異業種への転職は辛い?乗り越えるメリットとデメリット!

異業種への転職は辛い?乗り越えるメリットとデメリット!

異業種へ転職すると辛いこともあります。慣れない仕事を続けると、本当に転職してよかったのかと悩むこともあるでしょう。しかし、異業種への転職はメリットもあります。この記事では、異業種へ転職することのメリットを紹介していきます。


キャリアの中で天職に気づくことができて、やっとの思いで希望していた異業種に転職できたとしても、その後、活躍するまでにものすごく努力が求められますよね。経験者ばかりの中に、未経験者で入ってしまうと自分が無力であることに気づかされてしまうと思います。少しでも先輩に追いつくために必死に仕事を覚えなければいけないと思います。慣れない仕事で体力もかなり使うでしょう。このように、異業種へのジョブチェンジは転職前はもちろんのこと、転職後も簡単ではありません。もちろん、辛いこともたくさんあります。

しかし、努力をしてその仕事で活躍なれるようになった結果、前職の数倍楽しいキャリアを送ることができるようになった人も何人も見てきています。

この記事では異業種へ転職することのメリットやデメリットついて詳しく説明しています。あなたが異業種転職すべきなのか?辞めておいた方が良いのか?がわかると思うので参考にしてみてください。

異業種への転職は辛いのか

異業種への転職について

転職の際に悩むのが、同業種で働くか異業種で働くかではないでしょうか?転職者の中には、今までの経験が活かせると思い同業種に転職する人がいる一方、異業種にチャレンジする人もいます。どちらの方が良いということはありませんが、一般的には異業種へ転職する方が茨の道だと言われています。それでは、どのようなことが辛いのか、それを乗り切るための方法を説明していきます。

慣れない仕事をすること

異業種への転職が大変な理由は、全ての仕事が初めての経験だからです。慣れた仕事なら手際よくできますが、初めてやることは時間がかかったり、ミスをしてしまったりと落ちこんでしまいます。しかし、業界のプロと呼ばれる人も、最初は初心者から始まっています。焦らずに自分のペースで、仕事を覚えましょう。

解決方法
どんどん分からないことは聞く

初めてやる仕事が理解できなかったり、難しかったりした場合は上司にどんどん質問して、自分が納得できるまでやりましょう。上司の忙しい時間を奪ってしまうと思ったり、理解力がないと思われるのを恐れて、質問しない人がいます。しかし、それは間違いです。上司は、部下に分からないことを聞かれたら、自分から仕事を覚えようとしていると思い意欲的だと評価します。もちろん、何回も同じミスを繰り返したり、同じ質問することはよくありませんが、転職してすぐは上司に頼って成長していきましょう。

辛い期間が続くこと

この辛い期間はいつまで続くのと不安に思うことがあると思います。それは、新しい仕事を始めると必ずぶつかる壁です。慣れない仕事を続けていると、いつ、上達するのか周りと同じように仕事ができる日は来るのかと、先が不安になると思います。しかし、自分が成長していないと感じていなくても、毎日一生懸命仕事をしていると知らず知らずに成長しているものです。自分を信じて耐えましょう。

解決方法
1日ずつ仕事をする

辛い期間がいつまで続くのか不安な人におすすめしたいのが、あまり先のことは考えず1日ずつ仕事をすることです。不安になる理由は、辛い期間がいつまで続くと決まっていないからです。そのような時は、1日の終わりをゴールにしましょう。そうすると1日1日を積み重ねていった結果、いつの間にか辛い期間から抜け出すことができます、先が見えず辛いと思っている人は、「1日ずつ仕事をする」を実践してみてください。

異業種へ転職するメリット

貴重な人材になることができる

異業種への転職することはもちろん辛いことだけでなく、メリットもあります。多くの人は、新卒で入った職種をずっと続けることが多いです。その中で、自分だけのキャリアを築けると貴重な存在になることができます。業界をまたいで得たキャリアを持つ人は少ないので、会社にとって不可欠な存在になったり、今後転職した際に様々な経験をアピールすることができます。異業種へ転職した人は、2つの専門性があるので市場価値がとても高くなると思います。

人間関係をリセットできる

異業種へ転職すると、それまでの人間関係をリセットし、全く違う環境で新しい人と仕事をすることができます。固定された人とずっと同じ関係でいると、考え方が固まってしまいやすくなります。その一方、新しい人と仕事すると、新しい価値観に触れることができるので、視野が広がります。転職は、仕事のスキルだけでなく、人から吸収できるものもあります。同じ会社、同業種だと似たり寄ったりの考え方、価値観しか吸収できませんが、異業種へ転職すると全てのことが新鮮で吸収できることが広がります。

天職に出会うことができるかもしれない

今やっている仕事が天職だと言い切れる人がどれくらいいるでしょうか。同じ仕事を続けていては、天職に巡り合うことはできません。いくつも仕事を経験して初めて、自分に向いている仕事が分かります。自分に合った仕事に出会えるかもしれないのが、異業種への転職のメリットです。

異業種へ転職するデメリット

そもそも転職の難易度が高い

途採用ではポテンシャルに加えて、スキルが求められます。異業種への転職ということは、スキルがない分かなりのポテンシャルが求められていることを覚悟しなければいけません。狭き門を潜り抜けるだけの自信がある人だけチャレンジしましょう。しかし、最近では未経験からの挑戦を歓迎している企業も増えています。

私たちがオススメする「行列のできる転職相談所」では未経験からでも転職することができる求人を多数取り揃えているので、一度話を聞いてみてください。

行列のできる転職相談所

転職相談する

とにかく辛い

異業種への転職は、業界の知識、業界の知人、会社のルールなど、環境から求められるスキルまで、全てがリセットされると思います。人間が同時にこなせる仕事や覚えることができる記憶には限界があるので、どれだけ要領よく仕事ができる人でも、異業種への転職当初は苦労することになるでしょう。最初は耐えの時期だと思い、コツコツと努力しましょう

過去の実績がリセットされる

仕事の評価は業界ごとに異なります。業界によっては、今まで良いとされていたことが逆に良くないと正反対の評価を受けることになることもあると思います。そこは、あなたの決めたことなのですから、業界のルールに従わなければいけません。実績が完全になくなったわけではないので、新しい環境での実績を積み上げるつもりで努力しましょう。

辛い異業種への転職を乗り越えるために

前向きに考える

「今が辛すぎる」とばかり考えてしまう人は少し将来のことを考えてみましょう。数ヶ月後には仕事に慣れて、自分が活躍していることを想像してみれば、「今は耐える時期だ」と頑張ることができると思います。念願の仕事を楽しんでいる未来が楽しみになりますよね。



自分に厳しくしすぎない

転職してすぐに結果を残そうと、自分を追い詰める人がいます。自分を追い込み努力することは大切ですが、自分に厳しくしぎると仕事が続きません。また、転職してすぐは知識と経験がないので、結果を残すことが難しいです。転職して人間関係に慣れるのが3ヶ月、仕事に慣れるのが1年と言われているので、焦らずに時間をかけて成長していきましょう。

しっかりと睡眠をとる

転職してすぐに結果を出そうと頑張りすぎると、睡眠時間が減ってしまいます。しっかり睡眠を取ることは、翌日の仕事で結果を残すためには必要なことです。仕事は毎日の積み重ねなので、良いコンディションで仕事ができるように、睡眠をしっかりと取りましょう。

周りからのサポートを受ける

仕事のことで悩んだ際は、家族や友人、上司などに相談しましょう。1人で全て上手くやろうという必要はありません。転職だけでも大変なのに、異業種への転職はより大変なことが多いです。周りのサポートを受けながら、徐々に成長していきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

異業種への転職は辛いことが多い分、ビジネスマンとして人間として成長することができます。転職したいと思っている方は、是非異業種への転職を考えてみてください。

ご覧いただきありがとうございました。


この記事のライター

関連するキーワード


転職

関連する投稿


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職してすぐ後は誰もが慣れるまで辛い思いをすることがあるでしょう。ですが、ちょっとした工夫であなたの辛く感じていた生活ががらっと変化することがあるんです。今回は、そんな皆さんのために転職後の辛い期間を乗り越えるための方法やポイントを詳しくお伝えしていきます。


賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

厚生労働省が発表している平均残業時間は10時間です。しかし、ある調査によれば平均の残業時間は47時間という結果が出ています。なぜこれほどまでに差があるのか、また職種別にみて一番残業時間が多いのはなんなのか、を紹介します。また、残業代の計算方法と未払い残業代の請求方法も紹介するので知っておいてください。


会社の飲み会で楽しんだことがない人が39%と大多数か!?

会社の飲み会で楽しんだことがない人が39%と大多数か!?

会社の飲み会に積極的に参加していますか?「お酒を飲みたくない」、「齢が離れた人と話が合わない」といった理由で会社の飲み会を避ける人が増えています。この記事では、会社の飲み会へのモチベーションや飲み会に積極的に参加しない理由などを紹介します。


最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。