退職する上司へ花束を渡したい!相場っていくらぐらい!?

退職する上司へ花束を渡したい!相場っていくらぐらい!?

退職する人へ渡す花束の相場がいくらぐらいか知っていますか?花束は、退職する人への贈り物として代表的なものなので、渡すことも多いと思います。相場を知っておけば、いざ渡す際に予算をすぐに組むことができるので知っておくと良いですよ!


お世話になった上司に、お礼の品として何を渡せば良いか迷いますよね?会社で特に慣習などがなければ、花束を渡すのが良いと思います。花束は無難すぎると思う人がいるかもしれませんが、ちょっと攻めて実用的でないものを渡してしまうよりはいいでしょう。花束は女性はもちろん、男性も渡されると嬉しいです。この記事では、花束を渡す際のポイントや花束の相場を紹介するので読んでみてください。

退職する人に花束を送る

花束を送る

退職する人へのプレゼントとして、1番多いのが花束ではないでしょうか?なぜ花束を渡すことが多いかというと、年齢や性別関係なく好きな人が多いからです。そして、花束は受け取ってからも家に飾ることができるので、しばらくの間は鑑賞し楽しむことができます。また、花束にメッセージカードを添えれば言葉でも感謝の気持ちを伝えることができます。つまり、花束はどんな人にでも喜んでもらえる、万能な贈り物になります。

アレンジメントでもOK

花束とアレンジメントの違いを知っていますか?花束は、切り花を束ねたもので、花瓶に花束を移し替える必要があります。一方、アレンジメントは、吸水性のスポンジに切花を挿したものなので、花瓶に移し替える必要がなくそのまま飾ることができます。

特に女性が喜ぶ

特に花束は女性が喜びます。男性より女性の方が、お花が好きなイメージがありますよね。「お花を見ているだけで幸せ」という人や、夢は庭でガーデニングをすることという女性も多いです。女性の方が退職する時には、花束を渡せば間違いないので特に女性への贈り物としておすすめです。

メッセージカードを添える

花束には、メッセージカードを添えることができます。できあがった花束に添えて、渡せば貰った方も嬉しいと思います。例えば、「これまで大変にお世話になりました。たくさん仕事を教えていただき本当にありがとうございました!新天地での益々のご活躍をお祈り申し上げます」「長い間お疲れ様でした。益々のご健康とご活躍をお祈り致します。」など、短い文章で構わないので、メッセージカードを添えてみてください。

花束の注文方法は

店頭で退職祝いであること

お花屋さんに行った経験がない人は、どのように花束を注文すればいいか分からないと思います。お花を注文する際のポイントをまとめたので紹介します。お花を注文する時は、どんなシチュエーションか、誰に渡すか、渡す人の性別や年齢、好きな色、入れてほしい花などを伝えて花束を作ってもらいます。あとは、花束全体の雰囲気などを伝えると、店員さんは完成像がイメージしやすいので、綺麗に仕上がります。

予算を言って作ってもらう

上述した注文方法に加えて、伝える必要があるのが予算です。花束は、花の種類や大きさによって値段に開きがあります。予算を先に伝えて、「完成イメージはどのような感じですか」と完成像を聞いてみてください。サイズが小さすぎる場合は、単価の安い花に変えてもらったり、逆に大きすぎる場合は、コンパクトにまとめてもらるように、お願いしましょう。

お花屋さん選びのポイント

お店が違うと同じ予算額だっとしても、花束の大きさが異なります。お花屋さんごとの特徴があったり、こだわりがあるのでそれを頭にいれて、お店を決めてみてください。お花屋さんは、資格や監査がないのでお店の個性がダイレクトに花束に表現されます。良いお花屋さんは、花のお世話に丁寧にやっているので、一本一本がイキイキとしています。そして、花束にしたときに、お花の色が鮮やかで綺麗に見えます。お花屋さんの店頭に飾られている花を見れば、良いお花屋さんかそうではないかが分かるので、お店選びの際にチェックしてみてください。

相場は3000円〜5000円

退職祝いの花束の相場は、3000円〜5000円と言われています。そのぐらいの予算だと大きすぎず、小さすぎない花束になるので、受け取る側は自宅まで持ち帰りやすく、飾りやすい大きさなのでオススメです。もちろん、3000円〜5000円でなければということではありません。例えば、定年退職を迎える方に向けてはもっと大きなものを用意したほうが、労いの気持ちが伝わるので、相場より高い花束を用意したほうがいいでしょう。誰が退職するかや勤続年数などで、花束の予算を決めてみてください。

おすすめのお花のイメージ

明るいイメージ

ひまわりやガーベラ、ダリアなどの黄色やオレンジ色の花を使うと、「明るい印象」になります。女性、男性問わず人気がある配色です。

クールなイメージ

紫色や青色をいれた花束は、トルコキキョウ、デルフィニウム、カーネーション、テマリソウなどを使っています。爽やかな雰囲気になるので、「クールなイメージ」印象になります。

ミックスカラー

バラ、ダリア、トルコキキョウ、ガーベラなどのたくさんの色を入れると、豪華な印象になります。

ボリューム重視

ボリュームがあると見た目が派手になり、豪華な印象になります。比較的大きいお花を選ぶと、ボリュームのある花束ができあがります。ボリュームを重視したい方は、そのことを予約時に店員さんに伝えておきましょう。

予約は必要?

花束を注文する際は、予約して受け取るようにしましょう。日によってお花が入荷数が少なかったり、お客さんのリクエストに答えられる花がなかったりなど、予約をしていないと希望の花束が完成しないことがあります。退職日の数日前にお花屋さんに行き、予約をしてお花は生き物なので、渡す当日に受け取りに行き、イキイキとした花を渡すようにしましょう。

男性にも花束で良い?

男性に向けて花束を送る

ある調査によると、男性で花束を貰って嬉しいと思う人の割合は、約7割だそうです。この結果から分かるとおり、男性で花束をもらって嬉しいと思う人は多いですが、中には恥ずかしいと思う人もいます。男性に花束を送る時は、落ち着いた白や青などのお花で、できるだけコンパクトにしたほうが持ち帰りやすいです。電車の中に持ち込める大きさかなどを考えて、渡すようにしてみてください。

お花に馴染みがない男性へ渡す時

男性は、自宅に花瓶が無かったり、お花のお世話の仕方が分からない人が結構います。そのような方に花束を渡す際は、花瓶替わりになるものをセットで渡すか、小さな花束を選ぶといいでしょう。花瓶が無い分かっていた場合は、持ち帰ってそのまま飾れるアレンジメントを渡すのがいいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

花束を渡す際のポイントを紹介しました。
感謝の気持ちを、花束に込めて渡してみてください!

ご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


退職 花束 相場

最新の投稿


タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

「タクシー運転手を辞めたい…」と悩んでいる人は少なくないです。タクシー業界で人材不足が激化していることやお客さんとのトラブルが絶えないことから、多くの運転手がストレスや疲労を溜めてしまっています。この記事では、タクシー運転手を辞めた後のキャリアについて説明していきます。


保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険営業の仕事と聞くと厳しい労働環境など、良いイメージを持たない人も少なくないと思います。実際に、「保険営業を辞めたい…」と考えている人は多く、離職率はかなり高い数字となっています。この記事では、保険営業職を辞めた後の働き方について紹介していきます。


仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛すぎる…と悩んでいませんか?仕事で怒られる理由としては、自分がミスをした場合や上司が理不尽にキレている2つの理由があると思います。この記事では、仕事で怒られてしまう理由と正しい対処法を紹介していきます。


派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員として働いていると正社員と比べて待遇が劣っていることや派遣会社を挟まなければいけないことを面倒に感じるなどの理由で入社後にすぐ辞めることを考える人は少なくないでしょう。派遣社員と正社員とでは退職手続きが異なります。この記事では、派遣社員の退職について詳しく説明しています。


仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

優秀な社員一人に仕事が集中して、会社全体の仕事が回らない状況になることはよくあることがです。しかし、そのような状況が続くと社員一人にストレスがかかるだけでなく、職場全体に悪影響を及ぼしてしまいます。この記事では、仕事をスムーズに回す方法を紹介するので参考にしてみてください。