社会人は寝れていない!?睡眠不足がもたらす弊害と解決策!

社会人は寝れていない!?睡眠不足がもたらす弊害と解決策!

睡眠不足で仕事中にウトウトしてしまってはいませんか?日本人は世界的にみて睡眠不足の人が多いというデータがあります。その理由の一つに、「働きすぎ」があると思います。この記事では、睡眠不足で働き続けることの弊害と睡眠不足を解決する方法を紹介しています。


日本人は睡眠不足?

OECDが行った国際比較調査によると、28の加盟国に中国とインドと南アフリカを合わせた31ヶ国の中で、日本が最も睡眠時間が少ないことが分かっています。

調査全体の平均が、8時間25分であることに対して、日本人の平均は約1時間も短い7時間22分でした。このことから、日本人の睡眠時間がかなり少ないことがわかります。

さらに、一般的に言われている理想の睡眠時間は8時間です。

理想の睡眠時間からみても、世界的な睡眠時間からみても、日本人の睡眠時間が極端に少ないことがわかります。。ただ、この数字は子供や高齢者も含まれているので、仕事をしていて忙しい社会人はさらに睡眠時間が削られていることが予想されます。

日本の社会人の睡眠時間はどのくらいなのでしょうか?

仕事の日の1日の平均睡眠時間はどのくらいですか?

社会人を対象に、「1日の平均睡眠時間はどのくらいですか?」という質問をしたところ以下のような結果となりました。

4時間未満-17%
4~5時間-26%
5~6時間-41%
7時間以上-16%

なんと、84%以上の人たちが、日本人の平均睡眠時間である7時間22分の睡眠時間でさえ確保することができていないことがわかりました。

このことから、日本人の睡眠時間が少ない原因として、社会人の睡眠時間の低さが考えられます。

社会人はなぜ睡眠不足になるのか?

社会人のスケジュール

【社会人A:残業なし】

7:00起床→9:30出社→18:30退社→19:30帰宅

帰宅から起床までの時間:12時間
睡眠時間:睡眠できる時間が十分にある

【社会人B:残業有り】

7:00起床→9:30出社→18:30残業開始→22:00退社→23:00帰宅

帰宅から起床までの時間:8時間
睡眠時間:帰宅後にすぐに寝なければ8時間睡眠できない

【社会人C:フレックス】

9:00起床→11:00出社→20:00退社→21:00帰宅

帰宅から起床までの時間:12時間
睡眠時間:睡眠できる時間が十分にある

社会人の生活スケジュールをいくつか挙げてみると、残業をしてしまうと、理想の睡眠時間を保つのは難しいことがわかります。帰宅してから睡眠まで2時間くらいの時間を使うとして、残業時間は多くても2時間以内にした方が良いことがわかります。

働きすぎている

社会人の睡眠時間が少なくなる一番の理由は「働きすぎ」だと言えるでしょう。日本では、ブラック企業と呼ばれる労働者に対して過酷な労働を強いる企業が増えています。そのせいで、残業をすることが当たり前の文化が生まれつつあります。上記で説明した通り、残業をしすぎると、それだけで8時間以上寝ることが難しくなります。睡眠不足は仕事の効率を落とすこともわかっているので、働き方を改善して、労働生産性を上げなければいけません。

睡眠の質が悪い

睡眠時間は十分にあるのにも関わらず、寝付くことができなかったり、寝ている途中で起きてしまったりと、十分な睡眠の効果を得られていない人もいます。そのような人たちはたくさん寝ても、疲労回復ができていなかったり、睡眠不足を解消でいていなかったりします。

睡眠不足がもたらす弊害

労働生産性が下がる

睡眠不足の生活が続くと、眠気や体調不良により集中力が低下したり、生産性が下がっていまいます。その結果、労働時間は増えているので生産物が減るといった悪循環が生じてしまいます。

睡眠不足の生活が続くと、眠気や体調不良により集中力が低下したり、生産性が下がっていまいます。その結果、労働時間は増えているので生産物が減るといった悪循環が生じてしまいます。

仕事でミスしやすくなる

睡眠不足で働いていると眠気で集中力が保てないことがあります。そのような状態で仕事をしていると思わぬところでミスをしてしまい、仕事が進まないと思います。さらに、仕事のミスはビジネスマンとしての信頼や会社の信頼を失うことにも繋がるので、社会人として仕事のミスは極力避けたいです。

ストレスが溜まる

睡眠不足はストレスの原因となります。ストレスが溜まると人は不幸になってしまいます。さらに、ストレスが寝付きの悪さにも繋がってしまうので悪循環になってしまいます。

体調不良になりやすくなる

睡眠不足の状態は体の状態が良いと言えません。そのような状態で仕事をしたり、睡眠不足が続けば体調不良になりやすい体になってしまいます。

遅刻してしまう

社会人として時間や約束を守ることは当たり前です。遅刻をした同僚が上司にひどく怒られているところを見たことがあるのではないでしょうか?さらに、社会人で遅刻する人は意外と少ないことを知っていますか?調査結果では、社会人のうち87%は一度も遅刻がしたことがないと回答しました。このことから、社会人になってから遅刻をしてしまうと悪目立ちをしてしまうので、避けたいです。

詳しくは下記記事にまとめてあるので参考にしてみてください。

社会人で遅刻の経験が「一度もない」人って87%もいるの? | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/376

社会人になって遅刻してしまったことはありませんか?遅刻してしまうと仕事が遅れたりと様々な損失があると思います。しかし、損失を受けるのはあなただけではなく、関係者すべてです。この記事では、社会人として遅刻しないことが当たり前である理由を説明します。

日本人の睡眠不足の解決策

働き方改革を効果的に促進する

日本の労働生産性は主要先進国の中で最下位であることからわかる通り、日本の働き方がかなり効率の悪い構造になっていることがわかります。その結果、2015年には、電通で働き方が原因の労働災害が起きています。

そこで、日本政府は日本の働き方の構造から改善するために「働き方改革」を実施していますが、思うような結果が得られていないことが現状です。下記記事では、「働き方改革を実感している人の割合の調査結果」がまとめられていて、働き方改革が十分に機能していないことがわかります。

働き方改革によって働きやすいと感じた人はたったの7.9% | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/344

「働き方改革と言われていますが、働きやすくなったという実感はありますか」と質問したところ、「ある」と回答した人はたったの◯%しかいませんでした。 そもそも働き方改革とはどのような改革なのでしょうか。

しかし、社会人の睡眠不足問題を解決するためには、根本的に日本の働き方の構造を改善する必要があるので、「働き方改革」がうまく機能することが求められています。

ブラック企業で働かないこと

先ほど、睡眠不足を解消するには、「働き方改革」で日本の働き方を変えていかなければいけないことを説明しましたが、あなたが働いている会社がすぐに良い働き方へと改革されることは難しいでしょう。

そのため、今すぐに良い働き方を求めるあなたは、「ブラック企業で働かないこと」が重要になってきます。会社によって働き方は違い、他の企業を見てみると180度違うような働き方をしているような企業もあります。例えば、フレックスタイム制度を導入している企業では、コアタイムである時間さえ出勤していれば、自分が好きな時間に働くことができます。

下記記事では、ブラック企業かどうかチェックするための基準やブラック企業を辞めたい時の方法を紹介しているので参考にしてみてください。

ブラック企業で働くことは損!人生を楽しむための退職方法! | 働き方が学べるサイト

https://taisyokuagent.com/articles/86

ブラック企業で働いていませんか?ブラック企業で働くことは百害あって一利なしです。我慢することが正義だという風潮が流れていますが、それはブラック企業の都合に合わせた、言い分でしかないです。企業のための働き方だけではなく、あなたのための働き方も考えてみましょう!

転職するなら転職エージェント

・残業がつらい
・仕事量を減らしたい
・勤務地を近くしたい
・フレックスで働きたい

このような「働き方」の悩みが多いけれど、解決するための転職先を見つけることができていない人は転職エージェントを利用することをオススメします。転職エージェントは、転職希望者一人一人とカウンセリングをして、あなたに合った、転職先を紹介してくれます。

その中でも、「行列のできる転職相談所」では第二新卒に特化した求人を多数取り揃えているので、あなたの希望に沿った転職先の紹介ができると思います。また、カウンセリング担当者は転職のプロなので、書類作成から面接対策まで転職を成功させるためのサポートしてくれます。

『行列のできる転職相談所』で相談したい方はこちら!
行列のできる転職相談する!

睡眠の質を上げる

「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を理解する

睡眠の質を上げるためには、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を理解しなければいけません。レム睡眠は、眼球が休めていない、浅い眠りの状態で、ノンレム睡眠は、眼球が完全に休んでいて、深い眠りの状態です。人間は、まず眠るとノンレム睡眠に入り、その後、レム睡眠、ノンレム睡眠と周期となって繰り返すことがわかっています。そして、その周期は180分間で各90分ずつを繰り返しています。人間は、レム睡眠とノンレム睡眠をバランスよくとることが必要とされています。

一方で、理想とされている8時間睡眠ではレム睡眠の途中で目覚めてしまうことになってしまいます。そもそも、8時間睡眠が理想とされている理由は、睡眠負債が貯まらない時間が8時間だとされているからです。しかし、適正な睡眠時間には個人差があるため、一概には8時間睡眠が正しいとは言えません。どちらにせよ、睡眠は人間が健康に生活をするために重要なので十分に睡眠をすることが必要です。

まずは、十分に睡眠時間を確保して、睡眠負債が貯まらない、あなたの適正睡眠時間を確認しましょう。そうすることで、あなたの睡眠の質は向上することができると思います。

寝付きの悪さを改善する

いくら十分に睡眠時間を確保できていたとしても、途中で起きてしまったり、寝付けなかったりすると、理想の睡眠ができているとは言えません。適正睡眠時間をしっかりとるためには、

・寝る前にスマホを使わない
・寝具を良いものに変える
・ストレスを解消する

などの対策をして、眠りが浅くなっている原因を解決しなければいけません。

まとめ

睡眠不足が続くことの弊害を理解して頂けましたでしょうか?

日本全体が解決するにはかなり時間がかかる問題です。

短期的に解決したいと思った方は、転職も一つの手段として検討してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事のライター

新卒で入社した会社を8ヶ月で退職しました。
経験者だからわかる退職ノウハウを書きます!

関連するキーワード


社会人 睡眠不足

関連する投稿


32%の部下が「結果を出している上司を尊敬できる」と回答

32%の部下が「結果を出している上司を尊敬できる」と回答

あなたの上司はどのような人ですか?何か尊敬できるような特徴はありますでしょうか?部下としては、「仕事ができる」などのように尊敬できる上司の下で働きたいですよね。今回の記事では、尊敬できる上司とはどのようなものなのかをまとめているので参考にしてみてください。


仕事でストレスが溜まりやすい人の特徴とオススメの解消法!

仕事でストレスが溜まりやすい人の特徴とオススメの解消法!

これだけ情報が大量にある社会では働きながらストレスを少しも感じない人は少数派です。仕事のストレスは、あなたの几帳面さや真面目さといった性格や人間関係などが深く関わっています。今回の記事では、ストレスが溜まっている人のための情報を紹介します!


73%の人が副業していない!?初心者でもできる副業紹介!

73%の人が副業していない!?初心者でもできる副業紹介!

2018年に働き方改革の一貫として、会社員が副業をすることを国として推進するようになりました。これまでは、副業を禁止する企業が多かったことから、本業とは別の仕事でお金を稼ぐ人は少数派でした。今後、副業の解禁によりどのような変化が起こって行くのでしょうか?


理想の上司とは!?社会人の43%の人が上司が理不尽な人…

理想の上司とは!?社会人の43%の人が上司が理不尽な人…

あなたの上司はどのような人ですか?理想の上司の下で働くことができていますか?仕事で活躍したり、評価されたり、成長するために、上司の存在は大きく関係しますよね。この記事では理想な上司とはどのような人なのか?そうでなければ、どうすれば良いのかを紹介します。


社会人は出会いの場がなくなる?45%の人が新しい出会いへ

社会人は出会いの場がなくなる?45%の人が新しい出会いへ

社会人になってからも異性との出会いが十分にありますか?社会人になると学生の頃と違い出会いがなくなってしまった…困っている人も少なくないですよね。事実、18~35歳の社会人のうち70%の人が恋人がいないそうです。そのような悩みの解決方法を紹介します。


最新の投稿


日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

日本は残業が多すぎる!?過労死寸前まで働く残業文化の実態

「残業が多すぎ、過労死する」と悩んでいる人は少なくないです。そのような人は、転職して新しい環境で働く方が幸せかもしれません。残業時間が長くなれば、健康を害することはもちろん、過労死することだってあります。私たちの働き方はどうあるべきなのでしょうか?


転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

転職のきっかけは?面接でそのまま言う?年代別、性別比較!

新卒3年以内離職率3割、終身雇用制度の崩壊からわかるように、一つの会社で働き続ける人は減っていて、転職を繰り返すことが当たり前になりました。転職する人が増え、転職理由が多様化する時代に転職するきっかけはどのようなものがあるのでしょうか?


給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

給料を手渡しするバイトなら税金に含まれない?副業できる?

「年収103万円の壁」という言葉を聞いたことがありますか?103万円を超えると所得が課税対象になってしまうことからそのように呼ばれています。中には、壁を超えないために給料を手渡しでもらっている人もいると思います。本当に税金を逃れることができるのでしょうか?


退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まると上司や同僚が冷たい!?辛い期間の過ごし方!

退職が決まってから上司や同僚の態度が急に変化し、冷たい対応をされることがあります。人によっては退職することをよく思わずに、嫌がらせをしてくることもあります。では、退職日までは、どのように過ごすのが良いのでしょうか?


大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動するときにあなたが取るべき行動とは?

大好きな上司が異動してしまうと悲しいですよね。大好きな上司の異動によって、仕事に対する意識、取り組み方、モチベーション、恋愛など様々なことで悩むと思います。今回の記事では、そんな悩み事の解決策やよくある悩みを詳しく紹介していきたいと思います。