理想の上司とは!?社会人の43%の人が上司が理不尽な人…

理想の上司とは!?社会人の43%の人が上司が理不尽な人…

あなたの上司はどのような人ですか?理想の上司の下で働くことができていますか?仕事で活躍したり、評価されたり、成長するために、上司の存在は大きく関係しますよね。この記事では理想な上司とはどのような人なのか?そうでなければ、どうすれば良いのかを紹介します。


あなたの直属の上司はどのような人ですか?人それぞれ理想の上司像があると思いますが、一般的にどのような上司が理想とされているのでしょうか?

理想の上司に必要なもの

理想の上司に求められるものは何なのでしょうか?一般的に上司に必要とされることには下記のようなものがあります。

人として尊敬できる

上司には自分の将来の姿。憧れる存在であって欲しいですよね。憧れることができるポイントとして、一番は人間性があると思います。どんなに仕事ができて、結果を残しいる上司でも人間性が良くない人だと憧れることはできませんよね。あんな上司にだけはなりたくないと思ってしまうと思います。

仕事熱心

上司には仕事熱心で仕事ができるビジネスマンであって欲しいです。自分が頑張っているのに、上司が仕事に無関心で別のことばかりしていると、「なぜ自分だけ働いているのだろうか?」と不信感を持ってしまいますよね。部下に仕事では絶対負けないというスタンスの上司であって欲しいです。

器が大きい

上に立つものとして、器の大きさは必須なのではないでしょうか?小さなことで腹を立てたり、細かいことばかりを気にしている上司は「小さいな」、「絡みづらいな」と思ってしまいます。上司には、少しの問題くらいなら許容することができる、広い心を持っていて欲しいですよね。

リーダーシップがある

上司には組織のトップとしてリーダーシップを発揮して欲しいですよね。組織の目標達成に向けて先頭に立って導いて欲しいです。リーダーシップを発揮することができなければ、組織は進む方向がわからず、困惑してしまうと思います。リーダーシップを発揮できる上司が理想だと思います。

マネジメント力がある

リーダーシップと同様に、組織のトップにはマネジメント力も求められると思います。部下を放置してしまう上司についていくことは難しいですし、組織の統制は乱れて崩れていってしまいますよね。マネジメント力のない上司には上司になる資格がないと思います。

仕事の専門知識

上司に仕事の知識がなければ、それはただの「居座り管理職」となってしまいます。部下は、会社のコネや年齢で上がってきた人間ではなくて、実力で組織のトップに就いた上司についていきたいですよね。ただ、出向して組織のトップに就いた人は仕事の専門知識では部下の方が知識を持っている場合もあると思います。そのような場合であっても、仕事の専門知識を意欲的に学ぶ、上司の真面目な姿を見ることで、部下としては信頼できるようになると思います。

理想の上司の性格

一緒に仕事をする上で上司の性格はすごく重要になると思います。気が合うまでは行かなくても、部下に不信感を与えるような性格であっては、部下はついてきてくれないと思います。理想とされている上司の性格には下記のようなものがあります。

親しみやすい

怖くて話しかけづらい人が上司になると縦の関係をうまく構築することができずに仕事がやりにくくなってしまいますよね。仕事の相談や確認をするために上司には、親しみやすくあって欲しいです。

誠実

人によって態度を変えたり、部下に平等な評価をすることができなかったり、公私混同してしまうような上司を信頼することはできないと思います。上司には、はっきりとした基準を持って、誰にでも平等に誠実に取り組んで欲しいです。

落ち着いている

いつも慌てていたり、バタバタして冷静を欠いている上司は心配になりますよね。この人の下についていると、いつか大きな失敗をしてしまう…上司が心配で自分の仕事に集中できない…などのように部下としては、上司のことを尊敬することができないと思います。上司には常に冷静に落ち着いて欲しいです。

自分に厳しく

自分に厳しくストイックな上司は信頼することができますよね。部下としては、上司がストイックに頑張っていれば、自分も頑張らなくてはいけないと自然に思えるようになります。逆に自分に甘く、他人に厳しい上司の言うことは誰も聞きたいと思えないです。上司には自分に厳しくあって欲しいです。

ユーモアがある

組織の空気が悪くなった時に、ユーモアのある上司が場の空気を和ませてくれれば、部下としてはすごくやりやすくなります。組織を活気づけたり、モチベーションを上げるユーモアのある人が上司についてくれれば、仕事も楽しくなりますよね。

理想の上司の行動

理想の上司の行動はいつでも格好が良いですよね。一般的に部下から尊敬される上司の行動には下記のようなものがあると思います。

部下のミスの責任を取る

「部下のミスは自分の管理不足のせいだ」と部下に責任を押し付けない、責任感が強い上司は尊敬できますよね。逆に、保身のために、自分の管理不足が原因で招かれたミスを全て部下のせいにする上司には呆れてしまいますよね。部下が安心して働けるように、責任感の強い上司であって欲しいですよね。

部下を思いやる行動

仕事がうまくいかなかったり、何か憂鬱な気持ちになっているときに、一言励ましの言葉があったり、相談にのってくれたりして、上司からの気遣いを感じることができれば、素敵な上司だと思いますよね。上司には視野を広くして、いつでも部下のことを見る余裕があって欲しいです。

有言実行

自分で決めたこと、言ったことは最後までやり遂げる上司でなければ信頼できないですよね。有言不実行でいつも口だけの上司には不信感を抱いてしまい、この人の下に付いていても良いのか心配になってしまうと思います。ブレない方針を持って、先頭に立って引っ張ってくれる上司が理想だと思います。

よく褒める

上司から褒められて、嬉しくない人はあまりいないのではないでしょうか?特に社会人になると仕事をして当たり前なので褒められる機会があまりないと思います。そのような状況で上司に褒められると次も頑張ろうと思いますよね。仕事において、「褒めて伸ばす」はあながち間違っていないと思います。

【調査】直属の上司はどのような人ですか?

社会人を対象に、「直属の上司はどのような人ですか?」という質問をしたところ下記のような結果となりました。

仕事ができる人:28%
優しい人:22%
厳しい人:7%
理不尽な人:43%

最も多いのが「理不尽な人」-43%

「上司が理不尽すぎて、会社を辞めたい!」

このような声を聞くことがあると思いますが、実際に上司が「理不尽な人」と思っている人の割合が一番多い43%もいることがわかりました。このような人の悩みとして、「理不尽な上司と仕事を一緒にするのが辛い」、「上司が尊敬できないので成長できない」、「理不尽な評価をされて昇進できない」などがあると思います。仕事に理不尽なダメ出しをされたり、自分より努力せずに、結果も出していない人を評価するような人の下では働きたくなくなりますよね。そのような上司がいるブラック企業で働くことにうんざりしてしまっている人は退職してしまうのも一つの手だと思います。

上司に好印象なのが-50%

この調査結果で意外だったのが、「仕事ができる人」、「優しい人」と上司に対して好印象を持っている人が50%もいたということです。ブラック企業が蔓延していて、満足できる働き方ができている人が少ない中で良い上司に巡り合えている人が多くいることはとても良いことだと思います。

理不尽な上司の対策

理不尽な人が上司になってしまったのは運が悪かったと思うしかなく、自分ではどうすることもできないです。なので、自分の力で上司を変えることはできないですが、自分の上司が理不尽な時の対策をいくつか紹介します。

無視する

理不尽な上司は、部下にマウントを取ることで自身の欲求を満たしている場合は多いので、無視をすることが一番です。下手に対抗してしまうと、評価を下げたり、無理な命令をしてきたりと立場を利用した理不尽な行動を取られてしまいます。ただし、ずっと我慢する必要はないです。無視をできる範囲内なのであれば、無視をして、耐えきれなくなってしまった場合は別の対策をしましょう。

上司を異動させる

パワハラなどに対する世間の目はかなり厳しくなっています。会社としてもパワハラを見過ごす訳にはいかないので、上司の理不尽な行動をパワハラとして証明することができれば、上司を異動させることは不可能ではないです。まずは、会社の人事や上司のさらに上の管理職に相談してみましょう。それでも解決できないのであれば弁護士などの外部の機関を利用しましょう。

転職する

大きな会社であれば、上記のような方法で解決することができると思います。しかし、会社が小さく人間関係の亀裂により働きづらくなってしまった場合は転職を考えるのも一つの手だと思います。

転職できる自信がない人でも安心してください。自信がない方でも、転職エージェントのサポートを受けることで、転職することができると思いますよ。オススメの転職エージェントは「行列のできる転職相談所」です。今働いているパワハラ会社より、良い働き方ができる会社を紹介してくれると思いますよ!

【行列のできる転職相談所の強み】

・20代にオススメの転職先を多数紹介できる
・無料カウンセリングで転職成功までサポートしてくれる
・書類作成や面接練習も請け負ってくれる

『行列のできる転職相談所』で相談したい方はこちら!
転職相談する!

まとめ

すでに、理想の上司の下で働けている人はそのような上司になることができるように、また、理不尽な上司の下で働いている人は良い働き方ができるように、自分で行動を起こしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


社会人 理想の上司

関連する投稿


社会人は読書をしない?限られた時間でも読書時間を捻出する方法

社会人は読書をしない?限られた時間でも読書時間を捻出する方法

読書をしなきゃなと思いながらも、なかなかできていないという社会人の方は沢山いらっしゃいます。そこで今回はどのようにして時間を捻出するのか、読書をすると起こるメリットなどを紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。


飲み会の支払いは誰がする?割り勘の飲み会には不満が集まる?

飲み会の支払いは誰がする?割り勘の飲み会には不満が集まる?

飲み会の支払いは誰がするのだろうか?割り勘でいいの?奢った方が良いの?飲み会の支払いは、会社の風習や体育会系ノリの有無などで変わってくるでしょう。この記事では、割り勘の場合に幹事がスマートに支払いを済ませる方法、ご馳走してもらう時の礼儀について説明します。


社会人の運動不足は危ない?運動不足になる理由と解消方法!

社会人の運動不足は危ない?運動不足になる理由と解消方法!

社会人になって運動不足だな…学生の頃に比べてだらしのない体になったな…と感じたことはありませんか?社会人になって全く運動をする機会がなくなってしまう人は少なくないです。運動をしないことで生じるデメリットは多いです。この記事では、運動が苦手な人でも取り掛かるための方法を紹介します。


社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人は弁当を作るべき!?男でも作れる?簡単レシピ7選!

社会人はお弁当を作るべきなのでしょうか?お弁当を作るメリットって何なのでしょうか?仕事で疲れていてお弁当なんて作れない…そんな人も多いかもしれません。でも思っているよりも簡単なんです!男でも作れる簡単レシピでお弁当デビューしてみませんか!?


32%の部下が「結果を出している上司を尊敬できる」と回答

32%の部下が「結果を出している上司を尊敬できる」と回答

あなたの上司はどのような人ですか?何か尊敬できるような特徴はありますでしょうか?部下としては、「仕事ができる」などのように尊敬できる上司の下で働きたいですよね。今回の記事では、尊敬できる上司とはどのようなものなのかをまとめているので参考にしてみてください。


最新の投稿


タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

タクシー運転手を辞めたい!ブラック業界?その後のキャリアは?

「タクシー運転手を辞めたい…」と悩んでいる人は少なくないです。タクシー業界で人材不足が激化していることやお客さんとのトラブルが絶えないことから、多くの運転手がストレスや疲労を溜めてしまっています。この記事では、タクシー運転手を辞めた後のキャリアについて説明していきます。


保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険の営業を辞めたい…退職後に活かせる強みとおすすめ転職先!

保険営業の仕事と聞くと厳しい労働環境など、良いイメージを持たない人も少なくないと思います。実際に、「保険営業を辞めたい…」と考えている人は多く、離職率はかなり高い数字となっています。この記事では、保険営業職を辞めた後の働き方について紹介していきます。


仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛い…怒られてしまう理由と対処法!

仕事で怒られてばかりで辛すぎる…と悩んでいませんか?仕事で怒られる理由としては、自分がミスをした場合や上司が理不尽にキレている2つの理由があると思います。この記事では、仕事で怒られてしまう理由と正しい対処法を紹介していきます。


派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員がすぐ辞めるのはアリ?契約期間より早く辞めても良い?

派遣社員として働いていると正社員と比べて待遇が劣っていることや派遣会社を挟まなければいけないことを面倒に感じるなどの理由で入社後にすぐ辞めることを考える人は少なくないでしょう。派遣社員と正社員とでは退職手続きが異なります。この記事では、派遣社員の退職について詳しく説明しています。


仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

仕事が回らない原因は?一人で仕事を抱え込んでしまう末路…

優秀な社員一人に仕事が集中して、会社全体の仕事が回らない状況になることはよくあることがです。しかし、そのような状況が続くと社員一人にストレスがかかるだけでなく、職場全体に悪影響を及ぼしてしまいます。この記事では、仕事をスムーズに回す方法を紹介するので参考にしてみてください。