退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


退職することが決まった人に対して、冷たい態度を取る上司や同僚はいませんか?職場に退職することを良く思わずに、冷たい態度を取ったり、嫌がらせをしたりする人がいるかもしれません。職場でそのような対応をされたら、退職日まで辛い期間を過ごさなければいけなくなりますよね。この記事では、周囲から冷たい対応をされるや嫌がらせをされる、辛い期間をどのように過ごせばいいのか紹介していきます。

退職することを伝えた後から冷たくなる

同僚との関係が気まずくなる

同僚に退職することを言うと、関係が気まずくなることがあります。どうして辞める相談をしてくれなかったのかや、退職してずるいと思われて、冷たい態度を取られるそうです。退職は悪いことではないのに、そのような態度を取られると退職する方としても気分は良くないですよね。それほど良好な関係ではない人の場合は、今後会うこともないと思うので、あまり気にしなくていいと思います。一方、退職後も仲良くしたい人であれば、コミュニケーションを取って、良好な関係を築くようにしましょう。

上司が冷たくなる

退職の相談をしていた時は普通に対応してもらえていたのに、退職することが確定した途端に上司の接する態度が変わることがあります。上司の立場からすると、これからも一緒に働き続けると考えていたのに、裏切られたという気持ちが残ってしまうのでしょう。急に冷たい対応をされて寂しく感じることもあると思いますが、一度崩れた関係はすぐには戻らないです。どうにかしなければいけないと思い悩んでしまい辛くなるくらいならば、退職するためにはやむを得ないことだと割り切ることも一つの手です。上司のことを気にしすぎて、退職することを撤回することだけはあまりお奨めできません。退職を撤回したところで上司との関係を修復できるとは限らないのでリスクがあります。

退職日までが辛い、気まずい理由

職場の人の目線が辛い

退職願を上司に提出して退職日が決まれば、あとは退職日まで働くだけです。しかし、職場の人は退職することが決まっている人と一緒に働くことに戸惑ってしまうでしょう。場合によっては、一緒に働くことを好ましく思わない人から嫌がらせを受けることもあると思います。退職する側としてもこれからも働き続ける人と同じモチベーションで働くことは難しいと思うので、何かしらの工夫が必要です。例えば、引き継ぎ資料に時間をかけたり、雑務をすることで周りの人が働きやすくなるようなサポート業務を重点的に行うことができると思います。このような工夫で大きなトラブルなく退職日まで過ごすことができると思います。ただし、基本的には退職が決まった後も退職前と同様の業務をすることになっていると思うので、全く別の業務をさせるなどの嫌がらせを受けている場合は何かしらの対応が必要です。まず考えることができる対処法として、パワハラで会社の上層部、弁護士に対処してもらうことが考えられます。会社の上層部や弁護士に相談してもどうにもならない場合は、有給休暇を利用して退職日までの期間を凌ぐ方法もあります。

退職することに後ろめたさを感じる

退職するということは、あなたの業務を誰かが行わなければいけなくなるので後任者や一緒に仕事をしてきた仲間に迷惑をかけることになると思います。なので、退職日までの期間中は誰かに迷惑をかけていることを感じてしまい辛く感じてしまうこともあると思います。そのように、退職することに後ろめたさを感じることがあると思いますが、あまり気負いすぎるのはよくありません。気負いすぎることで逆に周りの人が心配して余計に迷惑をかけることになってしまいかねません。それに、大概の場合はあなたが思っているほど周りの人は迷惑だと感じていないので、普段通り過ごしている方が一緒に働いている方も楽だと思います。

モチベーションが維持できない

退職することが決まるとどうしても仕事に気が入らなくなってしまうと思います。会社から評価されることがなくなるので仕事の質が下がったり、退職後のことを考えて仕事に身が入らなかったり、退職が決まった後は仕事をすることに意味を見出せなくなってしまう人が少なくないです。そのような人は、「お世話になった人、会社への感謝の気持ち」、「自分の仕事に責任感を持つ」などのように、退職日までしっかりと仕事をこなすことの意味を探してみてださい。どうしても、やる気が起きないという人は会社に迷惑をかけないためにも有給休暇を利用するのも一つの手です。

入社後すぐに退職する

試用期間中など入社後に会社に貢献してもいないのに退職することは気が引けると思います。新人のうちは一人で仕事をすることもなく引き継ぎ資料を作る必要もないので、退職日までの期間をどのように過ごせば良いのかわからなくなってしまうでしょう。特にやることがないのであれば、雑務をこなし周りの人のサポートをしたり、上司にやることを聞いて仕事を探しましょう。試用期間中であれば、休んでも誰かに迷惑をかけてしまうことも少ないと思うので有給休暇を利用して退職日まで過ごした方が良い場合もあります。会社によっては、試用期間中は有給休暇が与えられていないと思うので、退職日までの期間を短くするように上司にお願いしましょう。

退職日までの過ごし方

残った仕事をする

後任に引き継ぐまでの残った仕事を責任持って終わらせましょう。どうせ退職する会社の仕事だから適当に終わらせてしまおうという考えはよくないです。お世話になった会社であることを忘れずに、精一杯仕事に取り組みましょう。しかし、退職することをいいことに不当に過剰な労働を強いられている場合は、会社の要求に従う必要はありません。基本的に、退職日までの期間は退職が決まる前と同様の仕事をすることになっていると思うので、それ以外の不当に与えられた業務は断るようにしましょう。

外部の取引先に退職の挨拶をする

営業などで外部の取引先と関わりのある方は挨拶回りをしなければいけません。担当が変わることを伝えずに退職してしまうと、社内の人、取引先の相手方など多くの人に迷惑をかけてしまいます。外部の取引先の人も退職するからといって、急に対応が冷たくなるということはほとんどないと思います。しっかりと退職の挨拶をしましょう。

仕事の引き継ぎをする

会社側の退職日までの期間を設ける目的は、残った仕事をすることと仕事の引き継ぎをすることでしょう。特に、引き継ぎであなたが行なっていた業務を今後も滞りなく進めることができるかが決まるので責任を持って取り組みましょう。しっかりと引き継ぎが進んでいれば、あなたが退職することに対して不満を持つこともないので、冷たい対応を取るような人は少なくなるでしょう。また、引き継ぎまでしっかり終えることができたのであれば、有給休暇を利用して退職日まで過ごすこともできます。

最終出社日の挨拶の準備をする

最終出社日には、職場の社員前で挨拶することになります。アドリブで挨拶すると、上がってしまって挨拶できないかもしれません。挨拶の内容は、事前に考えておきましょう。

適切な退職の挨拶については下記記事で紹介しています

退職の挨拶は朝礼の時間がベスト?困った時に使える例文付き | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/183

退職の挨拶は朝礼中に済ませてしまう方が良いのでしょうか?退職の挨拶はお世話になった社員の方たちにお礼を言う最後の機会なので、緊張しますし、しっかりとマナーを守って行いたいですよね。この記事では、挨拶すべきタイミングと正しい挨拶例文を紹介するので参考にしてみてください。

備品をまとめる

ロッカーや机に入っている自分の備品をまとめておきましょう。退職日より前に荷物をまとめておき、スムーズに退職できます。返却忘れをすると、また会社に戻ってこなければいけなくなるので、注意してください。

有給休暇を全て消化する

有給休暇を利用すれば、会社に行かなくてよいので、気まずくなることはありません。有給休暇が余っている人は、退職前に全て使い切りましょう。退職日が決まる前から、有給休暇の申請をしておいた方が、退職日までに全て使い切れると思います。

会社を休む

会社を休めば、辛い時間が過ごさずに済みます。例えば、体調不良や家庭の事情、転職先への引っ越し準備などの理由で休暇申請すれば、会社を休めると思います。

円満退職はしなくていい

退職が決まってからの同僚や上司の目線が気になりすぎてしまうのは、円満退社することを意識しすぎてしまっているかではないでしょうか?考え方によっては必ずしも円満退社を目指すべきではないことがわかると思います。

そもそも円満退社できる人はごく一部

上司や同僚に冷たい態度を取られた時に、円満退社したい気持ちがあると、仲が悪くなったと感じて辛くなってしまいます。しかし、退職すれば周囲からの風当たりが強くなると覚悟していれば、それほど辛く感じないと思います。そもそも円満退職できる人は、ごく一部です。もう辞める会社なんだから、どう思われていいぐらいの、気持ちでいれば、いくら職場で冷たい対応をされようが、乗り切れると思います。

退職日まであっという間

仕事の引き継ぎや退職の挨拶回りをしていると、あっという間に退職日がきます。そして、退職日が過ぎれば、冷たい態度をとる同僚や上司と顔を合わせることもなくなります。耐えなければいけない期間は、とても短いです。少しの間辛抱しましょう。

まとめ


いかがだったでしょうか?

退職日まで冷たい対応をされ続けたら、辛いですね。
しかし、この期間を乗りこえれば成長できます。退職日まで一踏ん張りしましょう!

ご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


退職 冷たい

最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。