転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?




会社の仕事に不満があったり、仕事を続けられない状態になったとき、転職しようかなと考える人は少なくありません。


しかし、その中には会社に不満があるから転職するのは甘えなのではないか、こんな小さなきっかけで転職してもいいのかと不安に思う人もいるでしょう。

また、転職活動はやるべきことがたくさんあって、現職との仕事も難しいと考える人もいます。


そこで今回は、多くの人はどのようなきっかけで転職しているのか、年代別や性別によって比較して紹介します。さらに、転職を成功させる方法も説明します。

転職の主なきっかけ

(1)人間関係

転職のきっかけとなる最も多い要因の一つに職場での人間関係があります。職場での人間関係は自分だけでなく、他人の行動が原因になっていることもあり、自分だけの力で簡単に改善できるものではありません。また、一度できてしまった人間関係はすぐに変わることもないので、人間関係に悩んでいる場合に同じ仕事を続ける時は人間関係に悩む期間が長引く可能性もあります。


しかし、人間関係において、周りの全ての人間が自分に良くしてくれるという状況もあまりないので、周りに嫌な人がいるというくらいで仕事に支障がでない場合には、我慢して仕事を続ける人もいます。

(2)キャリアアップ

人間関係の悪化というネガティブなきっかけに対して、キャリアアップのためというきっかけはポジティブなものなので、これをきっかけとして転職する人も多いでしょう。自分の将来やりたいことを考えると他の仕事のスキルが必要になることは誰にでも起こりうることです。


また、キャリアアップのためというポジティブな転職理由があれば、転職活動の面接でも答えやすく、採用担当者にも良い印象を与えるでしょう。


しかし、このようなキャリアアップのための転職の場合は、先を見通して、きちんとして計画を立てて転職活動をしなければいけません。漠然と他の仕事をしてみたいというだけでは、トラブルがあったときに計画倒れをしてしまう可能性もあるので、将来のしっかりとした目標と計画を立てた上で転職活動を始めましょう。

(3)労働環境・待遇

労働環境や待遇が自分の希望通りではないということから、転職を考える人も少なくないです。近年では、働き方が多様化してきて、ライフスタイルを充実できる労働環境が整っている会社や結婚や妊娠をしても働き続けられる労働条件が整っている会社でないと転職を考える人が多くなってきました。


また、待遇の面では、給与を重視している人も多いため、出世しても給与があまり上がらなかったり、仕事に対する給与評価が低すぎることなどが原因で転職を考える人も多いようです。


このような労働環境や待遇の面で転職を考える場合は、企業を調べる際に企業が提示している情報だけでなく、実際に働いているい人に労働環境について聞いてみると良いでしょう。また、給与の面では、将来どのくらいの給与が上がるかも調べて、自分に合った仕事や職場を探してみましょう。

(4)仕事内容

仕事内容が入社前に想定してたものと異なっていて転職を考える人もいます。入社前に仕事内容を調べても実際に入社してから任される仕事が違うということもよくあることです。


入社したての頃は、研修や色々な仕事を経験しないといけないということもあり、自分がやりたい仕事がなかなかできない時期が続くと思いますが、仕事に慣れてくると自分の実力で仕事をとってくることもできるようになるので、入社初期は自分のやりたい仕事と異なっても、他の仕事も経験して自分のスキルを上げるのも良いでしょう。しばらく働いて会社自体の社風や仕事内容が自分のやりたいことと合わないと実感した場合は、なかなか仕事にモチベーションが上がらなくなってしまうので転職を考えてみましょう。

(5)プライベート

仕事以外のプライベートの関係で転職せざるを得なくなる人もいます。例えば、健康上の理由で働けなくなってしまったり、介護をすることになって労働条件が合わなくなることもあります。また、結婚などのイベントがあった際に引っ越しをすることになって仕事を続けられないという場合もあります。


人生には、色々な出来事があり、それらが突然やってくることもあるので、予期せず転職することになることもあります。

年代別の転職のきっかけ

前の項で、転職の主な四つのきっかけを紹介しましたが、転職のきっかけは年齢によって大きく異なります。そこで、どのような転職のきっかけが多いのか年代別に比較してみましょう。

(1)20代

社風や労働環境のミスマッチ

20代は、会社に入社したばかりで、入社する前の会社のイメージと入社後の実際の会社の社風とのギャップに悩まされる時期です。入社する前は会社の実際の社風はわかりにくいので、想定していた会社と違うというのは、誰にでも起こることです。


入社前と入社後のギャップが大きすぎると、仕事に対してモチベーションが保てないということもあるでしょう。しかし、社風や労働環境は個人の力で変えることが難しいため、もっと自分にあった仕事や会社を探すという人も多いようです。

仕事内容に不満がある

仕事内容も社風や労働環境と同じく、実際に入社すると、思っていたものと違ったということがあります。仕事は、外から見るとかっこよく見えるときもありますが、実際責任をもってやってみると自分がやりたかった仕事と違うということもよくあります。

また、やりたい仕事内容を任される部署に入ることができず、会社に不満を持ってしまうということもあるようです。


20代のうちはまだまだ、自分の理想の将来に向けて再出発できる年齢でもあるので、転職を決める人も多いでしょう。

(2)30代

キャリアアップのため

30代は、仕事にも慣れてきて自分の将来のことも現実的に考えられるようになる年齢です。この時期には自分の将来のために必要なスキルを身に着けるために転職を考える人が増えてきます。また、30代で部署が異動になり、出世が見込めなくなった時に転職を考える人もいるようです。


30代は、出世する人と出世が見込めない人で収入の差が表れてくるころです。中には、家族を養うことになる人もいるので、将来のことを考え、思い切って転職を考える人もいるようです。

給与評価に不満がある

30代になると、どのような仕事内容でどのような評価が与えられるのかという自分の仕事への客観的な評価ができるようになります。そこでこの年齢で自分が達成した仕事内容に対して十分な評価が得られず、給与も得られない場合は、仕事に不満が出て転職したいと考える人がいるようです。


給与評価は会社によって異なりますが、業績不振に陥っている会社はどうしても給与が減ってしまうので、同じ仕事をしても他の会社より給与が低くなってしまうこともあります。そんなときには、同じ業界でも業績が良い会社に転職するのも良いでしょう。

(3)40代

安定した職に就くため

40代も30代と同じように、自分の給与評価に対して不満を持って転職を考える人が多いようです。40代は、定年後について考え始める時期であり、長期的に安定した職を求める人や、介護など家庭の事情でプライベートと両立できる仕事に転職することを考える人が増えます。


40代という年齢であれば、その先、仕事が人生において一番重要なことではなくなってくるので、仕事に対する考え方が変わり、仕事を変えて他のライフスタイルを考える人も増えます。


やりたい仕事をしたい

40代となれば、仕事ができる年数も残り少なくなってくるころでしょう。この時期に、昔からやりたい仕事があったが、我慢して安定した他の仕事をしてきたという場合には、昔から目指していた職業をもう一度目指したいと考える人も多いようです。


近年では、年功序列制度がない会社も増えてきて、終身雇用制度も薄れてきました。そこで、40代という会社でベテランとして扱われる人たちの中にも転職をする人が増えてきたのです。

性別による転職のきっかけの違い

年代別に見ると転職のきっかけには、大きな違いがありましたが、性別によってもワークスタイルの違いがあるので転職のきっかも異なります。そこで、次に性別による転職のきっかけの違いを紹介します。

(1)男性

給与評価に不満がある

男性が転職する理由として最も多く挙げられるのが、給与評価に対する不満です。入社したての20代であれば、まだ仕事も十分にこなすことができないということや、大きな仕事を任されないということもあるので、給与が低くても仕事内容に見合ったものだと受け入れられます。しかし、30代やそれ以上となると、大きな仕事も十分にこなせるようになっても仕事内容に見合った給与が得られない場合は、会社に不満が出てくることもあるでしょう。


また、男性は家族を養っていく人も多いので家族を養うことができるだけのお金が必要になりますが、会社の業績不振などにより、仕事内容に見合った給与が得られない場合は、同じ仕事でより多くの給与がもらえる会社に転職を考える人も多いでしょう。

キャリアアップ

給与評価に不満があることの他に男性が転職を考えるきっかけとして多いのは、キャリアアップです。男性は、女性に比べて結婚や出産などの人生のイベントごとに仕事ができなくなることがあまりないので、キャリアをどんどん積み上げていきたいと考える人が多いようです。


今の会社ではスキルアップや出世が見込めないと考えると、その後の人生のことも考えて、よりやりがいのある仕事やより昇給できる会社に転職する人もたくさんいます。

(2)女性

結婚、出産

女性は人生の様々なイベントごとにそれまでの仕事が十分に行うことができずに転職をすることが多くあります。


結婚をして引っ越したことでそれまで勤務していた会社に通えなくなって転職することや、出産をして仕事が続けられなくなって転職することもあります。

近年では、産休や育児休暇をとって、元の仕事に復帰する人も増えてきていますが、女性が人生の大きなイベントと仕事を両立するのは、まだまだ難しいようです。


キャリアアップ

昔は、女性は家事に従事して男が仕事をするという考えが強い時代がありましたが、近年では、女性も積極的に社会へ出て、男性と同じようにキャリア形成をしていくということが増えているようです。

国の政策でも女性の社会への参画や男女平等社会が進められているので、会社の中でも女性が上の立場に立つことが珍しいことではなくなりました。

このように女性もキャリア形成を目指すことができるの時代となり、女性でも自分のやりたい仕事のために転職することが必要になったのです。

転職する際にするべきこと

転職するかどうかは生活を大きく変える決断なので、勢いで転職を決めてしまうのはとても危ないです。そこで、転職を考えるときにやるべき3つのことを紹介します。


(1)仕事を転職したい理由をもう一度考える

(2)メリット・デメリットを整理する

(3)絶対に転職しなくてはいけないのか考える


転職とは人生の中で最も重要な選択の一つです。仕事は生活の大部分を占めているので、転職すると生活が大きく変わることになります。


転職しようと考えたときには、仕事を辞めたいと思った理由を確認し、それが転職によって解決できることなのかを考えましょう。

そして、仕事を続ける場合と転職した場合のメリット・デメリットをそれぞれ考えて比較しましょう。


それでも、転職する方が良いと考えた場合には、最後に退職以外に何か他の方法がないか、もう一度考えてみましょう。

このように転職するときには、自分の状況をじっくり考える必要があるのです。


転職するメリット・デメリット

転職にはメリットとデメリットがあるのでその両方をよく考えて転職するかを決めましょう。

(1)転職のメリット

希望の仕事ができる

転職をしたいと思う人は、現職に何か物足りないものがあるから転職を考えるのだと思います。給料が低い、残業時間が長い、やりたい仕事がないなど現職の問題は人それぞれです。そんな場合でも転職をすれば、自分の望む条件で働ける可能性があるのです。


転職をしてもそんなに思った通りに行くはずがないので、少し物足りなくても今の仕事を長く続けることが大切だという人もいます。しかし、長く働くことも重要ですが、我慢してやりたくない仕事を続けるより、自分の希望の条件で求めて転職を考えることも良い手段だと思います。

仕事に対するモチベーションやスキルが上がる

転職をして、自分の望む仕事に就くことができたら、仕事に対するモチベーションが上がり、違う仕事をすることで自分のスキルを上げることもできます。


誰しも、嫌々仕事をするより、自分の望む条件下でやりた仕事ができる方が仕事が楽しくなり、能率も上がります。また、「好きこそものの上手なれ」という言葉があるように、自分の好きな仕事に転職してモチベーションが上がれば、その仕事に関するスキルがどんどんアップしていくでしょう。

(2)転職のデメリット

成功するとは限らない

転職は企業側が採用するかどうかを決めるので必ずしも成功するとは限りません。どれだけその企業に入社したいと思っても企業が採用してくれなければ入社できないのです。


また、転職活動は仕事と両立するのが困難であり、多大な労力が必要で様々なものを犠牲にしますが、その努力が実らないことも大いにあり得るのです。転職活動を行う際にはそのことを十分理解する必要があります。

転職して理想の仕事に就けるとは限らない

就活の際に思っていた企業のイメージと入社してみて感じた企業の雰囲気が違うと感じることは、多くの人が経験したことだと思います。就活だけではなく、転職活動にも同じことが言えます。


転職活動中に、とてもいい企業だと思っていたのに、入社してみると待遇が悪かったり、残業時間が長いという問題が起こる可能性もあります。より、自分の望む条件の会社に就職するために転職しても、その会社が必ず自分の理想の会社であるとは限らないのです。

早く転職した方がいい場合と転職しない方がいい場合

転職をしたいと考える理由によって、早く転職した方が良い場合と転職しない方がいい場合があります。その2つの場合について紹介します。

(1)早く転職した方がいい場合

他にやりたい仕事がある場合

他に明確にやりたい仕事がある場合は、退職してその仕事に転職すると良いでしょう。自分の将来のキャリアのための転職であるなら、自分の意思を貫いて早めの転職をしましょう。

今の仕事が向いていないと思う場合

現在の仕事に向いていないと思う人も早めに違う職業に転職した方が良いでしょう。

向いていないと思いながら仕事をしていても、仕事が上手くいくことは少なく、仕事を楽しむこともできないと思います。


人生には色々な選択肢があるので、向いていないと思うなら転職してしまうのも一つの手なのです。

健康上の問題がある場合

仕事の人間関係が原因で精神的な病気になった人は転職することをおすすめします。精神的な病気は、その原因を取り除かないと改善されないものなので、仕事を続けると病気が悪化し続ける可能性があるため、転職してストレスの元となっている環境を変えましょう。

(2)転職しないほうがいい場合

やりたい仕事ができていない場合

せっかく入りたくて入社した会社で、思っていた仕事とは違う仕事しかないという理由だけで転職してしまうのはもったいないことです。働き続けたらやりたい仕事ができるようになる可能性もあるので、入社してすぐは我慢して別の仕事もやっておくべきです。


また、色々な仕事をすることでたくさんの経験を積むことができるので、自分の本当にやりたい仕事ができなくても損にはならないでしょう。

転職後にも起こり得る理由の場合

仕事にやる気がでないなどという理由で転職しても、その問題は転職によって解決できることではありません。したがって、転職してもまた同じように仕事を辞めたくなってしまうでしょう。


また、転職活動の際に、前職の退職理由は必ず聞かれます。そこで、前職の退職理由が面接官に言いにくいものだと転職も不利になってしまうでしょう。


漠然と仕事を辞めたいと思っただけで仕事を転職しても、転職後に上手くいかなくなる可能性が高いので、自分のキャリアについて真剣に考えて働き続けましょう。

おすすめの転職のタイミング

転職には、転職しやすいタイミングと転職しにくいタイミングがあります。そこで、おすすめの転職のタイミングを紹介します。

会社が求人を募集しているタイミング

会社に採用されやすくなるタイミングは、会社が求人をしているときです。会社は、無計画に求人をしているのではなく、採用計画や予算を決めて人材を募集しているので、会社が計画したうえで募集をかけているときが一番会社のニーズが高くなるときなのです。


応募する側もその計画に沿って、会社のニーズが一番高くなるときに応募すれば、会社のニーズが低いときよりも採用されやすくなるのです。

したがって、会社が求人の募集を締め切る直前よりも大々的に求人をしているときの方が採用されやすく、会社が社員を受け入れるタイミングとして最も多い4月入社と1月入社の時期に沿って応募すると採用される確率が上がるのです。

転職を成功させる方法

転職活動中には、やることが多く、全て上手くこなすのは大変です。そこで、転職を成功させるために、転職活動の全体の流れを知っておくことが重要です。また、転職活動の面接では、必ず転職理由を聞かれるので、採用担当者に良い印象を与える理由を考えおくことも必要になります。


ここでは、転職の全体的な流れと面接で使える転職理由を紹介します。

(1)転職の流れ

まず、転職の全体の流れについて紹介します。転職の流れは以下の通りです。意外と多くの工程があり、入社までは、たくさんの準備が必要です。

・自己分析

・企業研究

・履歴書、職務経歴書作成

・応募

・面接

・退職手続き

・入社準備


まず、始めに自己分析と企業研究を行います。このとき、自分は会社に何を望んでいるのか、どの会社が自分の希望に合っているの徹底的に調べます。また、なぜ前の職場を退職したかということも重要になります。なぜ退職して、転職を考え、新たな会社を選んだのかを採用担当者に伝えられるようにする必要があります。

企業研究から面接までは、複数の希望する会社に対して行うので準備に結構な時間がかかります。履歴書作成や面接対策はそれぞれの会社で内容が違うのでその会社に合った対策をその都度行わないといけません。転職活動は一社だけ受けて必ず成功することはほぼないので、準備期間を多く設けておきましょう。


(2)面接で答える転職理由

面接でなぜ転職理由が聞かれるのか?

転職活動の面接では必ずと行っていいほど転職理由が質問されます。採用担当者はどのような意図があって、転職理由を聞くのでしょうか?


転職理由によって、採用担当者が判断している点は二つあります。


一つ目は、応募者が仕事に対してモチベーションがあるかを見極めています。会社は社員が入社してからその社員が会社に貢献をしてくれるようになるまで、社員の研修や教育など社員に投資をします。1人の社員を育てるのに会社は負担がかかっているので、社員がしっかり成長して会社に貢献してくれないと会社は損をしてしまうことになります。


そこで会社は面接の時に転職理由を聞くことで、その応募者がその後しっかりと働き続けるモチベーションがあるかどうかを調べているのです。

したがって、転職理由が前の仕事が嫌になったからなどのモチベーションがなくなって転職したという理由であれば、転職後も前職と同じようにモチベーションがなくなるかもしれないので、採用されにくいでしょう。


二つ目は、応募者が会社に貢献してくれる人材かどうか見極めています。

転職理由というのは、深堀りすれば転職後に実現したいことを聞くことができます。転職後に実現したいことが会社の方向性に合っているか、会社が求める人物像に合っているかを見ることで、応募者が会社に貢献してくれる人材かどうか見極めることができるのです。

転職理由を考える方法

先に述べたように、前の仕事が嫌だったから転職を考えたと面接で答えてしまうと採用担当者に与える印象が悪くなってしまいます。そこで、採用担当者に好印象な転職理由の考え方を三つの段階に分けて紹介します。


まず、一段階目として、転職のきっかけを考えます。このときは、採用担当者に与える印象が悪いきっかけでも構いません。転職しようと考えた本当のきっかけを挙げましょう。

上記で紹介したような、給与評価に不満があったということや仕事内容が自分のやりたいことと違っていたということなど様々なきっかけがあるでしょう。


第一段階で考えた本当の転職理由はとてもネガティブなもので、実際の面接でそれを話してしまうと採用担当者に悪い印象を与えてしまうという人もいると思います。第二段階では、第一段階で挙げた転職理由を前向きな言い方にしてみましょう。前職に不満があった場合は、自分の理想の条件があり、それを満たしていないために不満がでてきてしまっていたのです。そこで、前職に不満があったからという理由にするのではなく、自分の理想の条件を満たすためという理由にすれば、必然的に前向きな転職理由になります。


例えば、給料が低いという不満であれば、自分の仕事を確実に評価してくれる会社で働きたいというように言い換えます。また、毎日の長時間の残業がつらいという不満であれば、より効率的に働ける職場に転職し、成果を出したいというように言い換えれば、前向きで立派な転職理由になります。


このように不満があるということは、その裏には本当に実現したかった理想の条件があるはずなので、それを転職理由として考えてみましょう。

 最後に、第三段階では、第二段階で挙げた理想条件が具体的にどのように志望している会社で実現できるのかということを転職理由にプラスして考えましょう。このプラスαの部分を考えることで、本当にこの会社に入社したいという気持ちがより採用担当者に伝わりやすくなります。

具体的には、前職の仕事内容に不満があった場合には、理想の条件はやりがいのある仕事をしたいということになります。そして、仮に応募先の会社が顧客との信頼関係を大切にしている会社であれば、長期的に顧客との信頼関係を築いていく責任のある仕事をしてやりがいを感じたいというように採用担当者に伝えると、ただ転職理由を伝えるだけのときよりも応募先の企業だからこそ転職したいという気持ちが伝わりますよね。

 これらの三つの段階を踏んで、転職理由考えることで、採用担当者に本当に入社したいという意思をアピールできるようにしましょう。

面接で使える転職理由の例

前の項の三つの段階のポイントをおさえて、面接で使える転職理由の例文を紹介します。


「現職では、毎日夜12時まで残業をすることが当たり前となっていて、会社に残業を減らしてほしいという要望を出しても改善されませんでした。毎日長時間の残業を強いられ、ワークライフバランスを保つことができません。しかし、御社ではノー残業デーを取り入れており、業務の効率化も測っているため、ワークライフバランスを改善することができると考え、転職を決意しました。」


このように具体的な数字を出して、現職の会社への不満があることを伝えると説得力があります。さらに、志望する会社でなぜその不満が改善されるのかを伝えると本当にその会社で仕事をしたいという意欲が採用担当者に伝わります。

転職するときは転職エージェントを利用しよう

転職活動は、意外にやることが多く、結構な時間がかかると説明しましたが、転職を考えている場合は、早急に転職して新しい仕事を始めたいですよね。しかし、仕事との両立が難しく、転職活動が上手く進まないという人のために効率的な転職方法を紹介します。


効率的に転職するには、転職エージェントを利用するという方法があります。

転職エージェントがしてくれることは主に以下の4つです。


・自分に合った企業を探してくれる

・履歴書作成や面接対策を手伝ってくれる

・給料交渉や面接の日程調整をしてくれる

・志望動機がわからないなど転職に関する様々な相談にのってくれる


これらのことから転職エージェントを利用すれば、自己分析・企業研究、履歴書作成・面接対策など先に紹介した転職活動の工程のほとんどを手助けしてくれることがわかります。転職エージェントを利用するだけで自分でやるべきことが大幅に減り、転職活動にかかる時間も少なくなります。

まとめ

いかがでしたか?


転職の主なきっかけには、人間関係やプライベートな理由、仕事内容や労働環境、給与に不満があること、キャリアアップのためなどネガティブな理由からポジティブな理由まで様々なものがあります。


年代別や性別によって比較するとそれぞれ人生において重視するものが変わってくるので、それぞれ転職したいと考えるきっかけも変わってきます。


現代は、昔のように終身雇用が最も良い働き方とされているわけでもないので自分の人生を充実させるために転職という手段を使うのも良いでしょう。

転職を考えた際は、ぜひ今回の記事を参考に転職活動をして、転職を成功させてください。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


転職 きっかけ

関連する投稿


転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

転職を繰り返すのはいいの?許される回数と面接での答え方!

今回で3回目の転職…まだ、20代なのにこんなに転職を繰り返しても良いのだろうか?面接でしっかりと説明すれば、運が悪く転職をしていることをわかってくれるのだろうか?複数回転職をすると継続して働くことができない人という印象を与えてしまうので不安になりますよね。


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職してすぐ後は誰もが慣れるまで辛い思いをすることがあるでしょう。ですが、ちょっとした工夫であなたの辛く感じていた生活ががらっと変化することがあるんです。今回は、そんな皆さんのために転職後の辛い期間を乗り越えるための方法やポイントを詳しくお伝えしていきます。


賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

厚生労働省が発表している平均残業時間は10時間です。しかし、ある調査によれば平均の残業時間は47時間という結果が出ています。なぜこれほどまでに差があるのか、また職種別にみて一番残業時間が多いのはなんなのか、を紹介します。また、残業代の計算方法と未払い残業代の請求方法も紹介するので知っておいてください。


会社の飲み会で楽しんだことがない人が39%と大多数か!?

会社の飲み会で楽しんだことがない人が39%と大多数か!?

会社の飲み会に積極的に参加していますか?「お酒を飲みたくない」、「齢が離れた人と話が合わない」といった理由で会社の飲み会を避ける人が増えています。この記事では、会社の飲み会へのモチベーションや飲み会に積極的に参加しない理由などを紹介します。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。