会社を辞めたいと思っても我慢すべき?メリットとデメリット

会社を辞めたいと思っても我慢すべき?メリットとデメリット

会社を辞めたいのを我慢していませんか?仕事が辛いと思ったことは、1度や2度あると思います。そんな時に無理にでも仕事を続けた方が良いのか、それとも会社を辞めた方がいいのか悩みますよね。この記事では、会社を辞めたいと思っても我慢して続けるべきか紹介します。


一昔前は「会社を辞めたい」と人に相談すると、「我慢して続けたほうがいい」「仕事を続けると得られるものがある」と返ってくることが多かったです。しかし、現在は我慢して仕事を続けることによるデメリットが明らかになってきたので、「我慢するぐらいなら会社は辞めたほうがいい」と言う人が増えてきました。この記事では、仕事は我慢してでも続けたほうがいいのか紹介していきます。

なぜ我慢したほうがいいと言われているのか?

退職にネガティブなイメージを持っている

定年まで勤め続けるのが当たり前と思っている世代にとって、中途退職はタブーでした。しかし近年は転職する人が増加してきていて、退職に対してネガティブなイメージを持つ人は段々と減っていきています。特に実際に退職を経験したことがある人は、退職に対して理解があり寛容です。既に定年まで同じ会社に勤め続ける人のほうが少数派になっているので、ネガティブなイメージを持つ人は今後更に減っていくでしょう。

会社を辞めることを甘えだと思っている

会社を辞めることを甘えだと思っている人は、一定数います。たしかに、ちょっと上司に指摘されたからや仕事が上手くできないからということで退職するのであれば、甘えかもしれません。しかし、この会社では身に着けられることが少ないと見切りをつけ、他の会社に移るというのは甘えではありませんよね。これは甘えとは正反対のチャレンジです。つまり、甘えかそうでないかは、人によって事情が異なるので、一概には言うことはできないということです。

3年は仕事を続けたほうがいいと思っている 

石の上にも三年という言葉があるように、日本では何をするにしても3年は続けたほうがいいと言われています。しかし、辛い環境で3年間我慢しながら仕事をするよりも、自分にあった会社で仕事をした方がいいパフォーマンスができるはずです。一昔前は我慢することが次に繋がると言われていましたが、現在は我慢するより自分にあった会社を見つけてキャリアを積むほうがいいと言われています。そのため、現代では3年以内に退職することが必ずしも間違っているとは言えなくなってきています。

我慢して仕事を続けると?

天職に巡り合えない

人にはそれぞれ向き不向きの仕事があります。もし向いてる仕事に就くことができれば、自分のスキルや経験、性格を仕事で活かすことができます。しかし、全員が向いてる仕事に就けるわけではありません。今の仕事が向いていないなら、転職したほうがいいでしょう。転職すれば、自分に向いてる仕事に巡り合えるかもしれません。ずっと我慢していたら天職に就くことはできないので、転職を考えてみてください

病気になってしまう

毎日働き詰めの生活を送っているのなら、我慢せずに会社を辞めたほうがいいと思います。我慢しながら過酷な仕事をし続けるとうつ病、脳や心臓の疾患を招く恐れがあるからです。近年ワークライフバランスという言葉が盛んに会話に登場するようになりました。仕事とプライベートどちらも充実できるような仕事選びをして、健康な生活を送ることが何よりも大切です。仕事だけの生活になっているなら、プライベートに時間を使える会社に転職した方がいいと思います。

ブラック企業で働き続けることになるかもしれない

労働基準法で定められている労働時間以上の仕事を強いられたり、日常的に上司からパワハラを受けている場合は、会社を辞めて当然だと思います。そのような会社で我慢しながら働き続けていたら、肉体的にも精神的にも疲弊して、もう二度と仕事ができない体になってしまうかもしれません。そのような会社の社員はいずれ辞めていくでしょう。我慢することが当たり前だと思っていると、ブラック企業で働き続けることになってしまう可能性があるので、注意したほうがいいです。

我慢して仕事を続けることによるメリット

忍耐力がつく

人は楽な方へ行ってしまいがちです。厳しい状況をあえて作ることで忍耐力を磨くことができます。辛い状況から逃げ出さない忍耐力を身に付ければ、後に転職したとしても活かすことができるでしょう。それが我慢しながら仕事を続けるメリットです。

仕事を極められる 

一つの仕事を極めるためには時間が必要です。1万時間の法則というのを知っていますか。一つのことを極めるには最低1万時間が必要らしいです。つまり、我慢しながらでも一つの仕事を続けないと極めることはできないということです。特に職人さんのような職業は、長年経験を積んで初めて1人前と呼ばれるので、我慢しなければ仕事を極めることはできないです。

年功序列の会社

サラリーマンがキャリアアップする方法は、2つあります。1つは転職しながらキャリアアップする方法です。もう1つは同じ会社に長期間勤めて、キャリアアップする方法です。もし年功序列の会社で働いている場合は、我慢して仕事を続けた方が良いかもしれません。我慢してでも年齢を重ねていけば、出世できる可能性が高いからです。

会社を辞めて転職活動へ

ここまで我慢し続けながら仕事をするとどうなるかを紹介してきました。もし我慢しないで退職したいと思った場合は、こちらを参考にしてみてください。

会社を辞める前に仕事の何が辛いのかを見極める

辞める前に、仕事の何が辛いのかハッキリしておいた方が良いです。漠然と今の仕事は大変だと思い退職すると、今後も同じような理由で退職してしまいます。仕事内容が辛い、労働時間が長いから辛い、休みが無いから辛いなど具体的に何が辛いかをハッキリさせておきましょう。そして転職活動する際は、その辛いことが起こらないような会社を選びましょう。

実際に退職する


ここまで退職した方がいい理由をいくつか紹介してきましたが、実際に退職することに踏み切れない人が多いのではないでしょうか。今の仕事に責任を持っていて退職できなかったり、転職活動が上手くいく保障がないことなど不安に思うことの数を挙げれば、きりが無いと思います。しかし、退職の時期を伸ばせば伸ばすほど、退職を決断できなくなってしまいます。「◯ヶ月後に退職する」と決めたら何があっても退職するというような、心構えが大切です。


こちらの記事で退職を決断してから退職日までの流れを紹介しているので

読んでみてください。


退職の仕方とは!?退職日までの流れと必要な手続きを紹介! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/458

退職の仕方を知っていますか?退職を決断してから退職日までの間には、いくつかの退職手続きをする必要があります。その手続きをどのうようにするかを知っておかないとスムーズに退職することはできません。この記事では、皆さんがスムーズに退職できるように退職の仕方を紹介します。

転職する

転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?転職エージェントは、あなたの性格や能力に合った会社を紹介してくれます。今まで我慢していた会社の不満を解消できるような企業が見つかると思います。

会社を辞めたいと我慢していた人は、この機会にこちらから相談してみてください。

転職相談する

まとめ

いかがだったでしょうか?


会社を辞めたいと思ったら、すぐに退職の準備をしましょう。

無理に我慢して仕事をしても、モチベーションが上がらず結果が出ないはずです。

自分に合った会社や仕事を探してみてください。



ご覧いただきありがとうございました。



この記事のライター

関連するキーワード


会社 辞めたい 我慢

最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。