退職日までモチベーションが保てない?マインドの維持方法!

退職日までモチベーションが保てない?マインドの維持方法!

退職が決まると仕事のモチベーションを維持するのが大変ですよね?しっかり今の仕事をやろうとは思っても、なかなか身が入らない人もいるのではないでしょうか。この記事では、退職が決まってからモチベーションを維持する方法、下がった時の対処法を紹介します。


退職が決まると、「もう頑張っても意味がない」と今の仕事に対して、ネガティブが感情が湧いてきませんか。しかし、仕事に対してのマインドを変えることができれば、今の仕事を頑張ろうと思えるようになります。この記事では、退職が決まってもモチベーションを下げず仕事に取り組む方法を紹介するので、読んでみてください!

退職前はモチベーションが保てない

退職が決まると、モチベーションが低下する

上司に退職することを伝えてから、実際に退職するまでの期間は短い人だと1ヶ月、長い人だと半年間くらいあります。その間にも仕事をしなければいけませんが、モチベーションを維持できる人はそれほど多くありません。その理由は、退職することにネガティブな感情が出てきたり、辞めることが分かっているので、向上心が湧かなかったりするからです。その結果、なぜ働くか分からなくなり、モチベーションを維持を維持できなくなってしまいます。

ネガティブな感情を持つ

今の仕事に対して、ネガティブな感情を持つとモチベーションを維持するのは難しくなります。労働環境や、人間関係、待遇など全てが嫌になると会社に行きたくなくなりますよね。早く辞めたいというネガティブな感情に段々と支配されていき、モチベーションの維持をすることができなくなります。

仕事の向上心が湧かない

仕事の向上心が湧かないと、退職するまでが辛くなります。退職日まで、なぜ今後もうやらない仕事を続けなければいけないのかと疑問に思ったりすると、仕事に対してモチベーションは湧きませんよね。一度意味のない仕事と思ってしまうと、どんな仕事でも苦痛に感じてしまいます。

モチベーションを維持する方法

同僚に相談する

モチベーションを維持するためには、1番重要なことは心に余裕を持つことです。そのための行動として、まずは同僚に相談しましょう。自分一人で悩みを抱えてしまうと、モチベーションは低下する一方です。しかし、同僚に相談すれば悩みを共有でき、心に余裕が生まれます。もちろん、同僚だけでなく上司、家族、友人などでもいいので、まず相談して心を軽くしましょう。

マインドを変える

今の仕事が次の転職先で活かせるから今の努力は無駄ではないと、マインドを変えれば、モチベーションを維持することができます。では、そのマインドを変えるためには、どうすれば良いか紹介します。まず、全ては繋がっているということを意識することです。今の仕事と次の仕事が関係ないとしても、仕事を通して得た知識や経験は活かすことができます。今は、無駄だと思っている仕事が、いつか振り返った時に「あの時の経験が役に立った」と思うために、今の仕事を精一頑張りましょう。

自分のスキルを磨く

今やっている仕事のスキルを最大限伸ばすことを意識しましょう。転職してしまったら、違う仕事が待っているので、今の仕事のスキルを磨くことができません。今後、そのスキルを活かせる場面になった時に、十分に発揮できるように、今はスキルを磨くことに取り組みましょう。

転職の準備をする

まだ、転職先が決まっていない人は転職の準備をしましょう。転職先が決まっていないと、今後の自分のキャリアが想像できなくて不安になると思います。その結果、仕事に集中できなくなり、モチベーションを保てなくなります。転職先が決まれば、今後のキャリアのことを考えられるのでモチベーションは、上がりやすくなります。転職先を決めて、その仕事で必要なスキルや資格などを身に付けたり、勉強したりすることで、モチベーションは上がってくると思うので、転職の準備をしてみてください。

転職相談は、こちらからすることができます。

行列のできる転職相談所

転職相談する

モチベーションが下がったら

営業職の人が下がったら

営業職の人は、モチベーションが命です。営業はもうやりたくないと思った瞬間から、数字を残すことができなくなります。モチベーションが低い営業から、商品を買いたい思いませんよね。逆に、やる気はあって数字は残せていないのであれば、いずれ良い結果が出るでしょう。営業の仕事はモチベーションが非常に大きく関わっているということです。もし、モチベーションが湧かなくなった時は、転職したほうが良いです。モチベーションが低いまま、仕事をやっても楽しくありませんし、結果も出ません。新しい仕事を見つけましょう。

パートの人が下がったら

パート・バイトのモチベーションが下がったら、社員に相談しましょう。モチベーションが下がっている原因を話せば、改善に向けて動いてくれるかもしれません。社員やパートなど雇用形態に関わらず、同じ職場で仕事をする仲間として、意識が低いまま仕事をしてほしくないはずです。職場全体が高い目標に向かって頑張るからこそ、仕事が楽しいと思えうるようになるので、まずは社員に相談して、モチベーションが上がるような環境を自分から作ってみてください。

好きな人が退職して下がったら

好きな人が退職すると、モチベーションは下がりませんか。恋愛として好きだったり、上司として好きだったり、自分にとって大切な人がいると思います。その人が、いなくなるとやる気が湧いてきませんよね。そのように、好きな人がいなくなってから、モチベーションが下がる人は多いです。そのような人は、他社に依存してしまっていることが多いです。自分のやる気が他社の存在によって決まるので、今後も好きな人がいなくなる度に落ち込んでしまいます。そうならないように、他社に依存するのでなく、自分の意志をしっかり持ちましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

退職が決まってからの、モチベーション維持方法を紹介しました。
モチベーションのあり方によって、人の成長は大きく変わるので、是非高い意識を持ち続けてください!

ご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


退職 モチベーション

最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。