仕事を頑張れないのはなぜだろう?やる気がでる5つの解決策

仕事を頑張れないのはなぜだろう?やる気がでる5つの解決策

仕事を頑張れないと悩んでいる方は少なくないです。気まぐれな軽い理由から重い理由まで様々な理由で仕事へのモチベーションが下がってしまうと思います。この記事では、仕事を頑張れないときの対処法を紹介していきます。




明日の仕事が頑張れない…


このように仕事に対して後ろ向きになっていませんか?


今の仕事が向いていなくてやる気が起きない…、プライベートで辛いことがあったから仕事に身が入らない…、眠くて仕事に集中できない…など仕事を頑張ることができない理由は人それぞれだと思います。


働いたことがある人ならば一度は感じたことがあるのではないでしょうか?収入を得るためには頑張らなければいけない仕事ですが、人間誰しもいつでも頑張れるわけではありません。このように、仕事を頑張れないと思った時に、どのように対処していけば良いのでしょうか?


仕事を頑張れないと感じてしまう理由別に対処法を紹介していきますので参考にしてみてください。

なぜ仕事を頑張れないのだろう…

仕事を頑張ることができないと思ってしまう理由は、「精神的理由」「身体的理由」の大きく二つに分けることができるでしょう。

精神的理由

仕事を頑張ることができない理由のほとんどがこちらに該当するでしょう。また、働いたことがあるほとんどの人は精神的な理由により、仕事を頑張りたくないなと思ったことがあると思います。精神的な理由による仕事が頑張れない気持ちの強さは、その理由によって大きく異なります。例えば、連休明けの仕事に行きたくないと思うような軽度の理由もあれば、職場での人間関係が上手くいかずに仕事のやる気が出ないなどの重度の理由まで様々です。一般的には、日々行なっている仕事と直接関係があるほど重度なものとなると言われています。


プライベートに原因:「軽度」

(ex 友達と喧嘩をした)


仕事関係だが仕事と直接関係ない場合:「中度」
(ex 別部署の従業員と口論になった)


日々の仕事に密接な関係がある「重度」

(ex 上司に理不尽な文句を言われた)

身体的理由

身体的理由は精神的理由と比べて頻繁に起こることではないです。具体的には以下のようなものが挙げられます。


・体調不良

・病気

・怪我


身体的理由の特徴として、頻度は低いものの仕事を頑張れない理由が重度のものが多いです。場合によっては仕事を休んだり休職しなければいけなくなります。

仕事が頑張れない人の声

実際に仕事を頑張れないと感じたことがある人の事例を紹介していきます。

連休明けの仕事が辛い

連休中に旅行に行き休日を満喫した人で、連休明けに仕事に行くことが憂鬱になった経験がある人は少なくないのではないでしょうか?楽しい時間が終わってしまったと思うと、どうしても現実逃避したくなってしまいます。


特に長期休暇明けは仕事に身が入らないという人がたくさんいると思います。ゴールデンウィーク明けに仕事に行きたくなくなる「五月病」という言葉が生まれるくらいなので、このような症状が一般的であることがわかります。場合によっては会社を休んでしまうことも人もいるようです。

今やっている仕事にやりがいがない

自分のやりたい仕事を任せてもらえていなかったり、仕事をしていて成長していることを実感できなければ仕事にやりがいを感じることは難しいでしょう。例えば、部署の異動希望を出しても何年間も希望が通ることがなかったり、ルーティーンワークの毎日でスキルアップが望めなければ仕事を続けるのが嫌になってしまうと思います。


昔のように一つの会社に留まり続ける人は少なくなり、その会社でやりがいを感じることができないと判断した人は早い段階で転職する道を選ぶようです。

営業ノルマに耐えられない

営業スキルを身につけたいと思い営業職を希望したけれど、実際に働いてみると自分に向いていないことがわかる人は多いですよね。しかし、営業職は他の職種と違い数字が全てなので結果を出さなければ評価してもらえません。さらに、営業ノルマがある会社もあるので、達成できないことに日々ストレスを感じてしまいます。


このように、数字に追われてストレスが溜まり続けると憂鬱になり仕事をするのが嫌になってしまうそうです。仕事には向き不向きがあるので、営業職では結果を残せていなかった人でもジョブチェンジをして活躍している人は多くいます。

新入社員研修がつまらない

大きな会社では長期間の新人社員研修が行われます。中でも新入社員研修が長いと言われているメーカーを例に出すと、ほとんどのメーカーでは工場の人員が不足しているので、新入社員研修という程で新人社員たちを工場で働かせています。このように、入社前と入社後で仕事内容に大きなギャップを感じてしまうと仕事のモチベーションを保てなくなってしまいます。

仕事を頑張れない理由

具体的に仕事を頑張れない理由を紹介していきます。仕事が頑張れないレベルを軽度なものから順に分類したので参考にしてみてください。

仕事を頑張れないレベル1

プライベートで嫌なことがあった

仕事と関係なくてもプライベートで嫌なことがあると仕事に身が入らなくなってしまいます。人間は複数のことを同時に考えることが苦手なので、プライベートで重大なショックがあれば、脳が仕事のことより優先的に考えてしまうと思います。例えば、恋人と喧嘩をしてしまった日には仕事中もそのことが気になってしまい、いつも通りに仕事を進めることができなくなると思います。

職場の同僚が休み

一つの仕事を複数人で協力している職場では、一緒に働いている人が休んでしまうと他の人たちは普段より仕事が大変になると思います。例えば、人手が足りなくて一人当たりの仕事量が増えたり、その人しかできない業務があれば進捗が止まってしまうと思います。そのように、普段より仕事が大変になることで仕事のやる気が出ない人もいます。

休み明けはやる気がでない

休み明けは、体がだるくなったり、仕事のやる気が出なかったりと仕事を頑張れないと嘆く人が多いです。人間はストレスがない状態からストレスの多い環境に抵抗を感じるので、仕事に行きたくないとネガティブな発言をすることが増えます。また、仕事とプライベートをはっきりと分けている人が多いため、休み明けにやる気が出なくなる人の割合は多くなっています。

やりたいことがあって集中できない

人間は複数のことを同時に考えることが苦手なので、仕事の他にやりたいことがあれば仕事に集中できなくなってしまうと思います。例えば、数日後に旅行の予定があれば、頭の中では当日の計画を立てたりと妄想が膨らんでいると思います。特に、やりたいことへの熱意が高ければ高いほど仕事への熱量が奪われてしまいます。

睡眠不足

睡眠不足で仕事を続けると生産性が低く効率が悪いのでフラストレーションが溜まると思います。また、睡眠不足の日は体調も良くないのでいつも以上に疲れてしまうでしょう。そのような日は、仕事を続けるよりも休んだ方が良いと思って仕事を頑張れない人が多いでしょう。

仕事を頑張れないレベル2

仕事がつまらない

仕事がつまらなくて、モチベーションが湧かない人は少なくありません。仕事がつまらないと感じているほとんどの人の働き方は、評価されない仕事をしている、成長できない仕事をしている、向いていない仕事をしているのどれかに該当している思います。人間がおもしろいと感じることができるのは仕事をした結果、ポジティブな変化が起きる時なので、何も得ることができない仕事を頑張ることは難しいでしょう。

上司が気にくわない

上司はあなたに仕事を与え、あなたを評価をする人です。そのため、上司との仲が悪ければ良い仕事が与えられないですし、正しい評価をされないでしょう。つまり、上司との人間関係が悪ければ仕事を頑張る理由がなくなってしまいます。

職場の同僚との人間関係が良くない

職場の同僚との人間関係が良くなければ、理不尽な意地悪をされたり、仲間外れにされたりと気分良く働くことができないでしょう。会社員の退職理由で一番多いのが人間関係であることからわかるように、人間関係は仕事のモチベーションに大きく影響します。

仕事を頑張れないレベル3

仕事にやりがいがない

仕事にやりがいがないと「このまま続けていても無駄なのかもしれない?」というようにネガティブな感情が湧いてきてしまいます。このような感情は、仕事を頑張ることを止めてしまうので仕事への興味がどんどん薄れていってしまいます。このようにやりがいを感じることができない仕事をしていると、仕事を頑張ることができない悪循環に陥ってしまいます。

業務内容が向いていない

自分が行なっている業務に適性がなければ向いている人と比べて成長が遅くなりますし、会社から評価から低くなります。そのまま向いていない仕事を続けていると、周りとの差はどんどん広がっていき、自信がなくなっていくので仕事を頑張ることができなくなっていきます。

やりたい仕事がある

他にやりたい仕事があれば、そちらに熱量を奪われてしまい本業の仕事を頑張ることができなくなってしまうと思います。さらに、やりたいことを副業として進めているうちに、その道に進む自信がついたり、本業の稼ぎを超えたならば、本業を続けることに意味がなくなってしまうでしょう。

仕事を頑張れないレベル4

体調不良

体調不良の状態では、体力的にも精神的にも辛いので仕事に集中することができないでしょう。また。無理をして体調不良のまま仕事を続けると体調不良が悪化してしまい、より仕事を頑張ることができない期間が長引く結果となってしまうでしょう。

身内に不幸があった

中には、身内の不幸を乗り越えることができなくて仕事を頑張ることができない人もいるでしょう。悲しい気持ちや寂しい気持ちで精神的に辛くなると、余計なことを考えたくなくなるので仕事どころではなくなってしまいます。

退職が決まっている時

退職することが決まっている場合、退職日まで今までと同じようなモチベーションで働くことはできないでしょう。責任感で最後までやり遂げたいという気持ちがあっても、転職先でのことや退職後のことを考えてしまい仕事を頑張ることができないこともあるでしょう。

仕事を頑張れないレベル5

うつ病になった

うつ病は精神的な病と言われていて、過剰な労働、人間関係によるストレス、プライベートでのストレスなど原因は様々です。うつ病になってしまうと、ものの見方が否定的になって、自分がダメな人間だと感じてしまいます。場合によっては、仕事を頑張れないどころか、出勤することさえ難しい状態になることもあります。また、うつ病は完治するためには時間がかかるので、長期間、仕事をすることができない状態が続いてしまいます。

大きな怪我や病気

大きな怪我や病気になってしまうと身体的に仕事を頑張ることができなくなるでしょう。

仕事が頑張れない時の対処法

仕事を頑張れないレベル1:リフレッシュする

レベル1は、その日の気分や体調管理不足が原因なのでリフレッシュするなど簡単な方法で解決することができます。プライベートで嫌なことがあった場合は、好きな食べ物を食べたり、友達に相談することで解決することができると思います。また、睡眠不足の場合は睡眠時間を多くとることを意識するだけで解決できると思います。簡単に解決することができると思うので、気にしすぎずに早めの対処で解決しましょう。

仕事を頑張れないレベル2:相談する

レベル2からは仕事関係の理由が多くなります。上司や同僚との人間関係がうまくいかなかったり、仕事内容に満足できないことが原因なので、まずは会社の上層部の人間に相談しましょう。それでも解決されない場合は、厚生労働省の管轄にある「総合労働相談コーナー」に相談してみましょう。職場で起こるトラブルについて無料で相談に乗ってもらえます。

仕事を頑張れないレベル3:転職する

レベル3になると、今の会社で働き続けても解決できない可能性があります。やりがいがなかったり、向いていないという理由で仕事を頑張れないのであれば、早いうちに転職をするのも一つの手です。


転職をオススメする理由は2つあって、1つ目は転職することが普通の時代になったからです。以前までは、転職したくても3年間は頑張った方が良いと言われていましたが、今では複数回転職することが当たり前になって多くの会社で経験を積んでいる人が評価されるようになりました。そして、2つ目は若い人の方が転職を有利に進めることができるからです。企業側は将来のポテンシャルがある若い人材を求めているので、若い人材の求人が圧倒的に多いです。


転職を一人で進めることが不安な人にオススメなのが「転職エージェント」です。


【転職エージェントを利用するメリット】

・無料で転職相談をしてくれる

・あなたに合った仕事を探してくれる

・書類作成をサポートしてくれる

・面接対策をしてくれる



20代にオススメ『行列のできる転職相談所』

無料相談する!

広い層に人気の『doda』


転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。



仕事を頑張れないレベル4:仕事を休む

レベル4には、無理して仕事を頑張ってはいけない場合、仕事を頑張らなくても良い場合があります。このような場合は仕事を休むことをおすすめしています。


体調不良や身内の不幸により、身体的、精神的に仕事をしない方が良いと判断した時に無理をしても効率よく仕事ができなかったり、体調不良が悪化してしまうことがあるので回復することを優先しましょう。


また、退職することが決定していて、退職日まで仕事のモチベーションを保てない人は働く時間を短くしましょう。例えば、絶対にしなければいけない業務が引き継ぎだけの場合はできるだけ早く済ませてしまい、残りの時間は有給休暇を利用して仕事を休みましょう。

仕事を頑張れないレベル5:休職する

レベル5は、うつ病になったり、大きな怪我をしてしまった場合などの”もう働けない”という状態になります。このような場合には、休職を申請しましょう。詳しくは就業規則で調べたり、人事に確認しましょう。

仕事が辛いから退職するのは甘え…?

仕事を続けていると、「もう無理っ!」と思うことがありますよね。


先ほど、仕事を頑張れない時の対処法を紹介しましたが、無理に同じ会社で働き続ける必要はありません。以前までは「仕事が辛いからすぐに退職するのは甘え」という考え方がありましたが、それは昭和の考え方です。今では、転職するならば若いうちが有利という時代なので、むしろ早い段階で退職を決断する方が良いとされています。

すぐに退職したいならば『退職代行』

仕事を続けるのが「もう無理っ!」と思ってから、なかなか辞めることができない理由に、会社からの引き止めがあると思います。ただでさえ、仕事へのモチベーションが下がっているのに、退職を先延ばしにされてしまうと困りますよね。


そのような人のために、『退職代行』というサービスがあります。『退職代行』とは、退職希望者の代わりに退職に関する手続きを代行してくれるサービスです。


【退職代行を利用するメリット】

・確実に退職できる

・即日に退職できる

・退職に関するサポートを任せることができる


『退職代行 ニコイチ』

退職代行『ニコイチ』は業界の中で最も古株の会社です。そのため、実績が豊富で安心して退職を任せることができます。もう一つ注目すべきポイントはサービスの価格です。ニコイチの利用料金はEXITの3/5です。質の高いサービスを低価格で提供しているのが『ニコイチ』の強みです。


退職代行「ニコイチ」



『退職代行 汐留パートナーズ』

退職代行『汐留パートナーズ』の1番の特徴は、退職代行を弁護士が担当してくれることです。退職における交渉をするためには、弁護士資格が必要になります。そのため、有給消化や未払い給料の請求を希望する方は、『汐留パートナーズ』を利用することをお勧めします。



退職代行『汐留パートナーズ』


『退職代行 EXIT』
『EXIT』は退職代行のパイオニアです。様々なメディア掲載実績が業界NO.1で今、最も注目されている退職代行です。また、転職サポートも充実していることから退職後のことまで安心して任せることができます。


退職代行「EXIT」


転職を成功したい人の『転職エージェント』

次こそは、

やりがいのある仕事をしたい!

労働条件が良い会社で働きたい!


このように考えている方は、転職エージェントを利用することをオススメします。


【転職エージェントを利用するメリット】

・無料で転職相談をしてくれる

・あなたに合った仕事を探してくれる

・書類作成をサポートしてくれる

・面接対策をしてくれる


・20代にオススメの『行列のできる転職相談所』


・広い層に人気の『doda』

まとめ

いかがだったでしょうか?


仕事を頑張れなくなる理由は人それぞれです。

あなたにあった対処をしましょう。


仕事をしている時間は、人生の三分の一を占めていると言います。より良い人生にするためにも、「仕事を頑張れる!」と思える働き方を目指してください!

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


仕事 頑張れない

関連する投稿


仕事後に料理を作らない人には、「作り置き」がおすすめ!?

仕事後に料理を作らない人には、「作り置き」がおすすめ!?

仕事後の「料理」に負担を感じている人が多いことが調査結果からわかりました。多くの人が、家で料理をせずに外食や惣菜で済ましていることは健康面においてはお勧めできません。「作り置き」業者に依頼すると、料理のプロがあなたの栄養バランスを考えて料理を提供してくれるため、ぜひ利用してみましょう。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。