【必見】退職代行は不要!?退職届を内容証明で送る方法!

【必見】退職代行は不要!?退職届を内容証明で送る方法!

あなたは今すぐ会社を辞めたい時にどうしますか?退職代行を使いますか?それとも自力で上司に伝えますか?内容証明を使った退職の仕方はご存知ですか?退職代行よりお金もかからず、上司に直接退職の意思を伝える必要もないオススメの退職方法です。


最近話題の退職代行というサービスをご存知ですか?

「退職したいけれど辞められない」

このような悩みを解決するために生まれたサービスです。2017年5月に生まれて、まだまだ新しいサービスですが、想像以上に「退職したい」というニーズがあり、退職代行業者もかなり増えましたよね。

そんな画期的なサービスですが、もちろん弱点もあります!

この記事では、退職代行の弱点を抑えたサービスを紹介します。全ての面で、退職代行より優れているわけではないので、自分にあった退職する方法を選ぶための参考にしてみてください。

退職代行より郵便局?

爆発的に需要が増えている「退職代行」ですが、その弱点について紹介します。

・交渉ごとができない
・詐欺まがいのサービスが多い
・相場が50000円と割高

交渉ごとができない

退職代行は、あくまでも伝言として退職希望者の意思を伝えるだけのサービスです。伝言以外の交渉ごとについては非弁行為となるので退職代行で請け負うことはできません。なので「有休消化について」や「給料未払い」について交渉することができません。退職するだけではなく、何かしらの退職の条件がある方は向いていないかもしれません。

詐欺まがいのサービスが多い

退職代行はまだまだ新しいサービスであるので、悪徳業者を規制する法律ができていません。中には、法律の穴を潜って悪いビジネスをしている業者もあります。利用される方は実績がある会社に依頼しましょう。

相場が50000円と割高

退職代行のパイオニアとして「EXIT」というサービスがありますが、利用料金は1回50000円です。高くないですか?退職代行業者がやってくれることは、「〜さんが退職したいらしいですよ」と働いている職場に電話を一本かけてくれるだけです。よくよく考えてみると、かなり割高な商売ですよね。

ですが、職場環境のストレスで電話をかけることさえできない状態の人もいます。そのような方にとっては、50000円払えば、翌日から会社に行かなくてもいいので安く感じるのかもしれません。

ここで私が紹介するのが、コストをかけずに、職場に電話をかけずに会社を辞める方法です。

それは、『内容証明』を使って退職する方法です。

内容証明は、郵便物の差出日付・差出人・宛先・文書の内容を、国の特殊会社である日本郵便株式会社(日本郵便)が謄本により証明する制度である。

内容証明とは日本郵便株式会社のサービスの1つで、退職届を提出したことを証明してくれるサービスです。1252円という値段で退職代行と比べてかなり安価で依頼できるのも魅力です。また、郵送なので、会社に行くこともなく退職できる上に、郵便局が証明してくれるのでかなり安心して利用できます。

【メリット】

・1252円と安い
・会社に行かなくてもいい
・安心感がある

【デメリット】

・有休消化などの交渉は自身で電話
・書類を書くのが面倒

退職代行と大きく違うのが値段!お金がなくて退職代行を利用できないという方や安心してサービスを利用したいという方は内容証明を利用してみてくださいね。

具体的な内容証明の説明から内容証明の書き方や送り方も説明していきます!

本当に退職時に内容証明は使えるのか?

基本的には退職代行を使いたい人と利用する理由は同じだと思います。

・退職願いを受取拒否された
・退職の話が保留にされている
・上司からの引き止めに合う
・今すぐ辞めたい

以上のような時に、内容証明を利用して退職する人が多いですが、全て問題なく退職できています。それでは内容証明を使えばなぜ退職することができるのかを説明していきます!

いつ退職できる?

本気で退職したいときに、最速でどのくらいで退職できるかご存知ですか?

答えは「2週間」です。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(民法627条)

つまり、本来ならば退職届を出してから2週間後には、あなたは会社を辞めることができます。例え、就業規則には1ヶ月以上前に通知しなければいけないと書いてあったとしても、本気で退職したい場合には法律の方が優先されます。

そこで問題なのが書類を出そうにも受け取ってもらえないことですよね。

内容証明は受取拒否できない?

手渡しがダメなら、郵送だ!

「郵便物なんて受け取っても破って捨てられたら意味ない?」と思う方もいるかもしれませんが安心してください。内容証明は相手に書類が配達されたその時から効力が発生します。なので、相手が受け取ったとしても受け取りを拒否したとしてもその2週間後には退職することができます。

2週間耐えられない

そのような強引な辞め方をしたら、会社の人に合わせる顔がないですよね。そんな時に使えるのが有給休暇です。労働者には有給休暇を使用する権利があります。

例え、会社が繁忙期で忙しかったとしても、有給休暇を使用することができます。電話でも有給を利用することができるので、上司に直接連絡しましょう。上司に連絡できない場合は人事に伝えましょう。

ちなみに、退職代行を使ったとしても、退職代行業者は交渉ごとができないので、有休消化の交渉は自身でお願いしますと言われます。

内容証明郵便の送り方

内容証明の良さが伝わりましたか?使ってみようと思った方に、内容証明の送り方を説明していきます。

必要なもの

・退職届3枚
・内容証明用紙
・封筒

退職届3枚

退職届を3枚準備する理由のは、会社に送るよう(原本)、自分の保管用(謄本)、郵便局の保管用(謄本)の3枚用意する必要があります。これは必須なので、忘れずに用意しましょう。

退職届を封筒に入れてしまって、糊付けしてからでは手遅れなので、コピーすることを忘れないように注意してください!

内容証明用紙

こちらは指定がないので自由です。しかし、初めての内容証明だと書き方がわからずに戸惑いますよね。書き方がわからないという方は、内容証明用の原稿用紙が販売されているのでそちらの利用をオススメします。

【メール便対象】日本法令 契約 12-2N 内容証明書

価格:641円
(2019/2/25 20:34時点)
感想(3件)

封筒

封筒も指定はないので一般的なもので大丈夫です。コンビニや百均でも購入することができるので自宅にない方は用意してください。

最後に注意して欲しいのが、内容証明郵便で発送できるのは、退職届の原本のみです。他に伝言や添え状を発送したいという方は別で発送しましょう。

書き方

内容証明の書き方については、郵便局のホームページを参考にしていただいた方がわかりやすいかと思います。

https://www.post.japanpost.jp

退職届の書き方

①退職届
                                         ②私儀

③この度、一身上の都合により、〇〇〇〇年〇〇月〇〇日をもって退職いたします。


××××年××月××日
                            ④△△部 △△課 退職太郎 印鑑
株式会社〜〜〜 
代表取締役〜〜〜

①冒頭では「退職届」であることを記入します。

②本文一行目の下部に「私儀」、「私事」と書きます。「私ごとではありますが、、、」という意味があります。

③自己都合退職の場合は「一身上の都合」が退職理由となります。

④名前の末尾に印鑑を忘れずに押しましょう。

注意点

退職日は書類到着から2週間以上後

退職日は書類が会社に到着した日から2週間以上後です。発送日から2週間後の日付を記入しないように注意しましょう。

内容証明書在中は書かない

受取人が内容証明書在中と記入されていることに気づいたら、書類を受け取ってもらえないかもしれません。中身が退職届の場合は書く必要はないでしょう。

配達証明もつける

配達証明とは相手に配達されたことを証明するためのサービスです。内容証明で退職届であることを証明して、配達証明で退職届が会社が受け取ったことを証明します。

そうすれば、受け取り拒否をされたとしても、配達したことを郵便局が証明してくれます!

終わりに

✔︎内容証明は安い
✔︎郵便局の安心感
✔︎最速2週間で辞めれる

退職代行をコストパフォーマンスで圧倒する内容証明はいかがでしたか?書類を書いて、郵送という渋くて地味な方法というだけにあまり知られていないですが、かなりオススメの方法です!

ただし注意して欲しいのが、退職代行も内容証明もものすごく強引な退職方法です。円満退社をしたいという方には向いていないです。

円満退社をしたい方は以下を参考にしてみてください。

【円満退社する方法】

また、退職後には転職活動をしなければいけないと思います。初めての転職を1人でするのは不安だという方は転職エージェントの利用を検討してみてください!

・20代専門転職支援サービス顧客満足度NO.1
・マイナビ転職エージェントサーチで賞受賞
・無料カウンセリング
・内定率を5倍もあげている実績

以上のような強みがあるサービスです。
特に20代で転職を考えている方は、
安心して任せることができるかと思います。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連する投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトを辞める時にLINEはアリ?店長にキレられない方法

バイトをライン(LINE)だけで辞める時にはメリットやデメリットを知っておくことが大切です。そもそもラインだけでバイトは辞められるのか?などの疑問に答え、伝えるまでの手順等をご紹介。


退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職日まで"気まずい"の理由は?円満退社で解決できるのか?

退職することが決まった瞬間は、喜びなど様々な感情が湧いてくると思います。しかし、退職日までは会社に出社しなければいけません。そのため同僚や上司の関係がギクシャクして気まずくなることがあります。 本記事では、退職日までの気まずさについて説明していきます。


適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

適応障害で退職はどう伝える!?会社に行けない時の対処法!

仕事で適応障害になった時に、まず何をすれば良いの?動揺してしまう人は少なくないと思います。まずは、適応障害の原因であるストレスを除去するために「休職」か「退職」をしなければいけません。この記事では、適応障害になった時に具体的に取るべき行動を紹介します。


最新の投稿


退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職トラブルを避ける方法はある?起きてしまった時の対処法

退職の手続きでトラブルが起こってしまうことは少なくないです。それは、退職では会社と退職者の間で志向が異なってしまうからです。そのような状況でお互いの妥協点を見つけるのはすごく難しいです。中には、お互いに不満が爆発して大きなトラブルを引き起こすこともあります。


消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士を辞めたい…転職できる?消防士にオススメの退職理由

消防士の仕事を辞めたい…消防士の仕事は辛くて、給料も高くないので転職したいと考えている人は少なくないです。しかし、消防士からの転職は上手くいくのか?若いうちに転職してしまうのはリスク?と不安な人も多いと思います。この記事では、消防士が仕事を辞めたいと思った時にどのような行動をすれば良いのか紹介しています。


休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

休日出勤の割増率、計算方法は?割増手当がない時の対処法!

せっかくの休日に仕事が入るのは憂鬱ですよね。ただ、休日出勤の場合は基本給に加えて割増手当がつきます。割増手当について正しく理解していないと損をしているかもしれません。本記事では、休日出勤の割増手当について詳しく説明していきます。


皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

皆が知るべき退職時のクリーニング代の負担義務と返却方法!

退職時にクリーニング代を請求する会社があります。クリーニング代くらい会社が負担してくれないのかと疑問に思いませんか。しかし実際にクリーニング代を自分で負担しなければいけない場合があります。逆に請求されても支払いの義務がない場合もあります。どのような場合でしょうか、またクリーニングした後の返却方法は何が正しいのか、クリーニングについてのまとめです。


残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減への取り組み方法とユニークな対策事例を紹介!

残業時間削減に取り組む会社が増加しています。なぜ増えてきたかというと、残業時間を削減した方が会社と従業員両方にメリットがあるからです。この記事では、残業時間を削減すると会社と従業員にどのようなメリットがあるかや、残業時間を削減するたの取り組み方法を紹介していきます。