【必見】退職代行は不要!?退職届を内容証明で送る方法!

【必見】退職代行は不要!?退職届を内容証明で送る方法!

あなたは今すぐ会社を辞めたい時にどうしますか?退職代行を使いますか?それとも自力で上司に伝えますか?内容証明を使った退職の仕方はご存知ですか?退職代行よりお金もかからず、上司に直接退職の意思を伝える必要もないオススメの退職方法です。


最近話題の退職代行をご存知ですか?

「退職したいけれど辞められない」

このような悩みを解決するために生まれたサービスです。2017年5月に生まれて、まだまだ新しいサービスですが、想像以上に「退職したい」というニーズがあり、退職代行業者もかなり増えましたよね。

そんな画期的なサービスですが、もちろん弱点もあります!

退職代行より郵便局?

爆発的に需要が増えている「退職代行」ですが、その弱点について紹介します。

・交渉はできない
・詐欺まがいのサービスが多い
・相場が50000円と割高

交渉はできない

退職代行は、あくまでも伝言として消費者の意思を伝えるだけのサービスです。伝言以外の交渉ごとについては非弁行為となるので退職代行で請け負うことはできません。なので「有休消化について」や「給料未払い」について交渉することができません。退職という目的以外にも条件がある方は向いていないかもしれません。

詐欺まがいのサービスが多い

退職代行はまだまだ新しいサービスであるので、グレーゾーンを取り締まる法律ができていません。中には、法律の穴を潜って悪いビジネスをしている業者もあります。利用される方は実績がある会社に依頼しましょう。

相場が50000円と割高

退職代行のパイオニアとして「EXIT」というサービスがありますが、利用料金は1回50000円です。高くないですか?退職代行業者がやってくれることは、「〜さんが退職したいらしいですよ」と働いている職場に電話を一本かけてくれるだけです。よくよく考えてみると、かなり割高な商売ですよね。

ですが、職場環境のストレスで電話をかけることさえできない状態の人もいます。そのような方にとっては、50000円払えば、翌日から会社に行かなくてもいいので安く感じるのかもしれません。

ここで私が紹介するのが、内容証明を使った退職の仕方です。

内容証明は、郵便物の差出日付・差出人・宛先・文書の内容を、国の特殊会社である日本郵便株式会社(日本郵便)が謄本により証明する制度である。

内容証明とは日本郵便株式会社のサービスの1つで、退職届を提出したことを証明してくれるサービスです。1252円という値段で退職代行と比べてかなり安価で依頼できるのも魅力です。また、郵送なので、会社に行くこともなく退職できる上に、郵便局が証明してくれるのでかなり安心して利用できます。

【メリット】

・1252円と安い
・会社に行かなくてもいい
・安心感がある

【デメリット】

・有休消化などの交渉は自身で電話
・書類を書くのが面倒

退職代行と大きく違うのが値段!お金がなくて退職代行を利用できないという方や安心してサービスを利用したいという方は内容証明を利用してみてくださいね。

具体的な内容証明の説明から内容証明の書き方や送り方も説明していきます!

本当に退職時に内容証明は使えるのか?

基本的には退職代行を使いたい人と利用する理由は同じだと思います。

・退職願いを受取拒否された
・退職の話が保留にされている
・上司からの引き止めに合う
・今すぐ辞めたい

以上のような時に、内容証明を利用して退職する人が多いですが、全て問題なく退職できています。それでは内容証明を使えばなぜ退職することができるのかを説明していきます!

いつ退職できる?

本気で退職したいときに、最速でどのくらいで退職できるかご存知ですか?

答えは「2週間」です。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。(民法627条)

つまり、本来ならば退職届を出してから2週間後には、あなたは会社を辞めることができます。例え、就業規則には1ヶ月以上前に通知しなければいけないと書いてあったとしても、本気で退職したい場合には法律の方が優先されます。

そこで問題なのが書類を出そうにも受け取ってもらえないことですよね。

内容証明は受取拒否できない?

手渡しがダメなら、郵送だ!

「郵便物なんて受け取っても破って捨てられたら意味ない?」と思う方もいるかもしれませんが安心してください。内容証明は相手に書類が配達されたその時から効力が発生します。なので、相手が受け取ったとしても受け取りを拒否したとしてもその2週間後には退職することができます。

2週間耐えられない

そのような強引な辞め方をしたら、会社の人に合わせる顔がないですよね。そんな時に使えるのが有給休暇です。労働者には有給休暇を使用する権利があります。

例え、会社が繁忙期で忙しかったとしても、有給休暇を使用することができます。電話でも有給を利用することができるので、上司に直接連絡しましょう。上司に連絡できない場合は人事に伝えましょう。

ちなみに、退職代行を使ったとしても、退職代行業者は交渉ごとができないので、有休消化の交渉は自身でお願いしますと言われます。

内容証明郵便の送り方

内容証明の良さが伝わりましたか?使ってみようと思った方に、内容証明の送り方を説明していきます。

必要なもの

・退職届3枚
・内容証明用紙
・封筒

退職届3枚

退職届を3枚準備する理由のは、会社に送るよう(原本)、自分の保管用(謄本)、郵便局の保管用(謄本)の3枚用意する必要があります。これは必須なので、忘れずに用意しましょう。

退職届を封筒に入れてしまって、糊付けしてからでは手遅れなので、コピーすることを忘れないように注意してください!

内容証明用紙

こちらは指定がないので自由です。しかし、初めての内容証明だと書き方がわからずに戸惑いますよね。書き方がわからないという方は、内容証明用の原稿用紙が販売されているのでそちらの利用をオススメします。

【メール便対象】日本法令 契約 12-2N 内容証明書

価格:641円
(2019/2/25 20:34時点)
感想(3件)

封筒

封筒も指定はないので一般的なもので大丈夫です。コンビニや百均でも購入することができるので自宅にない方は用意してください。

最後に注意して欲しいのが、内容証明郵便で発送できるのは、退職届の原本のみです。他に伝言や添え状を発送したいという方は別で発送しましょう。

書き方

内容証明の書き方については、郵便局のホームページを参考にしていただいた方がわかりやすいかと思います。

https://www.post.japanpost.jp

退職届の書き方

①退職届
                                         ②私儀

③この度、一身上の都合により、〇〇〇〇年〇〇月〇〇日をもって退職いたします。


××××年××月××日
                            ④△△部 △△課 退職太郎 印鑑
株式会社〜〜〜 
代表取締役〜〜〜

①冒頭では「退職届」であることを記入します。

②本文一行目の下部に「私儀」、「私事」と書きます。「私ごとではありますが、、、」という意味があります。

③自己都合退職の場合は「一身上の都合」が退職理由となります。

④名前の末尾に印鑑を忘れずに押しましょう。

注意点

退職日は書類到着から2週間以上後

退職日は書類が会社に到着した日から2週間以上後です。発送日から2週間後の日付を記入しないように注意しましょう。

内容証明書在中は書かない

受取人が内容証明書在中と記入されていることに気づいたら、書類を受け取ってもらえないかもしれません。中身が退職届の場合は書く必要はないでしょう。

配達証明もつける

配達証明とは相手に配達されたことを証明するためのサービスです。内容証明で退職届であることを証明して、配達証明で退職届が会社が受け取ったことを証明します。

そうすれば、受け取り拒否をされたとしても、配達したことを郵便局が証明してくれます!

終わりに

✔︎内容証明は安い
✔︎郵便局の安心感
✔︎最速2週間で辞めれる

退職代行をコストパフォーマンスで圧倒する内容証明はいかがでしたか?書類を書いて、郵送という渋くて地味な方法というだけにあまり知られていないですが、かなりオススメの方法です!

ただし注意して欲しいのが、退職代行も内容証明もものすごく強引な退職方法です。円満退社をしたいという方には向いていないです。

円満退社をしたい方は以下を参考にしてみてください。

【円満退社する方法】

また、退職後には転職活動をしなければいけないと思います。初めての転職を1人でするのは不安だという方は転職エージェントの利用を検討してみてください!

・20代専門転職支援サービス顧客満足度NO.1
・マイナビ転職エージェントサーチで賞受賞
・無料カウンセリング
・内定率を5倍もあげている実績

以上のような強みがあるサービスです。
特に20代で転職を考えている方は、
安心して任せることができるかと思います。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連する投稿


早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職制度を利用するべき方とするべきではない方がいます。企業の甘い言葉に惑わされるのではなく、企業が早期退職を導入する意味を考える必要があります。 本サイトを最後まで読むことで、早期退職制度を利用するべきなのかするべきではないのかを判断しましょう。


会社から逃げたいですか?人生をより良くするのは勝ち逃げ!

会社から逃げたいですか?人生をより良くするのは勝ち逃げ!

会社から逃げたいと思ったことありますか?会社から逃げる方法には、今すぐ逃げる「負け逃げ」と準備期間を設けてから逃げる「勝ち逃げ」の二つあります。より良い未来を切り開くためには、どちらの逃げ方を実践するべきなのかを説明していきたいと思います。


退職代行の利用で引き継ぎは必要?損害賠償や懲戒解雇は?

退職代行の利用で引き継ぎは必要?損害賠償や懲戒解雇は?

退職代行を利用したいけれど、業務の引き継ぎを行わずに辞めてしまっても良いのか心配ですよね。本来ならば、退職することは労働者の権利です。常識的な観点と法律的な観点から退職代行の利用方法について説明していくので参考にしてみてください。


退職する時のお礼はどのように伝える!?感謝の伝え方5選!

退職する時のお礼はどのように伝える!?感謝の伝え方5選!

退職時にお世話になった人にお礼をしたいと思うけれど、どのようにお礼をすれば喜んでもらえるのかわからないですよね。「立つ鳥後を濁さず」ということわざがありますが、会社を辞める時に気持ちの良い去り方ができることも、1人の社会人として、大切なことです。社内の人には、メールで伝えていいの?取引先にはどのように連絡するの? 退職時のお礼の伝え方がわからない人は、是非参考にしてみてください。


【必見】退職で悩むあなたへ。退職すべき人とダメな人の違い

【必見】退職で悩むあなたへ。退職すべき人とダメな人の違い

仕事や職場のことで悩むと、今の職場でいいのかと退職を考えることがありますよね。しかし、すぐに退職するのではなく、退職すべきかどうかをもう少し考える必要があります。このサイトを読むことで退職する前にすべきことを一緒に考えましょう。


最新の投稿


書類選考の期間は?待つべき?待てない人は面接対策をすべき

書類選考の期間は?待つべき?待てない人は面接対策をすべき

書類選考期間中に不安なあなたへ!書類選考がどういうものなのか、いつ通知がくるのか?よく理解できずに不安になったことはありませんか?この記事では、書類選考期間に何をすべきかについても紹介していくので参考にしてみてください。


転職するときに自己分析はするべき?簡単にできる方法を伝授

転職するときに自己分析はするべき?簡単にできる方法を伝授

転職の際に自己分析という言葉をよく耳にしますが、なんのために行うのでしょうか。自己分析について小難しく書いているサイトが多くありますが、自己分析は非常に簡単なものです。本サイトでは、一番簡単にできる自己分析について説明していきます。


早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職を企業が導入する思惑とは?甘い言葉に惑わされるな

早期退職制度を利用するべき方とするべきではない方がいます。企業の甘い言葉に惑わされるのではなく、企業が早期退職を導入する意味を考える必要があります。 本サイトを最後まで読むことで、早期退職制度を利用するべきなのかするべきではないのかを判断しましょう。


履歴書に資格は正式名称で記載する?有利になる資格は◯◯!

履歴書に資格は正式名称で記載する?有利になる資格は◯◯!

履歴書でアピールできる資格とその記載の方法を知っていますか?特に、記載の方法に関して資格を正式名称で記入しなければいけません。例えば、英語の能力をアピールできる資格に英検がありますが、正式名称で書かなければ、アピールどころかマナーを知らない人だという印象を与えてしまうので気をつけてください。


退職代行は弁護士に任せた方がいい?メリットとデメリット!

退職代行は弁護士に任せた方がいい?メリットとデメリット!

退職代行には2つの種類があります。1つは退職代行業者が行うもので、もう1つは、弁護士が行う退職代行業です。どちらも、同じ内容のサービスを提供していますが、この記事では、弁護士に依頼するメリットを紹介するので、参考にしてみてください。


最近話題のキーワード

退職の前に読むサイトで話題のキーワード


退職 円満退社 退職方法 転職 面接 退職マナー ブラック企業