退職に罪悪感は必要ない!?その理由を紹介していきます!

退職に罪悪感は必要ない!?その理由を紹介していきます!

退職することに罪悪感を持っていませんか?退職するのは、会社や上司に申し訳ないと思い踏ん切りがつかない人がいます。しかし、会社や上司に感謝するのは大切ですが、退職に罪悪感を感じる必要は全くありません。


退職するのに罪悪感を感じていませんか?今までお世話になった会社に感謝することは大切ですが、罪悪感を感じる必要はありません。なぜなら、あなたが辞めても会社は同じように回るからです。あなたが抜けたことで、少しの間はその穴を埋めるために同僚や上司は仕事に追われるかもしれません。しかし、時間の経過とともにその仕事量に慣れてきます。そして、あなたがいないのが当たり前と感じるようになります。一社員が退職しようと、会社には微々たる影響しかありません。あまり気負いせず、退職してください。この記事では、なぜ退職に罪悪感を感じるのかを紹介するので、読んでみてください。

退職することに罪悪感を感じる人が多い

転職活動をすることへの罪悪感

休暇を取り転職活動していることに罪悪感を感じることがあるそうです。休暇を取るということは、その分の仕事を社内の人が代わりにやらなければいけません。それが、申し訳なくなり、罪悪感を感じるそうです。真面目な人ほど、罪悪感を感じてしまいがちですが、そこは割り切って転職活動に望みましょう。

仕事の途中で退職することへの罪悪感

何人かのチームでやっているプロジェクトを抜ける場合は、他のメンバーに迷惑がかかるのではないかと心配になりますよね。また、チームの人数が少ない場合、自分が抜けて大丈夫かなど不安になると思います。実際、仕事の途中で退職されると、残った人は仕事を引き継がなければいけないので大変です。しかし、周りに迷惑がかかるから退職できないと言っていたら、いつまでたっても退職することはできません。退職することを決断したなら、ある程度周りに迷惑がかかるのを覚悟して、会社を辞めましょう。

上司や同僚への罪悪感

上司へや同僚への罪悪感を感じることがあるそうです。理由は、今まで育ててくれた上司や辛い時や楽しい時を共有した同僚に、自分は何も恩返しできていないと感じるからです。しかし退職してからでも、恩返しはできます。上司や先輩から教えてもらってことを活かし、転職先で活躍することが、1番の恩返しになります。罪悪感を感じるよりも、転職先で活躍するための努力をしていきましょう。

引き止めを断ることへの罪悪感

上司が必死に引き止めたのに、振り切って退職すると罪悪感を感じますよね。自分を大事にしてくれていた上司に、申し訳無さを感じるのは当然だと思います。退職を決めたあなたが、今できることは、しっかりお礼の挨拶をすることではないでしょうか。感謝の気持ちを伝えれば、退職を決めたあなたの気持ちを上司は分かってくれると思いますよ。

罪悪感を感じやすい退職

新卒で入った会社を辞める

誰でも新卒で入社した会社を辞めることは、抵抗を感じるはずです。先輩や上司が、仕事を丁寧に教えてくれたことを振り返ると、「辞めなくても良かったのかな」と考えたりすると思います。感謝しているからこそ、罪悪感を感じてしまいますよね。

妊娠して退職

妊娠して退職することになれば、会社から祝福されると思います。しかし、子どもが生まれて専業主婦になり、旦那さんが働いたお金で生活することに罪悪感を感じる人がいるそうです。特に妊娠するまで、バリバリ仕事をしていた女性は余計に罪悪感を感じるそうです。旦那さんが稼いだお金は使いづらい気持ちは、何となくわかりますよね。

鬱になり退職

鬱になると「自分が会社に迷惑をかけた」と思いやすいそうです。会社を辞めた自分が嫌になったりなど、全て自分が悪いと思いこんでしまいやすくなります。

退職に罪悪感は必要ない理由

退職する人はたくさんいる

それまでお世話になった会社に感謝することは大切ですが、罪悪感を感じる必要はないと思います。会社は、従業員が1人退職しようと同じように回ります。もっと言えば、社内の人からすると、出世レースから1人抜けチャンスと思うかもしれません。今の時代は、入社して定年退職まで働くというより、転職を経験しながら、キャリアアップする人の方が多いので、周囲の人が退職するのにみんな慣れています。それほど、退職することに思い悩まくてもいいのではないでしょうか。

会社は罪悪感を持たない

もし、会社が経営不振を理由にあなたを解雇しても、会社は罪悪感を持たないと思います。会社を存続させるにはしょうがないこと、合理的な判断と言って、解雇を正当化させるでしょう。逆に言えば、あなたも会社に罪悪感を感じる必要はありません。キャリアアップしたい、会社に不満があるなど理由があれば、退職を正当化することができます。自分が本当に転職したいと思うなら、会社のことを考えるのではなく、あなたの意志を大切にしましょう。

罪悪感を持つと今の仕事に集中できない

罪悪感を持ち続けていると、転職した後「前の会社は大丈夫かな」と心配になり、今の仕事に集中できなくなってしまう人がいます。しかし、退職後に振り返っても何も変わりません。退職後できることは、今の会社で結果を出して、いつか良い報告をすることではないでしょうか。前の会社を思う気持ちは大切ですが、今の会社のことだけに集中した方が、良いと思います。

辞める時の気配り

会社の人に挨拶をする

罪悪感を感じないようにするには、退職する時に気配りをすることが大切です。まず、辞める時は、上司をはじめ社内の人に挨拶をしましょう。挨拶なしで、辞めるのだけはしてはいけません。ちゃんと挨拶せずに辞めると、悪い印象のまま退職することになります。特に、お世話になった上司にはメールや電話ではなく、直接挨拶するようにしましょう。

仕事の引き継ぎをする

まずは仕事の引き継ぎをしなければならないです。引き継ぎを適当にやると、後任の人は何をすれば良いか分からないですよね。自分が抜けたとしても、部下が困らないような引き継ぎをすることが大切です。仕事の引き継ぎをしっかり行っていれば、会社を辞めたしても悪い印象を持たれることはないと思います。

辞めるタイミング

辞めるタイミングに気を配れるようになって、始めて一人前の社会人です。仕事をたくさん抱えたまま退職すると、だれかが代わりに仕事をやらなければいけなくなります。ある程度、自分の仕事が終わった段階で退職することを伝えるようにしましょう。繁忙期に辞められると、人が回らなくなってしまうので、注意してください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

退職しても、罪悪感を感じる必要はないということを紹介しました。
罪悪感を感じるよりも、転職してからのことを考えてみてください。

ご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


退職 罪悪感

最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。