皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


アルバイト、正社員のクリーニング代の支払い義務

アルバイト、正社員に関わらずクリーニング代を支払わなくてはいけないかどうかは就業規則に記載があるかないかで決まります。正社員になる際、もしくはアルバイトとして働き始める際に就業規則に同意します、というサインをするはずです。そこにクリーニング代の請求をします、という旨の記載がされていたらクリーニング代を支払わなくてはいけません。

労働基準法に「労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定めをする場合は、これに関する事項」という条項があります。これによると、就業規則または雇用通知書に作業着、制服のクリーニング代の支払いを請求すると記載しないと従業員にそれら費用の請求ができないというように定められています。なので、もし規則に記載があれば支払いの義務が生じることになります。逆に記載がない場合は、仮に要求されたとしても支払いの義務はないので支払う必要はありません。

支払い義務がないのに請求された場合

いわゆるブラック企業や規則が整っていない企業では、従業員規則にはクリーニング代の請求についての記載がないのにも関わらず請求してくることがあります。悪質な場合は、「制服をクリーニングに出してから返却して。」といった後にクリーニング代のことは全く触れず、結局自分が負担することになったということも起こり得ます。そのような状況を避けるためにはまず一言「クリーニング代は会社負担にできますか。」と聞いておきましょう。その時に自分で負担してくれと言われたら次に従業員規則への記載の有無を確認します。

そこで記載がないのにも関わらず支払いを強制してきた場合は、悔しいですが諦めるしかありません。もちろん法律的には会社に非があるのですが、かといって負担額は数千円なので弁護士を雇っても自分が赤字になって本末転倒です。もしも従業員規則に記載されていないから負担できない、と抵抗したのにも関わらず請求されてしまった時は、今までお世話になった代金として吹っ切れるのが一番です。

クリーニングしてからの制服、作業着の返却方法

ハンガーは必要?

ハンガーが必要か否かは会社によって異なります。会社によっては、ハンガーのまま返されても保管のためにハンガーをいちいち取ってからたたみ直す場合もあるので、その時はハンガーがあると迷惑になってしまいます。逆に、ハンガーをつけたまま保管する会社の場合は、ハンガーがあるとありがたがられるでしょう。事前に担当の従業員に確認しておく、もしくは他の従業員がどうしているかをみておくことでハンガーがあったほうがいいか、ないほうがいいのかが分かれますが、どちらがいいかがわからない場合はハンガーをつけたまま返却するのが無難です。

ビニールは外す?

クリーニングに出すと衣服はビニールに包まれて返却されます。そのビニールをつけたまま返すかどうかはハンガーの時と同じように会社によって異なります。しかし、ビニールを外すのは比較的簡単なのでもしもどちらがいいかわからない場合は、ビニールをつけたまま返却しましょう。

郵送する場合

派遣会社に勤務している人は特にクリーニング後に郵送で返却する場合があります。その場合は、まずハンガーから外し、郵送しやすいように畳んで箱に入れましょう。また、その時に「クリーニング済みです。大変お世話になりました。」などのメッセージを同封しておけばいい印象を与えることもできます。

まとめ

クリーニング代がいつ請求されるのかがわかっていれば、無意味にクリーニング代を請求される確率は少なくなります。しかし、可能性はゼロではないということを頭にいれておいてください。また、クリーニングをしてからどのように返却するかも会社によって違います。自分の会社の他の従業員がどのように返却しているか、どのように制服を保管しているかなどに合わせてビニールやハンガーを外すか否かを決定しましょう。

この記事のライター

関連するキーワード


退職

関連する投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトをライン(LINE)だけで辞める時にはメリットやデメリットを知っておくことが大切です。そもそもラインだけでバイトは辞められるのか?などの疑問に答え、伝えるまでの手順等をご紹介。


退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職することが決まった瞬間は、喜びなど様々な感情が湧いてくると思います。しかし、退職日までは会社に出社しなければいけません。そのため同僚や上司の関係がギクシャクして気まずくなることがあります。 本記事では、退職日までの気まずさについて説明していきます。


適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

仕事で適応障害になった時に、まず何をすれば良いの?動揺してしまう人は少なくないと思います。まずは、適応障害の原因であるストレスを除去するために「休職」か「退職」をしなければいけません。この記事では、適応障害になった時に具体的に取るべき行動を紹介します。


退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職後にクレジットカードは使えなくなってしまうの?クレジットカードは変えないといけなくなる?などといった声をよく聞きます。そこで、今回は、退職後のクレジットカードに関する手続きや注意事項などの情報を詳しく紹介していきたいと思います。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。


会社で浮いてるから仕事を辞めたい?浮く原因と対処法を紹介

会社で浮いてるから仕事を辞めたい?浮く原因と対処法を紹介

会社で自分一人が浮いてると感じると、仕事を辞めたいと思うようになります。仕事をする上で上司や同僚との人間関係はとても大切です。人間関係に馴染めず社内で孤立してしまったら、仕事は上手くいきません。この記事では、会社で浮いてしまった時の対処法を紹介します。