パワハラ上司を異動させたい!そんな方法ありますか!?

パワハラ上司を異動させたい!そんな方法ありますか!?

上司を異動させたいと思ったことはありませんか?どんな会社にも1人は、嫌な上司がいると思います。パワハラや、暴言を吐く上司と一緒に働くのは辛いですよね。この記事では、パワハラ上司を異動させることはできるか紹介するので読んでみてください。


パワハラ上司を異動させたい理由

職場の地位を利用している

職場で権力がある人が、その立場を利用して嫌がらせをすることがあります。

責任を取らない

上司になれば責任を負うことが多くなりますが、その責任を部下に押し付ける上司がいます。そんな上司に付いていきたいとは、思いませんよね。部下の責任だけを追求する上司は、部下から信頼されることはないでしょう。

すぐに感情的になる

感情的になり、すぐに部下を怒鳴り続ける人がいます。1度や2度ではなく、毎日のように怒鳴り続けられると精神的な苦痛を感じるようになります。

人格否定をする

人権を無視した侮辱行為は、どんなことがあっても許されません。精神的、身体的に苦痛を与えてわざと出社できないようにするパワハラ上司は、社内にいるだけでマイナスになります。

パワハラ6種類

厚生労働省では、①から③の要素すべてを満たすものをパワハラ(パワーハラスメント)としています。

①優越的な関係に基づいて(優位性を背景に)行われること
②業務の適性な範囲を超えて行われること
③身体的若しくは精神的な苦痛を与えること、または就業環境を害すること

https://www.mhlw.go.jp/content/11909500/000366276.pdf

また、パワハラは6つに分類されているので紹介していきます。

身体的侵害

蹴ったり殴ったりは身体的侵害型のパワハラです。また、直接手を加えるだけでなく、職場でずっと立たせるようなことも身体的侵害型のパワハラに該当することがあります。

精神的侵害

精神的に傷つくような言葉を言うのは、精神的侵害のパワハラになります。

人間関係からの切り離し

自信の意に沿わない社員を仕事から外したり、職場で無視をしたりするとパワハラになります。

過大な要求

終わらない量の仕事を任せられたり、十分な指導を行わいまま指導するとパワハラになります。

過小な要求

お茶出しをずっとやらされていて、他の仕事をさせてもらえなかったなどはパワハラになることがあります。

個の侵害

プライベートなことを聞いたり、飲み会にしつこく誘うなどはパワハラになります。

上司からパワハラを受けたら異動させられるか

人事権がないと難しい

上司を異動させたいと思っても、基本的にできません。理由は、一般社員が人事権を持っていないからです。社長や人事部長が異動させる決断を下さない限り、社員は異動できません。また、上司からのハラスメント行為が理由だとしても、暴行の場合「停職・減給」、暴言の場合「減給・戒告」が限界かもしれません。

人事部に相談する

上司から嫌がらせを受けている場合は、人事部に相談しましょう。嫌がらせの実態を報告すれば、動いてくれるかもしれません。その時に大切なのが、同じように上司からパワハラを受けている社員と一緒に行くことです。1人で行くよりも、緊迫感とパワハラの実態があることの証明をすることができます。

他の社員に相談

上司との関係で悩んでいる時は、他の同僚に相談してみてください。他の人がどのように、対処しているか知ることで、自分がどうすれば良いか分かるかもしれません。

何もしないと変わらない

パワハラを止めさせないと思っても、自分から何もしないと、ずっと上司からのパワハラを受け続けなければいけません。声を自分から上げれば、上司が異動までしなくてもパワハラを辞める可能性があります。

パワハラ上司への対処法

会社に対しての不正を公表する

上司が今まで不正をしていた場合は、その不正を公表し異動させましょう。上司が、会社にとってマイナスになることをしていた場合は、会社はそのまま見過ごしません。近年は、コンプライアンスを重視する会社が増えています。その中で上司が不正を行ったという公表した場合は、上司は今の立場でいることは困難になるでしょう。

連名で被害申告する


パワハラ被害を連名で会社に被害申告する方法があります。1人の被害者よりも複数名で被害申告したほうが、証拠の信憑性が上がるので、会社が対応してくれる可能性があります。しかし、会社が上司に対して戒告することはあるかもしれませんが、異動させるかは会社次第の所になります。

パワハラ上司を辞めさせることはできるか

パワハラ上司を直接雇用解雇させることは難しいです。上述した通り、一般社員には人事権がないからです。

客観的証拠を集める

まず、パワハラを受けた場合は、後々証拠が必要になることが多いので証拠を揃えましょう。最近はボイスレコーダーから、パワハラが発覚することが多いです。パワハラ被害を証明するための客観的証拠となる、ボイスレコーダーやメール、怪我や心理的ストレスを抱えた場合は診断書などを用意しましょう。

上司や人事部に相談する

証拠を集めたものを提出し、人事部や上司に相談しましょう。会社としては、パワハラを見逃すことはできないので、基本的に対応します。もし、対応しない場合は社外に相談しましょう。

裁判をする

最終手段として、民事裁判を起こすこともできます。しかし、裁判は時間と労力がかかるので、おすすめはできません。

自分が異動・退職する

どうしても上司が異動しない場合は、自分が異動願もしくは退職願を出しましょう。上司が異動しなければ、自分が異動・退職するしかありません。パワハラ被害を受けたことを理由に、異動する人や退職する人はたくさんいます。上司からの圧力にずっと耐える必要はないので、自分から異動・退職しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

注意してほしいのが、部下が上司を異動させたいと思って結果的に退職まで追い込んでしまうと逆パワハラになってしまうことがあるということです。自分が加害者になる可能性があることに注意を払って行動してください。

ご覧いただきありがとうございました。


この記事のライター

関連するキーワード


退職

関連する投稿


トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

トラック運転手をやめたい!オススメの転職先と退職理由

インターネットショッピングが当たり前になった現在で、トラック運送業は景気が良いと思われてしまいがちです。しかし、景気は変わらず良くならないまま、仕事量だけが増え深刻な人員不足に悩まされています。 今回は、トラック運転手の実情やおすすめの転職先などについて詳しくご紹介します。トラック運転手を辞めたいと考えている方はぜひ参考にしてください。


退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職したら後悔するかも?転職先で活躍するための4つのこと!

退職しようかどうか迷っている時に、多くの人が悩んでいることの一つとして、退職した後に後悔してしまうかもしれない…ということがあるのではないでしょうか?この記事では、後悔してしまった場合には出戻りすることができるのか、後悔しないためにできることを紹介します。


教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員を退職するか迷う…スムーズに退職する方法?転職できる?

教員と一口で言っても様々です。全ての教科を自分で教えなければならない「小学校」、自分で免許を持っている科目だけを教えて部活の顧問をする「中学校」、さらに中学校の仕事内容にプラスして進路指導をする「高校」。それぞれに大変な仕事がありますね。 今回は、教員の仕事をスムーズに退職するための方法についてご紹介します。教員を退職しようか悩んでいる方は参考にしてください。


警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官を退職したい…強い引き止めからスムーズに退職する方法

警察官の仕事は、街の治安や安全を守ることですね。そのような警察官に憧れて、警察学校を卒業し晴れて警察官になった方も多いことでしょう。しかし実際は、ブラック企業並かそれ以上と言われているほど過酷な労働環境です。 この記事では、警察官を退職したいと考えてしまう理由や、退職するか否かを躊躇してしまう理由を考察していきます。警察官の退職体験もご紹介しますので参考にしてくださいね。


モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

モラハラかも!?職場でモラハラにあった時の正しい対応は?

「上司のあの行動、もしかしてモラハラなんじゃ・・・?」職場で上司や同僚から嫌がらせを受けた経験はないでしょうか。自分ではなかなか判断しづらく、つい我慢してしまう方も多いのかもしれません。 実際に、職場でのどのような行動がモラハラに当たるのか、自分がモラハラにあったときの対策などをまとめました。


最新の投稿


タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

「タクシー運転手を辞めたい…」と悩んでいる人は少なくないです。タクシー業界で人材不足が激化していることやお客さんとのトラブルが絶えないことから、多くの運転手がストレスや疲労を溜めてしまっています。この記事では、タクシー運転手を辞めた後のキャリアについて説明していきます。


保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険営業の仕事と聞くと厳しい労働環境など、良いイメージを持たない人も少なくないと思います。実際に、「保険営業を辞めたい…」と考えている人は多く、離職率はかなり高い数字となっています。この記事では、保険営業職を辞めた後の働き方について紹介していきます。


仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛すぎる…と悩んでいませんか?仕事で怒られる理由としては、自分がミスをした場合や上司が理不尽にキレている2つの理由があると思います。この記事では、仕事で怒られてしまう理由と正しい対処法を紹介していきます。


派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員として働いていると正社員と比べて待遇が劣っていることや派遣会社を挟まなければいけないことを面倒に感じるなどの理由で入社後にすぐ辞めることを考える人は少なくないでしょう。派遣社員と正社員とでは退職手続きが異なります。この記事では、派遣社員の退職について詳しく説明しています。


仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

優秀な社員一人に仕事が集中して、会社全体の仕事が回らない状況になることはよくあることがです。しかし、そのような状況が続くと社員一人にストレスがかかるだけでなく、職場全体に悪影響を及ぼしてしまいます。この記事では、仕事をスムーズに回す方法を紹介するので参考にしてみてください。