社会人の60%は貯金ゼロ?貯金ゼロのリスクと貯金する方法

社会人の60%は貯金ゼロ?貯金ゼロのリスクと貯金する方法

社会人はどのくらい貯金しなければいけないのでしょうか?周りの人がどのくらい貯金をしているかや、どうやってお金を貯めているのか気になりますよね。この記事では、社会人の貯金についてまとめているので参考にしてみてください。


社会人はどのくらい貯金しているのでしょうか?

自分が将来どのくらいのお金を使うのか想像もつかないので不安になりますよね。また、将来大きな病気になって収入がなくなったり、家を買うなど大きなお金が必要になることを考えると、「もっと貯めた方良いのかもしれない?」と心配になると思います。

周りの人の貯金額を知ることができれば安心することができるかもしれませんが、貯金額はデリケートな内容なので聞きにくいですよね。社会人になると、結婚や出産、マイホームの購入などお金がたくさん必要になる瞬間がたくさんあります。20代はゼロでもコツコツ貯金をしていけば、いざという時に困らずに済みます。この記事では、社会人の貯金についてまとめています。

1.【調査結果】貯金はどのくらい貯まっていますか?

社会人を対象に、「貯金はどのくらい貯まっていますか?」というアンケート調査を行ったところ以下のような結果となりました。

ほとんど貯金できていない:60%
100万〜499万円:21%
1000万円以上:12%
500万円〜999万円:11%

ほとんど貯金できていない:60%

社会人全体の60%は、貯金ができていないという結果が出ました。この結果から、社会人の半分以上は貯金せずに暮らしていることが分かります。貯金しようと思っても、社会人は出費が多いので、手元に残るお金は少なくなります。若いうちから給料の一部をコツコツ貯める貯める習慣を身に着けることが、重要なのではないでしょうか。

100万〜499万円:21%

社会人の21%は、100万〜499万円と回答しました。貯金の第一目標になることが多いのが100万円です。100万円を貯蓄することは簡単なことではありません。しかし、一般的な給料を貰っている会社員なら、数年で貯めることができる額です。まだ、貯金していない人は、まず100万円を目標に貯金してみてはいかかがでしょうか。

1000万円以上:12%

1000万円以上の貯金がある人は、12%もいました。10人に1人は、1000万円以上の貯金があるということです。1000万円貯められる人は、もともと給料が高いか、長年出費を減らしコツコツ貯金したかのどちらかでないでしょうか。年齢が上がれば、子どもの養育費やマイホーム購入などの為にまとまったお金が必要になります。また、老後のことを考えれば、1000万円以上の貯金が必要でしょう。将来必要となる資金を踏まえて、どれだけ貯金しなければいけないかを考えてみてください。

500万円〜999万円:11%

500万円〜999万円と回答した人は11%でした。社会人生活が短いと、500万円以上の貯金は難しいと感じるかもしれませんが、ある程度年齢を重ね給料が上がると、無理な目標ではないことがあります。ボーナスなどを貯金に回して、500万円〜999万円の貯金を目指してみてください。

2.社会人の平均貯金額  

日本人の平均年収

貯金額と密接に結びついているのが、年収です。年収が高くなれば、貯金額も増える相関関係にあります。厚生労働省の「平成29年分民間給与実態統計調査結果」によると、日本人の平均年収は、432万円です。男性:532万円、女性:287万円、正規:494万円、非正規:175万円となっています。平均年収は、平成28年度から10万円上がっています。しかし、高所得者の収入がさらに増えただけで、一般的な会社員の給料はそこまで上がっていないという指摘があります。

厚生労働省
https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2018/minkan/index.htm

日本の平均貯金額

2018年厚生労働省の調査によると、世帯主の平均貯蓄額(二人以上の世帯)は1119万円です。40歳未満の平均貯蓄額は585万円、60歳以上は1530万円です。約1000万円の差があります。この結果から分かるのは、年齢が上がれば貯蓄額が高くなっていくということです。

https://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/pdf/2018_gai4.pdf

社会人1年目

社会人1年目の貯蓄を紹介する前に、現在の初任給がどのくらいか紹介していきます。
厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査結果(初任給)」によると、社会人1年目の初任給は、下記のようになっています。大学院卒と大学、大学と高専・短大は、それぞれ約3万円ほどの差があると分かります。学歴が高くなると、それだけ初任給が上がります。

大学院修士課程修了 23万3400円
大学卒       20万6100円
高専・短大卒    17万9200円

それでは、社会人1位目の平均貯金額を紹介します。
マイナビの調査によると、1番多い回答は貯蓄額0円で、全体の20%でした。

第1位 0円……86人(20.7%)
第2位 50万円……56人(13.5%)
第3位 10万円……47人(11.3%)
第4位 30万円……42人(10.1%)
第5位 100万円……36人(8.7%)

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2016年3月
調査人数:社会人男女415人(男性206人、女性209人)

社会人2年目

多くの企業では若手のうちの給料の増加はそれほど見込むことができません。なので、年収に差異がないことを考慮すると、単純に一年目の二倍の額が貯金できていると考えてもらって良いでしょう。1年目貯金することができなかった人は、2年目も貯金が0円の可能性がありますし、100万円貯金していた人は2年目に200万円貯金することができます。もちろん例外もあります。

社会人3年目

3年目も2年目同様、給料の伸びは緩やかなので、貯金している人はしている、できない人はできないといったイメージです。ただ、社会人3年目あたりから結婚を意識して貯金をする意識をする人の割合は増えます。

3.貯金額がゼロになる理由

消費が多い

飲み会などの会社の付き合いでの消費、衝動買いなどストレス解消のための消費、身の丈に合わない生活費への出費など社会人になると消費の機会が増えます。収入が増えたにも関わらず、消費も同様に増やしてしまい貯金できない人は少なくないです。

収入が少ない

基本給が少ない、ボーナスが少ないなどの理由で、給料から生活費や交際費を差し引いてしまうと手元に残るお金がほとんどないという方もいます。そのような方は節約をするか、転職してより良い労働条件で働かなければいけません。

借金がある

学生の頃の奨学金や親の借金があるため貯金する余裕がない人もいます。

貯金額がゼロのリスク

貯金をしていないと、勤務先を解雇になった時や病気になり多額に費用が必要になった時に生活費を賄えなくなってしまいます。

4.世代別社会人の貯金目安

家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](平成30年)によると、単身の平均貯蓄額は185万円、20歳代は97万円、60歳代は372万円となっています。

https://www.shiruporuto.jp/public/data/movie/yoron/tanshin/2018/18bunruit001.html

20代の貯金目安

上記で、紹介したように単身の20代の平均貯金額は、97万円です。そのため、まず貯金目安として100万円がいいのではないでしょうか。100万円は、20代の平均給料から考えると、およそ給料3,4ヶ月分だと思います。社会人になると付き合いで出費がかさむと思いますが、それ以外の交際費や固定費を見直すと貯蓄に回せるお金が出ると思います。まずは、20代の平均を超えるように、コツコツ貯金してみてください。

30代の貯金目安

30代は、500万円を目標に貯金するのが良いと思います。結婚をする人が多くなる年齢なので、結婚式費用を自分で出せるだけの貯金はしておいた方がいいでしょう。30代からは、給料が増え、貯蓄に回せる額も増えます。増えた分の給料を貯蓄に回すか、遊びにつ使うかで後の貯金額が大きく異なるので、早めに貯金する習慣を身に着けましょう。

40代の貯金目安

40代の貯金目安は、1000万円です。40代は、自宅の購入費用や子どもの教育費用を支払うう人が多いです。住宅購入の頭金や子どもの塾や習い事の費用を払えるだけの、貯金はしておいた方がいいと思います。40代は給料が増加する時期なので、貯蓄に回せる額も増えます。浪費はせずに、貯金をしていきましょう。

定年までの貯金目安

定年までの貯金目安は、「老後2000万円」と世間で囁かれていることから、2000万円が良いのではないでしょうか。老後になれば、年金を受給することはできますが、現実的にそれだけで生活することは難しいです。中には、年金だけでは生活費が足りず、定年退職後もパートとして働く人がいます。定年までに老後に必要になるであろう資金を貯めておきましょう。

5.社会人が貯金する方法

会社の財形貯蓄をする

財形貯蓄とは、企業が毎月の給与から一定額を天引きして、契約銀行にその金額を送金することを言います。お金があると、全部使ってしまうという人にとっては、財形貯蓄はお金が貯めやすいので、おすすめです。会社の財形貯蓄には、「一般財形貯蓄」「財形住宅貯蓄」「財形年金貯蓄」の3種類があります。「一般財形貯蓄」は、使用目的は自由で、貯蓄を始めて1年経過後から自由に引き出すことができるようになります。「財形住宅貯蓄」の使用目的は住宅の建設、購入、リフォームに限定され、引き出せる時期についても制限されます。また「財形年金貯蓄」の使用目的も、老後の資金作りのために限定され、引き出せる時期についても制限されます。しかし、限定されることにより、無駄に引き下ろさなくなり、結果的にお金を貯めることができるのが、財形貯蓄です。

給料受け取り口座から自動振替で定期預金する

定期預金は、満期日が決まっていてそれまでは基本的に降ろすことができません。普通預金より金利は高めですが、途中解約の場合、金利が下がってしまうことがあります。定期預金も財形貯蓄と同様に、簡単にお金を降ろすことができないので、お金を貯めやすい状況を作りだすことができます。

毎月コツコツ貯金するのが大切

財形貯蓄や定期預金での貯金方法を紹介しましたが、結局1番貯金する上で大切でなことは、コツコツ貯金することです。ある日急にお金が増えるなんてことはありません。「継続は力なり」という言葉があるように、毎月の給料の一部を貯蓄に回す習慣作りが、最も貯金できるということを忘れないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

貯金をコツコツしていれば、いざという時にお金を使うことができます。
逆に全くしていないと、お金にずっと苦労しながら生きていくことになります。
少しずつでいいので、毎月の給料を貯金してみてください。


最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


社会人 貯金

最新の投稿


タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

「タクシー運転手を辞めたい…」と悩んでいる人は少なくないです。タクシー業界で人材不足が激化していることやお客さんとのトラブルが絶えないことから、多くの運転手がストレスや疲労を溜めてしまっています。この記事では、タクシー運転手を辞めた後のキャリアについて説明していきます。


保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険営業の仕事と聞くと厳しい労働環境など、良いイメージを持たない人も少なくないと思います。実際に、「保険営業を辞めたい…」と考えている人は多く、離職率はかなり高い数字となっています。この記事では、保険営業職を辞めた後の働き方について紹介していきます。


仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛すぎる…と悩んでいませんか?仕事で怒られる理由としては、自分がミスをした場合や上司が理不尽にキレている2つの理由があると思います。この記事では、仕事で怒られてしまう理由と正しい対処法を紹介していきます。


派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員として働いていると正社員と比べて待遇が劣っていることや派遣会社を挟まなければいけないことを面倒に感じるなどの理由で入社後にすぐ辞めることを考える人は少なくないでしょう。派遣社員と正社員とでは退職手続きが異なります。この記事では、派遣社員の退職について詳しく説明しています。


仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

優秀な社員一人に仕事が集中して、会社全体の仕事が回らない状況になることはよくあることがです。しかし、そのような状況が続くと社員一人にストレスがかかるだけでなく、職場全体に悪影響を及ぼしてしまいます。この記事では、仕事をスムーズに回す方法を紹介するので参考にしてみてください。