退職前に転職先を決める?上司に転職先を聞かれたら答える?

退職前に転職先を決める?上司に転職先を聞かれたら答える?

今すぐにでも退職したい…だけど、転職先が決まらなかったらどうしよう?仕事が見つからないかもしれない?と不安に思う人もいると思うでしょう。転職先を探すのは、退職前と後でどちらが良いのでしょうか? この記事では、メリットとデメリットを紹介していきます。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

退職をしようか迷っているときに、まずは転職先を探し始める人は多いでしょう。

 

しかし、状況によっては退職を優先し、その後にゆっくりと後のことを考えるなど人によって様々です。

 

この記事では、退職前に転職先を決めるべきかどうか。転職先を聞かれたら答えるべきかどうかを説明していきます。

 

様々な視点から退職に関わる動きをまとめていますので、退職前後の動き方について悩まれている方はぜひ参考にしてください。

退職前に転職先を決めるべきか?

退職前に転職先を決めていると、自身の生活の安定が保証される以外にいろいろなメリットがあります。

 

ここではそのメリットについてまとめています。

退職意思を固めることができる

転職先が決まっていないと、退職後に仕事を見つけることができるのか?見つけることができたとしても今より良い仕事なのだろうか?と不安になることがあると思います。


不安が残った状態で上司に退職の意思表示をすると簡単な引き止めに応じてしまうこともあるでしょう。


例えば、「同業種で転職している人は大体、給料下がっているらしいよ?結局、転職してみて後悔している人が多いんだよね…」このように不安を大きくするような煽りに動揺してしまう人は少なくないです。


退職前に転職先を決めておくことで、 退職意思を固めることができるでしょう。

今の会社で働き続けることが限界の状態になってない限りは、転職を先に決めたほうが安心して退職することができるでしょう。

 

精神的に楽な状態で転職活動を行うこと、周りの人間に心配をかけないこと、これらのことを天秤にかけ、悩む場合は転職先を前もって調べることから始めてはいかがでしょうか?

転職先が決まってると引き止めされない?

転職先が決まっていることの裏を返せば、退職することが確定していることになります。さらに、転職先への入社日も決まっているはずなので、今働いている会社で働き続けることができる期限も決まっているはずです。


つまり、会社からの引き止めがあったとしても、「退職すること」、「入社日の前に退職しなければいけないこと」は覆すことができないことになります。引き止めても無駄であることがわかっていれば、理不尽な上司ではない限り、転職先が決まっている人を無理に引き止めようとしないでしょう。


ここで重要なのが、上司に転職先について具体的な質問をされても答えないということです。具体的な答えを教えてしまったら、「それ以上の条件を出すから退職を撤回してくれないか?」、「入社日のギリギリまでは働いてくれないか?」と交渉の余地を与えることになってしまいます。


具体的には、転職先、労働条件、転職先への入社日などは教えない方が良いでしょう。もし、聞かれた場合は、ごまかしたり、自分の都合の良い回答をしましょう。


例えば、入社日を聞かれた場合は、自分の希望の退職日の少し後を回答しましょう。12月末に退職したいと考えている人は、「年明けが入社日になるので年末を最終出社日としたいです。」と回答するようにしましょう。

 

会社側が引き止めにくい状況を少しでも作っておくことで退職しやすくなりますので、転職先が決まっているほうが有利に退職話を進めることは間違いないでしょう。

落ち着いて転職活動を行える

「退職してからの転職活動は不安になる」、これが最大のポイントでしょう。「このまま、どこにも就職できなかったらどうしよう」と思い込むと面接でも不利になる可能性があります。また、収入が途絶える時期が長く続くことになると焦ってしまうこともあると思います。

 

・どこにも所属していない状態

・職がない状態

・収入が途絶えている状態

 

このような状態が長期間続くと人は不安になってしまいます。そのような状態は冷静な判断ができなくなりますし、最終的にはうつ病になってしまう可能性もあります。


落ち着いて満足できる転職活動を行うためにも、安心は必要です。働きながら転職活動を行うことが大変な人は「転職エージェント」を利用してサポートしてもらうのも良いでしょう。


無料で、


・転職相談

・転職先の紹介

・書類作成、面接練習のサポート


などの転職活動の手助けをしてくれます。まずは、一度相談してみると良いですね。

20代にオススメ『行列のできる転職相談所』

無料相談する!

広い層に人気の『doda』


転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。


有給消化期間に休むことができる

退職する前には有給休暇を使い切るために、有給消化期間があると思います。もし、転職先が決まっていなかったら、まずは職探しを優先する必要があると思うので、有休消化期間は転職活動に費やすことになるでしょう。


しかし、転職先が決まっていれば、入社日までやらなければいけないことはないので、自分の好きなように時間を使うことができると思います。この期間を利用して、リフレッシュのために海外旅行へ行ったり、自分のキャリアの再出発に向けてスキルアップに励む人もいます。


このように、転職先への入社前に自分が好きに使える時間があることで、しっかりと切り替えて新しいキャリアを歩むことにも繋がるでしょう。

転職先が決まっていなくても退職すべき場合

では、転職先が決まっていなくても退職したほうがいい場合についてまとめていきます。

 

以下に当てはまる方は、まず自分の身を優先しましょう。

仕事が過酷で辛い

転職先が決まっていなくても退職すべき状況は、ブラック企業で過酷な状況にある場合です。たとえば、

 

・長時間労働

・過酷な労働

・休日出勤が多い

・有給が取れない

・給料が低い

・最低賃金を下回っている

・残業代が出ない

・上司や社長は絶対のトップダウン

・パワハラやセクハラが横行している

 

これらのことで会社に不満を持っている場合は、働くモチベーションを保つことができないでしょう。退職して、切り替えてから転職活動をした方が上手くいく人もいます。

うつ病になった

仕事によるうつ病患者は増えています。社会に出ると、人間関係、労働条件、労働環境など様々な要因からストレスを受けてしまいます。うつ病にもレベルがあり、高ければ高いほど完治するのに時間がかかります。


うつ病を治すためには、まずはストレスとなっている原因を除去する必要があります。

 

うつ病の心の症状には、

 

・抑うつ気分

・過剰な不安

・消えてしまいたい

・死にたい

・やる気の喪失

・意欲の低下

・自分を責める

・会話の内容が頭に入ってこない

 

などのようなものがあります。

 

体に出る症状としては、睡眠障害、食欲の減退、疲労感、倦怠感、動悸、息苦しさ、口が渇く、体の痛みやしびれ、月経異常、吐き気、便秘、下痢、体重減少、髪が抜けるなどがあります。

 

うつ病は、気力で解決できるものではありません。しっかりとした治療が必要な病気です。会社で働ける状態ではないので、うつ病の症状が出ているなら退職することも考えましょう。

やむを得ない事情がある

退職理由でやむを得ない事情として挙がるのは「病気や怪我で働けなくなった」「家族の介護が必要になった」というのが多いです。

 

治療できない病気になってしまった場合や、交通事故で再起が難しいような怪我をした場合は働くことはできないでしょう。

 

先にお話した、ブラック企業体質も、うつ病もやむを得ない事情になるでしょう。

 

確実に退職できる理由としては、「家庭の事情」が自他ともに受け入れやすいものです。

 

女性なら、結婚することになったというのも退職理由になるでしょう。

 

特別なケースでは、お子さんの身体的な問題でしばらく寄り添ってあげたいなども退職理由となります。正当な理由があるなら、遠慮する必要はありません。

上司に転職先を伝えるべきか?

先ほど、転職先が決まっていることで上司からの引き止めに合いにくいとお伝えしました。

 

しかし、より詳しく突き詰めていくと伝えるべき状況とそうでない状況があります。詳しく見ていきましょう。

教えなくても良い

わざわざ、こちらから転職先を教えても何かのメリットがあるわけではありません。逆に、伝えることで転職先に悪い噂を流されるなどのリスクもあります。

 

強く引き止められているなら、上司に納得してもらう材料として転職先が決まっていることを伝える選択肢はあります。その場合も、転職先は教えないで「転職は決まっている」と話すだけで十分です。

 

退職理由としては、現在の会社に対する不満を述べるのではなく、「転職先でしかできない業務があるから」と、転職先に目を向けた内容で話したほうが良いです。

 

「転職先の入社日も決まっていること」、「退職を遅らせることができないこと」を理解してもらいましょう。

聞かれたら答えても答えなくても良い

ある瞬間に、とてもフランクに「転職先は決まっているの?」と言葉をかけられるかもしれません。それでも、退職の手続きが進展しているなら特に答える必要はないです。

 

前述の通り、転職先は教えないで「転職は決まっている」とだけ話せば問題はありません。「それ以上は言えませんよ」と、キッパリと会話を終わりにしたほうが追求は少なく済みます。

 

もし、「転職先を答えないと退職させない」と脅されたとしても、期間の定めのない雇用契約であれば、14日前に退職の意思表示をしていれば、退職届の受理に関わらず退職できることが定められています。

 

期間によって報酬が定められている場合でも、「次の賃金計算期間以後の退職が認められる」とされています。退職の申し出は、賃金計算期間の前半にすればOKなのです。簡単に言うと、退職する前の月です。

ある瞬間に、とてもフランクに「転職先は決まっているの?」と言葉をかけられるかもしれません。それでも、退職の手続きが進展しているなら特に答える必要はないです。

 

前述の通り、転職先は教えないで「転職は決まっている」とだけ話せば問題はありません。「それ以上は言えませんよ」と、キッパリと会話を終わりにしたほうが追求は少なく済みます。

 

もし、「転職先を答えないと退職させない」と脅されたとしても、期間の定めのない雇用契約であれば、14日前に退職の意思表示をしていれば、退職届の受理に関わらず退職できることが定められています。

 

期間によって報酬が定められている場合でも、「次の賃金計算期間以後の退職が認められる」とされています。退職の申し出は、賃金計算期間の前半にすればOKなのです。簡単に言うと、退職する前の月です。

会社に転職先を伝えるメリット、デメリット

更に、会社に転職先を伝える場合のメリットとデメリットをまとめてみました。

 

状況にもよりますが、メリットとデメリットを理解した上で伝えるかどうかを選択いただければと思います。

転職先を伝えるメリット

退職理由の後押しになる

 

会社に転職先を伝えるメリットは少ない、という前提でお話をします。

 

先ほどもお伝えしたように、「転職先の入社日も決まっていること」「退職を遅らせることができないこと」を伝えることで、会社側は無理に引き止めを行わないことがメリットです。退職理由を伝えただけでは、すんなり退職することを認めてくれない場合に利用しましょう。

 

ただ、退職理由の後押しになることについては、「転職先」を伝えることに効力はないと考えたほうが良いです。あくまでも、「退職を遅らせることができないこと」を主張するために、「転職先の入社日が決まっていることを強調しましょう。

 

退職後も関係を保つことができる

 

退職後に関係を保っていたい人もいるのではないでしょうか?同僚や上司など、相談相手としてビジネスパートナーとして関係を保つことで将来の良い人脈となるでしょう。


そのような人たちとは、退職することが確定して、会社全体に退職することが報告された後に連絡先や今後どのようなことをするのかに加えて、転職先を伝えても良いでしょう。

転職先を伝えるデメリット

転職先を伝えることがデメリットになる場合もあります。


引き止めのきっかけになる

 

退職することが確定する前に、上司に転職先を伝えてしまうと引き止めをするきっかけを与えることになります。


例えば、「転職先の会社より給料を上げるから、退職を撤回してくれないか?」と交渉されるかもしれないでしょう。確約されているともわからない交渉を持ちかけられて引き止めに応じてしまうのはあまりオススメしません。


また、退職が確定する前に同僚に転職先に伝えることもリスクがあります。同僚に悪気がなかったとしても、うっかり噂として広まってしまうこともあります。トラブルの原因になったり、引き止めのきっかけになるので避けるようにしましょう。

 

転職先にネガティブな噂を流されるリスク

 

上司の個人的な感情にしても、会社側の措置だとしても、転職先にネガティブな噂を流されるリスクがないとは言えません。

 

最悪な場合は、あなたが不正をしていたかのような嘘がデマとして伝わることも考えられます。

 

自身が持つスキルを活かそうと考えれば、現在の会社とよく似ている業種の会社に転職することが多いです。そうなると転職先と会社はライバル的な関係ですから、会社側は面白くないだけです。

 

取引先を取り合うようなことも考えられます。あとになってどこかで顔を合わせるにしても、どこで何を言われるかはわからないというのが現状です。


転職先を言いたくない時の対処法

退職となれば、必ずその後の行動は興味から誰しも聞きたがるものです。

 

それでも転職先を伝えたくない場合、どのような対処法が有効と言えるでしょうか?

転職活動をしていないことを伝える

「どこかに転職するの?」と上司に聞かれて、転職先を言いたくない時の対処法には「転職活動をしていないことを伝える」方法があります。これは言い切ってしまうわけです。

 

転職活動をしていないことを伝える場合は、退職理由については個人の理由であるとぼかしましょう。上司に誘導されて、転職のための退職であると言わされないようにするということです。

 

その個人の理由を聞かれれば、「家庭の事情です」とオブラートに包んだ言い方で返答するのが無難です。

 

さらに、「家庭の事情が落ち着いてから、再就職することも考えたいと思っています」というような言い方であれば相手も納得しやすい流れになります。

 

今すぐ転職するわけではなく、家庭の事情が落ち着いたら再就職することも考えるというスタンスですね。

転職先が決まっていないことを伝える

転職先が決まっていないことを伝える場合は、転職活動はしているけど、決まっていないというスタンスを取ります。

 

「なかなか決まらないんですよねぇ」と、泣き言をもらすような演技ができればより効果的ですよね。しかし、そのままだと退職しないほうがいいのでは?と無駄な引き止めに発展する恐れもあります。

 

そのため、「転職先については、決まったら真っ先にお知らせします」と上司を立てるような言い方をしておきましょう。

 

最後に退職の挨拶をする場が設けられたら、同僚を含めた全員へ転職が決まった旨を伝えるという方法でスッキリさせて追求はそこそこに退職。という流れが出来ます。

 

「退職が正式に決まってから転職先を伝える」としておいて、それ以上は追求されないようにするというのは、心臓にも悪くないと思います。

転職活動中であることをバレるのは良くない

転職活動を秘密裏に行っていて、離反しようとしているなどと思われてしまうとイメージが極端に悪くなってしまいます。

 

そうなると、退職トラブルに遭遇する確率が高くなる可能性も、覚えておいたほうが良いかもしれません。

転職活動の邪魔をされる

まず、多いのは精神的なプレッシャーをかけるというものです。邪魔をするというよりは自然に発せられる嫌味です。この言葉攻撃は、意外にメンタルへのダメージが大きいです。例えば、以下のようなことが挙げられます。

 

・「転職して本当に通用するの?」

・「転職に失敗したらどうする?」

・「転職活動に失敗しても後戻りできないよ」

・「他の人に迷惑をかけて何も思わないのか」

 

という調子です。具体的に転職活動をさせない手段でよく聞くのは、「有給を取るんじゃないだろうなぁ、この忙しいときに!」と残業を増やすことです。

 

日々、気力も体力も奪われるので転職活動どころではない状況に追い込む目的であったりします。

退職日までの気まずい期間が長くなる

「辞める人」に対しては、嫌な思いをぶつけてくる人が必ずいるものです。大抵の人は嫉妬から無意識に攻撃的な行動を取るほどです。

 

あからさまに態度へ出てしまう人は、嫉妬を抑えるほうが難しいと言われています。

 

具体的には、「残される私たちに身にもなってよ」という感情が多かれ少なかれ誰にも芽生えます。何かあるたびに、八つ当たりを受けるかもしれません。

 

同じように転職を考えていた人にとっては、「自分が辞めにくくなった」ことで許せない気持ちが生じます。その状態ですと、雰囲気は良くなりません。

 

会社の部署としては、当然のことですが会議に呼ばなくなります。転職する人には、企業秘密になるともっともらしく理由付けをされ、同僚のみんなの対応も一変します。

 

その上で、引き継ぎ業務だけは追求されます。転職を理由に退社するというのは、嫉妬されやすい傾向にあります。

まとめ

退職前に転職先を決める?上司に転職先を聞かれたら答える?これらはどうしてもケースバイケースとなる問題なので、様々なことを想定して状況別の見解や予想されることをお伝えしました。

 

転職を考え始めた時点で、退職したい理由は自分の中では明確になっているはずです。それをそのまま会社側に伝えたのでは、トラブルが起きる確率は高くなってしまいます。

 

それは例え、可愛がってくれていた上司であっても、横暴な上司であっても、すんなりと退職をさせてもらえないのは同じです。

 

会社には、守るべき組織の風潮があるからです。また、利益も顧客も信用も失うわけにはいきません。

 

退職と転職を成功させるには、あらゆることを頭の中で想定して受け答えするのも大事ですが、会社側の事情も十分に受け止める大きな心の器が必要です。じっくりと準備をしましょう。

社会人にオススメ動画
⬇︎鬼滅の仕事人ch⬇︎
転職成功するなら
⬇︎転職エージェント診断⬇︎

診断してみる

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職 転職先

関連する投稿


退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

退職をちらつかせる部下の対処法とその心理とは?

少しでも注意をすると、すぐに退職をちらつかせる部下はあなたの周りにいらっしゃいますか?今回はその部下に対しての対処法や、心理などを紹介していきます。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。


退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に、ほとんどの人が有給休暇が残っていると思います。その際に、全て有休消化してしまおうか迷いますよね。特にお世話になった会社や退職ということで迷惑をかけてしまう上司に強気で交渉できない人は少なくありません。この記事では、退職時の有休消化について詳しく説明していきます。


退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思った時にどのような手続きが必要なのか、いつ退職できるのか理解できていますか?退職はいきなりしたいと思ってもできないものです。今後、退職する予定がある方は今のうちに理解しておきましょう。この記事では、退職するために必要なことを詳しく説明しています。


最新の投稿


他人に期待しない生き方をすべき理由?期待せずに生きる方法!

他人に期待しない生き方をすべき理由?期待せずに生きる方法!

他人に期待しないで生きることにはメリットとデメリットのどちらもあります。誤解されやすい他人に期待しないという考え方をしっかりと理解することで人生の役に立つかもしれませんよ。この記事では、他人に期待しないの意味や期待せずに生きる方法を紹介します。


自分を客観視する事は大切?客観視できるようになる方法8選!

自分を客観視する事は大切?客観視できるようになる方法8選!

自分を客観視することは冷静な判断をするために不可欠です。また、自分を客観視することができるとビジネスや人生で成功しやすいともいわれています。この記事では自分を客観視することのメリット、客観視できるようになるための方法を紹介します!


話が長い人は要注意?だらだらと話すデメリットと簡潔に話す方法

話が長い人は要注意?だらだらと話すデメリットと簡潔に話す方法

話が長い人だと指摘されたことはありませんか?話が長い人は仕事上で不便が生じるだけでなく頭の悪い人などと相手からの印相を下げることにもなりかねません。この記事では、話が長くなってしまう理由と改善方法を紹介していきます。


視野が狭い人の特徴とデメリットは?すぐに試せる4つの改善策!

視野が狭い人の特徴とデメリットは?すぐに試せる4つの改善策!

上司に視野が狭いと注意されたことはありませんか?視野が狭いことで生じるデメリットは意外にも多いので、視野の狭さが気になる方は改善すべきです。この記事では、視野が狭い人の特徴と改善策をご紹介します。


人の気持ちがわからない人の特徴と理由は?上手く付き合う方法!

人の気持ちがわからない人の特徴と理由は?上手く付き合う方法!

「あなたは人の気持ちがわからない人だね」と言われたことはありませんか?言われているあなたはそれほど重く受け止めていないかもしれませんが、相手はあなたが思っている以上に深刻に悩んでいる可能性がございます。この記事では、人の気持ちがわからない人の上手な対応方法を紹介します。