皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


アルバイト、正社員のクリーニング代の支払い義務

アルバイト、正社員に関わらずクリーニング代を支払わなくてはいけないかどうかは就業規則に記載があるかないかで決まります。正社員になる際、もしくはアルバイトとして働き始める際に就業規則に同意します、というサインをするはずです。そこにクリーニング代の請求をします、という旨の記載がされていたらクリーニング代を支払わなくてはいけません。

労働基準法に「労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定めをする場合は、これに関する事項」という条項があります。これによると、就業規則または雇用通知書に作業着、制服のクリーニング代の支払いを請求すると記載しないと従業員にそれら費用の請求ができないというように定められています。なので、もし規則に記載があれば支払いの義務が生じることになります。逆に記載がない場合は、仮に要求されたとしても支払いの義務はないので支払う必要はありません。

支払い義務がないのに請求された場合

いわゆるブラック企業や規則が整っていない企業では、従業員規則にはクリーニング代の請求についての記載がないのにも関わらず請求してくることがあります。悪質な場合は、「制服をクリーニングに出してから返却して。」といった後にクリーニング代のことは全く触れず、結局自分が負担することになったということも起こり得ます。そのような状況を避けるためにはまず一言「クリーニング代は会社負担にできますか。」と聞いておきましょう。その時に自分で負担してくれと言われたら次に従業員規則への記載の有無を確認します。

そこで記載がないのにも関わらず支払いを強制してきた場合は、悔しいですが諦めるしかありません。もちろん法律的には会社に非があるのですが、かといって負担額は数千円なので弁護士を雇っても自分が赤字になって本末転倒です。もしも従業員規則に記載されていないから負担できない、と抵抗したのにも関わらず請求されてしまった時は、今までお世話になった代金として吹っ切れるのが一番です。

クリーニングしてからの制服、作業着の返却方法

ハンガーは必要?

ハンガーが必要か否かは会社によって異なります。会社によっては、ハンガーのまま返されても保管のためにハンガーをいちいち取ってからたたみ直す場合もあるので、その時はハンガーがあると迷惑になってしまいます。逆に、ハンガーをつけたまま保管する会社の場合は、ハンガーがあるとありがたがられるでしょう。事前に担当の従業員に確認しておく、もしくは他の従業員がどうしているかをみておくことでハンガーがあったほうがいいか、ないほうがいいのかが分かれますが、どちらがいいかがわからない場合はハンガーをつけたまま返却するのが無難です。

ビニールは外す?

クリーニングに出すと衣服はビニールに包まれて返却されます。そのビニールをつけたまま返すかどうかはハンガーの時と同じように会社によって異なります。しかし、ビニールを外すのは比較的簡単なのでもしもどちらがいいかわからない場合は、ビニールをつけたまま返却しましょう。

郵送する場合

派遣会社に勤務している人は特にクリーニング後に郵送で返却する場合があります。その場合は、まずハンガーから外し、郵送しやすいように畳んで箱に入れましょう。また、その時に「クリーニング済みです。大変お世話になりました。」などのメッセージを同封しておけばいい印象を与えることもできます。

まとめ

クリーニング代がいつ請求されるのかがわかっていれば、無意味にクリーニング代を請求される確率は少なくなります。しかし、可能性はゼロではないということを頭にいれておいてください。また、クリーニングをしてからどのように返却するかも会社によって違います。自分の会社の他の従業員がどのように返却しているか、どのように制服を保管しているかなどに合わせてビニールやハンガーを外すか否かを決定しましょう。

この記事のライター

関連するキーワード


退職

関連する投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職しようかどうか迷っている時に、多くの人が悩んでいることの一つとして、退職した後に後悔してしまうかもしれない…ということがあるのではないでしょうか?この記事では、後悔してしまった場合には出戻りすることができるのか、後悔しないためにできることを紹介します。


教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員と一口で言っても様々です。全ての教科を自分で教えなければならない「小学校」、自分で免許を持っている科目だけを教えて部活の顧問をする「中学校」、さらに中学校の仕事内容にプラスして進路指導をする「高校」。それぞれに大変な仕事がありますね。 今回は、教員の仕事をスムーズに退職するための方法についてご紹介します。教員を退職しようか悩んでいる方は参考にしてください。


警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官の仕事は、街の治安や安全を守ることですね。そのような警察官に憧れて、警察学校を卒業し晴れて警察官になった方も多いことでしょう。しかし実際は、ブラック企業並かそれ以上と言われているほど過酷な労働環境です。 この記事では、警察官を退職したいと考えてしまう理由や、退職するか否かを躊躇してしまう理由を考察していきます。警察官の退職体験もご紹介しますので参考にしてくださいね。


モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

「上司のあの行動、もしかしてモラハラなんじゃ・・・?」職場で上司や同僚から嫌がらせを受けた経験はないでしょうか。自分ではなかなか判断しづらく、つい我慢してしまう方も多いのかもしれません。 実際に、職場でのどのような行動がモラハラに当たるのか、自分がモラハラにあったときの対策などをまとめました。


最新の投稿


タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

「タクシー運転手を辞めたい…」と悩んでいる人は少なくないです。タクシー業界で人材不足が激化していることやお客さんとのトラブルが絶えないことから、多くの運転手がストレスや疲労を溜めてしまっています。この記事では、タクシー運転手を辞めた後のキャリアについて説明していきます。


保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険営業の仕事と聞くと厳しい労働環境など、良いイメージを持たない人も少なくないと思います。実際に、「保険営業を辞めたい…」と考えている人は多く、離職率はかなり高い数字となっています。この記事では、保険営業職を辞めた後の働き方について紹介していきます。


仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛すぎる…と悩んでいませんか?仕事で怒られる理由としては、自分がミスをした場合や上司が理不尽にキレている2つの理由があると思います。この記事では、仕事で怒られてしまう理由と正しい対処法を紹介していきます。


派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員として働いていると正社員と比べて待遇が劣っていることや派遣会社を挟まなければいけないことを面倒に感じるなどの理由で入社後にすぐ辞めることを考える人は少なくないでしょう。派遣社員と正社員とでは退職手続きが異なります。この記事では、派遣社員の退職について詳しく説明しています。


仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

優秀な社員一人に仕事が集中して、会社全体の仕事が回らない状況になることはよくあることがです。しかし、そのような状況が続くと社員一人にストレスがかかるだけでなく、職場全体に悪影響を及ぼしてしまいます。この記事では、仕事をスムーズに回す方法を紹介するので参考にしてみてください。