残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。


残業を削減している会社は、従業員満足度が高く業績が好調なことが多いです。一見、従業員の労働時間を減らしたら売上が下がりそうですが、実はその逆でそれまでより上がることがあります。この記事では、残業削減に取り組んでいる企業の実例を紹介するので、転職を考えている方は会社選びの参考にしてみてください。

残業削減をすることのメリット

一昔前は残業をすることが当たり前で、残業時間を削減に取り組む企業はほとんどありませんでした。しかし、近年は残業時間を削減する企業が増えてきています。なぜ、残業時間を削減する企業が増加したかというと、会社と従業員両方にメリットがあるからです。では、どのようなメリットがあるか紹介します。まずは、会社のメリットからです。

会社側のメリット

人件費が削減できる

残業時間を減らすメリットは、会社側と従業員側に3つずつあります。1つ目は人件費を削減できることです。企業にとって大きな固定費用の一つが人件費です。会社は社員を簡単に解雇にできないので、人件費を削減することは難しいと言われています。しかし、残業時間を削減することで社員を解雇せずに、人件費を削減できます。そして残業時間を減らし人件費を削減してもなお、それまでと同じ売上をキープできれば、会社に利益がそれまでより出ます。そのため、会社は残業時間を削減しようとします。

生産性が向上する

残業時間を削減することで、従業員はそれまでよりも効率的に仕事をしなければいけなくなります。それまでと同じようにだらだらと仕事をしていたら、仕事が終わらないからです。効率的に仕事をしようとすると結果的に生産性が向上して、それまでよりも多く商品の開発ができたり、営業活動に時間を掛けたりすることができます。残業時間を削減して、より効率的に仕事ができるようになります。

離職率を下げられる

従業員の離職率は会社の経営にとって、とても重要な指標です。なぜなら離職率が高い会社には優秀な人材は集まりにくく、離職率が低い会社には優秀な人材が集まるからです。離職率が高いと求職者から社員満足度が高い会社というイメージを持たれるので、優秀な人が集まります。つまり、従業員の離職率が下がり、結果的に優秀な人材を採用することができることが残業を削減するメリットです。

従業員側のメリット

モチベーションが高まる

残業せずに帰れたら、プライベートの時間はそれまでより長くなります。そしてプライベートが充実すれば、仕事を頑張ろうと思うようになります。そうすると定時までに仕事を終わらせようとして、それまでより効率的に仕事をするようになります。このような正のスパイラルになり、モチベーションが上がることがメリットの一つです。

健康を維持できる

今まで働いていた残業時間をリフレッシュの為に使ったり、運動をしたりすれば健康な体を保てます。そして健康を維持することで、病気にならずに長期間働き続けることができるようになります。つまり、働きすぎによる過労や病気になる可能性が低くなり、健康を維持しながら働き続けられるようになるのが残業削減のメリットです。

会社で活躍できる

残業時間が長いと仕事だけで1日が終わってしまいます。しかし、残業を削減すれば、その分の時間を仕事で活かせる資格の勉強や興味のある分野の勉強に費やすことができます。そして磨いたスキルを業務で活かすことができれば、会社から評価されるでしょう。つまり、残業時間をスキルを磨く時間に置き換えることで、会社で活躍できるということです。

残業時間削減への取り組み方法

いざ残業時間を削減しようと思った際に企業はどのように取り組むべきなのでしょうか?

企業が取り組みやすい方法を紹介します。

個人面談を実施する

まず、企業がやるべきことは個人面談です。なぜ個人面談をやるべきかというと、社員がどのくらい残業しているかや、残業する理由などを把握することができるからです。個人面談を通して残業時間や残業が起こる理由が分かると、その対策方法考えることができます。従業員が残業しなくてもいいような仕組みや制度を設けるには、まず個人面談をして社内の実情を知ることが重要です。

仕事量を見直す

ある日急に「今日から残業禁止!」と会社側が社員に言っても、社員は困惑するだけでしょう。残業を削減するためには、仕事量を見直して残業しない仕組みを作っていく必要があります。仕事量は変わらないのに残業禁止にされたら、仕事が終わらず不満が出てくるはずです。そのため会社はまず、残業を削減しても問題なく終わる量の仕事量にしなければいけません。仕事量を適正化しないまま残業禁止にしても、社員は納得せず結局残業してしまいます。つまり、企業は残業削減と仕事量の適正化をセットで考えなければいけないということです。

強制的に残業禁止にする

上述した通り企業は個人面談や仕事量を見直しながら、段階的に残業を削減することが大切です。しかし、ある程度効率的に従業員が仕事をできるようになったところからは、強制的に残業禁止にした方がいいでしょう。なぜなら強制的に残業禁止にすることで、従業員がより仕事を時間管理してできるようになるからです。強制的に残業禁止にすれば、何としてでも仕事を終わらせなければいけないと急いで仕事をするようになります。そのため、強制的に残業禁止にした方がいいです。

ユニークな残業時間削減の対策事例

残業チケットを配布

残業時間を削減すると仕事の多い日は、翌日に仕事を持ち越さなければいけなくなります。そうすると、納期に間に合わなかったり期限の決まっている仕事を終わらせることができなかったりします。それでは取引先からの信頼を失ったりするでしょう。そこで考案されたのが、残業チケットというものです。残業チケットとは、残業を希望する日は残業チケットを消化することで、残業が認められるというものです。もちろん消化は必須ではないので、社員の残業削減をすることができます。また、社員は必要に応じて残業チケットを消化することができるので、納期に遅れるようなことを無くすことができます。

残業しない分をインセンティブとして還元

残業時間を削減して発生した分の残業代を、社員にインセンティブとして還元する会社があります。社員の中には残業代がないと生活が苦しいという人もいます。その人が残業時間を削減したことで生活に困らないようにするために考案されたのが、削減した分の残業代を社員にインセンティブとして還元する方法です。この方法は、会社にメリットがないように思えますが、社員が残業しないことによって人件費以外の部分を削減することができます。例えば電気代などの光熱費などです。このように企業と社員両方がメリットがある取り組みは、自社でも導入しやすいのではないでしょうか。

ノー残業デーを制定

常に残業禁止にすると、仕事が終わらないという企業が多いと思います。そのような企業におすすめなのが、ノー残業デーを制定することです。ノー残業デーとは、「毎月第3水曜日は残業禁止にする」というように、限定的な残業禁止の日にちを制定することを言います。このように日にちを限定すれば、社員はその日リフレッシュできますし、会社も導入しやすいです。残業削減を検討している会社は、まずノー残業デーを制定するところから、取り組んでみてはいかがでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?


残業削減への取り組み事例を紹介しました。

このように残業削減に向けて取り組む会社は社員の仕事満足度が高いです。


もし転職を考えているなら、このような会社を選んでみてはいかがでしょうか?


ご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


残業 削減

最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。