【退職願】一度出したけど撤回できる?状況によっては可能?

【退職願】一度出したけど撤回できる?状況によっては可能?

退職願を一度出してしまったけれど、退職の撤回をしたい…という方もいますよね。一度出した退職届は果たして撤回できるのでしょうか。 今回は退職願を出したけど、やっぱり退職したくなかったという想いを持った方々に向けての記事です。


1.退職願を撤回することはできる?

退職願の撤回は結論から言うと、ある条件の範囲内であればできます。
しかし、やはり一度退職の旨を伝えてしまったからにはある程度の条件が出てきます。
また、撤回後の職場での過ごし方なども窮屈に感じられるでしょう。

撤回するための条件

退職の撤回をするための条件は、退職願が受理されていないことです。
退職となると、会社側も引き継ぎや人員整理、募集など用意することがたくさんあります。受理されてしまうとそのような業務に取り掛かってしまい、料金なども発生してくるので、受理されるまでなら撤回可能です。

撤回する時に注意したいポイント

基本的に撤回は認められないと考えた上で、撤回の申し出をしましょう。
やはり一度口に出してしまったものを、撤回することは難しいでしょう。

また撤回するとなってもやはり周りとの環境は劣悪になります。そこにも注意を向けて今一度考えてください。

どうしても撤回したい時は?

「退職撤回通知書」を提出することで例外的に退職届が無効になることがあります。
しかしこれは、決まった書式というのはありません。
以下のように記入することが無難でしょう。
「私は、貴社に対し、令和〇年〇月〇日付退職届をもって退職を希望する旨申し込みましたが、都合により当該退職届を撤回いたします。」
ただし、退職願が受理されている時は無効となる場合がほとんどです。


2.会社側は撤回を受け入れてくれる?

会社側が承諾するまでは権限は労働者側にある

会社側が退職願を承諾するまでは労働者に権限はあります。ですので、労働者側の撤回も原則受け入れられるという状況下にあります。

大体はスピード承諾

しかし、大体はスピード承諾です。退職願を出された瞬間から会社側は抜けた穴を埋める作業を強いられるのです。募集から採用の一連の流れはかなりの時間とお金を費やします。一つのポジションに溝ができてしまうと、会社としてもとても大きな損失ですので、基本的にはスピード承諾になります。

3.退職撤回がOKな場合とNGな場合

撤回がOKな時

パワハラなど強要され退職を迫られたというときには退職の撤回がOKとなります。自分の意志ではなく、無理やりこのような手段を迫られているので、基本的に退職の撤回ができるという認識になっています。
パワハラに悩んでいるという方は以下の記事を参考にして自分の将来についてよく考えてみてください。

上司が怖いからって会社を辞めてもいい?おすすめ退職相談所 | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/17

あなたの退職したい理由はなんですか?もし、上司との人間関係が問題でしたらこの記事が役に立つと思います。パワハラ上司、退職の引き止めがしつこい上司など嫌な上司への対処法を紹介していきます!我慢することは必ずしも良いことではありません!

撤回がNGな時

自己都合での退職は基本的に撤回はNGとされています。自分の意志で退職をすると言ってしまった場合基本的には撤回が認められません。
自分の発言にはきちんと責任を持って言うようにしましょう。

4.撤回したあとの気まずさ

職場内での雰囲気

職場内でもやはり噂がたってしまうでしょう。同僚や上司からも嫌味を言われたり、前と比べると働きづらい環境になってしまうでしょう。そのような覚悟を持った上で、退職願の撤回をしたほうが良いです。

社外での評判

極稀にですが、社外でも一度退職願をだしたとわかってしまうときがあります。
会社側が退職願を受け取り、お取引先企業や担当者に連絡を入れる場合があるからです。
ですので、社内だけでなく社外への影響もあることを忘れずにしてください。

出世や昇進など

出世や昇進にもかかってきます。一度退職願を出したということはたとえ撤回したとしてもいずれまた辞めてしまう人材なのだろうと思われてしまいます。
そのような人が出世や昇進などできると思いますか?きっと人事や経営者の方から見ると出世コース、昇進コースから外れている人材と認識されてしまいます。

5.まとめ

いかがだったでしょうか。
そもそも退職願を出すこと自体かなり考えて決断しなければならない事案です。
簡単に撤回できるとは考えないほうが良いでしょう。
また、撤回したあとも気まずさや居心地位の悪さはつきまとってきます。
行動する前にきちんと考えてからということを忘れずにしてください。

退職願の書き方はこちらから御覧ください!

【例文あり】完璧な退職願とは?(退職届との違い・書き方) | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/305

退職届と退職願の違いを理解できていますか?本編では退職願と退職届の違いや退職願の書き方、日付の記載方法、横書きやパソコンでも良いのかなどを、フォーマットと一緒に分かりやすく説明しています。封筒の選び方や注意点なども一緒に是非参考にしてください!

この記事のライター

退職の記事をわかりやすく情報量がたくさん詰まったものをお届けします!

関連するキーワード


退職 退職願

関連する投稿


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。


退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に有給消化しても良い?円満に有休取得するポイント!

退職時に、ほとんどの人が有給休暇が残っていると思います。その際に、全て有休消化してしまおうか迷いますよね。特にお世話になった会社や退職ということで迷惑をかけてしまう上司に強気で交渉できない人は少なくありません。この記事では、退職時の有休消化について詳しく説明していきます。


退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思ったら何をすれば良いか?上手に退職する方法!

退職したいと思った時にどのような手続きが必要なのか、いつ退職できるのか理解できていますか?退職はいきなりしたいと思ってもできないものです。今後、退職する予定がある方は今のうちに理解しておきましょう。この記事では、退職するために必要なことを詳しく説明しています。


退職時に必要な書類をもらえない場合はどうする?理由と対処法!

退職時に必要な書類をもらえない場合はどうする?理由と対処法!

退職時に書類をもらえない理由にはいくつかあります。必要であることを伝えていない、会社のミス、ハローワークのミス、嫌がらせを受けているなどの理由が考えられますが、この記事では、そのようなトラブルが生じた時の対処法を紹介しています。


最新の投稿


有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

有能な怠け者とは?その重要性と実力を発揮するための条件!

「ゼークトの組織論」では、働くものを利口、愚鈍、勤勉、怠慢の4つのタイプに分けています。その中で、利口×怠慢の組み合わせに該当する人を有能な怠け者はであるとしています。さらに、ゼークトは有能な怠け者こそ組織のトップに立つべき人間である語っています。この記事では、その理由と活用方法を説明しています。


クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司の下で働くのが辛い!?部下ができる対策!

クラッシャー上司という言葉を聞いたことがありますか?特に、日本の大企業に多いとされている部下を潰して出世していく上司のことを指す言葉です。上司にひどい仕打ちを受けて困っている人は、この記事を読んで対策してみてください。


仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事に拒否反応が出た時の症状って?拒否反応の原因と対処法!

仕事で体に拒否反応が出て困っていませんか。拒否反応は脳による自己防衛反応だと言われています。つまり、拒否反応が出ているのは限界状態であると言えます。そのまま放っておくことは危険です。この記事で、拒否反応が出る原因、出やすい人、対処法を紹介しますので参考にしてみてください。


肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

肉体労働はきついのか?夜勤バイトや派遣をするメリット・デメリット

手っ取り早く仕事を探そうと思った時に、短期間で高収入を得ることができる肉体労働が第一に考えられるでしょう。しかし、肉体労働が求められる仕事は想像以上にきつい仕事です。最初は耐えることができても、ずっと続けるのは難しいです。この記事では、肉体労働のメリット・デメリットを紹介します。


 【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

【完全版】退職の流れ!これさえ抑えれば穏便に退職できる総まとめ

退職の流れ、完全版としてまとめました。 これさえ抑えれば、穏便に円満に退職することができます。退職したいけれど、スケジュールや流れがわからないという方はぜひご覧ください。