消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。




消防士は、人の命を救うこともあり、非常にやりがいのある立派な仕事です。


しかし、そのような消防士は皆さんが考えているよりも遥かに過酷な仕事です。「もう辞めたいけれど、せっかく消防士になれたから辞めてしまうのは勿体無いかも…」と悩んでいる消防士の方は少なくありません。


今回は、消防士が辞めたいと思う理由や退職する時におすすめの「退職理由」についてご説明していきます。最後には、消防士の方が次に転職するおすすめの転職先もご紹介しますので参考にしてくださいね。

消防士を辞めたい理由

はじめに、消防士を辞めたいと思う理由についてご紹介していきます。一般職とは違う消防士を辞めたい理由は、消防士経験がある方でないとあまり理解できないかもしれません。

体力がもたない

消防士の仕事は、皆さんが考えている以上に過酷なものです。シフト制などで勤務時間が決められていますが、緊急で出勤命令が下ることもあります。休日も、いつ呼び出されても良いように心構えをしておかなければなりません。


また、消防士の方は、自分が火傷や怪我を負わないように「防火服」という生地の厚い服を着て消火活動を行うのが一般的です。


防火服は「耐熱性」「防水性」に優れており、消防士の命を守るアイテムの一つと言えます。しかし、真夏の炎天下での消火活動では特に体力を消費することでしょう。


こうした、体力を多く使う毎日が重なり体力の限界を迎え、体調を崩してしまう人も珍しくはありません。消防士を辞めたいと考える理由として、最も多いのではないでしょうか。


また、加齢によって体力を失ってしまい、消防士の仕事を続けることが厳しくなる方もいらっしゃいます。20〜30歳の頃は日頃から筋トレを行い筋力をつけてたが、40代に入ってから筋トレもきつくなってしまったということもあるでしょう。

プライベートの時間を落ち着いて過ごせない

先にも述べたように、消防士の休日は緊急で出勤命令を受けることがあるため、確実に休日を満喫できるわけではありません。


せっかくの休日に、午前中いっぱい寝ていたいと考えている方や、家族と公園に出かけたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。


しかし、緊急の出勤命令が入ればその予定も全てキャンセルせざるを得ないのです。自分の時間を確実に確保できないというのは、非常に大きなストレス要因になります。

人間関係が上手くいかない

消防士の世界は、「ザ・男社会」という環境です。女性はほとんどいません。


男社会の特徴として考えられることは、「上下関係がはっきりしている」ことです。サラリーマンでもよくある話ですが、上司の命令は絶対という暗黙のルールがある会社も少なくありません。


消防士の世界も同じように、上司や先輩の指示は絶対です。


さらに、パワハラが頻繁に行われています。上司や先輩から罵声を浴びせられることは、日常茶飯事です。消防士になりたての方は、理不尽な罵声に耐えられずうつ病を発症してしまう方もいるでしょう。


このような環境では、人間関係を円滑に築こうと自分の努力だけではどうにもならないことが多いです。人間関係が問題で消防士を辞めたいと思う方も珍しくはありません。

給料が仕事に見合わない

消防士をやめたい理由の一つに、「給料が仕事に見合わない」ということもあります。


消防士の仕事は、炎の中に飛び込み、逃げ遅れてしまった方を救助して消火活動を行う立派な仕事です。しかし、このように命をかけて働く危険な仕事の割に、給料が低いことに不満を持つ方もいます。


消防士の平均年収は「718万円」と言われています。(参考:総務省ー平成30年地方公務員給与実態調査結果等の概要)


一般企業からしたら決して低くない金額ですが、命を落としてしまうかもしれない危険な職業の割には低いことが分かります。消防士は、公務員として安定している職業と言われていますが、激務で労働環境は決して良くないことを考えると、給料に不満を感じている方がいても不思議ではありません。


この平均年収は、あくまでも平均です。20代、30代のうちは、平均年収は300万円代とサラリーマンと比較しても低い収入であることが考えられます。

労働災害が起きやすい

常に危険と隣り合わせの消防士は、「労働災害」が非常に起きやすいです。


労働災害とは、業務上または通勤中に、怪我・病気・障害・死亡などの災害に巻き込まれることを言います。


消防士は、炎の中に入ったりと火に近い場所で作業を行います。この仕事は、火傷や死亡の災害が非常に多いと考えられますよね。また、消火活動中に熱中症になる危険性もあります。


怪我や病気、死亡などの労働災害が起こりやすい労働環境では、自分も安心して働いてはいられないですし、家族も心配でたまりませんよね。


なくてはならない職業ですが、非常に危険を伴う職業でもあります。

家族、友人、恋人との時間を優先する

日常の激務に追われて、家族や友人・恋人と満足のいく時間を過ごせないこともストレスになります。


休日に緊急で出勤命令が下ると、予定をキャンセルしなくてはならないため、あまり約束を入れないようにしている方も少なくありません。


消防士の方の中には、一般企業で働いている友人が自分の自由な時間を持っていることを羨ましく感じ、転職を決意したという方もいらっしゃるでしょう。


一般企業と働き方が全く違い、家族や友人・恋人との時間を優先できない消防士を辞めたいと考えることが多いのです。

消防士を辞めるリスク

続いて、消防士をもしも辞めてしまった場合のリスクをご説明していきます。消防士は公務員のため、消防士になるのに苦労した方も多いでしょう。消防士を辞めたときのリスクをしっかりと把握した上で、辞めるかどうかを検討できると良いですね。

公務員という安定の肩書きが失われる

消防士を辞めてしまうと、当然ながら「公務員」という肩書きが失われることになります。


「公務員は安定しているから消防士を選んで就職した」という人にとっては、悩ましい問題でしょう。そういう方は、消防士から他の公務員に転職してしまうのも良いですよね。


それだと安定の公務員という肩書きは失われることはありません。


しかし、現在の職が公務員の消防士だったとしても、また改めて公務員試験を受けることになります。しっかり公務員試験対策も必要になるでしょう。


また公務員と一口で言ってもさまざまで、転職難易度の高い国家公務員から、比較的転職しやすい地方公務員まで数種類あります。安定の肩書きを手放したくない方は、公務員への転職も検討してみましょう。

退職することを受け入れてもらいにくい

消防士は、先述の通りガチガチの男社会です。退職理由によっては、「根性がない」など罵声を浴びせられ退職を引きとめられてしまうかもしれません。


退職を引き止める行為は一般企業でもよく見かけますが、消防士の場合には上司や同僚などから心無い言葉を受けてしまうこともあるでしょう。


しかし、どうしても消防士を辞めたいと考えているのなら、そのような理不尽な罵声に負けずに退職を申し出ましょう。どんなに引きとめてきても、「辞めます」「転職先が決まりましたので辞めます」など、こちらの意思表示を行なってください。


退職することを受け入れてもらいにくいかもしれませんが、受け入れてもらえないことはないのです。

転職先に困る

消防士を辞めたら、転職先に困ってしまう人もいるかもしれません。消防士は非常に特殊な職業です。体力を使わない一般事務などに転職したいと考えていても、「果たして自分にできるだろうか」と不安に感じる方も少なくないでしょう。


しかし、転職する際に不安を感じない方はいません。消防士の方ではなくても、一般企業の方が転職するときにも不安を感じるものです。


自分が消防士を辞めて、どのような職業で働きたいのかが決まっていない方は「転職エージェント」を活用してみましょう。


転職エージェントは、完全無料のサービスで、転職に関するさまざまな相談に乗ってくれます。また職務経歴書や面接などの対策を行なってくれるところも人気の理由です。


消防士をしていたことで、「精神力」や「どんな時でも冷静さを保つ」ことを身につけていると考えられます。それらの強みを面接で分かってもらえれば、転職も難しい話ではありません。


まずは、どのような転職先を選ぶのか自分の中で考えてみましょう。

辛いまま働き続けてはいけない

消防士を辞めたいと考えながら働いていると、集中力に欠け労働災害に遭う可能性が高くなってしまうかもしれません。辛い気持ちのまま働き続けるのは辞めましょう。

消防士は誰にでもできる仕事ではない

消防士という職業は、誰にでもできる仕事ではありません。責任感や正義感が強く、粘り強い気持ちも持ち合わせていなければ続けられない職業です。


もし、あなたが、「自分には消防士は向いていないかも…」と思い始めているのならば転職することをおすすめします。


また、体力や気力を必要とする仕事ですから、加齢とともに老いてしまった身体に鞭打って続けられるものではありません。自分の体力の限界に気づいたら、転職する良いタイミングと考えられますね。

向いている仕事は他にある

消防士に向いていないからと言って、他の仕事も向いていないとは限りません。その分、他の職業であなたの実力を発揮できる可能性があります。


しかし、消防士になったばかりで退職してしまうと、転職活動に影響するおそれがあります。入社して少なくとも半年間は、消防士の職業が自分に向いているのか否かをしっかりと見極めてから転職することを考えましょう。


あまりにも短い職務経歴では、転職する際に企業側は「この人は本当に長く働いてくれるだろうか…」と不安になり採用してもらいづらくなってしまいます。


消防士になってすぐに辞めたいと思っても、ある程度は見極めの期間も必要です。この間に、転職活動の準備を進めておくのも良いですよね。

無理をしすぎるとうつ病になる

「消防士を辞めたい…けど上司や先輩が怖くて言い出せない…」と悩んでいる方もいるかもしれません。


消防士だけの話ではありませんが、仕事に対して多くの悩みを抱えストレスを常に感じている状況が長く続いてしまうと「うつ病」になってしまうおそれがあります。


うつ病は、治るまでに長い時間を要し、自分の人生の時間を無駄に過ごしてしまうことになるのです。仕事のために仕事をしているわけではありません。自分のために仕事をしていることを忘れないでください。


会社に属し集団の中で働くことは、確かに多少の我慢も必要かもしれません。しかし、自分が抱えきれないストレスや悩みがある方は、思いきって転職することをおすすめします。


我慢ができる心の容量は人それぞれです。「あの人はここまで我慢したから自分も我慢しなきゃ…」と無理をしすぎないように注意しましょう。

消防士にオススメの退職理由

消防士を辞める際の退職理由をご紹介します。確かに辛く厳しい消防士の仕事ですが、自分の考えていることをありのまま話してしまうと、退職を引きとめられてしまうかもしれません。


退職理由を述べるときは、はっきりと伝えることをおすすめします。

前向きな理由、特別な理由を選ぶべき

退職する際に、円満に辞められることが誰にとっても一番ですよね。そこで、消防士として働いていたときに厳しい指導をしてきた上司や先輩に対して、悪口を言って退職をするということなどは避けましょう。


自分に溜まっていた鬱憤を晴らせるのは良いですが、残った人たちはまだ消防士として働いていく人たちです。嫌な雰囲気を残して辞めるのはおすすめしません。


退職する際には、「前向きな理由」「特別な理由」を述べて辞めると良いでしょう。下記にご紹介する退職理由は、実際にもよくある話なのでおすすめです。

他にやりたいことがある

「他にやりたいことが見つかった」という退職理由は、会社にとって快く受け入れてくれる退職理由の一つです。


ここで注意したいのが、退職理由について深く突っ込んで聞いてくる人もいるということ。


「やりたいことって何?」と聞かれることを想定して、しっかりと答えられるように考えておきましょう。働きたい職業が見つかった方は、その職業の話をしても良いでしょう。起業を考えている方は、企業の話をしてみても良いですよね。


ここで大切なのは、はっきりと答えることです。曖昧に答えると、「他にやりたいことはないけど、消防士が嫌で辞めるんだな」と伝わってしまうからです。

親の介護をしなければいけない

また、「親の介護」を理由に退職する方も多いでしょう。


しかし、親の介護を理由に辞める場合は、自分が少なくとも40歳以上でないと怪しまれてしまう可能性があります。20〜30代のうちは親も介護を受ける年齢ではありません。


「親が何らかの事故に巻き込まれ障害を負ってしまった」「親が病気になってしまい介護が必要」などの特殊なケースを除いては、若い方はあまり使えない退職理由でしょう。


また、上記で紹介した特殊なケースを使用して嘘をつき退職する場合は、仲の良い職場の人がいると「見舞金」をいただいてしまったり心配の声をかけてもらったりと、嘘をついた事に罪悪感を感じることもあるでしょう。


もし、嘘をつくのなら、嘘をついても問題がないかどうか考えた上で述べることをおすすめします。

家庭の事情で引っ越す

「家庭の事情で引っ越す」などの理由で退職する人も多いです。遠い場所へ引っ越しをしてしまったら、そこの職場まで通勤することは不可能になるため退職するのが自然な流れと言えます。そして、会社も退職を認めざるを得ません。


「結婚するため引っ越す」などの嘘をつく際には、やはり「祝い金」を準備してくれる方もいるかもしれません。嘘をついて退職する場合、人に迷惑をかけない嘘をつきましょう。


しかし、退職理由が嘘だとバレてしまったときに、退職理由で待遇が変わっていないのならば問題はないでしょう。退職理由で、何らかの待遇が変更されていた場合は、会社から訴えられてしまう可能性もあります。


なるべく嘘はつかず、はっきりと退職理由を述べることが大切です。

消防士にオススメの転職先

最後に、消防士の方におすすめしたい転職先をご紹介します。どのような職業に転職したいのか決めかねている方は、参考にしてください。

事務

消防士を「体力的な理由」から辞めたいと考えている方には、「事務職」がおすすめです。


事務職は、基本的にデスクワークなので体力はあまり必要としません。勤務時間も多くの場合は定時として決められています。消防士の方で、規則正しい生活に憧れている方は事務職への転職も視野に入れて転職活動をしてみましょう。

営業

消防士から、いきなり事務職へ転職すると「座っていることが苦痛…」とデスクワークが苦手になってしまう方もいらっしゃいます。


そのような方は、「営業職」もおすすめです。営業職は、外回りなどで体を動かすことが多い職業です。また、売り上げなどが目に見えて仕事をすることができるため、目標達成に向けて努力できる方に向いている職業です。


消防士時代に培った粘り強さを活かせる営業職への転職もおすすめします。

物流、配送

「外回りほど体は使いたくない」という方は、「物流、配送職」も検討してみましょう。


物流や配送の仕事は、機械を操縦し荷物を運んだり備品管理をしたりと、仕事の内容は多岐に渡ります。


座りっぱなしの事務職や、動き回っている営業職は嫌だけど、少し体を動かしておきたいという方におすすめの職業です。

製造業

「製造業」とは、モノづくりをする仕事です。消防士のような研ぎ澄まされた集中力を持っている方におすすめの職業と言えます。


製造業もさまざまで、大きなものから小さなものまで製造するため、自分が何を製造してみたいのかを考えて決めましょう。


製造業は、シフト制の職場も多く、繁忙期には残業も頻繁にある可能性があります。体力的には消防士よりも比較的楽かもしれませんが、家族との時間を大切にしたいと考えている方は製造業ではなく、勤務時間が定時として決められている職種をおすすめします。

トラックの運転手

消防士として働いていたときに、人間関係で苦労し、もう人とあまり関わらない仕事がしたいと考えている方には「トラックの運転手」も検討してみましょう。


トラックの運転手は、主に荷物の運搬をしていますが、一人でトラックを運転するためあまり人間関係のトラブルはありません。


一人で気軽に働きたい方にぴったりの職業です。

警備員

「警備員」は、消防士として鍛えてきた体力を活用できる職種です。


警備員も比較的人と関わることは少ないため、一人で仕事をしたいという方におすすめです。しかし、警備員の給料は一般的なサラリーマンと比べても低い可能性があります。


どこに転職するのか、どんな職業についてみたいのかも重要ですが、安定した生活を求めている方はしっかり給料についても入念に調べておきましょう。

まとめ

今回は、現在消防士として働いている方が、消防士を辞めて転職する際の転職理由についてご紹介してきました。本記事のポイントは以下の通りです。


・消防士の仕事は、「体力的にきつい」「命がけの割に安月給」「労災に遭いやすい」「プライベートな時間が持てない」

・人間関係もあまり良好とは言えない

・消防士の仕事は自分に合わないと感じたら転職をしよう


消防士という仕事は、世間体も良く安定していると言われています。そして、人の命を救うやりがいのある仕事でもあります。しかし、過酷な激務であることに変わりはありません。


無理して続ける必要はなく、自分にあった職業を見つけましょう。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


消防士 辞めたい

関連する投稿


会社を今すぐ辞めることはできる!?辞める方法とトラブル!

会社を今すぐ辞めることはできる!?辞める方法とトラブル!

今すぐ会社を辞めたい…。でも、辞める方法がわからないと言う方、すぐ辞めたいけれどその後のトラブルが心配…と思っている方もいらっしゃると思います。 そんな方たちのためにこれら全てを網羅した情報を詰めた記事を作成しました。 きっとお悩みなどはこれを見れば解決できると思うので、ぜひ、最後までご覧ください。


営業辞めたい…続けてきたけれど、本当は向いていないかも?

営業辞めたい…続けてきたけれど、本当は向いていないかも?

営業職に就いている人で営業を辞めたいと思ったことがある人は全体の70%もいます。しかし、本当に辞めていいのか、悩みますよね。そこで、今回は営業職から転職することのポイントを細かく紹介していきます!実体験なども参考にしてみてください。


仕事を飛ぶのは許される?ばっくれのメリットとデメリット!

仕事を飛ぶのは許される?ばっくれのメリットとデメリット!

身体的に辛い、精神的に辛い、様々な理由でも今すぐにでも仕事を辞めたくなることってありますよね。いきなり仕事を辞めることはできるのか?また、最短で仕事を辞める方法は?そのメリットとデメリットを含め説明していきます。


最新の投稿


仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事が苦痛で辛い…!?毎日のストレスから解放される方法!

仕事で苦痛を感じていませんか?仕事から大きなストレスを感じて退職してしまう人は少なくないです。ひどい場合には、仕事で受けたストレスから社会復帰できなくなってしまう人もいるほどです。この記事では仕事が苦痛だと感じてしまう理由と対処法を紹介していきます。


飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

飲食店はブラック?辞めたい時はどうする?転職先の探し方!

「働いている飲食店がブラックすぎて辞めたい…」と考えている人は少なくないでしょう。飲食業界はブラックで有名です。この記事では、飲食店の仕事がブラックになりやすい理由とホワイトな飲食店の選び方を紹介していきます。


社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人はお弁当を作るべきなのでしょうか?お弁当を作るメリットって何なのでしょうか?仕事で疲れていてお弁当なんて作れない…そんな人も多いかもしれません。でも思っているよりも簡単なんです!男でも作れる簡単レシピでお弁当デビューしてみませんか!?


公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員の仕事がブラックすぎて辞めたい…転職はできるの!?

公務員はブラックなのか?サービス残業、厳しい上下関係などのように公務員の仕事が辛いという声をよく聞きます。将来的なことを考えて転職を検討している人も少なくないでしょう。この記事では、公務員の仕事がブラックだと言われる理由と公務員の転職について説明していきます。


仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事の辞めどきはいつ!?円満退社できる時期とNGな時期!

仕事を辞めることが決定したら、次は辞めどきはいつなのか考えるでしょう。基本的には、退職することは労働者の権利であるため、自分次第となります。ただし、円満退社を望むのであれば、会社にとっても良いタイミングであることが求められます。この記事では、理想の辞めどきを紹介しています。