嫌いな上司を異動させたい!嫌いな上司への対処法13選!

嫌いな上司を異動させたい!嫌いな上司への対処法13選!

嫌いな上司が異動してくれたらどんなに仕事が楽しいだろうと思ったことはありませんか?人間関係で悩むと会社に行きたくなりますし、仕事にも身が入りませんよね。この記事では、嫌いな上司への対処法を紹介するので読んでみてください!


嫌われる上司の特徴

嫌いな上司がいると思うだけで、会社に行きたくなくりますよね?ある調査によると、70%以上の人が上司が嫌いという結果が出たそうです。つまり、多くの人が上司との人間関係は悩んでいるということです。この記事では嫌いな上司とどのように付き合って行けばよいかを紹介するので読んでみてください!

上の立場になればなるほど、責任は重くなります。部下の手柄を横取りする上に、責任を取ろうとしない上司は後輩から信頼されません。上司としての真価が問われるのは、部下がミスをした時です。その時に、自分の指示は間違っていなかったと正当化するか、部下が伝わない指示を出してしまったと責任を取るかで、部下の信頼度が変わります。上司が責任から逃れるような性格ではいけません。

自分は責任を取ろうとしない

上の立場になればなるほど、責任は重くなります。部下の手柄を横取りする上に、責任を取ろうとしない上司は後輩から信頼されません。上司としての真価が問われるのは、部下がミスをした時です。その時に、自分の指示は間違っていなかったと正当化するか、部下が伝わない指示を出してしまったと責任を取るかで、部下の信頼度が変わります。上司が責任から逃れるような性格ではいけません。

言うことがコロコロ変わる

上司は、部下の行動を指示する立場にいるので、言葉に一貫性がなければいけません。言っていることがコロコロと変わっていては、部下は信頼しませんよね。ただの思いつきだけで部下を動かした上に、責任を取ろうしない上司に付いていきたいとは思わないはずです。上司は、言葉に責任を持ち軌道修正が必要な時は、その理由を説明する努力が必要です。

すぐに感情的になる

すぐに感情的になる上司は嫌われます。部下を怒鳴り散らすような上司に付いていきたいと思う部下はいませんよね。周囲から信頼される上司は、部下がミスをしたとしても感情で怒らず、ミスをした原因を探らせ再発防止策を考えさせます。感情で怒る上司は、部下が付いてこないので、結果的に職場で孤立してしまいます。

否定的なことしか言わない

人を認める事ができない上司がいます。「何も分かっていない」の一点張りで、何が間違っているかの説明もしない上司は嫌われます。この部分が間違っていて、この部分は合っていると説明されれば、部下も納得できます。否定しかできない人は、人を認める器がなく常に自分が上に立っていたいという個人的な感情で生きています。そのような人は、上司になっても自分が思った通りにいかないことは、否定し続けるでしょう。

人によって態度を変える

上司も人間なので、好きな部下がいたり苦手な部下がいたりするのは当然です。しかし、自分を慕ってくれる人だけを贔屓してはいけません。上司が個人的な感情で接し方を変えているようでは、部下に信頼されることはないでしょう。上司の部下に対しての正しい振る舞いは、全員平等に接することです。

パワハラ、セクハラなどのハラスメント行為をする上司がいる場合は、一個人の問題でなく会社全体のイメージに関わります。ハラスメント被害がある場合は、周りの同僚などに相談しましょう。

ハラスメント行為をする

パワハラ、セクハラなどのハラスメント行為をする上司がいる場合は、一個人の問題でなく会社全体のイメージに関わります。ハラスメント被害がある場合は、周りの同僚などに相談しましょう。

嫌いな上司に異動してもらう方法は簡単ではありません。具体的には、上司のパワハラなどの会社のルール違反行為の証拠を掴んで、会社の上層部に相談する方法があります。しかし、わざわざ証拠を掴まなければいけない、上層部が対応してくれないかもしれないといった課題もあります。

そこまでするほどの状況ではない方は後述する、嫌いな上司への対処法を試してみてください。

嫌いな上司に異動してもらう方法

嫌いな上司に異動してもらう方法は簡単ではありません。具体的には、上司のパワハラなどの会社のルール違反行為の証拠を掴んで、会社の上層部に相談する方法があります。しかし、わざわざ証拠を掴まなければいけない、上層部が対応してくれないかもしれないといった課題もあります。

そこまでするほどの状況ではない方は後述する、嫌いな上司への対処法を試してみてください。

嫌いな上司への対処法

礼儀正しく接する

嫌な上司にイライラしながら接すると、相手は気分を害し余計に攻撃的になりやすいです。礼儀正しく接していれば、まず理不尽なことで怒鳴られることはないでしょう。嫌いな上司には、より礼儀正しく接することを意識してみてください。

報連相は欠かさない

報告・連絡・相談を欠かさないようにしましょう。上司に報連相するのも嫌だと思う人がいるかもしませんが、報連相を欠かして怒られる方がもっと嫌なはずです。また、部下が報連相を欠かしたので、プロジェクトが失敗したなどと責任を押し付けられる可能性もあります。自分のためにも、上司への報連相を欠かさないようにしましょう。

自分の仕事に集中する

上司の存在をあまり気にせず、自分の仕事に集中しましょう。上司が気になるばかりで、自分の仕事が疎かになっていては、本末転倒です。自分の仕事に没頭していれば、上司の存在は自然と見えなくなります。まずは、自分の仕事に集中してみてください。

上司の存在を認める

上司の存在を認めてみましょう。上司は、仕事が周囲の人よりできたり、様々な経験を乗り越えた結果、今の立場になったはずです。自分が上司から吸収できることはないかと、よく観察してみてください。上司が優れている部分や見習うべき部分が見えてくるかもしれません。上司という存在全てを否定するのではなく、長所を見つけ自分の力に変えていきましょう。

関わる機会を減らす

嫌いな上司に無理をして、自分からコミュニケーションを取る必要はありません。できるだけ上司と関わらないように、距離を取りましょう。もちろん、上司と話す機会がある時は、礼儀正しく接しましょう。あくまで、自分からコミュニケーションを取る必要はないということです。仕事の関係と割り切って、プライベートで一切合わなければそれほど苦にならないでしょう。

反面教師にする

いつか、自分が部下を持った時は、こんな上司にはならないと反面教師にしましょう。たとえ良いところがない上司でも、反面教師にすることはできます。今は部下でも、数年後にはあなたにも部下がいるかもしません。その時に、今の経験があることで、部下の気持ちを理解できるはずです。将来、今の経験を活かせるように、上司を反面教師にしながら学び続けましょう。

ジッと耐える

根性論のように聞こえてしまうかもしれませんが、どんな会社にも嫌な上司はいます。嫌な上司にたまたま当たってしまったというぐらいの、軽い気持ちで受け止めてください。そして、時間が過ぎるのをジッと耐えて待ちましょう。時間が過ぎれば上司が異動するかもしれません。忍耐力を鍛えていると思いながら、仕事をしてみてください。

上司よりも結果を出す

口うるさい上司への1番効果的な対処法は、上司よりも結果を出すことです。何か上司に言われても、「自分の方が結果を出してますよね」と言い返せます。結果を出せば、上司は黙るしかありません。上司が認めざるを得ないほどの圧倒的な結果を出しましょう。

周囲の人に相談する

上司との人間関係で悩んでいる人は、友人や家族に相談してみましょう。嫌な上司は、どこの会社にもいるので、友人や家族も同じように悩んだ経験があると思います。友人や家族はどのように、解決したのか聞いてみてください。同じような経験をしていた場合は、的確なアドバイスをもらうことができるかもしれません。

信頼できる上司に相談する

嫌いな上司がいれば、信頼できる上司もいるはずです。信頼できる上司に時間を取ってもらい相談しましょう。上司と直接言い合いになってしまうと関係を修復するのが難しくなります。信頼できる上司に間に入ってもらい、第三者の立場からのアドバイスをもらってみてください。

異動する

どうしても上司と一緒に仕事ができない場合は、自分が異動願を出しましょう。しかし、これはあまりおすすめできません。今の上司がいなくなっても、次の職場でまた嫌な上司がいる可能性があります。どんな職場にも、気が合わない上司は1人くらいいるのが普通です。

転職する

転職するのも同じで、あまりおすすめできません。人で職場を変えてしまうと、また転職先で人間関係で悩んだ時にすぐに仕事を辞めてしまうかもしれないからです。今は自分が成長する時と思い、理不尽な上司の要求をこなした方が、将来に役に立つと思います。

嫌いな上司が異動する際にやってはいけないこと

悪口を言う

嫌いな上司が異動するからと言って、火種を生むような発言はしてはいけません。最後だからこそ、礼儀正しく別れの挨拶を言って上司にスッと異動してもらいましょう。

無視をする

上司が異動が決まったら、一言「今までありがとうございました」と一言声を掛けましょう。異動するんだから、無視していいだろうと思ってはいけません。上司に今まで受けた苦痛を仕返ししたい気持ちは分かりますが、それをしたところでスッキリしません。最後の最後に溝を深めてしまったと後悔すると思うので、気をつけてください。

嫌がらせをする

上司の異動先の人に、上司の悪口を言ってはいけません。上司が異動して苦労するように仕向けると、相手が不快感を感じやり返してくる可能性があります。上司が周囲に「あいつは仕事ができない」とあなたの悪口を言ったら、会社での立場がなくなってしまいますよね。相手にされて嫌なことはしないようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

嫌いな上司がいても仕返しは考え無いほうが良いと思います。
自分の時間を大切にしてください!

ご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


退職

関連する投稿


退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職した後のクレジットカードに関する手続きや注意事項!

退職後にクレジットカードは使えなくなってしまうの?クレジットカードは変えないといけなくなる?などといった声をよく聞きます。そこで、今回は、退職後のクレジットカードに関する手続きや注意事項などの情報を詳しく紹介していきたいと思います。


退職後には旅行を!退職を考え悩む方にもおすすめの旅行!

退職後には旅行を!退職を考え悩む方にもおすすめの旅行!

定年退職を迎えた後や転職先に入社する前の期間に「旅行」をすることを一度は考えるのではないでしょうか。退職後にどのような旅行が適しているのかなどについては詳しく知らないでしょう。この記事では、退職後にオススメの旅行を紹介していきます。


退職する上司へのサプライズ!おすすめの方法とコツを紹介!

退職する上司へのサプライズ!おすすめの方法とコツを紹介!

退職する上司に感謝の気持ちを伝えるためにもなんとかサプライズとして何かしてあげたいと考える方は非常に多いと思います。しかしながら、退職する上司へのサプライズなど経験したことなど滅多にいないですよね。今回は退職する上司へのサプライズの方法を紹介していきます。


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ!

【テンプレ付き】退職願・退職届の書き方、退職までの流れ!

退職時に提出する書類は、3種類(退職願、退職届、辞表)あります。本記事では、退職願と退職届に焦点を当てて説明していきます。 退職願と退職届を書いたことがある人は少ないと思いますが、テンプレートを用いて解説していくため誰にでも理解することができます!


最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。