退職するって誰に言う?いつ、誰に、どこで伝えるのが良い?

退職するって誰に言う?いつ、誰に、どこで伝えるのが良い?

「退職することを誰に言う?」退職する際にこのような疑問を持つ方が多いと思います。退職日までスムーズに進むためには、退職手続きについて知っておいたほうがいいです。その中でも退職の申し出については退職手続きで一番最初に行うことなので、覚えておきましょう。


退職の申し出は誰に言うか知っていますか?実は退職手続きにはマナーがあり、退職の申し出をする相手は決まっています。それを知らずに退職手続きをしようとすると、社会人失格と思われてしまいます。この記事では退職の申し出について紹介するので参考にしてみてください。

退職の申し出はいつ、誰に言えばいいの?

直属の上司に申し出る

一般的に退職の申し出は直属の上司にします。同僚に退職することを話してしまい、社内に噂が広まるのは、上司に迷惑をかけてしまうことになります。そして、基本的に上司以外に、退職することは言わないでおきましょう。社内に退職することが広まると余計な混乱を招いてしまうことがあるからです。上司が周囲に伝えていいと許可するか、社内報で告知されてか同僚などに退職することを言うようにしましょう。

いつ言えばいいか

基本的に退職の申し出は就業規則に従って行わなければいけません。例えば、就業規則で退職日の1ヶ月以上前に申し出なければいけないと記載がある場合は、その通りに従わなければいけません。会社によって退職を申し出る時期は異なるので、退職する際は確認してみてください。その一ヶ月の間に引き継ぎや、退職手続きをしなければいけないので、余裕を持って上司に相談するようにしましょう。

上司に話す際は誰もいない場所で

上司に申し出る際は、「少々お時間よろしいですか?」と会議室など個室で話し合う時間を約束するようにしましょう。職場で大きな声で話すと周りの社員に退職することが伝わってしまうので、誰にも聞かれない部屋で話すのが退職のマナーです。退職を申し出る際は、場所にも気を使いましょう。

退職理由を聞かれたら一身上の都合

上司に退職することを伝えると、退職理由を聞かれることがあります。もし、円満退職したいのなら、その際は一身上の都合と言うようにしましょう。退職理由が「上司が苦手だから」「仕事が大変だから」という理由だと、円満退職することはできません。スムーズに退職するためには、実際の退職理由が会社や上司などであっても、一身上の都合にするようにしましょう。

退職日ギリギリに言わない

退職すると決めたら、余裕を持って上司に伝えるようにしましょう。退職日にギリギリに退職することを伝えると、退職が許可されないことがあるので注意してください。民法では2週間以内に連絡すれば退職できるようになっていますが、就業規則通りに退職したほうがいいでしょう。ギリギリに退職しようとすると、会社や上司に迷惑をかけてしまいます。最低でも1ヶ月前、余裕を持って退職したい場合は3ヶ月前に退職の申し出をするようにしましょう。

試用期間の場合

試用期間中に退職する場合

「思っていた会社と違った」「入社してみたらブラック企業だった」などの理由で試用期間に退職する人がいます。試用期間中の退職も直属の上司に退職の申し出をしなければいけません。試用期間中の退職であってもそれは変わりません。もし、試用期間中に上司が決定していない場合は人事に退職手続きをどのようにするか聞いてみてください。

試用期間中のポイント

試用期間に退職すると決めた場合にも、就業規則に従い退職手続きをしなければいけません。「試用期間中なら正社員と比べて簡単に退職できるかも?」と考えている人がいるかもしれませんが、それは誤りです。試用期間中は、既に正社員扱いになるので、他の正社員と同様に会社の退職手続きに従わなければいけません。

退職の申し出をした後は何をすればいい?

引き継ぎ作業

退職手続きで一番始めに行うのが退職の申し出です。その退職の申し出をした後にもいくつも手続きをしなければいけません。その中でも重要なのは、引き継ぎ作業です。引き継ぎ作業は、後任の人が仕事に今まで通りに業務を進めることができるようにするためのものです。そのためにも引き継ぎ資料は分かりやすく丁寧に作成しましょう。引き継ぎ資料の丁寧さで、会社に残る人が退職者に持つ印象が大きく変わります。

退職届の提出

法律上は退職届を提出しなくても退職できますが、多くの企業が退職届を提出するように求めます。その理由は、退職の申し出だけだと会社が無理やり辞めさせたという風にとれなくもないので、退職することを自分から申し出たという証拠のために、退職届を提出させます。

挨拶回り

退職日当日には同僚や先輩、上司に挨拶退職の挨拶をしなければいけません。基本的には直接挨拶するようにしましょう。特に、上司やお世話になった先輩や同僚などには、直接会って話すようにしましょう。


もし、直接会うのが難しい場合は、メールや電話などで伝えてください。そして、取引先などの社外に人にも挨拶するようにしましょう。退職後も会社と取引先の関係は続くので、失礼になるような行為はしないようにしましょう。


退職日までの流れ

退職の意思を固める

     ↓

直属の上司に退職の申し出をする

     ↓

上司と相談し退職日を決める

     ↓

退職届を提出する

     ↓

  退職日当日


上司が引き止める

自分のメンツを保つために

上司が自分の評価を下げないように、部下の退職を引きとめようとすることがあります。上司には部下を管理する責任があります。そのため、もし部下が退職することになれば、管理ができていなかったと上から言われてしまいます。そう言われないために部下の退職を引き止めて、自分のメンツを守ろうとします。

優秀な人材だから

社内のエースと呼ばれるような、売上に大きく貢献している人や管理職に就いている人が退職しようとすると、会社は引き止めるでしょう。優秀な社員は、会社にとって唯一無二の存在になります。そんな人がいなくなれば会社は大きな痛手を背負うことになります。

給料を見直すから

優秀な社員が辞めたらその抜けた穴を埋めるために、後任を見つけなければいけません。しかし、すぐに後任が見つかるほど後任探しは簡単なものではありません。もし、社内に後任が務まるような人がいな場合は、人を採用するしかありません。


しかし人を採用するのはとてもお金がかかるので会社としては、給料を引き上げたしても会社に残ってほしいと考えます。

看護師の場合

看護部長や看護師長の聞く

看護師は、基本的に上記で紹介した退職手続きにそって辞めることができます。直属の上司がいればその人に退職の申し出をしてください。特にいない場合は看護部長や看護師長が一般企業の直属の上司に当たることが多いので、その人に退職の申し出をしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?


退職について知らないことがたくさんあったのではないでしょうか?

退職を経験する回数はそれほど多くはないかもしれませんが、社会人のマナーとして知っておきましょう。



ご覧いただきありがとうございました。


この記事のライター

関連するキーワード


退職 誰に言う

最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。