TOKYOインターンUP to 29の満足度が高い!参加者の73%が正社員に!

TOKYOインターンUP to 29の満足度が高い!参加者の73%が正社員に!

『TOKYOインターンUP to 29』で非正規雇用から正規雇用になることができた方が増えています。『TOKYOインターンUP to 29』は、正社員になりたいと考えている若者の悩みを解決してくれるサービスです。特徴を紹介していくので参考にしてみてください。




・フリーターから正社員に転職したい!

・就職支援を受けたい!

・自分の向いている仕事に就きたい!


このような悩みをお持ちの方は少なくないと思います。


『TOKYOインターンUP to 29』というサービスを聞いたことがありますか?


「若者正社員チャレンジ事業」というコンセプトのもと、脱フリーター、脱ニート、脱派遣を考えている多くの人を応援するサービスです。


それでは、『TOKYOインターンUP to 29』について詳しく説明していきます!

『TOKYOインターンUP to 29』とは?

『TOKYOインターンUP to 29』は、パーソルテンプスタッフ株式会社東京しごとセンターが共同で行っている就職支援事業です。


参加できる人の対象が、卒業後に正社員経験のない、派遣社員、契約社員、フリーターと呼ばれる非正規社員であることが特徴です。※ただし、正社員経験があっても、直近2年以内に正社員としての職歴が1年を超えていなければ参加できる。


つまり、参加者のほとんどが正社員経験がないので、『TOKYOインターンUP to 29』の就職活動ではスキルは求められません。重要なのは「働きたい!」という気持ちです。

『TOKYOインターンUP to 29』に参加するメリット

最短1ヶ月で正社員になれる

『TOKYOインターンUP to 29』に参加することの一番のメリットは、最短で1ヶ月で正社員になれることです。他のサービスでは、これほど早く、自分にあった会社を探すことはできないと思います。

20日間の職場体験ができる

企業選びで重要なのは、あなたがやりがいを持って働くことができる企業を探すことです。近年、多くの企業では離職率を高める原因となっている採用のミスマッチが課題として挙げられています。『TOKYOインターンUP to 29』では職場体験を経験することができるので、企業と候補者のミスマッチが起きにくくなっています。

100社以上の企業が参加している

『TOKYOインターンUP to 29』に参加している企業は100社を超えていて、IT・インターネット関連会社、人材サービス会社、映像機材・設備会社、設備工事・メンテナンス会社、編集・広告制作会社、物流・貿易関連会社などの幅広い業種から集められています。

最大10万円の奨励金がもらえる!

『TOKYOインターンUP to 29』に参加すると最大10万円の奨励金がもらえます。正社員になるために就職活動をしたいけれど、生活費が心配という方には嬉しいのではないでしょうか?

専任のカウンセラーがついてくれる

カウンセリングに参加してから、就職が成功するまで一貫して専任のカウンセラーがついてくれます。一人で就職活動を進めるのは不安なこともたくさんあると思うので、カウンセラーにアドバイスをもらって解決しましょう。

合同企業説明会に参加できる

定期的に行われる合同企業説明会に参加することができるので、多くの企業の中から安心して働ける企業を探すことができると思います。

TOKYOインターンUP to 29
『TOKYOインターンUP to 29』に参加!

『TOKYOインターンUP to 29』に参加すべき人

『TOKYOインターンUP to 29』の参加条件

『TOKYOインターンUP to 29』に参加するためには、以下のような条件があります。

・就職・就業経験がない方
・非正規での就業経験のみの方
・直近2年以内に正社員の職歴が通算1年を超えない方
(学生は参加不可)

参加した方が良い人

できるだけ早く正社員として働きたい人

正社員として働いてみたい人

やりがいのある仕事を探している人

就職活動に不安がある人

参加までの流れ

①事前カウンセリング
②合同企業説明会
③実習先企業の決定
④実習前セミナー
⑤企業内実習
⑥応募

TOKYOインターンUP to 29

『TOKYOインターンUP to 29』に参加!

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


TOKYOインターンUP to 29

最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。


会社で浮いてるから仕事を辞めたい?浮く原因と対処法を紹介

会社で浮いてるから仕事を辞めたい?浮く原因と対処法を紹介

会社で自分一人が浮いてると感じると、仕事を辞めたいと思うようになります。仕事をする上で上司や同僚との人間関係はとても大切です。人間関係に馴染めず社内で孤立してしまったら、仕事は上手くいきません。この記事では、会社で浮いてしまった時の対処法を紹介します。