【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ!

【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ!

退職時に提出する書類は、3種類(退職願、退職届、辞表)あります。本記事では、退職願と退職届に焦点を当てて説明していきます。 退職願と退職届を書いたことがある人は少ないと思いますが、テンプレートを用いて解説していくため誰にでも理解することができます!


会社を退職する時、「退職願」や「退職届」など様々な書類を提出します。しかし、退職を複数回経験している人は少ないため、ほとんどの人が書類の書き方を知らないと思います。そのため本記事では、「退職願」と「退職届」の書き方について説明していきます。


まず、退職時に提出する書類3点について説明していきます。

退職するときに提出する書類

退職願

「退職希望」の意思を示すために提出する書類を、退職願と言います。口頭でも問題はありません。

退職届

会社に退職が認められ確定した後、「退職する」ことを伝えるために提出する書類を、退職届と言います。口頭でも問題はありません。

退職願、退職届は書面に残すことでトラブルを防ぐことができます。そのため、書面で提出することをお勧めします。

辞表

社長などの役員や公務員が退職する時、提出する書類です。退職届と同じ扱いです。

退職するまでの流れ

1.退職意思を固める

退職の意思が固まる前に退職意思を伝えてはいけません。退職意思が固まる前に上司に伝えてしまうと、退職後に後悔してしまったり、上司の引き止めに応じてしまうなどのリスクがあります。

2.退職願を提出する

退職願は直属の上司に渡しましょう。渡すタイミングに関しては、朝の時間や定時後など暇な時間を選びましょう。また、メールでアポを取っておくことでスムーズに事を進めることができます。

3.退職願が受理され正式な退職日が決定

上司との話し合いの結果、退職願が受理されれば退職日が決定します。退職日までは引き継ぎ資料の作成や後輩育成の時間に当てるようにしましょう。また、退職に必要な書類に関しては上司からの説明を受けましょう。

4.会社の就業規則に沿って退職届を提出

退職日の決定後、上司から退職届提出の指示があると思います。フォーマットは会社指定のものがあればそれを、なければ自分で用意しましょう。

退職日を決めるときの注意

就業規則を読もう!

就業規則には、退職の申し出は「〜ヶ月前にしてください」と定めが記載されています。労働基準法では、「退職日の2週間前までに退職の意思を伝えれば良い」と定められていますが、それは最短での退職日となります。会社にも準備が必要なので、退職するまでにもう少し猶予が必要です。その適正期間については、会社によって異なります。一般的に就業規則に定められている期間が適正だとされています。円満退社をするために、就業規則通りに退職日を設定しましょう。

下記の記事では、円満退社する方法が説明してあるのでぜひ参考にしてみてください。

退職理由で嘘をつくとどうなる!?円満退職する方法を伝授! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/137

上司に退職理由を伝える時に、嘘の退職理由と本当の退職理由のどちらを伝えるべきか迷いますよね。本記事では、円満に会社を退職したいという方におすすめです。円満退職するための方法について説明していきます。

ただし、就業規則に記載されている退職までに必要な期間が異常に長い場合は必ずしもそれに従う必要はありません。

退職願と退職届を書くときの注意

パソコンではなく手書き!

基本的に退職届は手書きで書きましょう。長い文章を書く必要もないため、以下のテンプレートを参考にして作製しましょう。

横書きより縦書き!

退職届と調べると、縦書き?横書き?と出てきます。基本的に縦書きで作成しましょう。
漢字はもともと、縦書きで書くものです。英語や数字を使うようになったため、日本では横書きが普及しましたが、本来は縦書きです。

退職願の書き方(テンプレ付)

①冒頭
退職願と記入しましょう。文章全体のバランスを考えて、紙の真ん中に配置するように調整しましょう。

②本文下部
本文下部に、私儀(わたくしぎ)or私事を記入しましょう。私ごとではありますが....という意味です。

③本文
本文は、退職理由+退職希望年月日+退職希望の旨の三点を記入しましょう。
退職理由は人それぞれだと思いますが、基本的に「一身上の都合」が無難と言われています。退職希望年月日は、西暦でも元号でもどちらでも大丈夫です。しかし、数字は漢数字にしましょう。退職届のように「退職します」ではなく、退職願は退職希望を示すための提出書類であるため、「退職いたしたく」と記入しましょう。

④提出日付
退職希望年月日とは別に、退職願を提出した日付を記入しましょう。

⑤署名
自分の所属している部署名+フルネーム+末尾に捺印をしましょう。


⑥宛先
宛先は組織の最高執行責任者(代表取締役社長)です。
自分の署名よりも上にすることと、敬称は「殿」or「様」にしましょう。

退職届の書き方(テンプレ付)

①冒頭
退職届と記入しましょう。文章全体のバランスを考えて、紙の真ん中に配置するように調整しましょう。

②本文下部
本文下部に、私儀(わたくしぎ)or私事を記入しましょう。私ごとではありますが....という意味です。

③本文
本文は、退職理由+正式に決定した退職年月日+退職する旨の三点を記入しましょう。
退職理由は人それぞれだと思いますが、基本的に「一身上の都合」が無難と言われています。退職年月日は、西暦でも元号でもどちらでも大丈夫です。しかし、数字は漢数字にしましょう。退職願のように「退職いたしたく」と書かないように気をつけましょう。退職届の提出目的は、退職することを伝えるためです。
そのため、「退職いたします」と記入しましょう。

④提出日付
退職年月日とは別に、退職届を提出した日付を記入しましょう。

⑤署名
自分の所属している部署名+フルネーム+末尾に捺印をしましょう。


⑥宛先
宛先は組織の最高執行責任者(代表取締役社長)です。
自分の署名よりも上にすることと、敬称は「殿」or「様」にしましょう。

退職届と退職願の三か条

手書き

退職届はいたってシンプルです。パソコンではなく、手書きで書きましょう。

縦書き

目上の人に送る書面やオフィシャルな書面では縦書きにしましょう。

提出する意味を理解する

退職願は、退職希望を示す提出書類です。また、退職届は、退職することを示す提出書類です。そのことを理解して作製しましょう。
一度提出してしまうと撤回することはできなくなるので注意してください。

まとめ

退職届、退職願の書き方を中心に説明してきました。
書き方は難しくなく、上記の三か条を守ることができれば恥ずかしい思いをすることはありません。大前提として「就業規則」に従ってください。私がここまで述べてきたことと就業規則が異なる場合は、就業規則を優先してください。

この記事のライター

転職の参考になる記事をどんどん書いていきます!

関連するキーワード


退職願 退職届 退職

関連する投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職願は手書きでないとダメ?作成前に知っておくべきこと!

退職が決まり、いざ退職願を準備するとなった際の「手書きで作成しなければならないのか?」「そもそも退職願って何を書くの?」「何を用意すれば良いの?」等の疑問を解消していきます。また、退職願の作成から提出に至るまでのポイントもご紹介します!


退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職しようかどうか迷っている時に、多くの人が悩んでいることの一つとして、退職した後に後悔してしまうかもしれない…ということがあるのではないでしょうか?この記事では、後悔してしまった場合には出戻りすることができるのか、後悔しないためにできることを紹介します。


教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員と一口で言っても様々です。全ての教科を自分で教えなければならない「小学校」、自分で免許を持っている科目だけを教えて部活の顧問をする「中学校」、さらに中学校の仕事内容にプラスして進路指導をする「高校」。それぞれに大変な仕事がありますね。 今回は、教員の仕事をスムーズに退職するための方法についてご紹介します。教員を退職しようか悩んでいる方は参考にしてください。


警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官の仕事は、街の治安や安全を守ることですね。そのような警察官に憧れて、警察学校を卒業し晴れて警察官になった方も多いことでしょう。しかし実際は、ブラック企業並かそれ以上と言われているほど過酷な労働環境です。 この記事では、警察官を退職したいと考えてしまう理由や、退職するか否かを躊躇してしまう理由を考察していきます。警察官の退職体験もご紹介しますので参考にしてくださいね。


最新の投稿


タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

「タクシー運転手を辞めたい…」と悩んでいる人は少なくないです。タクシー業界で人材不足が激化していることやお客さんとのトラブルが絶えないことから、多くの運転手がストレスや疲労を溜めてしまっています。この記事では、タクシー運転手を辞めた後のキャリアについて説明していきます。


保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険営業の仕事と聞くと厳しい労働環境など、良いイメージを持たない人も少なくないと思います。実際に、「保険営業を辞めたい…」と考えている人は多く、離職率はかなり高い数字となっています。この記事では、保険営業職を辞めた後の働き方について紹介していきます。


仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛すぎる…と悩んでいませんか?仕事で怒られる理由としては、自分がミスをした場合や上司が理不尽にキレている2つの理由があると思います。この記事では、仕事で怒られてしまう理由と正しい対処法を紹介していきます。


派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員として働いていると正社員と比べて待遇が劣っていることや派遣会社を挟まなければいけないことを面倒に感じるなどの理由で入社後にすぐ辞めることを考える人は少なくないでしょう。派遣社員と正社員とでは退職手続きが異なります。この記事では、派遣社員の退職について詳しく説明しています。


仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

優秀な社員一人に仕事が集中して、会社全体の仕事が回らない状況になることはよくあることがです。しかし、そのような状況が続くと社員一人にストレスがかかるだけでなく、職場全体に悪影響を及ぼしてしまいます。この記事では、仕事をスムーズに回す方法を紹介するので参考にしてみてください。