいかがでしょうか?


あなたに合った仕事を紹介してくれたり、書類や面接のサポートもしてくれます。転職に関する相談を全て無料で行ってくれるため、心強い味方となってくれるでしょう。

まとめ

退職は、いざ決まってしまえば手続きをして時期を待つだけです。退職すると今までの悩みもスッキリしてしまうことのほうが多いでしょう。何年も辞めるべきか悩むのは大きな消耗につながります。はじめの一歩はとても勇気がいるものですが、よく考えたらすぐに行動すべきだったと気づくことも多いと思います。


辞めてから後悔する理由としては、きちんと熟考できていなかっただけでなく、仕事がなかなか見つからなかったり、貯金が底をついてしまったなどという理由が多いでしょう。


後悔を少しでも減らせるよう、転職先を探しておくことや貯金をしておくことがとても大切です。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職 切り出せない

関連する投稿


仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事を辞めることが決定したら、次は辞めどきはいつなのか考えるでしょう。基本的には、退職することは労働者の権利であるため、自分次第となります。ただし、円満退社を望むのであれば、会社にとっても良いタイミングであることが求められます。この記事では、理想の辞めどきを紹介しています。


退職するのが申し訳ない…罪悪感で会社を辞めれない時の対処法

退職するのが申し訳ない…罪悪感で会社を辞めれない時の対処法

自分が退職することで誰かに迷惑をかけてしまい申し訳ないと感じてしまうことがあると思います。退職するということは、人員が足りなくなったり、引き継ぎ業務が必要になったりするので誰かに迷惑をかけることは仕方がないことです。心配な方のために円満退社のコツを紹介します。


退職が決まると同僚、上司に無視された?仕事が辛い時の対処法

退職が決まると同僚、上司に無視された?仕事が辛い時の対処法

上司に退職すると伝えた次の日から、上司や職場の同僚たちから無視されるようになった…退職願を提出しようとしても上司に無視されるので提出することができない…と困っている人は少なくないでしょう。この記事では、そのような状況の対処法を紹介していきます。


会社を最短で退職する方法は?急いで辞めるリスクと対処法!

会社を最短で退職する方法は?急いで辞めるリスクと対処法!

今から最短で退職するといつが退職日になるのだろう?また、最短で退職する方法にはどのようなものがあるだろう?と考えたことはありませんか?この記事では、最短で退職する方法や急いで退職してしまうことのリスクを説明しています。


退職日に保険証を返し忘れた!郵送で返却するのは良いの!?

退職日に保険証を返し忘れた!郵送で返却するのは良いの!?

退職するときに保険証を返却するのを忘れていた!、もう一度会社まで返却しに行かなければいけないのか?もしくは、郵送をしても良いのか?できるならば、郵送で済ませたいですよね。この記事では、保険証の郵送が許されれるのか説明していきます。


最新の投稿


仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事で苦痛を感じていませんか?仕事から大きなストレスを感じて退職してしまう人は少なくないです。ひどい場合には、仕事で受けたストレスから社会復帰できなくなってしまう人もいるほどです。この記事では仕事が苦痛だと感じてしまう理由と対処法を紹介していきます。


飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

「働いている飲食店がブラックすぎて辞めたい…」と考えている人は少なくないでしょう。飲食業界はブラックで有名です。この記事では、飲食店の仕事がブラックになりやすい理由とホワイトな飲食店の選び方を紹介していきます。


社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人はお弁当を作るべきなのでしょうか?お弁当を作るメリットって何なのでしょうか?仕事で疲れていてお弁当なんて作れない…そんな人も多いかもしれません。でも思っているよりも簡単なんです!男でも作れる簡単レシピでお弁当デビューしてみませんか!?


公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員はブラックなのか?サービス残業、厳しい上下関係などのように公務員の仕事が辛いという声をよく聞きます。将来的なことを考えて転職を検討している人も少なくないでしょう。この記事では、公務員の仕事がブラックだと言われる理由と公務員の転職について説明していきます。


仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事を辞めることが決定したら、次は辞めどきはいつなのか考えるでしょう。基本的には、退職することは労働者の権利であるため、自分次第となります。ただし、円満退社を望むのであれば、会社にとっても良いタイミングであることが求められます。この記事では、理想の辞めどきを紹介しています。