退職の決意ができない理由とリスク!?悩んでいる人の対処法

退職の決意ができない理由とリスク!?悩んでいる人の対処法

退職したくてもなかなか退職の決意ができない。そういった悩みを男性の方からも女性の方からも頂きます。今回の記事では、退職の決意がなかなかできないそんなあなたの悩みを解決する方法を紹介していきたいと思います。




退職を考えた時、周囲の反応や引き止め、転職など様々な失敗を考えてしまい「やっぱり今のままでいいか…」と立ち止まってしまう人は少なくありません。

 

そのため、いつまでも辞められずズルズルと引き伸ばしてしまい…いざ退職に踏み込んだと思ったら退職トラブルに発展してしまうことも。

 

まるで、悪い方向に作用する力が働いているんじゃないか、とさえ思ってしまいますね。

 

しかし、退職の決意は次の環境へ進むための第一歩に過ぎません。

 

今回の記事では、退職の決意が出来ない理由とそのリスク、悩んでいる人の対処法を解説していきたいと思います。

 

退職の決意が出来ず、迷っている方がいたら是非この記事を参考にしてみてください。

退職の決意をするのは重要

退職の決意をすることの重要性について大きく3つに分けて詳しく説明していきたいと思います。

会社からの引き止めを断れる

退職するんだ!という強い決意を基にに行動すると、達成意欲が増します。つまり、会社からの無駄な引き止めについてもNO!を突きつけることが出来ます。

 

逆に、退職の意思が弱かったり、決意が明確でなかったりするとズルズルと相手のペースに巻き込まれてしまいます。

 

・退職までの期間が長引く

・新しい環境への挑戦できる時間が失われる

・モチベーションや意欲の低下

 

などなど、少しでも前向きに解決していきたいと思った行動でさえ徐々に悪い方向へと変わっていきます。

 

実際に、転職するとなれば「引き継ぎはどうしよう」「お客様は…」「仲間に恨まれる」とネガティブな考えが頭をよぎります。

 

しかし、それは周囲のせいにしている言い訳でしかなく、自分が行動しない理由ではないということに早い段階で気付くべきでしょう。

未練なく退職することができる

退職の決意が明確な場合、スッキリとした気持ちで次の環境へ進む活力が生まれます。

 

退職がネガティブな理由の場合(例:労働環境が悪い、人間関係の不一致など)、新しい環境への期待感は相対的に高まります。

 

大抵の場合、子会社へ異動や関連会社に移籍など、どうしても繋がりがある以外はほとんど以前の職場と関わることはありません。

 

未練やその会社でやり残したことなど、ほとんどあなたが気に留める必要はありません。

 

決意を新たに退職へ臨めば、今の自分がすべき事や出来ることがはっきりと見えてきます。

 

限られた時間の中でやるべきタスクをこなし、スッキリと未練なく退職するには「退職する!」と強く思う決意が最も大切です。

転職活動に専念できる

少し前後してしまいますが、明確に退職の決意をすると「じゃあ次はどうしようか?」という考えに行き着きます。

 

大半の方は転職活動を行うこととなりますが、しっかりと退職する前提であることが重要です。

 

少しでもこの決意が揺らいでいると、現在の職場で無駄な残業ややりたくもない仕事に自分の時間を取られることになります。

 

他にも、会社側が退職と判断しなかったが為に内定まで決まっていたのに取り消し…という事態も考えられます。

 

強く退職する決意を元にすると、少しでも転職する力へ注ごうと頭が働くため、注ぐべき時間の配分と力のバランスが一致します。

 

辞めたい環境で働き続ける今よりも、新たな環境で自分が思うままに働ける未来を想像したほうが自分の可能性を大きく広げることが出来ます。

退職を決意できない理由

しかしながら、分かっているけど決意できない理由がある、と嘆く方もいます。 ここでは、退職を決意できない理由で挙げられるものをまとめてみます。

新しい仕事に挑戦することの不安

しかし、今の職場はなんだかんだ言っても一生懸命働いてきたからこそ仕事の内容を把握しています。それだけでなく、手の抜きどころも、頑張りどころも既に体に染み付いています。

 

これが転職となれば、

 

・新たな職場

・人間関係

・職務内容

 

一から全てを築いていかねばなりません。

 

「自分に出来るだろうか…」「もし嫌われたら?」「新しいことを覚えるのがだるい」など、いずれも思い浮かぶのは挑戦への不安です。

 

似たような職務など、多少は仕事内容を想像しやすい転職を選ぶ手もありますが、同じような条件だとやはり「他の職場も同じなのではないか」と二の足を踏むこととなります。

 

見えないことへの不安は、一層自身の足取りを重くしてしまいます。

転職できるのか不安

今は人が足りなくてどこでも募集をかけている…などとあちこちで聞かれますが、実際に面接するとなればしっかりと資質を見られます。

 

今と同じような職業だと、また同じような目に遭って退職してしまうのではないか?面接で、なぜ退職に至ったか聞かれて落とされてしまうのではないか?

 

かと言って、未経験のジャンルに挑戦しても、年齢や今までの経歴から不適当と判断されてしまうのではないだろうか。

 

転職はポジティブなイメージを抱けないと、ただただ面倒なイベントとなってしまいます。

 

実際に転職活動をする前から不安を抱いてしまうと、実はこのままの環境でいたほうが良いのではないか?と錯覚を起こし始めます。

会社に恩がある

例えば、就職時、何かはからいを受けて有利にことが進んだ場合は直接的に恩を感じると思います。

 

それ以外の場合ですと、「働かせてもらっている」や「採用や教育など投資してもらった」などで恩義を感じている場合があります。

 

実際に自身の生活を成り立たせているのは今勤めている会社が給料を支払ってくれているからであり、しっかりと働くこでで貢献するという思いはとても大切なものです。

 

自身が辞めてしまうと、残された仲間への負担はより重くなる…そして自分が居なくなったら今の仕事はどうしても滞りが出てしまう。

 

今まで働かせてくれた会社に、恩を仇で返すことになってしまう。

 

そう考えてしまうだけで、やはり自分は退職すべきではないのか?と悩んでしまいます。

親に止められる

転職や退職を考える年代の親に当たる方々によっては、

 

・働かせてもらうだけでありがたい

・辞めることが悪いこと

 

と考えてしまう方がいます。このような考えを持っている場合、ただ辞めるということが悪い事のように捉えられてしまいます。

 

また、純粋に子の心配をして退職を引き止めたりする場合もあります。

 

親はどうしても子供の心配をしてしまうもの。特に、生活が危うくなる=子供がつらい思いをしてしまうと居ても立っても居られない気持ちになります。

 

中には「自分では面倒を見きれない」「世間体が…」などと保身を考えるあまりに無理を強要することもあります。

 

しかしながら、子供としては、一番身近であった自身を育ててくれた親が引き止めてくると心配をかけていると気にしてしまいます。

 

「本当に自分の行動は正しいのだろうか?」こう思ってしまうだけで、決断を鈍らせてしまう要因となってしまうわけです。

退職を決意できない人の特徴

ではなぜ退職するにしても決意できる人、できない人で分かれてしまうのでしょうか。

 

ここでは退職を決意できない人の特徴を挙げ、それぞれ詳しく書き出していきましょう。

自分の意思がない人

退職するという事は、今置かれている環境から抜け出して新たな挑戦をするという、自分で決断して未来を切り開こうとする意思になります。

 

自分の意思がない人は挑戦する意思も弱く、現状納得できない環境にいることを自覚していてもそれを改善しようとは動きません。

 

例えば、仕事でなにか問題点や改善点があっても「上司に言われたから」と、自分の意思を通すことはしません。

 

主に自分の意思がないと言われる人は保守的で、変化を嫌う傾向にあります。

 

転職して面接を受けたり、新たな人間関係を築くぐらいならこのままの環境でいたほうがマシとさえ考えてしまいます。

 

そのため、挑戦する行動だけではなく諦めぐせがついてしまっている事が多いです。

自分に自信がない人

自分に自信がなく、失敗を恐れる人は前に踏み出すことを悪いことと捉えがちです。

 

新しいことに挑戦するで自身が傷つくのをひどく恐れ、ネガティブな発想から批判や非難されることに過剰反応してしまいます。

 

自信がない為、常に何かを行う前から悪い結果を描いてしまい、そうならないように挑戦する前から避けられることは避ける行動を取ります。

 

結果、挑戦することもなく現状維持で満足してしまいます。

 

また、完璧主義者でいると常に満足できない自分に苛立つこととなり、慢性的に自信をなくしてしまう傾向に陥ってしまうこともあります。

 

ある意味では悪い方向へと決めつけてしまっている部分でもあるので、様々な価値観や選択肢があるにも関わらず視野が狭くなっている状態とも取れます。

将来やりたいことがない人

特にやりたいことが将来ない人の場合、悩んでいるか悩んでいないかでも変わってきます。

 

悩んでいる場合、やりたいことが見つけられないと試行錯誤しています。しかし、実は様々な理由から挑戦することを避けています。

 

・行動する前に諦めている

・面倒くさいと思ってしまう

・周りの目を気にしてしまう

 

やりたいことがある人は積極的にいろいろなことへ挑戦しています。やりたいことが見つからない人は、挑戦する前に何らかの理由をつけて挑戦しない傾向が多いです。

 

また悩んでいない人の場合、現状に満足しているためこれ以上の向上を望まないといった考えがあります。

 

しかし、現状に満足している場合は退職しようと考えないので、少しでも違うと感じたら満足しようと思い込んでいるだけかもしれません。

退職の決意をできないリスク

ズルズルと退職の決意ができないまま時間を浪費してしまった場合、どのような問題が起こるのでしょうか。

 

決意をしないまま先送りにしてしまっている人は、特に気付かない部分です。是非押さえておきましょう。

業務が疎かになる

退職を意識しながらも決意をしない状態では、現在の業務に集中することは難しいことでしょう。少なくとも今の仕事が楽しく、やりがいが持てるなら退職を考えたりはしないからです。

 

振り返ってみてほしいのですが、仕事に集中できる環境というのは思った以上に他のことを考える余裕が良い意味でありません。

 

仕事に慣れているからこそ他のことを考える余裕があり、集中できない理由があるから楽しみを見いだせず、結果業務が疎かになります。

 

また、自身が本当にやりたいことを出来ていない現状に焦っている場合もあります。

 

業務が疎かになると周囲への迷惑にもなりますし、悩んでいる間は自身がスキルアップ出来た貴重な時間をただ浪費しているだけになります。

転職活動を行えない

ただ漠然とした「辞めたい」という意識がある状態では、何も行動は行えておりません。現在働いている環境に不満があり、改善するためには

 

自身の意識を改革させる

・環境を変える

 

この2つが最善の手段です。

 

しかし、自身の意識を自分で改革させるのは容易ではなく、なにかきっかけや強い意思が働かないと転職により環境を変えるのが一番手っ取り早く効果的です。

 

今までパッとしなかった人が、転職により環境が変わった途端活躍するというエピソードはよく聞く話です。

 

事実、人は時間や環境、その他いろいろな影響を受けて価値観がいい方向にも悪い方向にも変化していきます。

 

退職を決意しないことにより、転職活動が思うままに進められない状態が続くことになります。

無駄な時間を過ごすことになる

上述したように、退職を決意しない間はただ悩んでいるだけの時間となります。

 

感情を抜きにして合理的に考えるならば、自身が悩んだ瞬間に問題を特定し、何をするのが最適なのかを模索したほうがより建設的です。

 

この悩む時間というのは、ほとんどの場合無駄な時間を過ごしていることが多いです。悩んでいる間に、前向きに対処できる方はどんどん挑戦していきます。

 

そして社会人では年収や待遇、自身のモチベーション維持や欲求の解消などにその差が現れてきます。

 

しかしながら、多くの方はその悩んでいる時間が無駄とは思っていません。本当は変わりたいけど、変わるのが怖いという状態が前に進むことをためらわせています。

 

自分が悩んでいるということに気付かない方もいるので、自身が何を思っていて何をしたいのかを振り返られる人は強いです。

退職を決意できない人の対処法

どうしても退職を決意できない…という方は、自分だけで悩むのではなく他人の力を活用すると上手くことが運べる場合が多いです。

 

いくつか対処法を書き出してみましたので、参考にしてください。

転職エージェントに相談する

転職エージェントとは、一般的な転職サイトとは違い利用者のやりたいことや得意なことなどをしっかりと聞き取ります。

 

その情報を元に利用者に合った企業を探してくれる為、働いてから「なにか違った」とすれ違いが発生する確率を格段に下げてくれます。

 

客観的に自身の適性や考え方、やりたいことを見出してくれる可能性も高い為、思った以上に自分に合った環境へ身を置くことが出来る場合もあります。

 

自身の市場価値を知る意味でも相談してみると、退職の決意を固めるきっかけが作れるかもしれません。

信頼できる先輩に相談する

信頼関係が築けている先輩なら、その会社の状況や今までの自身の経験に沿ってアドバイスをすることが出来ます。

 

自分だったらどうするのか、先輩の個人的な思いとしてはこうしてほしいなど、質問の意図をこちらで示して聞いてみるのもいいかもしれません。

 

あくまで決めるのは自分自身ですが、信頼できる方からのアドバイスを求めることで「自分が何を求めているか」に気付けることもあります。

 

注意してほしいのは、相談したことによって不当な立場にさらされないか冷静に考えた上で相談する相手を決めることです。

 

どんなに信頼していても、盲目的に相手を信用しすぎると思わぬ窮地に立たされる場合があります。

退職を決意した後の流れ

退職を決意し、転職の有無はともかく現在勤めている会社を辞める際はどのような流れとなるでしょうか。

直属の上司に退職意思を伝える

まず退職の意思を直属の上司へ伝えます。直属の上司とは、同じ所属内の自身に一番近い上司となります。

 

先輩であっても役職がなければ上司ではありません。また、先輩や同僚に伝えたくてもまずは直属の上司へ退職の意思を伝えましょう。

退職願の提出、退職日の決定

直属の上司に退職の意思を伝え、退職の了解を得ましたら退職願を提出します。

 

状況によっては会社側より「退職届を提出してくれ」など指示がある場合があります。また、会社の規則を確認する為に直属の上司へ聞くのも有りです。

 

その後、更に上へと話が伝わり、正式に退職が決まったら退職日が通達されます。

引き継ぎをする

自身の受け持つ業務を、後任者へ引き継ぎします。

 

この時に有給休暇の消化を行いたい場合、会社側の都合を無視して消化しようとすれば退職トラブルへ発展する恐れがあります。

 

余裕を持ってスケジュールを組み、快く送り出してもらうよう動きましょう。

退職の挨拶をする

最後にお世話になったことを伝え、退職の挨拶を済ませます。特に深く関わった方は個別に挨拶をするのも良いです。

 

退職トラブルを防ぐためには、最後まで一貫して感謝の気持ちを伝えるようにすることで相手にもしっかりと感謝の気持ちが伝わるでしょう。

まとめ

退職の決意をしない状態は、ほとんどの場合チャレンジする時間を無意識に浪費しています。

 

どうしても前に踏み出すのを恐れていたり、周囲を気にかけていたりするといつまでも自身が感じ取っている嫌な感情は消えることがありません。

 

ここで大切なことは、ふと思い立った最初の感情に気を留めることです。

 

・辞めたいな

・こんな仕事をしてみたいな

・もっと自分らしく働きたい

 

など、ふと思い立った時に感じた何気ない感覚は自分の本当の欲求です。

 

時間が経つといろいろな理由を付けて先延ばしにしてしまいがちなので、少しでもこれらの傾向を感じ取ったら振り返るきっかけに転換しましょう。

 

悩んでいる方が、少しでも多くの挑戦を手にすることが出来るようお祈りしております。

この記事のライター

日本一の資格マニアを目指して日々資格勉強に励んでいます!少しでも記事を読んで下さったら嬉しいです。

関連するキーワード


退職 決意

関連する投稿


仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事を辞めることが決定したら、次は辞めどきはいつなのか考えるでしょう。基本的には、退職することは労働者の権利であるため、自分次第となります。ただし、円満退社を望むのであれば、会社にとっても良いタイミングであることが求められます。この記事では、理想の辞めどきを紹介しています。


退職するのが申し訳ない…罪悪感で会社を辞めれない時の対処法

退職するのが申し訳ない…罪悪感で会社を辞めれない時の対処法

自分が退職することで誰かに迷惑をかけてしまい申し訳ないと感じてしまうことがあると思います。退職するということは、人員が足りなくなったり、引き継ぎ業務が必要になったりするので誰かに迷惑をかけることは仕方がないことです。心配な方のために円満退社のコツを紹介します。


退職が決まると同僚、上司に無視された?仕事が辛い時の対処法

退職が決まると同僚、上司に無視された?仕事が辛い時の対処法

上司に退職すると伝えた次の日から、上司や職場の同僚たちから無視されるようになった…退職願を提出しようとしても上司に無視されるので提出することができない…と困っている人は少なくないでしょう。この記事では、そのような状況の対処法を紹介していきます。


会社を最短で退職する方法は?急いで辞めるリスクと対処法!

会社を最短で退職する方法は?急いで辞めるリスクと対処法!

今から最短で退職するといつが退職日になるのだろう?また、最短で退職する方法にはどのようなものがあるだろう?と考えたことはありませんか?この記事では、最短で退職する方法や急いで退職してしまうことのリスクを説明しています。


退職日に保険証を返し忘れた!郵送で返却するのは良いの!?

退職日に保険証を返し忘れた!郵送で返却するのは良いの!?

退職するときに保険証を返却するのを忘れていた!、もう一度会社まで返却しに行かなければいけないのか?もしくは、郵送をしても良いのか?できるならば、郵送で済ませたいですよね。この記事では、保険証の郵送が許されれるのか説明していきます。


最新の投稿


仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事で苦痛を感じていませんか?仕事から大きなストレスを感じて退職してしまう人は少なくないです。ひどい場合には、仕事で受けたストレスから社会復帰できなくなってしまう人もいるほどです。この記事では仕事が苦痛だと感じてしまう理由と対処法を紹介していきます。


飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

「働いている飲食店がブラックすぎて辞めたい…」と考えている人は少なくないでしょう。飲食業界はブラックで有名です。この記事では、飲食店の仕事がブラックになりやすい理由とホワイトな飲食店の選び方を紹介していきます。


社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人はお弁当を作るべきなのでしょうか?お弁当を作るメリットって何なのでしょうか?仕事で疲れていてお弁当なんて作れない…そんな人も多いかもしれません。でも思っているよりも簡単なんです!男でも作れる簡単レシピでお弁当デビューしてみませんか!?


公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員はブラックなのか?サービス残業、厳しい上下関係などのように公務員の仕事が辛いという声をよく聞きます。将来的なことを考えて転職を検討している人も少なくないでしょう。この記事では、公務員の仕事がブラックだと言われる理由と公務員の転職について説明していきます。


仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事を辞めることが決定したら、次は辞めどきはいつなのか考えるでしょう。基本的には、退職することは労働者の権利であるため、自分次第となります。ただし、円満退社を望むのであれば、会社にとっても良いタイミングであることが求められます。この記事では、理想の辞めどきを紹介しています。