退職の仕方とは!?退職日までの流れと必要な手続きを紹介!

退職の仕方とは!?退職日までの流れと必要な手続きを紹介!

退職の仕方を知っていますか?退職を決断してから退職日までの間には、いくつかの退職手続きをする必要があります。その手続きをどのうようにするかを知っておかないとスムーズに退職することはできません。この記事では、皆さんがスムーズに退職できるように退職の仕方を紹介します。


「いつまでに退職の申し出をしなければいけないのだろうか?」「退職願は誰に提出するのだろうか?」と考えたことはありませんか?このように「退職の仕方」が分からない人は少なくありません。しかし、退職の仕方を知っておかないと自分が退職する際に、スムーズに退職することはできません。この記事では、退職の仕方について紹介していきます。

退職するまでの流れ

退職の意思を固める

まず退職することを決めたら、本当に退職する意思が固まっているか自問自答して確かめてください。意思が固まらないうちに退職をしようとすると、上司や同僚から引き止めにあったときに、心が揺れ動き退職を断念してしまいます。また、会社に未練が残り退職後にやっぱり辞めなければ良かったと後悔してしまうこともあります。退職の意志を固めてから退職手続きをするようにしましょう。

退職する時期は繁忙期を避ける

まず退職すると決めたら、会社に退職することと退職する時期を伝えなければいけません。一般的に、退職する時期は退職者が多い12月もしくは3月が良いと言われています。逆に避けたほうがいい時期は繁忙期です。ただでさえ人手が足りない繁忙期に社員が辞めたら、会社により大きな負担をかけてしまうことになります。退職する時期を慎重に決めてから、上司に退職の申し出をするようにしましょう。

退職する1ヶ月以上前に直属の上司に退職することを言う

退職手続きは基本的に自社の就業規則に従って行わなければいけません。一般的には、退職する1ヶ月以上前に伝えることと就業規則で決めている会社が多いです。急に退職することを伝えると、後任探しや退職手続きの準備のために、上司や他の社員のスケジュールを組みなおさなければいけなくなります。早めに退職を申し出て、会社の負担にならないようにしましょう。退職することを伝える相手は直属の上司です。上司を飛ばして社長や人事に退職することを伝えるのは、失礼な行為になるので注意してください。

法律的には2週間で退職できる

法律的には退職日の2週間以上前に退職することを申し出れば、退職できるようになっています。ただ、2週間前だと引き継ぎ作業や後任者探しをする時間が足りないです。例えば、就業規則で退職日の1ヶ月以上前に申し出ることと定まっている場合は、円満退社するためにそちらに従った方がいいでしょう。

退職理由は一身上の都合で

退職手続きをすすめる上で、上司や人事に退職理由を伝えなければいけません。その際に円満退社を目指すのであれば、退職理由は一身上の都合するのが良いと思います。本当は会社や上司に対して不満があり退職することを決断したとしても、一身上の都合にすれば、両者の間で溝が生まれないので、スムーズに退職することができるからです。逆に上司や会社に対しての不満を退職理由にしてしまうと、会社側は改善すること条件に、退職の申し出の取り下げを要求してくるかもしれません。そのため、退職理由は一身上の都合にした方が良いと思います。

退職願を提出する

退職することを上司に伝えたら、退職願を上司に提出しましょう。法的には、退職願を提出しなくても退職できますが、退職の意思を示したという物的証拠を残すために、退職願は提出した方が良いと思います。会社の就業規則や慣習などで、退職願を提出方法や期限が定めれらている場合は、それに従い退職しましょう。


退職願の書き方についてはこちらの記事で紹介しています。

是非読んでみてください。


【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/423

退職時に提出する書類は、3種類(退職願、退職届、辞表)あります。本記事では、退職願と退職届に焦点を当てて説明していきます。 退職願と退職届を書いたことがある人は少ないと思いますが、テンプレートを用いて解説していくため誰にでも理解することができます!

仕事の引き継ぎ

退職日が決まったら、それまでに業務の引き継ぎをしなければいけません。仕事の引き継ぎ作業は、退職後の印象を決める上でとても重要です。仕事の引き継ぎ資料を分かりやすく、作成することで、後任の人がすぐに仕事に取りかかれるので、「さすが、〇〇さん」という良い印象になります。逆に適当にやってしまうと「〇〇さんは、社会人失格」と悪い印象を持たれてしまいます。それまでその仕事に全く携わっていなかった人でも、その仕事ができるくらい簡潔で分かりやすい引き継ぎ資料を作成しましょう。

退職当日

退職日当日は改めて退職の挨拶をしましょう。特に、お世話になった上司や同僚には、直接挨拶した方が良いと思います。もし、社内の人数や部署の人数が多く、全員に直接挨拶に行けない場合は全体に向け退職の挨拶をメールで送りましょう。円満退職するためには最後が肝心です。最後に挨拶無しで辞めるようなことはしないでください。

雇用形態別の退職のポイント

正社員が退職する

正社員の方は上記で説明した退職の流れを守り退職するようにしましょう。特に、業務の引き継ぎは気を配って行いましょう。そのために、引き継ぎ用にノートを一冊購入した方がいいと思います。ノートには、顧客の情報や業務の内容のことを書き残しておくと、後任の人がスムーズに仕事を引き継げると思います。

パートが退職する

パートの方が退職する際は、就業規則を守って退職することに気をつけてください。パートなら就業規則を守らず退職しても、迷惑はかからないだろうと思ってはいけません。パートの人がいなくなるだけで、会社が回らなくなってしまう可能性があります。就業規則に従い退職することを忘れないでください。

派遣社員が退職する

派遣社員の方に注意してほしいポイントは、2つあります。1つ目は退職の申し出先についてです。派遣社員の方は雇用契約を結んでいる派遣元へ退職の申し出をしなければいけません。普段派遣先で仕事をしていたしても、派遣元に退職の申し出する必要があるので注意してください。


2つ目は退職できる時期についてです。上記で退職する2週間前までに申し出れば、退職できると紹介しましたが、それは期間が定められていない雇用契約を結んでいた場合です。もし、期間が定まっている有期雇用契約を結んでいる場合は、契約期間満了まで退職できません。雇用契約の内容を確認して、いつ退職できるか把握しておきましょう。

新卒が退職する

新卒が退職する時のポイント

新卒で入った会社を退職するか悩んだ際は、将来的にその仕事を続けたいかを考えてみてください。もし、続けたいのであれば退職しないほうがいいと思いますが、他に挑戦したい仕事が思い当たるのであれば、転職を検討してみるのも良いと思います。ただ、将来的に続ける意思がなく、その仕事への興味が失われているのであれば、今は一時的に退職しなくても今後退職を決断するでしょう。いずれ決断するであろうことは、なるべく早くした方がいいと思います。

第2新卒は市場価値が高い

新卒が入社して数年以内に退職すると、転職市場では第2新卒という枠で転職活動をすることができます。第2新卒は転職市場で価値が高いので、良い条件の会社に転職できる可能性が高いです。

試用期間中に退職すると転職が不利?

第2新卒でも試用期間中に退職すると転職活動で不利になる可能性があります。その理由は、面接官や人事が試用期間すら仕事を続けられないと思うからです。会社としては、採用コストが無駄にならないように、採用した人には長期間働いて欲しいと思っています。いくら転職市場で価値が高い第二新卒でも、企業の採用担当者は試用期間中に退職した人に良い印象は持ちません。試用期間中に退職するのは控えた方がいいと思います。

うつ病になり退職する

うつ病になり退職する

うつ病になって退職する場合、上記で紹介した退職の流れと同様に退職することができます。もし、仕事が原因でうつ病になった場合は労災申請をしましょう。仕事が原因でうつ病になったと認定されたら治療費の保障を受けられます。また、ハローワークで失業保険の申請もしましょう。


ただし、失業保険はうつ病などが原因で今すぐ転職活動ができない人は、申請が許可されないことがあります。その場合は、まずは治療に専念して転職活動ができるようにしましょう。


まとめ

いかがだったでしょうか?


退職の仕方について紹介しました!

退職日までの手続きを理解しておくと、スムーズに退職できます。

退職を考えている人は、何度も読み返してみてください!


ご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


退職の仕方

最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。