仕事のミスで退職するの!?社員が取るべき責任教えます!

仕事のミスで退職するの!?社員が取るべき責任教えます!

仕事でミスをすることは、誰でもあります。しかし、その後の対処をできない人が多いです。人として成長する、迷惑をかけた関係者に謝罪をする、今後同じ過ちを起こさないなどの意味で反省はすごく大切です。この記事では、仕事をミスした時の対処法を紹介していきます。


社会人と学生で違うのは「責任」を自分で取らなければいけないことです。学生の頃はお金を払って学びを得ていました。しかし、社会人はお金をもらいながら学びを得させてもらっています。

新人研修で皆さん聞いたことがあるのではないでしょうか?続きもありますよね!

お金をもらうということは、もちろんあなたが仕事に対してしっかりと「責任」を果たす義務があるということです。なので、あなたたちはこれから、お金をもらいながら、学ばせてもらっているということをしっかりと自覚しなければなりません。

言っていることはわかるのですが、実際に責任を果たすとはどういうことなのか?もし、責任を果たすことができなかった場合はどのようになってしまうのか?考えて見たことはありますか?

ここでは、「もし、仕事でミスをしてしまった時に、会社を辞めさせられてしまうことがあるのか?辞めなかった場合にはどのように対応するのか?」について述べていきます!

仕事のミスで退職することはあるのか?

会社が従業員を解雇するには

あなたは、仕事のミスで会社を解雇されてしまった知り合いがいますか?聞いたことがある事例としては、芸能人がスキャンダルで事務所を辞めさせられたなどではないでしょうか?多くの場合は芸能関係などの特殊な業界であることがほとんどだと思います。他には、会社の不祥事の責任を経営者が取って辞職するなどがあると思います。

わかっていただけたかと思いますが、ミスをしてしまった人が、会社に重大な損失を与えてしまった時に、会社を解雇されています。普通のサラリーマンが1人でそこまでの会社の責任を背負って働いているケースはすごく稀ですよね。

従業員を解雇するためには、解雇するに足る客観的・合理的理由が必要になります。

・経営不振
・社員の入院
・勤務態度や勤務状況の不良
・労働能力の欠如
・経歴詐称

以上のように、社員を解雇するためには相当な理由が必要となります。そして、その理由を調べるために長期的な調査も必要になるため、会社としてもかなりの工数を要します。なかなか、解雇されたという事例を聞かないのもそのためでしょう。

この中で、仕事上のミスの責任をとって退職させられる理由は「勤務態度や勤務状況の不良
」に該当するでしょう。

「勤務態度や勤務状況の不良」を理由として退職させる場合の解雇の種類は2種類あります。労働能力の不足を理由として解雇する場合は普通解雇、仕事上のミスの責任を問う場合は懲戒解雇が適用されます。どちらも。それ相応の正当な理由と就業規則等に根拠規定を定めておく必要があります。

普通解雇の場合は、能力が不足している理由が労働者の責任であることを説明する必要があります。例えば、「能力を獲得するための指導・教育が行われたか」、「能力の評価の仕方に問題がなかったか」、「能力の改善・向上を促したか」などの厳しい審査が行われます。

また懲戒解雇の場合も、その仕事上のミスが解雇するほど大きな問題なのか正当な理由を説明する必要があります。また、ミスした人が弁明する機会も与えなければいけません。

以上のことから、余程大きなミスではない限り解雇されるということはないでしょう。

仕事のミスで取るべき責任は?

仕事のミスで解雇されることがなかったとしても、ミスの責任は取る必要があります。

被害を最小限に抑える

まず一番はじめにすべきことは、被害を最小限に抑えることです。すでに起きてしまった事はしょうがないので、その被害を食い止めることが最優先です。例えば、社内の損失だけで済んだはずのことが、社外の取引先にまで損失を与えてしまった場合にはあなたの責任はさらに大きくなってしまいます。被害の拡大は一分一秒を争う問題なので、落ち込むより先に対応が必要です!

ミスの原因を調べる

なぜミスをしてしまったのか、反省をすることが最も大切なことです。どうすれば、同じようなことが起きないのかを徹底的に分析する必要があります。反省をすることなく、同じ過ちを起こしてしまった時には解雇の対象となってしまう可能性が大きくなります。逆にしっかりと、反省して今後一切同じような過ちを失くすことができ、大きな損失を引き起こす原因を潰すことができれば会社にとっても価値となるでしょう。

関係者への謝罪をする

ビジネスは多くの人たちを巻き込んで進んでいます。仕事のミスで被害を受けている人はあなたが思っている以上に多いでしょう。会社の中で、対応してくれた人、迷惑を被った人だけではなく、社外の人などの関係者全員に謝罪をすることも取らなけれないけない責任の1つです。しかし、まずは上司の指示を仰ぎましょう。勝手な判断で事を進めてしまうと、新しい問題を引き起こしてしまう原因にもなるので注意しましょう。

上司の処分を仰ぐ

仕事のミスで処分を受ける事は当たり前です。どれだけ精一杯反省したとしても、あなたの評価がマイナスがゼロに近づくだけであってプラスになる事はありません。厳しい対応をされることも覚悟する必要があります。

冒頭で、普通のサラリーマンが1人で大きな責任を背負って働いているケースはすごく稀と述べましたが、裏を返すと同じような責任を背負うことができる社員はたくさんいます。それは、会社の規模が大きくなればなるほど顕著になります。なので、例えばあなたが部長職として働いていた場合は、課長職に降格されることもあるでしょう。

ミスの大きさにもよりますが、そのくらいの処分は覚悟して置かなければいけません。その悔しやを糧に再起する人、別の環境で新たなチャレンジをする人もいるかと思います。

大きな会社であれば、再起することが難しい会社もあるので、転職をすることも1つの手段だと思います。

私がオススメする転職エージェントです↓

・20代専門転職支援サービス顧客満足度NO.1
・マイナビ転職エージェントサーチで賞受賞
・無料カウンセリング
・内定率を5倍もあげている実績

以上のような強みがあるサービスです。

仕事上のミスを隠す方が厳しい対応

仕事でミスをしてしまった場合の処分を免れることができないと厳しい言い方をしましたが、処分を免れるためにミスを隠す事だけは控えるべきです。その理由として、まず隠し通せることがほとんどないです。ミスをしてすぐは、目に見える被害がなかったとしても、時間が経てば、徐々に損失という形で現れてきます。会社側は、2度と問題を引き起こさないためにも、その原因不明の損失を何としでも解明しようと努力します。その結果、いつかは隠していたことがバレてしまいます。

さらに、仕事のミスを隠す事で、以上のような新たな問題が発生してしまいます。

・被害が拡大する
・解雇の可能性が高まる
・損害賠償を求められる

すぐに対応しなければ、被害が急速に拡大してしますので、隠す前と後ではあなたが取らなければいけない責任は大きく違うでしょう。また、解雇覚悟でミスを隠そうとしている方は気をつけてください、損害賠償を求められてしまう可能性があります。多額の損害賠償となればあなたの人生が狂ってしまいます。

終わりに

✔︎勤務中に起こした通常のミスで退職させられる可能性は低い
✔︎責任を取る流れは、火消し→反省→謝罪→処分
✔︎再起の手段として転職も考える
✔︎どのような場合であれ、ミスを隠してはならない

いかがだったでしょうか?
仕事をしている上でミスは誰にでも起こりえることです。人間は思いも寄らない出来事への対応で成長できます。もし、あなたが仕事でミスをしてしまった場合は、真摯に向き合って対応しましょう。再起する方法はいくらでもあるので、仕事のミスを隠して、人を騙すような人間になることだけは辞めましょう。人生が終わってしまうこともあります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


退職

関連する投稿


40代で会社辞めたい!人生の転換期に退職を考えてみる!

40代で会社辞めたい!人生の転換期に退職を考えてみる!

40代になり転職してみたいと思うようになった人はいませんか?会社を辞めたいけれど大丈夫なのかな?家族や将来のことが心配ですよね。この記事では、なぜ40代が会社を辞めたいと思うかを紹介するのでぜひ読んでみてください。


退職願の紙は何を使えば良いの?コピー用紙で大丈夫!?

退職願の紙は何を使えば良いの?コピー用紙で大丈夫!?

退職する際に提出する退職願の紙には、何の紙を使えばいいか迷った経験はありませんか?大切な書類にコピー用紙を使っても良いのか不安ですよね。この記事では、退職願に利用する適切な紙について説明していくので参考にしてみてください。


フリーターと正社員の違いとは!生涯賃金が3倍も違う!?

フリーターと正社員の違いとは!生涯賃金が3倍も違う!?

正社員とフリーターの違いについて知っていますか?例を挙げると、生涯賃金はおよそ3倍も違います。その他にもフリーターと正社員では様々なことが違うので、この記事で解説していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。


退職時にトラブルを起こさず円満退社するための退職理由4選

退職時にトラブルを起こさず円満退社するための退職理由4選

円満退職するには退職理由が重要です。退職するからといって、その時の感情に身を任せて言いたいことを言ってしまうと、自分が損をすることもあります。円満退職するためには、退職理由のどこに気をつけた方がいいかを紹介しますので、是非読んでみてください。


上司のラインがうざい!迷惑だったラインを9つ紹介します!

上司のラインがうざい!迷惑だったラインを9つ紹介します!

上司からのラインに困っている人はいませんか?1度や2度ではなく、何度もうざいラインが来るという人がいます。この記事では、上司からどんなラインが送られてきたかを紹介しますので、是非読んでみてください!そして皆さんはラインの使い方を気をつけてください!


最新の投稿


5人に1人が社内恋愛経験アリ!あなたの会社にいるかも!?

5人に1人が社内恋愛経験アリ!あなたの会社にいるかも!?

社内恋愛の経験がありますか?または、社内恋愛に憧れたことがありますか?今回、社会人に社内恋愛の経験を調査したところなんと20%が経験があるという結果になりました。この記事では、社内恋愛をすることのメリットやデメリットなどを詳しく説明していきます。


社会人で遅刻の経験が「一度もない」人って8割もいるの!?

社会人で遅刻の経験が「一度もない」人って8割もいるの!?

社会人になって遅刻してしまったことはありませんか?遅刻してしまうと仕事が遅れたりと様々な損失があると思います。しかし、損失を受けるのはあなただけではなく、関係者すべてです。この記事では、社会人として遅刻しないことが当たり前である理由を説明します。


40代で会社辞めたい!人生の転換期に退職を考えてみる!

40代で会社辞めたい!人生の転換期に退職を考えてみる!

40代になり転職してみたいと思うようになった人はいませんか?会社を辞めたいけれど大丈夫なのかな?家族や将来のことが心配ですよね。この記事では、なぜ40代が会社を辞めたいと思うかを紹介するのでぜひ読んでみてください。


退職願の紙は何を使えば良いの?コピー用紙で大丈夫!?

退職願の紙は何を使えば良いの?コピー用紙で大丈夫!?

退職する際に提出する退職願の紙には、何の紙を使えばいいか迷った経験はありませんか?大切な書類にコピー用紙を使っても良いのか不安ですよね。この記事では、退職願に利用する適切な紙について説明していくので参考にしてみてください。


フリーターと正社員の違いとは!生涯賃金が3倍も違う!?

フリーターと正社員の違いとは!生涯賃金が3倍も違う!?

正社員とフリーターの違いについて知っていますか?例を挙げると、生涯賃金はおよそ3倍も違います。その他にもフリーターと正社員では様々なことが違うので、この記事で解説していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。