退職後には旅行を!退職を考え悩む方にもおすすめの旅行!

退職後には旅行を!退職を考え悩む方にもおすすめの旅行!

定年退職を迎えた後や転職先に入社する前の期間に「旅行」をすることを一度は考えるのではないでしょうか。退職後にどのような旅行が適しているのかなどについては詳しく知らないでしょう。この記事では、退職後にオススメの旅行を紹介していきます。


1 旅行は人生において数少ない大きく自分を変えるチャンス

退職したいと思う理由としては、「職場の人間関係に耐えられない」や「毎日の残業時間に耐えられない」などと様々なものが挙げられると思います。しかしながら、毎日同じようなサイクルで生活を送っていればどうしてもストレスが解消できなかったり、ずっと同じ悩みを何年も続けることになります。毎日多忙な業務を送っていく中で自分をゆっくりと見つめ直す時間は取れていますか?もしくは、土日にゆっくりする時間があってもどうしても仕事のことを考えていたりしませんか?

・仕事と無縁の場所に足を運ぶことは想像以上に効果的

転職をしても半分以上の方が何かしらの後悔をしているというのは皆さんもご存知のことでしょう。この理由の一つとして挙げられることとしては、本気で退職と向き合っていないということが挙げられます。退職した後のリスクや自分がもしもう少し努力した先にあるゴールなどについて考え切れていないという場合が非常に多いです。だからこそ、旅行を通して仕事と無縁の場所に足を運ぶことでいつもとは違う視点でじっくりと今現在の自分の状況についてしっかりと考えることができると思います。そうすれば、これまでは思いつかなかったような自分のキャリアにおける選択肢が見えてくるかもしれませんよ。例えば、「もう少し頑張れば、会社での立場も変わるし自分の気持ちにも変化が起きるかもしれない」などといった追い込まれていればどうしても思いつきにくいような内容が挙げられます。

2 退職理由として、旅行に行くからはあり??

退職理由として、世界一周旅行に行くといった内容は適当なのでしょうか?実際には、正しいか正しくないかの判断は下せませんが、いけないことではありません。近年であれば、そういった理由で実際に早期退職を行った方が増えてきています。退職理由は、特にこれといった決まりはなくどういった理由であったとしても退職したいという意思があれば退職することは可能です。周りの同僚や上司に後ろめたさを感じることも多々あるとは思いますが、正直に今自分がやりたいことは旅行であるということを述べれば多くの場合意外と受け入れてもらえるものです。さらに言えば、新たな挑戦に挑もうとしていること自体を応援してくれるかもしれませんよ。

退職理由として、世界一周旅行に行くといった内容は適当なのでしょうか?実際には、正しいか正しくないかの判断は下せませんが、いけないことではありません。近年であれば、そういった理由で実際に早期退職を行った方が増えてきています。退職理由は、特にこれといった決まりはなくどういった理由であったとしても退職したいという意思があれば退職することは可能です。周りの同僚や上司に後ろめたさを感じることも多々あるとは思いますが、正直に今自分がやりたいことは旅行であるということを述べれば多くの場合意外と受け入れてもらえるものです。さらに言えば、新たな挑戦に挑もうとしていること自体を応援してくれるかもしれませんよ。

3 おすすめの旅行の過ごし方【定年退職編】

定年退職した後のおすすめの旅行の過ごし方としては、海外旅行をおすすめします。若い頃には見れなかったような発展途上国やそこに暮らしている子供たちの姿をみることも良いでしょう。たとえ定年後でもあなた自身の中に何か新しくやりたいことができるかもしれません。もしくは、一生忘れない思い出や風景に出会えるかもしれませんよ。だからこそ、たとえ定年退職後であったとしても若い頃できなかったようなチャレンジングなことに挑むのも是非おすすめします。人間はどんな恵まれた環境にいたとしても、満足することはありません。お金と時間を手に入れることができた今だからこそ是非色々なことに挑戦してみてください。

4 おすすめの旅行の過ごし方【転職を考えている方向け】

今後転職を考えている方のためのおすすめの旅行の過ごし方は一つだけです。「日本に帰って、何をするか」を考えながら色々な経験をしてください。それだけであなたの今後の人生は大きく変わってくるでしょう。ただ、今後に人生に活かすためということが旅行の第一の目的ではありません。そのため、あくまでも色々なことを吸収した上でその日の夜にでも自分はこれからどうしたいのかなどについてじっくりと考えることをおすすめします。

5  20代でも早期退職をした後に旅行はしていい?

結論から述べると、20代だからこそ早期退職の後に旅行にいくことをおすすめします。もちろん自分がこれからやりたいことが明確な方や次の仕事などすでに自分の将来について具体的に見通しが立っている方にはおすすめしません。しかしながら、自分が本当にしたいことが分からない方や本当に辛い労働環境に我慢できずに目標を見失ってしまった方は是非旅行に行って本当に自分がやりたいことを探してみてください。もちろん旅行に行けば、必ずやりたいことが見つかるという確約はありません。しかしながら、30代、40代となって行くにつれ職種や業種はどうしても固定されていく傾向が強いために、20代であるからこそ柔軟に進路変更ができるというメリットを活かして色々な視点から自分の人生を見つめるという経験は非常に有益なものでしょう。だからこそ、今まで行ったことのない場所や出会ったことのない人種の人間がいる国など20代だからこそできるチャレンジな旅に出かけてみてはいかがでしょうか?是非色々な体験をしてみてください。

6 退職する父親や上司にサプライズで旅行のプレゼントも!

退職する父親や上司に感謝の気持ちを伝える手段の一つとして、サプライズで旅行をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?例えば、父親が自分が子供の頃からいきたいと語っていた国への旅行のチケットをサプライズでプレゼントしてあげるなどです。ただサプライズとして花束をあげるだけでなくそういった思い出のあるプレゼントはよりあなたの父親や上司を喜ばせることができるでしょう。是非やってみてください。

7  早期退職して旅行した後はすぐにでもハローワークなどで転職の準備を!

・旅行する前にでも転職サイトへの登録を!

旅行した後に日本に帰ってきて、転職活動で路頭に迷ったりすることがないように必ず旅行する前に転職サイトには登録しておくようにしましょう。旅行の移動時間などに転職サイトにある求人情報を眺めているだけでも興味を持つことができる企業や業種が見つかるかもしれませんよ。そのため、自分の視野を広げて、旅行を通して色々なことを吸収するためにも転職サイトは非常に重要な存在となってきます。だからこそ、是非転職サイトへの登録は旅行前に行うようにしておくことをおすすめします。

・おすすめの転職サイト

doda

dodaには10万件以上の求人情報が掲載されているため、視野を広げるという意味では最適な転職サイトだと言えます。さらには、勤務条件や収入など具体的に検索することも可能であるために、あなたにあった求人を探すことも可能になっています。転職業界においても満足度NO.1の実績もあるために色々な求人情報をみたり、探したい求人を見つけるためには効果的な転職サイトだと言えます。

8 円満退職を行い、有給消化しながらの旅行も!

退職交渉において重要なことは自分がどれだけ主導権をもって行うことができるかどうかです。特に転職が初めての人は難しい面もあるかもしれません。しかしながら、まずは自分自身で退職までのスケジュールを立ててみることをおすすめします。入社日から逆算して、最終出社日と退職日を決定します。そして、引き継ぎリストや自分がやっていた仕事をマニュアルにするなど、事前に準備をして退職交渉に臨むと、会社との交渉もスムーズにいくケースが多いです。そうすれば、自然に有給消化も行えるようになるためにその機会を利用して、国内旅行でも海外旅行でも行くことはできるようになるでしょう。

9 まとめ

転職をしないといけないのに退職してすぐに旅行なんて考えられないという方も多くいらっしゃると思います。しかしながら、今回の記事で述べたように旅行があなたの人生がもたらす影響は非常に大きいです。だからこそ、旅行での経験を通して転職先で自分の行った選択に後悔することがないようにしてみてはいかがでしょうか?今では想像できないような人生が旅行の後にはあなたの目の前に現れるかもしれませんよ。是非一度考えてみてください。今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

この記事のライター

日本一の資格マニアを目指して日々資格勉強に励んでいます!少しでも記事を読んで下さったら嬉しいです。

関連するキーワード


退職 旅行

関連する投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトをライン(LINE)だけで辞める時にはメリットやデメリットを知っておくことが大切です。そもそもラインだけでバイトは辞められるのか?などの疑問に答え、伝えるまでの手順等をご紹介。


退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職することが決まった瞬間は、喜びなど様々な感情が湧いてくると思います。しかし、退職日までは会社に出社しなければいけません。そのため同僚や上司の関係がギクシャクして気まずくなることがあります。 本記事では、退職日までの気まずさについて説明していきます。


適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

仕事で適応障害になった時に、まず何をすれば良いの?動揺してしまう人は少なくないと思います。まずは、適応障害の原因であるストレスを除去するために「休職」か「退職」をしなければいけません。この記事では、適応障害になった時に具体的に取るべき行動を紹介します。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。