給料日は英語でなんていうの?意外と知らない英語!

給料日は英語でなんていうの?意外と知らない英語!

皆さん給料日を英語で自信をもって言うことができますか?あれ、意外と分からないと感じる方が非常に多いと思います。今回は、そんな方のために給料日の英語の言い方や応用編、さらには手帳や例文を用いた英語学習が初めての方でもできる英語の学習方法まで紹介していきたいと思います。


1 給料日は英語でなんていうの?

給料日の英語の言い方としては、よく使われる言い方が二種類ほどあります。

・pay day

(例文)
It`s payday today.

日本語訳)今日は給料日だ。

Until next payday, I was literally without money.

日本語訳)次の給料日まで本当にお金がないんだよ。

・the day we get our salary

(例文)
I really can`t wait for the day we get our salary.

日本語訳)もう給料日が待てないよ!

The day we get our salary is around the corner.

日本語訳)給料日はもうすぐそこだ!

※形式的な言い方

salary transfer や payment dateが挙げられます。しかしながら、基本的にはpay dayが使用されます。

2 給料を表す英単語はsalaryだけじゃない!読み方も!

・会社員などの給料はsalaryでいいけど、アルバイトの給料はsalaryじゃだめ!?

 salaryは基本的に安定して支払われる月給など会社勤めであったりと安定した収入のことを指します。そのため、時給制や日給制のアルバイトの給料のことをsalaryと呼ぶのはあまり適していないのです。そのため、「wage」という単語がアルバイトの給料を指す際にはよく使われます。なお、wageについても時給制や週給制の仕事の給料を指す際によく使われるために単数形のwageではなく、複数形のwagesとして使われる場合が非常に多いです。

・医者や弁護士などの専門家の給料をいう時はまた違った言い方をする必要がある

医者や弁護士などは一回一回の施術や処理費用などを通しての収入がほとんどです。そのため、日本語でも本来は給料ではなく、報酬と呼ぶ方が適切な表現だとされています。なので、salaryでもwagesでもなく、feeが使われます。

3 手帳を英語で書いて英語力をアップさせよう!

英語力を上げたいと思っている方がよく電車の中で英語の文法書を広げている姿をよく目にすることがあります。しかし、私はこれまで多くの英語学習者を見てきましたが、文法書を永遠と読むなどといった勉強法には賛同できません。なぜなら、電車で文法書を読んだ所で、英語は絶対に話せるようにはならないし、TOEICやTOEFLや英検などでも文法問題の箇所しか力を伸ばすことができないからです。だからこそ、私は次のような英語学習法をこの機会に提案します。

・毎日の日常に英語を取り入れよう!

毎日のスケジュール調整やメモなどはどんな職業においても行うことであると思います。どれだけ一日にそういった時間があるでしょうか?そういった時間を英語学習の時間にもあててしまってはどうでしょうか?具体的には、メモもスケジュールもto doリストも全て英語で書きます。単語もたとえ英語の先生だとしても自分の予定を100%書くことができるとは限らないので、どんどんスマホの辞書でもなんでも使ってもらって構いません。大事なことは、日本語で書いても、英語で書いてもそんなに時間が変わらないスケジュール記入などを毎日欠かさず行うことです。

4 英語力を上げたい方へ!おすすめの英会話勉強!

毎日英語で手帳を書いてもこれ以上はもう英語力は伸びないと感じた方は、いよいよ実践の時でしょう。英会話講師との会話の中でこれまで自分が手帳英語学習を通して勉強した単語や文法を使ってみましょう。ということで、今回はおすすめの英会話スクールをいくつか紹介していきたいと思います。

・hanaso

hanasoでは有名外国語大学や有名大学出身の英会話講師がたくさん在籍しています。そのため、日本語も英語も両方話せてかつ教養もあるために薄っぺらい英語学習ではなくしっかりと中身のある英語学習を行うことが可能です。また、顧客満足度第二位の称号を手にしたこともあるほど、英会話業界においてはかなりの人気を誇る英会話スクールとなっています。

・エゴイックス

エゴイックスでは、なんと300円程度で世界各国出身の一流の英会話講師と英会話を行うことができる英会話スクールです。そのため、自分が上を目指せば目指すほど色々な英会話講師と会話をすることができます。飽きっぽい人や純粋に楽しく英会話をしたい方には是非おすすめの英会話スクールとなっています。

5 まとめ

いかがだったでしょうか?給料日の英語の言い方や給料の英語の言い方について十分に理解することができたでしょうか?身近な単語でも言い方が分からないことは英語上級者でもよくあることです。ですが、その頻度を減らすためにはどれだけ自分の生活の中に英語を使う回数を増やせるのかどうかにかかっています。だからこそ、是非今回紹介した英語学習法を試してみてください。今回の記事が皆さんのお役に立てれば幸いです。

最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

この記事のライター

日本一の資格マニアを目指して日々資格勉強に励んでいます!少しでも記事を読んで下さったら嬉しいです。

関連するキーワード


給料日 英語

関連する投稿


給料日はいつが普通!?月末ではない!?最も多い日はあの日

給料日はいつが普通!?月末ではない!?最も多い日はあの日

給料日は待ち遠しくて仕方がないですよね。しかし、給料日の思い違いをしていたことはありませんか?月末だと思って口座を確認してみると振り込まれていなかったという話をよく聞きます。一般的に給料日はいつになることが多いのでしょうか?


会社で英語が公用化になり辞めたいと感じる人が急増中!?

会社で英語が公用化になり辞めたいと感じる人が急増中!?

 長年日本語でずっと仕事をしてきた方にとっていきなり英語を使って仕事をするということはかなり厳しいことですよね。それが原因で退職・転職を考える方と英語の勉強を働きながらも頑張る方の二手に分かれてくると思います。今回はどちらにも役立つ情報を提供していきたいと思います。


英語ができたら正社員としてどんな職業に就ける?徹底解説!

英語ができたら正社員としてどんな職業に就ける?徹底解説!

英語が出来たら正社員として就職できる職業や英語の学習方法などについて詳しく紹介していきます。英語をアピールとして正社員として働きたいと考えている方、正社員として働きたいけど、アピールポイントが無くて困っている方は是非参考にしてみてください。


最新の投稿


嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいたって問題ナシ!?大切なのは付き合い方!

嫌いな同期がいても気にする必要はありません。会社には様々な性格の人が入社してくるため、そもそも全員と仲良くするのは難しいことです。大切なのは、その同期に対して自分がどのように付き合っていくかです。こちらの記事では様々な対処法を紹介します。


職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場で喧嘩しない方が良い理由は?喧嘩が起きたときの対処法!

職場では様々な人が働いていると思います。色々な人がいれば、人間関係のトラブルや業務上の対立が起きてしまうことはあるでしょう。しかし、職場で喧嘩をしてしまうことには多くのデメリットがあります。この記事では、職場で喧嘩が起きてしまった時の対処法について紹介していきます。


社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人はペットを飼えるのか?飼う前に必ず考えておくべきこと

社会人がペットを飼うには、費用や家の立地、自分の時間等様々なことを考慮に入れなければならず、苦労することも多いです。従って、ペットを飼うにはそれなりの覚悟を持って決断するべきです。自分に本当にその覚悟があるのか、一度立ち止まってよく考えてみましょう。


裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱とは?濫用とはどう違う?裁量権についての解説!

裁量権の逸脱や濫用ってよく聞くけど、実際それがなんなのかを知らない人は多いと思います。また、自分の裁量権は大きい方が果たして良いのでしょうか。この記事ではそんな、知ってそうで知らないことが多い「裁量権」について解説しているのでぜひ読んでいってくださいね。


ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーってなに!?絶対押さえておくべきポイント!

ビジネスマナーは社会人にとっての最低限身につけなければいけないことです。学生時代のように、自由な服装をして自由な言動をする事はできません。それでは責任のある一人の社会人として、会社の顔として正しく振る舞うにはどうしたらよいのでしょうか。