退職の相談をメールでしたい…【文例つき】確実にアポが取れる!

退職の相談をメールでしたい…【文例つき】確実にアポが取れる!

退職の相談をしたいけれど、なかなか言い出せないですよね。朝の朝礼で伝えようとしたけれど、忙しそうにしていたから後回し、昼休憩でも言えず、結局、伝えることができずに退社してしまったという経験ありませんか?そんな方のためにメールでアポを取る方法を紹介します!


退職の相談を上司にしたいんだけど、中々切り出せないからメールで相談したい!という方におすすめの記事です。
退職の相談メールってどうすればいいの?と思う方もいるかもしれません。
今回は退職の相談メールを文例付きでご紹介しますので、最後までお読みください。

1.退職相談はメールでも大丈夫!

退職の相談はメールでしても大丈夫です!
やっぱり直接行ったほうが良いんじゃないかなと思う方もいるかも知れませんが、相談の段階なのでメールでも許されるでしょう。

直属の上司へ相談しよう

まずは直属の上司への相談です。
必ず一番最初は直属の上司へ連絡しましょう。
その後、同僚や他の社員の方に相談するという形が望ましいです。

ちょうどいいタイミングは?

退職の相談メールは仕事が終わる時間にした方が良いと思います。
業務中に退職相談のメールを受け取ったら、上司としても少し煩わしく感じてしまうかもしれません。

どう切り出せば良い?

「退職したい」という意思を全面に出すのではなく、「今後のお話があるので、一度お時間頂けないでしょうか?」と柔らかい感じで切り出してみましょう。

アポを取る重要性

ここまでしてアポをとるにはわけがあります。なぜなら、重要だからです!
アポが取れれば確実に退職の話をすることができます。
もし、アポを持っていないと、退職の話を中々切り出せなくて先回しになってしまいますよね。

本当に退職しても良いのか迷ってきた…

上司に相談メールを送ろうと決心がついても、少し迷いが生じてきたという方もいるはずですよね。
そんなときは以下の記事を読んで自分の気持に整理をつけてみましょう。
参考にしてください!

【必見】退職で悩むあなたへ。退職すべき人とダメな人の違い

https://taisyokuagent.com/articles/97

仕事や職場のことで悩むと、今の職場でいいのかと退職を考えることがありますよね。しかし、すぐに退職するのではなく、退職すべきかどうかをもう少し考える必要があります。このサイトを読むことで退職する前にすべきことを一緒に考えましょう。

2.文例集

ここからは実際にどんなメールを送れば良いのかをご紹介します。

退職相談のアポの申し入れ

件名:ご相談

〇〇主任

お疲れ様です。△△です。

お忙しい中恐縮ですが、折り入ってご相談したいことがございます。
ご都合の良い時間をお伺いできればと思います。

お手数をおかけしますが、宜しくお願い致します。

====================
署名
====================

退職相談のアポの提案

件名:ご相談

〇〇課長

お疲れ様です。△△です。

お忙しい中恐縮ですが、お話したいことがございますので、
明日の〇時以降に15分程度、
お時間をいただくことは可能でしょうか。

お手数をおかけしますが、宜しくお願い致します。

====================
署名
====================

退職の旨を伝える

件名:ご相談

〇〇部長

お疲れ様です。△△です。

この度は急なご相談にもかかわらず、
親身にお聞きいただき、誠にありがとうございました。

自分のキャリアについて真剣に考えた結果、
誠に恐縮ですが、退職する意思が固まりました。

つきましては、退職のお手続きについて
ご相談させて頂きたいと考えておりますので、
一度、お時間をいただけますでしょうか。

メールでのご報告となり大変申し訳ございません。
お手数をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。

====================
署名
====================

3.メリット

自分の気持を整理できる

メリットとしては自分の気持ちをきちんとまとめてから上司に報告できるということです。
予めアポを取らずに、退職の旨を申し出ると、パニックになってしまって自分の気持をうまくまとめられない可能性があります。

退職を確実に伝えられる

退職の相談という機会を設けることで、きっちりと意思を伝えることができます。
タイミングを逃してしまい、いつまでも退職の意志を伝えることができないという方がたくさんいますが、そのようなことを避けることができます。

上司の顔を見ずに退職の意思表示ができる

退職の意志を直接伝えること苦手な方もいますよね。
しかし、上司の顔を見ずに言うことが出来るので、気持ち的には多少楽になります。

4.デメリット

上司に呼び出される

後日上司と一対一の面談をすることになるでしょう。
予め心準備をしなければなりません。

メールをスルーされるかもしれない

忙しくてすべてのメールを確認しきれないという上司も多いはずです。
メールをスルーされてしまう可能性があるので、一度、直接メールを確認していただけますか?と言ったほうが良いですね。

返信が来るまで不安な気持ちになる

返信が来るまで不安な気持ちのまま日々を過ごすことになります。
もうこれは仕方のないことなので、あまり考えすぎにしましょう。

5.退職の手続きを一切したくない方必見!退職代行の紹介

■行政書士に相談可能!「SARABA(サラバ)」

SARABAは退職代行サービスの中でも名前が知られていて、既に多くの人が退職に成功しています。
料金は職種・職歴関係なく一律30,000円と、業界の中でもかなり低価格。
しかも、追加料金が発生することはありません。

24時間、電話・メール・LINEにて申し込みを受付ていて、さらに相談回数・電話回線は無制限なので、不安を感じた時にすぐに相談をすることができます。
出勤前でも、夜中でも、「会社を辞めたい…」と考えたその時に退職代行を依頼することだって可能です。さらに、即日退職もできます。

退職最高率はほぼ100%と高い数値を記録しているので、退職できないということはないと考えて差し支えないでしょう。


料金   29,800円
対応時間 24時間
相談料  無料
返金保証 全額返金

おすすめポイント
・24時間対応、即日退職OK
・一律3万円という低価格
・無料で行政書士に相談

退職代行「SARABA」 | 即日退職可 全てコミコミ29800円!

https://taisyokudaikou.com/

総額29800円の退職代行。退職できなければ全額返金致します。

■顧問弁護士による指導を受けた担当者が対応「EXIT(イグジット)」

EXITは業界の中でもメディア掲載実績がナンバーワンだということが有名です。NHKやTBSなどのテレビ業界にも掲載されています。このことから見ると、利用者も多いので、安心感はありますよね。

料金に関しましては、正社員・契約社員は5万円、アルバイト・パートは3万円で、追加料金はかかりません。

またEXITの強みは、2回目以降は1万円ディスカウントされるというネクストサポートが付いています。顧問弁護士から指導を受けいるので、法律に触れることがないので、不安を払拭できますよね。

おすすめポイント
・退職完了まで無制限で相談可能
・2回目以降のネクストサポート
・顧問弁護士の指導を受けている



料金 50,000円(正社員・契約社員)
   30,000円(パート・アルバイト)
対応時間 記載なし(休日や深夜でも可能な限り、対応の記載有り)
相談料  無料
返金保証 なし

退職代行なら「EXIT」| 会社からの非常口はこちら

https://www.taishokudaikou.com/

明日から会社に行かなくてもOK!即日対応、退職成功率100%、ご相談は無料です。「自分で言い出せない」「出社せずに辞めたい」退職代行イグジットが全て解決いたします。退職金や有給休暇の確認、失業保険の給付に必要な離職票や雇用保険被保険者証の確認もお任せください。EXIT株式会社は気軽に退職できる社会の実現を目指しています。

■顧問弁護士がサポート「退職代行コンシェルジュ」

退職代行コンシェルジュは、厚生労働大臣の認可を得た人材会社が運営している退職代行サービスです。
転職先の支援も行っているだけあって、メンタルサポートや無料の転職支援などを行っています。退職後の手厚いサポートを受けられるのが、退職代行コンシェルジュの魅力です。
また、退職率は驚異の100%です。必ず退職できるのも安心です。

24時間365日対応可能、即日退社も夢じゃないのがいいですよね。
料金に関しては正社員、契約社員は一律49,800円です。

おすすめポイント
・顧問弁護士の指導の元、法律を尊重して営業している
・転職支援、メンタルサポートを行っている
・弁護士による残業代請求、有給交渉受付


料金 49,800円
対応時間 記載なし(休日や深夜でも可能な限り、チャット対応の記載有り
相談料 無料
返金保証 無し

即日、安心、信頼の退職代行なら。 - 退職代行コンシェルジュ

https://retirement.cram.work/

退職を言えない、退職を認めてくれない方に、公式LINE@と電話で退職支援代行。専属コンシェルジュが丁寧かつスピーディーに対応。有給休暇もお伝えします。明日、仕事行かなくて大丈夫かもしれません。

6.まとめ

いかがでしたか?
退職の相談メールは送る前にメリット・デメリットをよく考えてから、メールを送りましょう。

もし、退職の相談をした際に、上司に引き止められて困っているという方は以下の記事を参考にしてください!

退職すると言ったら引き止められた!上司の引き止め対策!

https://taisyokuagent.com/articles/63

仕事がストレス、辞めたい、早く辞めたい!仕事に行くのが憂鬱ですぐに辞めたいのに、上司に報告すると引き止められてしまいます。上司に退職を引き止められたときの対処法を紹介していきますので、困っている方は参考にしてみてください!

この記事のライター

退職の記事をわかりやすく情報量がたくさん詰まったものをお届けします!

関連するキーワード


退職 退職方法

関連する投稿


退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職後にクレジットカードは使えなくなってしまうの?クレジットカードは変えないといけなくなる?などといった声をよく聞きます。そこで、今回は、退職後のクレジットカードに関する手続きや注意事項などの情報を詳しく紹介していきたいと思います。


退職後には旅行を!退職を考え悩む方にもおすすめの旅行!

退職後には旅行を!退職を考え悩む方にもおすすめの旅行!

定年退職を迎えた後や転職先に入社する前の期間に「旅行」をすることを一度は考えるのではないでしょうか。退職後にどのような旅行が適しているのかなどについては詳しく知らないでしょう。この記事では、退職後にオススメの旅行を紹介していきます。


退職する上司へのサプライズ!おすすめの方法とコツを紹介!

退職する上司へのサプライズ!おすすめの方法とコツを紹介!

退職する上司に感謝の気持ちを伝えるためにもなんとかサプライズとして何かしてあげたいと考える方は非常に多いと思います。しかしながら、退職する上司へのサプライズなど経験したことなど滅多にいないですよね。今回は退職する上司へのサプライズの方法を紹介していきます。


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ!

【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ!

退職時に提出する書類は、3種類(退職願、退職届、辞表)あります。本記事では、退職願と退職届に焦点を当てて説明していきます。 退職願と退職届を書いたことがある人は少ないと思いますが、テンプレートを用いて解説していくため誰にでも理解することができます!


最新の投稿


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。


転職エージェントでは理想の転職ができるけどめんどくさい?

転職エージェントでは理想の転職ができるけどめんどくさい?

転職エージェントを通せば、転職したい方にとっては数えられないほど多くのメリットがあると思います。しかしながら、正直めんどくさいという声を転職エージェントを利用して転職した方からよく聞きます。そのため、今回の記事では転職エージェントはめんどくさいのかどうかについて解説していきたいと思います。


退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職後にクレジットカードは使えなくなってしまうの?クレジットカードは変えないといけなくなる?などといった声をよく聞きます。そこで、今回は、退職後のクレジットカードに関する手続きや注意事項などの情報を詳しく紹介していきたいと思います。