転職先が決まらないのが辛い…長引いてしまうのは何が原因?

転職先が決まらないのが辛い…長引いてしまうのは何が原因?

転職先が決まらないと辛いですよね。自分が無職であることに嫌気がさしたり、貯金を切り崩す生活がいつまで続くのかと不安になると思います。この記事では、長期化した転職活動のどこを見直すべきかを紹介するので、ぜひ読んでみてください。


「転職先が決まらない」と焦っていませんか?転職活動が長期化すると、どうして自分は内定が出ないんだと自信を失ったり、将来が不安になったりと辛いですよね。実は、転職活動のやり方を見直すだけで、すぐに内定が出ることがあります。この記事では、長期化した転職活動を終わらせるポイントを紹介するので、ぜひ読んでみてください。

転職先が決まらないと辛い

転職先が決まらないと辛い

転職先が決まらないと辛いですよね。このまま決まらなかったらどうしようと悩んでしまうかもしれません。また、仕事を辞めないほうが良かったと思うかもしれません。このように、転職活動は簡単に上手くいくものではありません。日本は人材不足と言われていますが、好条件の企業は時代を問わず高倍率です。転職活動は簡単には上手くいかないということを、転職活動する前に知っておきましょう。

自信を失ってしまう

転職活動が長期化すると、どこにも受からないのではないかと不安になります。転職活動を始めてすぐは、「次の会社は受かるだろう」と思いがちですが、受からないまま何ヶ月も過ごすと、「自分はダメなのかもしれない…」と自信を失ってしまう人が増えます。そのように自信を失った状態で転職活動を続けてしまうと、面接官からもよく思われなく悪循環に陥ってしまい、転職活動がどんどん長引いてしまいます。

焦って空回りする

なかなか決まらないと、余計な力が入って凡ミスをすることがよくあります。例えば、面接会場に履歴書を持っていくのを忘れてしまったり、面接対策したことを上手く話すことができなくなったりするようなことです。転職先が決まらないのことに焦ってしまい、空回りしないように、冷静に転職活動をしましょう。

転職が辛くなる原因

周りからのプレッシャー

転職活動中は、家族や友人、元同僚など様々な人が声をかけてくれます。しかし、なかなか転職活動が決まらないと、それがプレッシャーに感じることがあります。そして自分は頑張っているのに、どうして受からないのだろうと自分自身を攻めてしまい辛くなってしまうことがあります。

転職活動は時間がかかる

転職活動は平均しておよそ3ヶ月かかると言われています。その間は、受かるまで安心できません。常に「受からなかったらどうしよう」という焦りを感じます。転職活動は、そのような精神的なプレッシャーを長期間感じるので、辛くなってしまいます。

様々な費用がかかる

転職活動は、様々な費用がかかります。転職活動が長期化すればするほど、費用が増え収入の無い期間が長くなります。転職活動開始直後は、貯金を崩しながらの生活ができたとしても、いずれ底をつきます。交通費以外の費用がかからなかった転職者はいますが、そのような人は稀で、多くの人がスーツ代、交通費、書籍費用などで10万円近くかかってしまいます。転職活動を乗り切れるだけの、お金は貯金しておきましょう。

転職活動にはどのようなお金がかかるかの例を紹介します。

服飾費
リクルートスーツと呼ばれる黒や紺のスーツ一式(50000円)

何年もリクルートスーツを着ていなかった人は、ジャケットやシャツがよれてしまったりすること多いので新しいスーツを購入してください。面接官はスーツ姿から清潔感などを細かく見ているので、立派なスーツを着ていきましょう。

交通費
面接などで電車移動した場合(10000円)

面接会場によっては、交通費が高額になる場合があります。また、電車の遅延や事故の影響でタクシーを使うことがあるかもしれません。そうすると、もっと交通費が発生します。

新聞書籍代(10000円)

転職活動を早く終わらせるには、転職や面接対策の本が必要です。また、時事問題の情報を得るために新聞を読んだ方がいいです。

転職で焦ることは禁物

上述させて頂いた通り、転職活動を終わらせることに焦ってしまうと、余計に上手くいかず、長引いてしまう原因となります。

一般的なかかる転職期間

厚生労働省の調査によると、離職後の転職活動に要する期間は以下の通りになります。

転職活動期間なし:25.8%
1ヶ月未満:19.3%
1ヶ月以上3ヶ月未満:27.2%
3ヶ月以上6ヶ月未満:14.8%

この結果から、転職者全体の72.3%が3ヶ月以内に転職活動を終わらせていることがわかるので、一般的に必要な離職してから転職できるまでの期間は3ヶ月と言えるでしょう。しかし、転職活動が上手くいかずに長引いてしまう人もいます。

離職してから3ヶ月間転職できていない人はどのように切り替えれば良いのでしょうか?

3ヶ月を超えてしまった場合はどうすれば良いのか…

ポジティブに考える

自信を失ってしまうのが悪循環に陥ってしまう一番よくないパターンなので、それだけは避けたいです。離職してから、転職できるまでに3ヶ月を超えてしまっている人は「自分の将来のために転職先にこだわっている」と前向きに捉えて切り替えましょう。

決まらない人が見直したいポイント

相談相手を見つける

自信を失ってしまうのは一人で抱え込み過ぎていることも一つの原因だと言えます。転職活動自体は一人で行うものですが、信頼できる人にサポートしてもらうことで、より有利に転職活動を進めることができます。サポートしてくれる人を見つけて落ち着いて転職活動を進めることができるようにしましょう。オススメは、親友や家族などですがキャリアの相談をできる関係ではないことも多いと思います。相談相手がなかなか見つからない人は転職エージェントに相談してみてください。私たちがオススメしている「行列のできる転職相談所」では、転職のプロがマンツーマンで相談に乗ってくれますよ。

もちろん、無料で相談することができるので気になった方は、行ってみてください!

行列のできる転職相談所

転職相談する

企業への応募数を増やす

転職先がなかなか決まらない人の特徴として、そもそもの応募数が少ないというものがあります。応募数が少なければ、あなたの魅力に気づいてくれる会社に出会うことができなかったり、面接慣れをしていなく、本番で本領を発揮できない可能性があります。絶対に入りたい会社があって、その会社に入りたい思いが強いことはとても良いことですが、応募企業を一本に絞ってしまうことはかなりリスクとなります。案外、探してみると気になる会社が複数社見つかったりもしますよ!

企業選びを見直す

企業選びを失敗してしまうと転職活動が、長期化する傾向にあります。企業選びとは、具体的に言うと自分が譲れないと思っている点と、妥協できる点を区別しないことを言います。転職活動を上手に乗り切る人は、譲れない条件の部分を満たす企業に絞り、妥協できるところは柔軟に考えて受け入れています。そうすると、応募する企業の選択肢が広がり、採用されやすくなります。逆になかなか決まらない人は、すべての条件を満たす企業でなければ受けないというような、固まった考え方をしています。自分の譲れない条件はどこで、妥協できる条件はどこなのかを知っておきましょう。

これは一例ですが、譲れない条件と妥協できる条件の区別の仕方を考えて見てください。

例)給料を上げたい20代の若手 

譲れない条件:【給料】
妥協できる条件:【仕事内容】【勤務地】【福利厚生】【職場環境】

例)子どもが帰宅する前に帰りたい主婦

譲れない条件:【勤務地】【福利厚生】
妥協できる条件:【給料】【仕事内容】【職場環境】

自己分析を見直す

自己分析があまりできていない人は、なぜ転職したいのかを深く考えていないことが多いです。前職はブラック企業だったから、自分が正当に評価されていないからなど、退職理由を全て責任を他人に押し付けていないでしょうか?責任を他人に押しつけている人を面接官が良いとは思いませんよね。なぜ、自分は転職しようと思ったのかを深く考えると、上記で紹介した次の転職先で望む条件が見えてきます。自己分析をして、自分はなぜ転職したいのかや、なぜ前職を退職したのかをもう一度考えてみてください、

おすすめ転職エージェント

転職が決まらず辛いという人は、転職エージェントを利用してみてください。転職エージェントとは、転職者の性格や職務経歴、適性を判断し求人を紹介してくれるサービスです。ずっと転職先が決まらなかった人が、転職エージェントを利用してからすぐに内定をもらえたいうケースがあるので、是非利用してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。


転職活動期間は、皆さん辛いです。
しかし、ここを乗り切ると新しいキャリアが待っているので、頑張りましょう!

ご覧いただきありがとうございました。

この記事のライター

関連するキーワード


転職

関連する投稿


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

左遷になって会社を辞めたい…拒否はできる?転職する?

遂に仕事で左遷が決定してしまった時、あなたならどうしますか? どうしても納得ができない時は拒否できるのでしょうか?それとも転職するか、大人しく勤め続けるほうが良いのか迷いどころですよね。 今回はそういったお悩みを解決できるような情報を提供します!


転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職して新しい職場に慣れるまで辛く疲れも感じている方へ!

転職してすぐ後は誰もが慣れるまで辛い思いをすることがあるでしょう。ですが、ちょっとした工夫であなたの辛く感じていた生活ががらっと変化することがあるんです。今回は、そんな皆さんのために転職後の辛い期間を乗り越えるための方法やポイントを詳しくお伝えしていきます。


賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

賢く就職する人は知っている 職種別の平均残業時間

厚生労働省が発表している平均残業時間は10時間です。しかし、ある調査によれば平均の残業時間は47時間という結果が出ています。なぜこれほどまでに差があるのか、また職種別にみて一番残業時間が多いのはなんなのか、を紹介します。また、残業代の計算方法と未払い残業代の請求方法も紹介するので知っておいてください。


会社の飲み会で楽しんだことがない人が39%と大多数か!?

会社の飲み会で楽しんだことがない人が39%と大多数か!?

会社の飲み会に積極的に参加していますか?「お酒を飲みたくない」、「齢が離れた人と話が合わない」といった理由で会社の飲み会を避ける人が増えています。この記事では、会社の飲み会へのモチベーションや飲み会に積極的に参加しない理由などを紹介します。


最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。